うな丼 と うな重 の 違い。 うな丼とうな重の違い 意外なことにお店のさじ加減ひとつだけだった!?

「うな重」と「うな丼」の違いとは?

うな丼 と うな重 の 違い

夏バテ効果として、土用の丑の日にも好んで食べられるウナギですが、時期になると大勢の人がウナギを買いに、またはウナギを食べに長い列を作ります。 一般的にウナギはかば焼きにしてうな重やうな丼として食べられることが多く、お店でも同様のメニューが並んでいます。 うな重もうな丼もどちらもかば焼きが乗っており味に違いはなさそうですが、なぜうな丼の方が安いのか、なぜ2種類あるのか疑問に思ったことはないでしょうか。 家で作るならどちらでも構いませんが、お店で食べるとき2種類あったらどっちを食べればいいのか考えものです。 今回はそんな『うな重とうな丼の違い』をご紹介します。 また、合わせてウナギのかば焼きを使って食べられる『ひつまぶし』についても詳しく説明したいと思います。 今回は『うな重とうな丼』をテーマにご紹介しました。 同じうなぎのかば焼きを使った料理でも、うな重、うな丼、せいろ蒸し、ひつまぶし、と様々な食べ方で楽しまれていることが分かります。 このように古くから食べられてきたうなぎは、私たち日本人にとって非常に親しまれる食材だということが分かります。 しかしながら、お店によってうな重とうな丼の違いが異なる場合があります。 もしもメニュー表に詳細の記載がない場合は一度確認することをお勧めします。 うな重とうな丼、両者には違いはあるものの、美味しいのには違いはありません。 今回の記事を参考に自分のお気に入りのお店を見つけて、土用の丑の日にはうなぎに舌鼓を打ってはいかがでしょうか。

次の

「うな丼」と「うな重」の違いとは?分かりやすく解釈

うな丼 と うな重 の 違い

お重に入っていればうな重• どんぶりによそわれていればうな丼 シンプルでわかりやすい結論ですね。 では、「 うな重 = 高級」というイメージはどこから生まれたのでしょうか。 お重に入っている分だけ特別な食べ物というイメージが増し、高級感がよりいっそう際立つのかもしれません。 どんぶりというと手軽にかきこむイメージですからね。 高級素材のお重を使っているお店も多く、それに合わせてうな重の値段も多少高くなり、うな丼との差が生まれたと考えられます。 また、格式のある料理屋では、うな重には肝吸いなどのお吸い物がつきます。 うな丼は基本的に単品で出されることが多く、このあたりにも高級感の違いがうかがえます。 うなぎはもともと、庶民の食べ物でした。 当時はうな丼が主流で、比較的手ごろな値段で食べられるということで江戸庶民の間では人気があったのですが、そのうちに、 「 お重に入れたほうが高級そうじゃない?」 という流れになり、うな重が浸透していったのです。 ただ、うな丼のほうが必ずしも庶民的とはかぎりません。 お店によっては3000円を超える高級うな丼を出しているところもあり、 「うな丼 = 手軽」 とは 一概には言えないようです。 一般的にうな重は「お重に入ったうな丼」のことですが、「 うなぎを重ね合わせたもの」ととらえる地域もあるそうです。 その地域でうな重というと、うなぎを下敷きにご飯を乗せ、その上にまたうなぎを重ねたものを指すのだとか。 ご飯をうなぎでサンドイッチにするわけで、なんとも贅沢ですよね。

次の

うなぎを重箱にいれる意味とは?うな重とうな丼との違いはなに?

うな丼 と うな重 の 違い

「うな重」とは、一般的に重箱 じゅうばこ に盛りつけられたご飯の上に鰻の蒲焼を乗せ、タレをかけた料理です。 「うな丼」、 「うな重」は、 で提供されることが多い料理ですが、 をメインとした でも提供している場合があります。 また、 「うな丼」、 「うな重」のうちいずか一方しか提供していない飲食店もあれば、いずれも にある店もあります。 両方提供している店においても、 が違うだけで 方法自体に差がない店もあれば、違う鰻を使ったり、調理方法を変えている店もあります。 一説には、 「うな重」は、重箱に盛りつけられているという意味ではなく「鰻を重ねる」という意味で、ご飯と鰻を交互に重ね合わせたものという説もあり、そういった盛り付けで提供されている場合もあります。 「うな丼」…丼に盛りつけられたご飯に鰻の蒲焼を乗せた料理 「うな重」…重箱に盛りつけられたご飯に鰻の蒲焼を乗せた料理 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 133• 131• 100• 438.

次の