コーヒー が 冷め ない うち に 解説。 コーヒーが冷めないうちに : 作品情報

ネタバレ『本・コーヒーが冷めないうちに』あらすじ&超辛口個人的感想・レビュー

コーヒー が 冷め ない うち に 解説

解説 「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和の同名ベストセラー小説を、有村架純の主演で映画化。 時田数が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には、ある席に座ると望み通りの時間に戻れるという不思議な噂があった。 過去に戻るには面倒なルールがいくつもあったが、その全てを守った時、優しい奇跡が舞い降りるのだという。 今日も店には、噂を聞きつけてやって来たキャリアウーマンの清川二美子や、訳あり常連客の高竹佳代と房木康徳、なぜか妹から逃げ回っている平井八絵子ら、それぞれ事情を抱える人々が訪れてくる。 タイムスリップの引き金になるコーヒーを淹れることのできる数も、近所の美大生・新谷亮介に導かれるように、自分自身の秘められた過去に向き合っていく。 2018年製作/116分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 映画館で見れずにいたので、鑑賞。 タイトルと雰囲気がすごく好きだったので、結構気になってました。 見逃したの結構ショックだったし 面白い! 評価良くなかったので、期待していなかったがなかなか良かった。 有村架純が可愛くて、伊藤健太郎がカッコイイ。 とある喫茶店には不思議な席があった。 その席に座り、時田数 有村架純 という店員にコーヒーを注いでもらいコップが満タンになったとたんに、席に座った人は自分の思い描いた過去に戻れるという。 見てる人をこの世界に引き込むいい始まり方。 有村架純と店の雰囲気から独特な空気を作り出していて、いつの間にかこの世界に吸い込まれている。 出演者が豪華。 有村架純、伊藤健太郎、吉田羊、薬師丸ひろ子、松重豊などなど。 そういった面でも楽しめる。 その中でも薬師丸ひろ子の演技がやはり輝いてる。 過去を振り返ったときの情景が綺麗。 ただ、言葉だけで振り返らずに当時の状況も加えて、 どうなったの?やどうすんの?など質問を投げかけるから分かりやすい。 ちょっと無理やりな所もある。 まず、4つの話だから4回泣けるという謳っているのだろうが、4つの話が結構独立しているから飽きないものの映画としてはイマイチ。 ドラマの方がもっと丁寧に書けただろうし、視聴者受けも良かったと思う。 恋愛模様も4つの話と共に進んでいくが、 前半はちょっと雑さを感じた。 無理やり詰め込んだなってのがひしひしと伝わる。 都合のいいように作られているところもあり、 さっきはこうだったのに何故こっちでは?という疑問が浮かんでくる。 非常に惜しい。 もっといけたと思う。 でも、エンドロールまで楽しめて余韻も残るいい作品でしたよ。 ある席に座ると過去に戻れるというファンタジー作品。 過去を変えられないというルールがあるので、タイムトラベル者には分類できない気はします。 喫茶店に行きつけの何人かの話をオムニバスっぽい感じで話は進みます。 どの話もそれぞれに思い入れがあり、楽しめました。 気になったのは、最後のエピソード。 あれは過去を変えているんではないでしょうか。 ああいうややこしいやり方をしないとその当時を乗り切れなかったかもしれませんが、そこだけ見終わってしばらくして気になりました。 それを含めてもいい役者がそろっていて、肩肘張らずに気楽に見れたいい作品でした。 レビュータイトルにも書きましたが、過去よりも未来をみて生きなければならないと強く思いました。 そういった意味では、一つめのエピソードが一番印象的でした。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじと感想を人物相関図付きで~自分が変わることが大事。

コーヒー が 冷め ない うち に 解説

【コーヒーが冷めないうちに】を配信している動画配信サービスとは? 現在、【コーヒーが冷めないうちに】を見られる動画配信サービスは、以下のようになっています。 全ての動画配信サービス(VOD)で、【コーヒーが冷めないうちに】はレンタル作品であり、無料おためし期間でも、 追加課金が必要になります。 しかし 【U-NEXT】であれば、まだ無料視聴できる可能性があります! それが「無料おためし期間」でも貰える「600ポイント」です。 このポイントを利用すれば、【コーヒーが冷めないうちに】を 無料視聴できます! U-NEXTを選ぶとポイント利用で無料視聴できる 動画視聴サービスの動画には、 「見放題作品」と「レンタル作品」という2種類があります。 「見放題作品」:無料おためし視聴期間でも、追加費用なしで視聴可能 「レンタル作品」:追加費用(レンタル料金)を支払い視聴する 上記の表からも分かりますが、【コーヒーが冷めないうちに】は、幾つかの動画配信サービスで視聴できます。 しかし「見放題作品」として配信している動画配信サービスはありません。 費用の必要な 「レンタル作品」として視聴しなければなりません。 無料おためし視聴キャンペーンを利用しても、作品が「レンタル作品」であれば、無料視聴はできません。 しかし「U-NEXT」であれば、無料おためし期間であっても、利用できるポイントが600ポイント入会時に付与されます。 この600ポイントを利用すれば、【コーヒーが冷めないうちに】を、「無料おためし期間中」に無料で視聴できるようになります。 その他の VODでは、レンタル費用を支払う必要がありますので、やはり「 U-NEXT」を利用される方がおすすめですね。 【コーヒーが冷めないうちに】を視聴した後に、仮に「 U-NEXT」に満足できない場合は、解約すれば、料金が発生することはありませんよ。 【コーヒーが冷めないうちに】のあらすじ(ネタバレ)の見どころ 映画の原作は「コーヒーが冷めないうちに」という同名のベストセラー小説です。 小説を読んで、 4度泣けるという評判がありましたが、映画でも同じように涙なしでは見られない感動作品です。 物語は、 4つの愛情から成り立っています。 1恋愛 2夫婦愛 3姉妹愛 4家族愛 どんな立場の人でも、この映画で扱われている愛情を感じたことがあるはずなので、心から感動できるでしょう。 個人的に本当に素晴らしいと思うのは、俳優人の演技力です。 久しぶりに、本物の映画を見たと思える作品だったと思います。 もちろん原作がベストセラー作品であり、物語の内容も素晴らしかったですが、それを映画にした脚本や監督が、本当に素晴らしいと思います。 4本分の映画を、 1作品の中で楽しめる最高の映画でした。 物語の中心になるのは 「喫茶店フニクリフニクラ」です。 この喫茶店には、とても不思議な 1つの噂があります。 それはある席に座ると、自分が希望している時間にタイムスリップできるというものです。 よくあるタイムスリップ作品か、と思われるかもしれませんが、この映画でのタイムスリップは、他の映画やアニメとは大きくことなっています。 タイムスリップのためには、いくつかの条件があり、その 1つはタイムスリップしても現実は一切変えることができないというものです。 こうした作品の多くは、過去や未来を変えるために、タイムスリップするというものですが、【コーヒーが冷めないうちに】では、登場人物はなぜタイムスリップしようとするのでしょうか? そこに愛情が関係しています。 海外で家族と一緒に生活をしています。 目標は2年単位くらいで、様々な国に移住して生活をすること。 中国・南ア・タンザニア・ザンビア・フィリピン・ニューカレドニア滞在歴あり。 海外で生活すると「日本のドラマ」が見られない。 でも動画配信サービス(VOD)なら、VPNを使って動画が視聴できるので、癒しのためにドラマや映画を見ています。 自分で見て良いと感じたドラマや映画・見たいと思ったドラマや映画を趣味のレベルで紹介しているので、参考にしてもらえたら嬉しいです。 同じように海外生活をしている方からのコンタクトも大歓迎です。 修正依頼など記事内容についての問い合わせは、こちらからご連絡頂ければ幸いです。 対応させていただきます。

次の

『コーヒーが冷めないうちに』泣ける小説のあらすじや結末をネタバレ解説!

コーヒー が 冷め ない うち に 解説

この喫茶店には都市伝説があります。 しかし、それには数々の条件があります。 次項ではメインの登場人物を紹介していきます。 『コーヒーが冷めないうちに』の登場人物 『コーヒーが冷めないうちに』の登場人物は喫茶店で働くスタッフ、常連客、都市伝説を信じて来店する者で構成されています。 時田 流 ときた ながれ... 喫茶店『フニクリフニクラ』のマスター。 高身長。 無口で無愛想だが、根は優しい男。 過去に入院していたことがきっかけで、現在の妻・計と知り合う。 時田 数 ときた かず... 時田 流の従兄弟にあたる。 無口な美大生。 とある席で彼にコーヒーを淹れてもらうと時間を移動できる。 時田 計 ときた けい... 時田 流の妻。 自由奔放な性格で誰からも愛される。 心臓に持病があるため定期検診に通っている。 平井 八絵子 ひらい やえこ... 30歳の常連客。 髪にカーラーを付けっぱなしというラフなスタイル。 性格は勝気。 喫茶店の近所でスナックを営む。 実家は老舗の旅館で妹が若女将として切り盛りしている。 清川 二美子 きよかわ ふみこ... 28歳のキャリアウーマン。 早稲田大学を主席で卒業した才女。 IT関係の会社で働く。 仕事先で知り合った男性と付き合っている。 喫茶店入り口近くのテーブルを指定席にしている常連客。 元・庭師。 いつも旅行雑誌を読んでいる。 アルツハイマーを患っている。 高竹 こうたけ... 房木の妻。 喫茶店の近所の総合病院で看護師をしている。 白いワンピースの女... 時間を行き来できるテーブルを陣取る幽霊。 彼女が席を立ったときにしかその席には座れない。 4つのメインストーリー(ネタバレ) 『コーヒーが冷めないうちに』は4つのメインテーマがあります。 第1話「恋人」 キャリアもさることながら、誰もが目を引くプロポーションの清川 二美子。 彼女はある日、恋人である賀田多 吾郎 かただ ごろう に「アメリカに行く」と告げられる。 吾郎のあまりに突然の告白に、二美子は投げやりな態度を取ってしまうが、後々酷く後悔してしまう。 第2話「夫婦」 若年性アルツハイマーを患う房木はいつも傍らに茶封筒を持っていた。 聞くと、「妻に渡したい手紙」だと言う。 そんなとき、房木の妻・高竹が手紙のことを知って... 第3話「姉妹」 喫茶店の常連客の平井 八絵子は18歳のとき、家業の旅館を継ぐのを拒み実家を飛び出す。 結果、旅館は妹の平井 久美 ひらい くみ が若女将となる。 久美は八絵子に「実家に戻ってきて欲しい」と度々説得を続けるが、毎回はぐらかされていた。 そんなある日、久美が交通事故で亡くなったという報せが... 第4話「親子」 時田 計は時田 流の子を身篭っていた。 しかし持病の心臓病のため、出産には「死」というリスクが伴なってしまう。 生まれてくる子供に一目でも会いたいと思った計は10年後の未来に行くことを決心する... 「私はこの腕の上じゃなきゃ寝れないの! 」 以前、僕にそう言い放った女性がいた。 とっくに別れてしまったが、最高の枕であろう僕の右腕を棄てた彼女は今も眠れない夜を過ごしているのではないだろうか。 … 正直『コーヒーが冷めないうちに』は僕的には、つまらない… 感想 ここからは、あくまでも個人的感想(しかも超辛目である)になりネタバレもあるので、これから読みたいと思うひとは、ここでストップしていただきたい……。 では、レビューを始めよう。 タイムトラベルネタは好みが分かれると思うが、SF慣れしていない僕にはとても新鮮で、プロローグまでは楽しんで読めた。 しかし、話を読み進めていくうち、登場人物の行動や言動に違和感を感じた。 挙げればキリがないのだが、アルツハイマーの症状が明らかに進行している旦那を1人で帰宅させ、喫茶店の店員と酒を飲む『看護師』の女性。 デリカシーとかそういう問題ではなく、ありえない。 僕の祖父がアルツハイマーを患っていたということもあるが、このシーンは怒りを通り越して呆れた。 「アルツハイマーってこんなんでしょ?」という作者の知識の無さが伺える。 デリケートな題材を取り扱っているのだから、せめて取材くらいはしてほしい。 また、よく分からん酒のウンチクのくだりが長い。 いるか? あそこ。 極めつけは最終話の「親子」という話。 『重度の心臓病である計は妊娠しており、出産には死のリスクがある』という話だが、そんな持病を幼少期から抱えているのに何故、避妊しなかったのか? 毎度、定期健診に行っているのだから出産のリスクは夫婦共に分かっていたはずだ。 旦那の時田 流がチャラ男なら話はまだ分かるが、彼は『無口で優しい男』という設定だ。 彼なら「子供は作らず夫婦だけで仲良くやっていこう」と言いそうなのだが、シレっと子作りに励み、その結果妻は死んでしまうのである。 この話で流を始め、登場人物のほとんどが胡散臭い連中にしか見えなくなってしまった。 話に説得性を持たせるのであれば 『計がどうしても子供が欲しい』という設定を付け加えるべきなのでは? それでも不自然だが 病気や死を題材にするのは悪いことではない。 ただ、けっして安く扱ってはいけないものだと僕は思う。 感情論は抜きにしても書くならせめて上手く描いてほしい。 小説というのは1つ違和感を覚えると全てが崩壊してしまう。 もちろん、完璧な読み物などないので、流すところは流せるが、『登場人物が人物設定から大きくかけ離れた行動を取る』など重大な欠陥があると感情移入できなくなるのだ。 また、泣かせるためにあざとく、使い古された設定 記憶障害、死、リスクのある出産 なども読んでいて冷めてしまう。 まるで 「どうせ、こうゆう設定好きなんでしょ? ほらほら泣いて!」と催促されているようで気持ちが悪い。 そんなノリがずっと続くため、登場人物が『次にどんな台詞を言うのか』がページをめくらなくても分かってしまう。 悪い意味で期待を裏切らない小説だった。 書籍サイトのレビューを見てみると「中高生が好きそう」と書いてあったが、冗談じゃない。 今の中高生はもっとマシな小説を読んでいる。 この小説が売れた理由は単に「マーケティングが上手かった」だけだ。 無理矢理にでも良いところを挙げるとするならば、台詞が多いので読みやすいといったところか。 こんな小説が本屋大賞に選ばれるのは本当に嘆かわしい。 これからは日本の文芸界の質を落とさない選出をしてもらいたいものである。 と、この小説をぶった切ってしまったが、本音である。 きっと好みはあると思うので、あえて言うなら単純に、 「それでもいいから泣きたいの…」っていう気分の時には、おすすめかもしれない。

次の