首 里 城 火事 原因。 【決定版】首里城の火災発生状況まとめ|原因・犯人・現状・募金・支援の方法

世界遺産「首里城」火災 正殿など4200平方メートル全焼 火事の原因は…。

首 里 城 火事 原因

沖縄県の那覇市消防局は10月31日、首里城火災の出火元は正殿の可能性が高いと明らかにした。 同局によると首里城の火災でこれまでに正殿、北殿、南殿など6棟が焼け、約4200平方メートルが焼失している。 また、最初に駆け付けた警備員が、煙が正殿の中から出ているのを目撃していたことが分かった。 県警は、正殿内部から出火したとみている。 同日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で「煙が上がっている」と警備会社から119番があった。 正殿などが激しい炎を上げて燃え、消防車両が10台以上出動して消火に当たったが、首里城の正殿と北殿、南殿がいずれも全焼した。 けが人の情報はない。 那覇署や消防が出火原因や経緯を調べている。 那覇市消防局によると、焼失した首里城の建物のうち正殿や南殿、北殿にはスプリンクラーが設置されていなかったと明らかにした。 法的な設置義務はないとしている。 火災を受けて那覇市は災害警戒本部を設置し、公民館や小学校計3カ所に避難所を設けた。 那覇署などは周辺住民を避難誘導した。 那覇市消防局は火の粉が広範囲に舞っているとして、31日午前4時すぎから防災無線で住宅への飛び火に警戒するよう呼び掛けた。 那覇市の城間幹子市長は、首里城火災を受け市役所で記者会見し「残念でならない。 衝撃を受けている」と語った。

次の

【首里城火災】被害総額や復旧時期は?現在の動画・画像まとめも

首 里 城 火事 原因

気になるところから読む• 首里城で火災が発生 正殿・北殿・南殿が全焼 那覇・首里城で火災、消火活動中 正殿と北殿は全焼か 那覇市の の正殿付近で火災が発生し、現在も消化活動中です。 正殿と北殿が全焼したとみられています。 首里城跡は2000年に世界遺産登録。 住民は「私たちにとって神様みたいな存在。 涙で言葉が出ない」。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom 沖縄県那覇市にある首里城で火災が発生したとの報道がありました。 沖縄県警によると、31日午前2時50分ごろ那覇市の首里城で「正殿で火災が起きている」と110番通報があり、消防車10台以上が出動して消火活動にあたっています。 那覇署によると、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼。 正殿前にある御庭(うなー)に入る入り口の「奉神門(ほうしんもん)」や、南殿に隣接する「書院」にも燃え広がっている。 いずれも木造の建造物。 火の勢いがおさまらないことから、署は首里城近くに住む周辺住民に対し、近くの公民館へ避難するよう誘導を始めた。 火災に気づいたのは、首里城の警備員。 警備システムのセンサーで熱反応があり、確認したところすでに正殿から火の手が上がっていたという。 正殿には31日未明まで、開催中の「首里城祭」の関係者が作業をしていたという。 出火当時は帰宅しており、出火原因との関係はわかっていないが、署は首里城公園の関係者やイベントの関係者に事情を聴いている。 首里城といえば「首里城跡」が2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が世界遺産に登録されており、建物自体は1992年に復元されたばかりでした。 「守礼門」が2000円札の絵柄に選ばれるなど、多くの人々から愛され、親しまれてきた首里城。 なぜ今回火災が発生することとなったのでしょうか? 首里城火災による祭りの中止については『』の記事でもまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね。 スポンサーリンク 首里城出火の原因はなぜ?放火の可能性について調査 現在、報道では正殿・北殿・南殿が全焼し門などに延焼中で鎮火していないとの事。 ショック過ぎて…。 首里城では10月27日より「首里城祭」のイベントが開催中で、31日未明は正殿前の「御庭」に午前1時半頃までイベント会社の従業員が機材設営作業をしていたとされています。 火災発生が午前2時40分ごろと深夜だったこともあり、出火当初はネットで 「放火だ」とする声が多くあがっていました。 しかし防犯カメラの映像解析後も不審者の発見情報などは出ておらず、今のところ 放火の線は薄くなっています。 消防によると、現段階で今回の火災の原因は 「輻射熱(ふくしゃねつ)による自然発火」によるものの可能性があると報じています。 輻射熱(ふくしゃねつ)とは、遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱のことですね。 太陽や薪ストーブの熱などもこの輻射熱に入ります。 専門家などは大規模に延焼した理由として• 木造であったこと• 赤い塗装に沖縄独特の桐油(とうゆ)や、下地に漆を塗っていたことから火の勢いが強まった• 屋内にスプリンクラーが設置されていなかった などを挙げ、消防設備の不十分さを指摘する声があがっています。 再建の際には、再発防止のための対策が必要不可欠となりますね。 首里城放火の犯人や不審者情報については『』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! スポンサーリンク 首里城を復元・再建する場合の費用や期間はいくらになる? ここから立ち上がったんだ。 大丈夫。 また建て直せる。 内閣府によると、このとき 首里城の復元にかかった総事業費は1986~2018年度の33年間で 約240億円!! 再建をする場合はこれと同等か、それ以上の期間や費用がかかることが予想されますね。 しかし、沖縄のシンボルとして観光面でも首里城の存在意義は大きいため、政府関係者は早期再建に意欲を示しているそうです。 沖縄県民のみならず、国内外から 「首里城を再建して欲しい」という声は上がっており、すでに沖縄県、那覇市、熊本県、ハワイなどで義援金や寄付金を募る活動が始まっているのだとか。 復元・再建の期間は現在のところまだわかっていませんが、今後再建に向けた活動が加速すれば早い段階で方針が明らかになるかもしれませんね。 こんな跡形もなくなるなんて思ってもみなかった。 放火か事故か分からないけど、再建出来るといいなぁ。 世界遺産消失が続いていて悲しい。 まるで映画のワンシーンのようで、これが現実に起こったとは今でも信じられません。 また沖縄の地に、美しい首里城が再建されることを願ってやまないですね。 スポンサーリンク まとめ 今回は、大規模な火災が起こった首里城について調査しました。 10月31日未明に首里城の正殿から出火し、北殿・南殿も全焼したと伝えられています。 出火原因については、消防の報告で「輻射熱による自然発火」の可能性が高いとされており、放火の線は薄くなっています。 また、内閣府によると第二次世界大戦時に焼失した首里城を再建した際は 33年間で約240億円がかかっていました。 今回復元再建する場合もかなりの期間と費用を要することが予想されていますが、義援金や寄付金募集の活動が始まっているなど、再建を願う活動は国内だけでなく海外でも起こっているようですね。 首里城火災関連の記事については『』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

首里城火災の発火原因は?中学生焚火やユーチューバー放火はデマ?【動画】

首 里 城 火事 原因

なんだかもやもやしますね。 また新しい情報がありましたら追記したいと思います。 首里城火災いつ起こったのか 首里城の火災は那覇市消防局の会見によりますと2019年10月31日午前2時43分ごろに正殿の火災報知器が作動し警備会社の方が確認した際火災が発見されたようです。 実際はもう少し前から燃え始めたのでしょうか。 首里城火災どこの部分が燃えたのか 首里城の火災で燃えた部分は「正殿」「北殿」「南殿」「奉神門」という主要な部分が全焼し、 7棟合わせて4800平方メートル余りが焼失したとNHKニュースで発表されています。 主要な部分に隣接しているのは「黄金御殿」「奥書院」「近習詰所」「書院・鎖之間」などでこちらも焼失しているおそれがあります。 詳細はまた分かり次第追記いたします。 首里城火災現在の状況 首里城の火災の現在の状況は、出火からおよそ11時間後の午後1時半に消し止められ消火活動は現在は終了しているようです。 首里城火災けが人の情報 首里城の火災での現在の情報では消火活動を行っていた消防隊員の方が熱中症により搬送された以外にけが人は見つかっていないとのことですが、これほどの大火災だとまだ分からい状態ですね。 消防隊員の方も命の危険と隣り合わせの中の作業ほんとにすごいですね。 利権は絡んでほしくないですね。 首里城焼失の件。 一番悲しい思いをしているのは 私たち沖縄県民です。 そして再建に携わった全ての方々や ここで思い出を紡いだ全ての方々も 同じように悲しんでいます。 お願いですから、これを政治闘争の具に 供さないでください。 お願いします。 ほんとうにお願いします。 ちなみに首里城は、わかっているだけでもこれまでに4回(1453年・1660年・1709年・1945年)も焼失しています。 今回を加えると5回目です。 大ショックには違いないのですが…何度も何度も全焼から復活してきたお城なので大丈夫、首里城はまた蘇るよ…と思うことにしておきます。 — 昆布山葵 konbuwasabi 全体が世界遺産というイメージが強い首里城ですが、実際は一部のみなんですね。 知らない人が多かったので。 上に建ってる建築物は殆ど世界遺産では無く、戦時中に焼失した首里城の跡が世界遺産。 1、2枚目の石垣の遺構がそれ。 正殿の一階からガラス越しに見れた。 今回焼失した正殿などは70cm位底上げされて、その上に建ってる。 戦前の消失前の正殿などは国宝だった。 これから消防、警察による現場検証による原因究明が始まるとNHKニュースで伝えられています。 2019年10月31日午前2時43分ごろに正殿の火災報知器が作動し警備会社の方が確認した際火災が発見されたようです。 首里城の火災で燃えた部分は「正殿」「北殿」「南殿」「奉神門」という主要な部分が全焼し、合わせて 4800平方メートル余りが焼失したとNHKニュースで発表されています。 首里城の火災の現在の状況は、出火からおよそ11時間後の午後1時半に消し止められ消火活動は現在は終了しているようです。 首里城の火災での現在の情報では消火活動を行っていた消防隊員の方が熱中症により搬送された以外にけが人は見つかっていないとのことです。 今後の復興や焼け跡の作業によるけが人などが出られないことを願います。

次の