串 荘 新宿 ぼったくり。 【喧嘩】歌舞伎町のぼったくり居酒屋に潜入、店員に文句言ったら金額がチャラになったwww

居酒屋ぼったくり

串 荘 新宿 ぼったくり

満員電車に揺られて30分、1時間乗って仕事に行くくらいなら、都心に住めばいい。 「その電車移動の時間を有効に使えた方が有益だ」といった浅はかな理由から都心に住むことを選びました。 しかし利便性が高くなれば家賃も高くなります。 地価が上がるわけですから賃貸料も高くなります。 需要が多くなれば供給側もそれに合わせて金額を吊り上げていくわけです。 部屋探しをしていた時は代官山とか恵比寿とか探していましたが、手の出せる金額ではありませんでした。 そもそも当方はリア充でもなければ陽キャでもなく、どちらかというと日陰の人間です。 そのため住みたいランキング上位の場所に住めるはずがありません。 まぁそもそも住むための原資自体がないというのが一番の理由でしたが。 ただそのような中、唯一手の出せそうな金額だったのが歌舞伎町でした。 最寄り駅はJR新宿駅、小田急、京王、丸ノ内線、副都心線、都営地下鉄新宿線、大江戸線、西武新宿線、東新宿駅、新宿三丁目駅、新宿西口駅。 どこにでも行ける立地。 そして目の前はアジア最大級の歓楽街歌舞伎町が広がっています。 日本一栄えている街です。 そんな好立地のマンションの一室が家賃6万円で借りれるんです。 通勤圏内で30分離れたとしても家賃は1Rで6万円~といったところです。 それが新宿駅まで徒歩10分圏内でこの金額。 別に新宿なら電車乗る予定もないので駅までの距離とかを気にすることもありません。 それが6万円で借りれるわけなんで好都合です。 満員電車に乗る必要もなく、終電も気にしない。 自宅の周りはホテル街、ちょっと歩けばおねぇちゃんのいる店が複数ある。 夢のような場所です。 部屋の間取りは1Rで6畳。 ユニットトイレに申し訳ない程度のキッチン。 ほぼ独房に近いのですが、寝るだけのことを考えれば別にこれで充分です。 料理はせずにコンビニか外食で済ます。 ネットさえ繋げられれば快適な生活ができるわけです。 洗濯機を置くスペースもありませんでしたが、近くにコインランドリーもありました。 建物自体は古く、狭い部屋ではありましたが快適な暮らしが出来ていたと思います。 ただこちらに入居をしようとしたとき、不動産屋からこのように言われました。 「ここはヤクザマンションって不動産業界では言われている」 知り合いの不動産屋に「ヤクザマンションに住んでた」と言ったら、場所を知っていたくらいです。 有名なんでしょう。 どうやらマンションには組事務所があったり、組の人が住んでいることが多いようです。 歌舞伎町は歓楽街ですので当然その手の方々が仕切っているところもあるのでしょう。 満員電車に揺られて出勤するヤクザなんてなんか恥ずかしい感じがする。 だから最寄りのマンションに住んでいるのでしょう。 建物が古いから家賃が安いというのではなく、若干治安が悪いから家賃が安いのです。 実際に当方が住んでいた時、事件が起きたこともありました。 発砲事件的なことも過去に何度か起きているようです。 でも、このマンションのセキュリティーはある意味万全なんです。 マンションにはヤクザが住んでいます。 そしてそれを監視するために警察が24時間体制で巡回しています。 中には武装した人が、外にも武装した人がいるわけです。 誰もそんなところに泥棒に入ろうとはしません。 日本一空き巣に狙われないマンションと考えてもよいのではないでしょうか。 流れ弾こそしっかりと避けなければなりません。 あと薬物中毒者がいるのでそのような人にさえ注意していれば概ね問題ない場所でした。 とくに住んでいてヤクザがどうのこうのといった被害はありませんでした。 その手の方はカタギには手を出さないですからね。 それよりも少しうるさいといったことが多かったです。 ホストのタコ部屋みたいなところもあったので朝方騒いだりしている人も多くいて、それを怒鳴る爺さんの声がうるさいんです。 壁が若干薄いんですよね。 建物が古いため壁が薄いのかもしれませんが、隣の部屋の声とかが結構聞こえるんです。 でも、ネットカフェに泊ることを考えたらこのマンションに住んだ方が居心地はよいでしょう。 一応最寄り駅は東新宿か新宿三丁目になる場所です。 でも歌舞伎町の中を通り抜けて新宿駅に行くことのほうが多かったです。 お店はそっちの方がいっぱいありますしね。 家賃は安かったのですが常に外食だったためエンゲル係数は高かったのです。 でもこの当時が一番のミニマリストだったのでしょう。 お金さえあれば全て外で手に入れることができるわけですから。 自宅にあったのもパソコンと衣類とベッドだけでした。 ミニマリストを目指すのであれば、このマンションが一番適していると思います。 キッチンも狭いのでそもそも使うことがない。 だから食器とか冷蔵庫とか電子レンジとかも不要。 一応ホテルにあるようなミニ冷蔵庫もありましたが、それすら使わず、当方の冷蔵庫はマンション近くのファミリーマートでした。 ご近所さんの付き合いというのも一切ありません。 付き合ったら色々と面倒だし、密接関係者になってしまいますし、入居時の挨拶なんてものもしていません。 挨拶に行ったら強面の人が出てきたーってなったら嫌ですからね。 そもそも人の入れ替えが激しいマンションなんで隣に誰が住んでいるかなんてわかっていません。 また夜の仕事をしている人が多いため、日中は寝てるでしょうから起こすのも悪いですからね。 当方は一回更新をしたので3~4年ほど住んでいました。 記した通りコインランドリーもあるため、衣類とパソコンさえ持ち込むだけで住めるわけです。 セカンドハウスとして借りている人もいるようです。 埼玉や神奈川の一軒家に住んでいる。 でも、帰りたくない日があるっていう人もいるでしょう。 そんな人が秘密基地代わりにしているっていうケースもあるんじゃないでしょうか。 ヤクザマンションは一軒だけではありません。 有名どころが一軒ありますが、それ以外にも歌舞伎町は何軒かその手の組織の方が入居するマンションがあります。 好立地、低価格、セキュリティー最高レベル。 もし、都心に住みたいとお考えであれば手始めにこちらに住んでみてはいかがでしょうか?.

次の

【記事内容修正】プチぼったくりが発生した居酒屋『風物語』の現状

串 荘 新宿 ぼったくり

「歌舞伎町」は怖い場所? 東洋一の歓楽街「歌舞伎町」。 ネオンが煌めくこの街は不夜城とも呼ばれています。 路地にあふれる酔客に、手招くキャバクラやホストクラブの客引きの黒服。 風俗店の妖しげな看板も堂々と輝いています。 東京には数多くの街がありますが、やはり歌舞伎町は最も欲望が渦巻いている街と言えるでしょう。 飲みに、夜遊びにと楽しい街でありますが、同時に治安面でも気になる街でもあります。 注意すべき点や事件の危険性、危ない場所について知っておくと観光に遊びにと役立ちます。 歌舞伎町の治安について まずは歌舞伎町の地図を見てみましょう。 歌舞伎町の場所 歌舞伎町はJR新宿駅の北東側にあります。 靖国通り、明治通り、職安通りに囲まれた一画で、西側に西武線の西武新宿駅、東側には地下鉄の東新宿駅があります。 住所としては南側が「歌舞伎町1丁目」で、北側が「歌舞伎町2丁目」です。 間には「花道通り」があり、雰囲気の異なる南北の街を分けているのです。 喧騒の繁華街「歌舞伎町1丁目」 まずは新宿駅にも近い歌舞伎町1丁目。 こちらは、居酒屋やカラオケ屋が日本一レベルに密集し、週末の夜には飲み会や宴会の酔客と客引きで溢れる、巨大な繁華街です。 最近ではシネコンやアミューズメントやホテルも数多く、観光客でも賑わうエンターテイメントエリアです。 一方で裏側には風俗店が多く、キャバクラやホストクラブなども多く並びます。 まさに絵に描いたような歌舞伎町であり、喧騒で溢れる歓楽街です。 都内最大級のラブホテル街「歌舞伎町2丁目」 一方の北側の歌舞伎町2丁目は静かです。 と言うのもこの地域はラブホテルが密集している、都内最大級のラブホテル街なのです。 ラブホテル街特有の雰囲気であり、人通りも少なく、喧騒で溢れる繁華街とは少し違います。 さて、これら街の雰囲気を元に歌舞伎町の治安についてまとめてみました。 歌舞伎町の治安の良い場所 歌舞伎町の特徴として、周囲の大通りに近いほど治安は良いと言えるでしょう。 新宿駅寄りのセントラルロードや歌舞伎町一番街は歌舞伎町のメインストリート。 旧コマ劇場広場周辺は映画館や大きなホテルなどもあるエリアです。 ここ最近の観光街化は凄まじく、この周辺は歓楽街というよりもエンターテイメントタウンという呼び方が相応しいです。 もちろんに決してきれいな街とは言いませんが、女性や子供さんが歩いても特に問題は無いエリアで楽しむことが出来ます。 周辺部には新宿区役所や大久保病院など公共施設があり、これらに行く時には外側から向かえば、特に危険を感じずに行くことが出来ます。 また、区役所通り沿いも南側は観光街化が進んでいます。 ゴールデン街を中心に人気スポットが集まり、観光客も多いエリアです。 ではつづいては、歌舞伎町の危険さについてみてみましょう。 歌舞伎町の危険な通りは? 一方で、歌舞伎町は 中心部に近づくほど危険な雰囲気が します。 歌舞伎町を真ん中で分ける花道通りを中心に、その周辺はやはり雰囲気がよくありません。 この通りに面した風林会館は、そこの喫茶店では昔暴力団の抗争事件が起こったことで有名ですし。 新宿区役所の脇の「あずま通り」は風俗店や案内所、外国人バーなどが多くあります。 また、「さくら通り」にはもそれらの呼び込みや違法DVDの販売人がしつこく声を掛けてきます。 そして花道通りの北側の歌舞伎町2丁目は東京最大級のラブホテル街です。 ちょっと地図にまとめてみましょう。 歌舞伎町の危険マップ 同じ歌舞伎町でも、東宝ビルより奥に行くとアダルトでアウトロー雰囲気となってきます。 東宝ビルのゴジラ像を目安として、ここよりより奥は危険な街「歌舞伎町」を思い起こすようにしましょう。 女性など治安面や雰囲気を気にする方は、その手前のセントラルロードや歌舞伎町一番街などで留めておくのが無難です。 一方、新宿区役所側からみた場合も、出来るだけ手前の靖国通り沿いの方が安全度は高いと言えるでしょう。 新宿区役所がある上に、文壇バーで有名な新宿ゴールデン街もこちら側。 昔は風林会館付近はあまり近づきたくなかった場所ですが、最近はホテルなどもあるなど観光客も多く訪れています。 全体的に観光地化も進んでいて、その意味でも昔の危険な歌舞伎町とは少し違ってきていると思います。 新宿の治安の注意点 さて、このように観光地化が進む歌舞伎町ですが、実際の事件数から見てみても、やはり治安的には危険な街と言わざるをえません。 歌舞伎町は事件発生数、その遭遇率共に都内の繁華街の中でトップクラスであり、特に暴行や傷害などの割合が多く、また強盗も群を抜いています。 その原因としては路上でのトラブルの他、ぼったくりバーや昏睡強盗による被害が考えられます。 また、美人局のように美しい女性に声を掛けられたら、その女もグルだったというケースもあります。 歌舞伎町浄化作戦の元、歌舞伎町の至る所に注意の張り紙が張ってあるし、スピーカーからもしつこい位に呼び掛けれているのに被害のニュースは後を絶たないんですよね。 頭では分かっていても、欲望の大きさとは怖いもので、呑んだ後にポン引きに引っかかるとお酒の気持ち良さもあってついつい付いて行ってしまうのでしょう。 これらの危険は 客引きや怪しい人に付いていかない という対策が全てであり、自分自身にかかっています。 たしかに歌舞伎町は治安が良い街とは言えません。 しかし現在は防犯カメラが街中を見張っているなど、路上の危険性は少なくなっています。 道を歩いていていきなり殴られるなんてことは ほぼ なく、それよりも自分でトラブルに巻き込まれないように注意するほうがよっぽど大切なのです。

次の

【注意喚起】渋谷区道玄坂の居酒屋「肉若丸」がぼったくり店の可能性有り!【評判最悪】

串 荘 新宿 ぼったくり

「歌舞伎町」は怖い場所? 東洋一の歓楽街「歌舞伎町」。 ネオンが煌めくこの街は不夜城とも呼ばれています。 路地にあふれる酔客に、手招くキャバクラやホストクラブの客引きの黒服。 風俗店の妖しげな看板も堂々と輝いています。 東京には数多くの街がありますが、やはり歌舞伎町は最も欲望が渦巻いている街と言えるでしょう。 飲みに、夜遊びにと楽しい街でありますが、同時に治安面でも気になる街でもあります。 注意すべき点や事件の危険性、危ない場所について知っておくと観光に遊びにと役立ちます。 歌舞伎町の治安について まずは歌舞伎町の地図を見てみましょう。 歌舞伎町の場所 歌舞伎町はJR新宿駅の北東側にあります。 靖国通り、明治通り、職安通りに囲まれた一画で、西側に西武線の西武新宿駅、東側には地下鉄の東新宿駅があります。 住所としては南側が「歌舞伎町1丁目」で、北側が「歌舞伎町2丁目」です。 間には「花道通り」があり、雰囲気の異なる南北の街を分けているのです。 喧騒の繁華街「歌舞伎町1丁目」 まずは新宿駅にも近い歌舞伎町1丁目。 こちらは、居酒屋やカラオケ屋が日本一レベルに密集し、週末の夜には飲み会や宴会の酔客と客引きで溢れる、巨大な繁華街です。 最近ではシネコンやアミューズメントやホテルも数多く、観光客でも賑わうエンターテイメントエリアです。 一方で裏側には風俗店が多く、キャバクラやホストクラブなども多く並びます。 まさに絵に描いたような歌舞伎町であり、喧騒で溢れる歓楽街です。 都内最大級のラブホテル街「歌舞伎町2丁目」 一方の北側の歌舞伎町2丁目は静かです。 と言うのもこの地域はラブホテルが密集している、都内最大級のラブホテル街なのです。 ラブホテル街特有の雰囲気であり、人通りも少なく、喧騒で溢れる繁華街とは少し違います。 さて、これら街の雰囲気を元に歌舞伎町の治安についてまとめてみました。 歌舞伎町の治安の良い場所 歌舞伎町の特徴として、周囲の大通りに近いほど治安は良いと言えるでしょう。 新宿駅寄りのセントラルロードや歌舞伎町一番街は歌舞伎町のメインストリート。 旧コマ劇場広場周辺は映画館や大きなホテルなどもあるエリアです。 ここ最近の観光街化は凄まじく、この周辺は歓楽街というよりもエンターテイメントタウンという呼び方が相応しいです。 もちろんに決してきれいな街とは言いませんが、女性や子供さんが歩いても特に問題は無いエリアで楽しむことが出来ます。 周辺部には新宿区役所や大久保病院など公共施設があり、これらに行く時には外側から向かえば、特に危険を感じずに行くことが出来ます。 また、区役所通り沿いも南側は観光街化が進んでいます。 ゴールデン街を中心に人気スポットが集まり、観光客も多いエリアです。 ではつづいては、歌舞伎町の危険さについてみてみましょう。 歌舞伎町の危険な通りは? 一方で、歌舞伎町は 中心部に近づくほど危険な雰囲気が します。 歌舞伎町を真ん中で分ける花道通りを中心に、その周辺はやはり雰囲気がよくありません。 この通りに面した風林会館は、そこの喫茶店では昔暴力団の抗争事件が起こったことで有名ですし。 新宿区役所の脇の「あずま通り」は風俗店や案内所、外国人バーなどが多くあります。 また、「さくら通り」にはもそれらの呼び込みや違法DVDの販売人がしつこく声を掛けてきます。 そして花道通りの北側の歌舞伎町2丁目は東京最大級のラブホテル街です。 ちょっと地図にまとめてみましょう。 歌舞伎町の危険マップ 同じ歌舞伎町でも、東宝ビルより奥に行くとアダルトでアウトロー雰囲気となってきます。 東宝ビルのゴジラ像を目安として、ここよりより奥は危険な街「歌舞伎町」を思い起こすようにしましょう。 女性など治安面や雰囲気を気にする方は、その手前のセントラルロードや歌舞伎町一番街などで留めておくのが無難です。 一方、新宿区役所側からみた場合も、出来るだけ手前の靖国通り沿いの方が安全度は高いと言えるでしょう。 新宿区役所がある上に、文壇バーで有名な新宿ゴールデン街もこちら側。 昔は風林会館付近はあまり近づきたくなかった場所ですが、最近はホテルなどもあるなど観光客も多く訪れています。 全体的に観光地化も進んでいて、その意味でも昔の危険な歌舞伎町とは少し違ってきていると思います。 新宿の治安の注意点 さて、このように観光地化が進む歌舞伎町ですが、実際の事件数から見てみても、やはり治安的には危険な街と言わざるをえません。 歌舞伎町は事件発生数、その遭遇率共に都内の繁華街の中でトップクラスであり、特に暴行や傷害などの割合が多く、また強盗も群を抜いています。 その原因としては路上でのトラブルの他、ぼったくりバーや昏睡強盗による被害が考えられます。 また、美人局のように美しい女性に声を掛けられたら、その女もグルだったというケースもあります。 歌舞伎町浄化作戦の元、歌舞伎町の至る所に注意の張り紙が張ってあるし、スピーカーからもしつこい位に呼び掛けれているのに被害のニュースは後を絶たないんですよね。 頭では分かっていても、欲望の大きさとは怖いもので、呑んだ後にポン引きに引っかかるとお酒の気持ち良さもあってついつい付いて行ってしまうのでしょう。 これらの危険は 客引きや怪しい人に付いていかない という対策が全てであり、自分自身にかかっています。 たしかに歌舞伎町は治安が良い街とは言えません。 しかし現在は防犯カメラが街中を見張っているなど、路上の危険性は少なくなっています。 道を歩いていていきなり殴られるなんてことは ほぼ なく、それよりも自分でトラブルに巻き込まれないように注意するほうがよっぽど大切なのです。

次の