足 裏 外側 痛い。 「足の指が痛い!」『原因』と『場所』から分類します

足の裏が痛い!(土踏まず・かかと・外側・内側・子供)朝歩くと足の裏が痛い原因とは?

足 裏 外側 痛い

今回の流れ• 足の裏に豆ができる 原因とは? 足の裏に出来る症状は豆だけではなく、たこや魚の目など似た様な症状もあります。 豆は医学的に「外傷性水疱」と言われており、名前からも察しがつくとおり、 外部からの摩擦などの刺激により皮膚が炎症を起こしてなる症状です。 靴擦れなど、かかとに出来てしまう人もいるのではないでしょうか? 運動を始めたばかりの人や慣れない靴を履いた際に長時間歩いたり、走ったりした際になりがちです。 また、靴が合わなかったりすることでなる可能性も高く、足の裏に限らず指などにも出来ます。 触ると プニプニした水ぶくれが特徴的です。 一方のたこは豆が繰り返し出来て、患部が固くなったものを言います。 表面が分厚くなり、固く、痛みは感じません。 魚の目はたこと症状は同じですが、固くなった角質が皮膚の中にまで侵入するので、 突き刺さる様な痛みが生じます。 魚の目の様に芯があるから、「魚の目」とも呼ばれているようです。 足の裏は常に重心がかかっているので、魚の目が出来ると厄介です。 それぞれの症状の原因は豆にあり、 極力豆ができないように生活して行くのが重要となります。 足の裏に豆ができた時の対処法 豆の場合、気づいた時には摩擦などで豆が潰れてしまっている場合もあるかと思います。 入浴中に痛みを感じたら、豆が出来ていたなんでことも。 こちらでは、 豆ができたら早急に出来る対処法を紹介させて頂きますので、出先で急に豆が出来た際にもお試しください。 絆創膏などを貼る 摩擦で出来た豆は痛いと思いますが、絆創膏などでケアしておけば摩擦から患部を守ることが出来ます。 さすがに歩いている時に豆に気づいて、靴が原因だから裸足で帰る!というわけには行きませんからね。 応急処置なら絆創膏、最近ではドラッグストアで、 ・厚めの絆創膏 ・豆用のテーピング も売っているので、帰宅したら消毒して貼っておくのがオススメです。 また、患部を清潔に保つ為に 1 日 1 回は絆創膏をかえておきましょう。 ワセリンなどで保湿しておく 出来れば傷跡が残らない様に保湿しておくことも重要です。 絆創膏を貼る前に保湿力の高いワセリンなどを塗りましょう。 気になるようならば、 皮膚科に行って薬を処方してもらうのもいいでしょう。 保湿しておくことは、豆の水ぶくれが破けていても破けていなくてもやるべき重要なので、覚えておきましょうね。 コットンやティッシュなどで保護 絆創膏が無い場合は患部をこれ以上、摩擦やズレで傷つけるのは良くありません。 急ごしらえではありますが、 患部に柔らかいコットンなどをあてておくのがいいでしょう。 何もしないよりはマシです。 出来れば保湿の意味を込めて、手持ちのハンドクリームなどを塗っておくのもオススメです。 上記の絆創膏を貼る、保湿をするの簡易版ですね。 スポンサーリンク 足の裏に豆が出来ない為の防止方法 たこや魚の目などの重症化を防ぐ為には、なんとしても豆を出来ない様にすることです。 ですので、この見出しではで日々の暮らしのちょっとした工夫で、 足の裏に豆が出来ない為の防止方法についてお伝えしていきます。 新しい靴では長時間歩かない 豆は靴の擦れからなる場合が多いです。 新しい靴はまだ自身の足に馴染んでおらず、ズレが生じる可能性が非常に高いことは経験済みの方も多いのではないでしょうか? まず新しい靴を購入したら近所をフラッと散歩してならしておくのがいいですね。 ちょっと足が痛いと感じたらすぐに帰宅して、 段々と足に馴染ませて行くのが靴擦れを防ぐ方法のひとつなのでは無いでしょうか? 1 回履いて長時間歩ける様であれば、それは貴方の足にあったものなのだと思います。 あらかじめ絆創膏を貼っておく 対処法でも述べた絆創膏を貼る方法は防止策としても効果的です。 豆ができるところって続けて出来てくると、「またこの場所になるかな」と予想もついてくると思います。 厚手の絆創膏をあらかじめ貼っておいて、豆を防ぐことで重症化の防止も出来ますよ。 サイズの合った靴を履く 人間にとって重要なアイテムである靴は、その履き心地にもこだわりたいところです。 オーダーメイドの靴を作ってくれるお店は近年増えており、男女問わず気軽に自分に合ったものを入手できることでしょう。 また、オーダーメイドではなくても履き心地を確認してちゃんと購入するが重要です。 市販のものでも靴の中敷きを別途購入することも出来るので、足の裏に負担のかかりにくい、クッション性のあるものを選んで購入するのもいいでしょう。 歩き方の改善 姿勢や歩き方でも重心のかかり具合も異なり、 その豆の原因は靴ではなく姿勢だった!ということも少なくありません。 オーダーメイドの靴の場合、そんな重心をも吸収してしまう優秀なものもあるのですが、お値段的に安くはないのでなかなか手が出ない人もいるでしょう。 まずは日頃の姿勢を見直し、猫背の人は胸を張って歩いてみたり、内股気味の人は気持ち足を外向きにして歩いてみるのもいいでしょう。 日常生活から気をつける習慣を身につけることで豆の防止に繋がります。 足の裏に豆が出来た際の治療法は? 足の裏に豆が出来た際、多くの人は病院に行かず自分で治療するパターンが圧倒的かもしれません。 豆が出来た程度ならば一過性のものなので、無理に負担をかけない限りは個人差もありますが、 1 週間程で完治することが多いです。 しかし、 ・変に触って跡が残るのが嫌な人 ・水ぶくれを潰して良いか分からない人 は病院で診断してもらうのもいいかもしれません。 病院に行くと、多くの場合は傷口用の薬を処方されて終わることが多く、 よっぽどのことが無い限りは通院の必要も無いかと思います。 たこや魚の目まで行くと、根付いている可能性が高いので、レーザー治療や液体窒素で患部を冷やし、固い角質を除去します。 治療後は 場合によっては数日の間痛む可能性もあります。 積み重ねが大事 いかがでしたでしょうか? 今回は「足の裏にできた豆が痛い!その原因と治し方を解説!」というテーマで、記事の方をお届けしました。 豆は急に出来ている症状ではなく、 徐々に外部からの負荷がかかることでなります。 上記で紹介させて頂いた防止方法などを試して、日常的にも豆のできにくい足になりましょう。 角質は固くなったら、重症化が進んでいる証なので、無理にハイヒールなどを履いている人は動きやすく、 疲れにくい靴に変えてみるのも 1 つの予防策かもしれませんね。 豆ができるのならばまだしも、たこや魚の目は治りにくいですし、病院で診察してもらう必要も出てきますので、注意が必要です。 スポンサーリンク.

次の

足の裏の痛みは大事なSOS?足の裏の痛みの部位別症状・原因まとめ

足 裏 外側 痛い

日々、機能している身体の一つに、今更と思われがちですが足があります。 足の役目は、腸が第2の脳と呼ばれるのに対し、 第2の心臓とも言われており、動脈や神経が張り巡り、多数の骨格筋と腱によって、動作の支点となり、運動瞬発力と進行方向の決定(主に左足)と、移動時に掛かる体重負荷のバランス調整(主に右足)をしている運動器官です。 その中で、足裏の外側は、外側足底動脈と外側足底神経・外側足背皮神経などが形態的にあり、足内側との繋がりで足背動脈と、骨格筋や腱で構成されています。 足裏を流れる動脈の血液と、流動している体液は、通常は血管周辺の筋肉が運動してポンプ役となって、足底に溜まった血液を、体上部へと送り出す事の繰り返しにより、血液の循環が円滑に行われますが、何らかの支障でその筋肉運動が活発に行えなくなる時があるようです。 このように、血液を循環させる筋肉運動が阻害されると、足の裏の外側は勿論の事、足全体に痛みや、時には痺れ、皮膚炎などの異常を来たし、同時に体温を調整する機能障害や、血流障害などが起きて、循環器・呼吸器・消化器系の身体の様々な部分に、障害を招いてしまう恐れがあります。 考えられる原因は? 原因の一つ目に、 外側足底筋膜炎と腓骨筋腱炎と呼ばれる疾患で、個人差もありますが、足の裏の外側や、腓周辺より足裏にかけて、痛みを伴った症状が現われます。 この炎症は、歩行時に足の裏全体に痛みが伴う訳では無く、主に右足外側と、左足中央よりやや外側にかけて痛みが生じ、それは筋膜や腱の炎症が元で生じると言われています。 外側足底筋膜炎と腓骨筋腱炎が軽症時は、歩くと少しの痛みで済みますが、症状が進むと体重を掛けただけで、通常の歩行ができなくなり、日常生活の動作に支障を及ぼしてしまいます。 このように足裏には、踵骨より足指の先まで繋がっている膜状の腱や、腓(長・短)骨筋腱より腱が其々繋がっていますが、元々足底筋膜の役目は、土踏まずのアーチを支えたり、腓骨筋は足関節を外反させて、小指側を持ち上げる役目をしています。 この足裏筋膜や腓骨筋は、普通の生活をしている限りは、炎症がおきる可能性は低いのですが、過度なスポーツ運動や、高齢になるにつれての筋肉や筋繊維の退化と、筋膜自体が硬くなり裂けやすくなる事により、炎症が起きてしまう事があります。 原因の二つ目に、足には5つの神経が、上体部より足の裏底に向かって投射されていると言われていますが、その中で外側足底神経と呼ばれる、外側足底動脈から内側を並行し、 第4趾半分~第5趾方向の神経枝部分に炎症が生じた時に、足裏の外側に痛みを伴う事が起きやすいと言われています。 この炎症は、情報源を脳に伝える神経である為に、常に活性化されている神経ですが、坐骨神経の圧迫や下肢の血流障害など、何らかの支障により、知覚を司る脛骨神経から分岐した外側足底神経の麻痺や、過敏性が元で痛みや痺れが伴うとされています。 原因の三つ目に、足根管症候群や足皮神経症と呼ばれる疾患ですが、多くの場合、腓腹神経が麻痺を起すと、靴を履いた時に外くろぶしの下辺りで、圧迫感や電気が走った感じがする事があります。 これは、靴の履き口である後上部が、腓腹神経を肥厚してしまう事が原因とされていますが、同じように、足根管症候群も足根管と言われる膜が、内くるぶしの骨と踵を膜状となって繋いでいますが、その中を通る神経や血管が圧迫されてしまう事で、足の裏外側である神経や筋膜にも痛み等の症状が出てしまいます。 この足根管症候群の原因は、下肢静脈瘤・動脈硬化症・むくみ・粉瘤種・骨折・生まれながら筋肉が、血管や神経を圧迫する体形態である事などが考えられます。 対策1 外側足底筋膜炎と腓骨筋腱炎の治療方法は、 医療機関での適切な治療が第一です。 外側足底筋膜炎と言う聞き慣れない炎症ですが、手首などの腱鞘炎と類似した症状と考えて戴くと分りやすく、安静が一番とされていて、理学療法では干渉波やマイクロ波を用いて筋肉の収縮や、血行改善を促して新陳代謝を旺盛にして痛みの改善を行います。 また、強い痛みの場合には、テーピングを行いますが、その際に痛い部位を固定するのではなく、可能な範囲で、痛んでいる筋肉に並行するように貼る事や、土踏まずのアーチを支え易い8の字に足の甲からテーピングをすると、筋肉と同じような伸縮性をテープがしてくれて、痛みを緩和してくれます。 対策2 外側足底神経の炎症は、血流の悪さや、神経の圧迫が痛みの部分だけの事なのか、足底神経までに下りてくる神経や、血管に炎症があるのか、自己判断が困難な炎症です。 血の流れが悪くなっている原因も様々あり、神経障害も複雑で入り組んでいますので、自己判断で、様々な市販薬を使用するよりは、医療機関をはじめから受診し、検査を受けられた方が、今後の生活を送る上でも安心ですので、適切な治療を受けられる事をお勧め致します。 対策3 足根管症候群の痛みの症状を改善するには、腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症も関係しているとも言われ、CTやMRIの検査が必要な場合もあります。 足裏の外側の痛み等の症状が長期間に及ぶ時は、足部分だけの神経や血管の圧迫が、異常を生じる原因とは限らない場合もありますので、自己治療はしないで医療機関を受診され、適切な治療をされる方が無難です。 治療内容は、日常生活に支障を及ぼすような、神経や血管の圧迫がある場合には、手術や硬膜外注射で神経をブロックし、痛みや痺れを緩和する処置がなされます。 また、軽度な症状時は、内服薬や注射投薬、テーピングなどの理学療法治療と、靴のサイズや除圧効果があるパットの使用等が行われると思いますが、高血圧や動脈硬化症、糖尿病などが関係している場合は、生活習慣病改善対策や、循環器疾患としての治療も合わせて行われます。 日頃から足の裏を気にする事は、さほど無いと思いますが、椅子から立ち上がる時や、履き慣れた靴を履く時、運動中に体重を片足に掛けた際など、急に足裏の外側に痛みが生じた事が、記憶には残ってなくても、経験はあるのではないでしょうか。 余程の事がない限り、放置しがちな部位でもあり、筋肉疲労や神経の圧迫が生じないと、痛みとして認識しずらく、発見が遅れてしまいやすいのは事実です。 しかし、単純に、足裏の外側だけの痛みだけで済むならば良いのですが、足裏には血管や神経が様々張りめぐっていますので、他の部位との関係も重要視しなければなりません。 血流障害が原因となったり、腰椎や内臓の異常によっても、足裏に影響が及ぶ事が多々あるとされていますので、健康診断や既往症をお持ちの方は、主治医の先生と身体の異常について、日々ご相談しておくと良いかと思います。 まとめ 足の裏の外側が痛い時の原因は、他の疾患との関係を無くすと、ほぼ足底筋膜のダメージが、自分の体重を支えたり、歩行時の衝撃に耐えられず起きてしまうようです。 これには、正しい姿勢や歩行走法を取る事、靴やシューズのサイズや形態によっても、衝撃が違うとされています。 足には、血管や神経、多数のツボがあるとされていますので、日頃より足の状態を観察し、健康に影響を及ぼさないようにしたいものです。

次の

歩くと足の外側が痛いときは『腓骨筋腱炎』かも!原因から対処まで解説

足 裏 外側 痛い

足の裏が痛い場合に考えられる病気は色々あり、 放置していると悪化して手術が必要になる場合もあるので無理は禁物です。 糖尿病や痛風など内臓系の疾患が原因になっている場合もあるので我慢できるからといって我慢してはいけません。 放置は厳禁で、早くに原因を突き止めて、その病気に合った治療や予防をしていくことが重要です。 特に足の裏の痛みの場合は、 足に合わない靴や悪い生活習慣が原因となっていることも多いので、痛みを感じたことをキッカケに生活習慣や靴を見直すことで痛みを繰り返すことも少なくなります。 そこで当サイトでは足の裏が痛い場合の病気について詳しくまとめています。 また原因や症状、治療法なども記載していますので、参考になさってください。 Sponsored Link 足の裏が痛い時の病気まとめ 足底筋膜炎 足の裏の痛みで受診する人に見られる症状で多いのは運動時の痛みです。 特にマラソンやウォーキングなど長時間の繰り返しの衝撃が足に加わる スポーツをしている時や、運動後に痛みを感じる人が多いでしょう。 マラソンやウォーキングだけでなく、エアロビクスなど飛び跳ねる運動、剣道などの踏み込む動作などの時に痛みを感じる人もいます。 このような病気で考えられるのは 足底筋膜炎などがあります。 足底筋膜炎はランナーやダンサーに多く見られる病気でスポーツのし過ぎが原因です。 モートン病 このような激しい運動をしなくても、普通に歩くだけ、立つだけで痛みを感じる足根管症候群もあります。 その他にも高いヒールなどでつま先立ちをすることで負担がかかり、足の第3〜4足趾間に痛み、しびれ、灼熱感を感じる モートン病もあります。 こむら返り(足がつる) 少し種類は変わりますが、久々の運動や立ち仕事の後に 急に足がつって痛みを感じるこむら返りも非常に強い痛みです。 こむら返りは通常の健康な人にも見られますが、肝硬変や甲状腺機能低下症などの病気が原因となる場合があることを知らない人は多いでしょう。 魚の目や水虫 その他にも魚の目や水虫など運動のし過ぎ以外の原因で足が痛いこともあります。 水虫というと足が痒くなるイメージですが、それだけに限りません。 水虫にも種類があり 踵が乾燥して角質が増殖して痛みを引き起こす水虫もあります。 また魚の目は軽く見てしまいがちですが、小石を踏んだような痛みから徐々に進行し、歩くと痛みを感じるようになっていきます。 足底繊維症 また、土踏まずの部分にしこりができて、立つ姿勢になると足の裏に「コリコリ」と違和感を感じる 足底繊維症という病気もあります。 痛むことがなくて、しこりを触れるだけの場合もありますが、 歩くと足の裏にしこりが押し込まれて痛みを感じしまうこともあります。 原因ははっきりしていませんが、足底筋膜に小さな刺激が加わることや、感染が原因ではないかと言われています 外反母趾 足の変形が原因で痛みが生じている場合も多いです。 有名なのは 外反母趾です。 外反母趾は親指の付け根あたりが「く」の字に変形し、飛び出した部分が痛み赤くなる病気です。 ハイヒールが原因と知っている方も多いですが、ハイヒールだけでなく自分に合った靴を履いていない場合や、生まれつきの足の形状による場合もあります。 ハイアーチや偏平足 その他にも、足の裏が平べったく変形し疲れやすくなる偏平足や足のアーチが高くなり甲高になる ハイアーチもあります。 偏平足はよく聞く病名ですが、疲れやすくなるだけでなく歩き方がおかしくなって、膝ややすねまで痛んでしまいます。 Sponsored Link 内臓系の病気 足の裏が痛むと 「運動のし過ぎでは?」「運動の仕方が悪かったのか?」と考えがちですが、足の裏とは全く関係のない内臓系の病気が原因となる場合もあります。 内臓系の疾患で有名なのは 糖尿病による神経障害や痛風などです。 痛風は「風が吹いても痛い」といわれるように、突然足の指に激痛が走ります。 赤くなり、熱感を伴い、歩いたりすることさえ困難になります。 また、糖尿病による神経障害は痛風のように急激に発症するのではなく徐々に症状が現れます。 足にしびれや痛みが現れ数か月かけて慢性化していきます。 初期のころは日常生活も送れますが、放置すると日常生活すら難しくなることもあります。 このような内臓系の病気の場合は安静にするだけでは症状は良くならず、 原因となっている糖尿病などの病気の治療を内科で行うことが必要になってきます。 自分の足の裏の痛みを確認する際のポイント10個! 一口に足の裏の痛みといっても、痛みの種類や痛くなる場所、どんな時に痛くなるかなど様々です。 整形外科などの病院に行くことは大切ですが、その際には医師に説明できるように、 「いつ痛くなるのか」 「どんな痛みなのか」 「痛みの度合いはどうなのか」 こちらを把握しておきましょう。 まず自分の足の痛みはどんな痛みなのかチェックしてみましょう。 以下にチェックポイントを挙げていますので、参考にしてください。 持病があるか(糖尿病・痛風など)• 痛い部分はどこか(足の指、指の付け根、土踏まず、踵など)• 傷、できものはないか• 赤くなっていないか(痛い部分だけか、全体か)• 腫れていないか• 押さえると痛いか• いつ痛むか(運動中、運動後、朝起きたとき、歩いたとき、椅子から立ち上がる時)• しびれはあるか• ヒールばかり履いていないか• 足に合った靴を履いているか 踵(かかと)が痛くなる原因や病気など! その他に足の裏の一部分である踵が痛くなることが特徴の病気もあります。 シーバー病(別名:踵骨骨端症) 踵骨棘(しょうこつきょく) アキレス腱炎 踵骨下滑液包炎 などです。 シーバー病は成長期の小学生の踵の痛みでは一番多い原因です。 運動中に痛みを訴えることが多いです。 子供の骨の特徴(軟骨が多い)ことや、骨の成長に筋肉の成長が追いついていないため起こります。 運動を中止して安静にするのが効果的です。 また朝の歩き初めに踵がズキズキする踵骨棘ですが、悪化すると触ると激痛が走ります。 踵骨下滑液包炎は歩くときに踵が地面に付着するたびに痛みを感じます。 足の裏や踵に痛みを感じる病気は上で紹介したものだけに限らず他にもたくさんあります。 間違えた対処をすると痛みが強くなって、ひどくなる場合があるので自分で安易に決めつけて間違えた対処をしないことが大切です。 痛みを感じたら病院で相談することが重要なので気を付けましょう。 Sponsored Link 最後に! 普段私たちは何も意識することなく歩いたり走ったりしています。 普段の生活でありがたみを感じることはなく、歩きながら「足の裏が健康でよかった」と実感している人はいないのではないでしょうか? しかし一度足の裏やかかと、土踏まずが痛くなってしまうと、日常生活がとても不便に感じてしまいます。 マラソンやウォーキングなどの運動している時に痛いだけでなく、 じっとしていても痛い 朝起きて歩き初めが痛い 何もしてなくても痛い そうなると毎日がとても憂うつになるでしょう。 足底や付け根に痛みを感じた時に動かずに安静に過ごしていれば痛みが治まることも多いのですが、全く歩かない生活というのは無理がありますよね。 特に仕事や家事をしていると、痛いからとずっと安静にすることも難しいでしょう。 しなければいけない事があると「少しの痛みなら」と痛みを我慢して動いてしまうこともあるかと思います。 ですが、足底や足裏部分、かかと、土踏まずが痛い症状が出ている場合には、 「筋膜炎」「ハイアーチ」「モートン病」「中足骨」など様々な病気などの原因になっていることもある為、早めに原因を知って治療や予防をすることが大切です。 あなたの足の裏が痛い!という悩みの原因を少しで当「足の裏が痛い」サイトで解決出来れば幸いです。 自分の足裏、足底の痛みの症状に近いと思う項目を調べて頂ければ、それぞれの病気の詳細や治療についてを記載しているので参考になさってみて下さいね。

次の