神戸 血液内科。 内科(血液・免疫)

兵庫県の血液内科の名医|クリンタル

神戸 血液内科

北海道・東北• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 北陸・中部• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 九州・沖縄• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• 指定なし• 陽子線・重粒子線治療• がんカテーテル治療 血管内治療• 定位放射線・強度変調放射線治療• 間質性膀胱炎• 男性不妊• 前立腺肥大• 腎臓がん• 前立腺がん 放射線治療• 尿路結石• 前立腺がん ロボット手術• 尿失禁• 腎臓移植• 膀胱がん• 前立腺がん小線源療法• 嚥下障害(嚥下機能手術)• 人工中耳手術• 顔面神経麻痺• 声帯ポリープ• 突発性難聴• 舌がん• 耳硬化症 アブミ骨手術• めまい• 耳鳴り• 慢性副鼻腔炎• 慢性中耳炎• 食道アカラシア• 過敏性腸症候群• 慢性膵炎• 胃がん内視鏡手術• 大腸がん内視鏡手術• 小腸カプセル内視鏡• 肥満(減量手術)• 胃がん手術• 肝移植• 食道がん手術• 肝臓がん手術• 鼠径ヘルニア• 胃がん腹腔鏡手術• 大腸がん腹腔鏡手術• 大腸がん手術• ベーチェット病• ANCA関連血管炎症候群• サルコイドーシス• 性同一性障害• チック症• 認知症• 性同一性障害(薬物療法)• 摂食障害• 統合失調症• 双極性障害• 若年性特発性関節炎• 小児外科 ヘルニアなど• てんかん• もやもや病• 脳腫瘍放射線治療• 悪性脳腫瘍手術• 脳動脈瘤血管内治療• 脳動脈瘤手術• 良性脳腫瘍手術• 下垂体腫瘍手術• パーキンソン病脳深部刺激療法• てんかん手術• 多発性硬化症• 認知症• 重症筋無力症• パーキンソン病• 筋ジストロフィー• てんかん• ALS 筋萎縮性側索硬化症• 肺高血圧症• 狭心症 心臓カテーテル手術• 重症心不全 拡張型心筋症など• 心臓弁膜症カテーテル治療• 不整脈 アブレーションなど• 尋常性白斑• 光線過敏症• 多汗症• アトピー性皮膚炎• 悪性リンパ腫• 血友病• 多発性骨髄腫• 子宮脱• ぶどう膜炎• 屈折矯正 オルソケラトロジー• 屈折矯正 眼内コンタクトレンズ• 白内障• ドライアイ• 加齢黄斑変性• 角膜移植• 屈折矯正(レーシック)• 緑内障• 網膜硝子体手術(糖尿病網膜症、網膜剥離)• 眼瞼下垂• 口唇口蓋裂• リンパ浮腫• 顔面骨折• 肺がん胸腔鏡手術• 肺がん手術• 人工膝関節置換術• 人工股関節置換術• 膝関節鏡手術 半月板損傷など• 手の外科 手根管症候群など• 肩関節鏡手術 腱板損傷など• 肺がん• 慢性閉塞性肺疾患(COPD)• 気管支喘息• 間質性肺炎• 睡眠時無呼吸症候群• 慢性腎不全• 甲状腺がん• 多発性嚢胞腎• 腹膜透析• 原発性アルドステロン症• 1型糖尿病• IgA腎症• 乳癌手術• 乳癌放射線治療• 乳癌薬物療法• 乳房再建• 遺伝カウンセリング• 根管治療• インプラント• 歯周病• 心臓弁膜症 開胸手術• 下肢静脈瘤レーザー手術• 小児心臓外科• 胸部大動脈瘤 ステントグラフト• 胸部大動脈瘤手術• 心臓弁膜症 低侵襲手術• 腹部大動脈瘤手術• 狭心症 バイパス手術• 腹部大動脈瘤 ステントグラフト• 緩和ケア• 慢性疼痛 腰痛など• 陽子線・重粒子線治療• がんカテーテル治療 血管内治療• 定位放射線・強度変調放射線治療• 間質性膀胱炎• 男性不妊• 前立腺肥大• 腎臓がん• 前立腺がん 放射線治療• 尿路結石• 前立腺がん ロボット手術• 尿失禁• 腎臓移植• 膀胱がん• 前立腺がん小線源療法• 嚥下障害(嚥下機能手術)• 人工中耳手術• 顔面神経麻痺• 声帯ポリープ• 突発性難聴• 舌がん• 耳硬化症 アブミ骨手術• めまい• 耳鳴り• 慢性副鼻腔炎• 慢性中耳炎• 食道アカラシア• 過敏性腸症候群• 慢性膵炎• 胃がん内視鏡手術• 大腸がん内視鏡手術• 小腸カプセル内視鏡• 肥満(減量手術)• 胃がん手術• 肝移植• 食道がん手術• 肝臓がん手術• 鼠径ヘルニア• 胃がん腹腔鏡手術• 大腸がん腹腔鏡手術• 大腸がん手術• ベーチェット病• ANCA関連血管炎症候群• サルコイドーシス• 性同一性障害• チック症• 認知症• 性同一性障害(薬物療法)• 摂食障害• 統合失調症• 双極性障害• 若年性特発性関節炎• 小児外科 ヘルニアなど• てんかん• もやもや病• 脳腫瘍放射線治療• 悪性脳腫瘍手術• 脳動脈瘤血管内治療• 脳動脈瘤手術• 良性脳腫瘍手術• 下垂体腫瘍手術• パーキンソン病脳深部刺激療法• てんかん手術• 多発性硬化症• 認知症• 重症筋無力症• パーキンソン病• 筋ジストロフィー• てんかん• ALS 筋萎縮性側索硬化症• 肺高血圧症• 狭心症 心臓カテーテル手術• 重症心不全 拡張型心筋症など• 心臓弁膜症カテーテル治療• 不整脈 アブレーションなど• 尋常性白斑• 光線過敏症• 多汗症• アトピー性皮膚炎• 悪性リンパ腫• 血友病• 多発性骨髄腫• 子宮脱• ぶどう膜炎• 屈折矯正 オルソケラトロジー• 屈折矯正 眼内コンタクトレンズ• 白内障• ドライアイ• 加齢黄斑変性• 角膜移植• 屈折矯正(レーシック)• 緑内障• 網膜硝子体手術(糖尿病網膜症、網膜剥離)• 眼瞼下垂• 口唇口蓋裂• リンパ浮腫• 顔面骨折• 肺がん胸腔鏡手術• 肺がん手術• 人工膝関節置換術• 人工股関節置換術• 膝関節鏡手術 半月板損傷など• 手の外科 手根管症候群など• 肩関節鏡手術 腱板損傷など• 肺がん• 慢性閉塞性肺疾患(COPD)• 気管支喘息• 間質性肺炎• 睡眠時無呼吸症候群• 慢性腎不全• 甲状腺がん• 多発性嚢胞腎• 腹膜透析• 原発性アルドステロン症• 1型糖尿病• IgA腎症• 乳癌手術• 乳癌放射線治療• 乳癌薬物療法• 乳房再建• 遺伝カウンセリング• 根管治療• インプラント• 歯周病• 心臓弁膜症 開胸手術• 下肢静脈瘤レーザー手術• 小児心臓外科• 胸部大動脈瘤 ステントグラフト• 胸部大動脈瘤手術• 心臓弁膜症 低侵襲手術• 腹部大動脈瘤手術• 狭心症 バイパス手術• 腹部大動脈瘤 ステントグラフト• 緩和ケア• 慢性疼痛 腰痛など•

次の

芦屋駅前小野内科クリニック

神戸 血液内科

新型コロナウイルス感染症の当院における対処について 腎臓内科の教育入院や腎生検入院を若干遅らすかも分かりませんが半年は待てないので適宜行う事になります。 その他は急性期対応となりますので制限はありません。 特別に曝露が新たに問題とはなっていません 概要 白血病や悪性リンパ腫に代表される血液疾患では、常時25名前後の患者さんが入院治療を受けています。 これらの患者さんに対して、最新の化学療法を行うとともに、平成7年以降はより高い治療効果を得るために末梢血幹細胞移植を積極的に行い、治療成績が更に向 上しています。 また、こうした強力な抗癌剤療法を安全に行うために、無菌室が4室設置されています。 このような先端医療を受けるべく、他市町村からも多数 の患者さんが紹介されて入院されています。 外来の化学療法についても専用の部屋(化学療法室)を設け、化学療法ナースにより快適で安全な治療を行っていま す。 一方、超高齢者や治癒を望めない患者さんに対しては、できる限りそのライフ・スタイルを尊重した治療を心がけています。 (末梢血幹細胞移植 平成22年6月現在215例) 膠原病を中心とした自己免疫疾患は、発症時や増悪時には入院の上、免疫抑制剤による治療のほか、透析技術を駆使した血漿交換、免疫吸着など最新の治療を 行っています。 また、合併症に対しては、当科が循環器内科消化器内科、呼吸器内科を備えた総合内科であることから腎臓、肺、消化器、心臓の各専門医との連 携のもとで、早期発見と治療に努めています。

次の

兵庫県の血液内科の名医|クリンタル

神戸 血液内科

診療科・部門• 血液内科 経歴 H4年 浜松医科大学卒業 H4年4月から茅ヶ崎徳洲会病院、湘南鎌倉総合病院にて研修開始 H8年 湘南鎌倉総合病院チーフレジデント H10年12月からH12年2月までNYコーネル大学、スローンケタリングがんセンター、カルバリーホスピタル(ホスピス)、NYホームケアにて研修 H12年2月から湘南鎌倉総合病院血液内科スタッフ H16年 血液内科部長 H19年より副院長 H29年6月より葉山ハートセンター院長 認定等 日本内科学会総合内科専門医・日本血液学会専門医 所属学会 日本内科学会、日本血液学会、日本骨髄腫学会、日本臨床腫瘍学会、日本検査血液学会、日本感染症学会、日本サイコオンコロジー学会 詳細 施設認定 当院は、日本血液学会認定血液研修施設です。 日本血液学会認定血液研修施設証 当院は、日本輸血・細胞治療学会認定医制度に係わる指定施設です。 また高齢者の急性白血病も決してまれではありません。 かつて血液疾患は大学病院でなければ診療が難しいとされてきた科ではありますが、血液疾患の増加に伴い一般病院でもその疾患を取り扱うことが必要になってきました。 当科は、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)に加入しており、現時点で最良と考えられる最先端の治療を行っています。 急性白血病に対する治療はJALSGのプロトコールに準じた治療を行っています。 悪性リンパ腫は標準的治療であるR-CHOP療法、CHOP療法、治療抵抗性リンパ腫に対してはDEVIC療法をはじめとするサルベージ療法などを行っています。 多発性骨髄腫に対してはレナリドマイド、サリドマイド、ベルケイド、MP療法を行っています。 造血幹細胞移植は大学病院、がんセンターと連携をとりお願いしていましたが2013年10月より自家末梢血幹細胞移植は当院で行えるようになりました。 また高齢化地域であることもあり骨髄異形成症候群も多く、外来で定期的に輸血をされることでこれまでと同じ生活が維持できるようサポートしています。 その他にも良性疾患としての血小板減少症、骨髄増殖性疾患、全身疾患に伴う貧血などもみられ、常に良性から悪性疾患まで幅広い疾患を扱っています。 当院はCT、MRI、PETを含めた最新機器の予約が非常にスムースにとれ、外科による協力体制のもと生検などの手術も非常に早くおこなえる、つまり初診から診断までが非常に早く、それが治療にいかせるというメリットがあります。 また緊急時の対応は救急外来や内科の協力を得て行っています。 標準的な化学療法、治療が遠方にいかなくても地元で行えること、そして診断から最後まで一貫性のある診療をさせていただくことを基本理念にしています。 学術業績•

次の