アメリカ大統領選挙 仕組み。 中学生でもわかる「アメリカ大統領のしくみ」

アメリカ大統領選挙ってどんな仕組み?

アメリカ大統領選挙 仕組み

アメリカ大統領選挙2020の日程と仕組み! 2020年に行われるアメリカ大統領選挙ですが、日本とは異なり大変長期に渡って行われるのです。 今回は特に東京オリンピックが行われる年ですが、選挙の日程はどのようになっているのでしょうか。 また、その仕組みも日本とは大きく違っており、興味深いものがあります。 合わせてみていく事にしましょう。 アメリカ大統領選挙2020の日程は? アメリカ大統領選挙の今後の 日程は、現時点で下記のようになっています。 2019年 11月20日:第5回民主党予備討論会 12月19日:第6回民主党予備討論会 2020年 2月3日:アイオワ州党員集会(民主党、共和党) 2月11日:ニューハンプシャー州予備選挙(民主党、共和党) 2月22日:ネバダ州党員集会(民主党) 2月29日:サウスカロライナ州予備選挙(民主党) 3月3日:「スーパーチューズデー」 3月10日:オハイオ、ミシガン州他4州で予備選挙、ノースダコタ州党員集会 3月17日:アリゾナ、イリノイ、フロリダ州予備選挙 3月24日:ジョージア州予備選 4月4日:アラスカ州、ハワイ州、ルイジアナ州 4月7日:ウィスコンシン州予備選挙 4月28日:ニューヨーク州他5州 6月16日:予備選・党員集会最後となるワシントンD. での民主党予備選挙予定日 7月13~16日:民主党大会(ウィスコンシン州ミルウォーキー) 8月24~27日 共和党大会(ノースカロライナ州シャーロット) 9月末~10月 テレビ討論会(大統領候補3回、副大統領候補1回) 11月3日 一般投票・開票 12月14日:選挙人による投票 2021年 1月6日:大統領および副大統領当選者が正式決定 1月20日:大統領就任式 こうして見ていくと、本当に 長期戦である事が分かりますよね。 ちなみに、アメリカ大統領選は必ず夏のオリンピック大会と重なります。 来年の選挙日程も東京オリンピックの時期を外して日程が組まれていますね。 これもいつもの光景という事なのです。 アメリカ大統領選挙の仕組みとは? アメリカ大統領選挙の仕組みは、日本の選挙とは大きく異なっています。 移民の人は、州知事にはなれますが、大統領にはなれないという事なのですね。 アメリカの議会は、民主党と共和党の二大政党が争っていて、大統領もこの100年以上、どちらかの政党から選ばれています。 大統領選挙は、大きく分けて、民主・共和両党の候補者を1人に絞る 「予備選挙」と、両党の候補者から大統領を選ぶ 「本選挙 一般選挙 」とがあります。 アメリカでは、18歳になると選挙権が与えられますが、日本は違い登録所に行って登録しないと選挙権が与えられないのです。 その登録用紙に「 あなたはどの政党に所属しますか 」 という欄があり、その欄に共和党、あるいは民主党と書く事によって、それぞれの党の予備選挙に参加できるという仕組みなのです。 予備選挙では 「代議員」に投票します。 代議員は、州によって人数が異なり、人口に比例して配分されています。 この結果、各候補が得票に応じた代議員の人数を獲得し、この獲得人数が多い方が優位に立ちます。 こうして、次々と各州で予備選挙が行われていきますが、その過程で、勝ち目がないと思った候補者は自分から撤退していくのだそうです。 そして 「全国党大会」で、全国の代議員が集合し、党公認の大統領候補が指名されます。 その後、いよいよ「本選挙」の選挙戦に突入するわけです。 本選挙は、共和党候補と民主党候補の「一騎討ち」となり、約2ヶ月間行われます。 有権者が投票する「一般投票」では、有権者は各州の「選挙人」を選んで投票します。 選挙人は、予備選の時の「代議員」と同じように、どちらの候補を支持しているか表明しているので、有権者は、どちらかの党のグループに投票し、間接的に大統領を選ぶわけです。 そして開票となるわけですが、その州で1票差であっても最多得票となった政党が、その州全体の選挙人の人数全てを獲得できるというシステムになっているのです。 このような形で、各州の勝者と、獲得した選挙人の人数が決まります。 選挙人の過半数を獲得した候補者が、大統領となるというシステムです。 ここからは形式だけにはなりますが、選ばれた選挙人が12月に投票し、開票は来年1月に行われ、1月20日に正式に新大統領が就任するという流れになっています。 アメリカでは、若者の投票率の低さが問題になっていますが、その理由の一つが 選挙システムの複雑さという事なんです。 確かに、事前登録が必要で、その上で郵送でのやり取りとなると、煩雑だと感じてしまう人も中には出てくるでしょうね。 今後このシステムも変わってくるかもしれませんね。 スポンサード・リンク アメリカ大統領選挙のスーパー・チューズデーとは!? スーパー・チューズデーという言葉は、日本ではあまり馴染みがないですが、選挙期間中のアメリカでは大変注目されている日なのです。 ここでは、それがどのようなものなのか詳しく説明していきます。 また、アメリカ大統領選挙には「テカムセの呪い」という都市伝説があるのですが、それが今回の選挙にも関わってくるそうなんです。 気になる、その都市伝説についても調べてみましたのでご覧下さい。 アメリカ大統領選挙のスーパー・チューズデーとは!? アメリカ合衆国において、大統領選挙がある年の2月または3月初旬の一つの火曜日を 「スーパー・チューズデー」といいます。 この日は、予備選挙の最大の山場なのです。 「スーパー・チューズデー」という言葉は、1988年3月8日に行われた予備選挙で初めて用いられました。 この日に、アメリカ南部のテキサス州、フロリダ州、ミシシッピ州、テネシー州、オクラホマ州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、アラバマ州、ジョージア州で11月の本選挙に向けての予備選挙が行われたのです。 今回の大統領選における予備選挙は、カリフォルニア州やテキサス州のほか、少なくとも11の州で予備選挙が行われる予定です。 近年は、多くの州がその州の予備選挙の重要性を高めようとして、予備選挙の日程を前倒しにしようとしている事から、2月の初旬の一つの火曜日に予備選挙・党員集会が集中して開催されるようになり、 「ミニ・チューズデー」「ミニ・スーパー・チューズデー」または 「ジュニア・チューズデー」などと呼ばれています。 日本では、選挙は通常日曜日に行われますよね。 なぜ平日の火曜日なのかというと、それは開拓時代に遡ります。 選挙は当時から行われていましたが、キリスト教徒の人々は日曜日を 「安息日」として休み、家族と共に過ごす事が通例でした。 翌日の月曜日を投票日とすると、広大な国土のアメリカでは投票所から遠くに住む人は前日の日曜日を移動に費やさなければなりません。 馬車などで一日かけて来なければならないと、「安息日」とはなりませんよね。 遠方の人も日曜日は休み、月曜日の一日をかけて投票所をめざし、火曜日に投票をする。 これなら「安息日」は確保できるという事になります。 こうして、伝統的にアメリカでは投票日は火曜日となっているそうです。 アメリカならではの、優しい伝統ですよね。 アメリカ大統領選挙のテカムセの呪いとは? アメリカ大統領選には、 「テカムセの呪い」というものがあるそうなんです。 これは、第9代アメリカ合衆国大統領ウィリアム・ハリソンの肺炎による死から始まりました。 呪いの発端だと言われる「テカムセ」は、アメリカ大陸の先住民、ショーニー族の長でした。 独立戦争後、先住民達は白人に土地を奪われ、徐々に追い詰められていくのですが、先住民は白人からの迫害に抵抗するため反乱を起こします。 その先頭に立ったのがテカムセだったのです。 1813年に、抵抗も虚しく白人に敗れ、テカムセは処刑されてしまいました。 この時、テカムセを追い詰めた白人の指導者が、後の第9代アメリカ大統領ウィリアム・ハリソンだったのです。 発端とされるウィリアム・ハリソンは大統領就任後わずか1ヶ月で肺炎のため死去しました。 それからというもの、1840年から20年ごとに、 選ばれた大統領の就任中に死が訪れる、といわれるものです。 時代的な背景もあると思うので一概には言えませんし、2000年に就任したジャージ・W・ブッシュは、演説中に手榴弾を投げ込まれたり、食事中に息が詰まり窒息死の恐れもあったものの大統領職を無事に全うしました。 呪いへの終止符が打たれたという事でしょうか。 都市伝説にすぎませんが、何だか気味が悪いですよね。 時期大統領も、何事もなく任期を終えてほしいものです。 スポンサード・リンク まとめ 世界各国から大注目のアメリカ大統領選挙まで、いよいよ1年を切りました。 今回はその日程と仕組みについてまとめてみましたが、想像以上に長期に渡る事がわかりました。 オリンピックを挟むので特に長いという感覚になりますよね。 また、日本とは大きく異なる選挙の仕組みについても驚かされました。 アメリカでは、大統領選挙がある年の2月または3月初旬の一つの火曜日を「スーパー・チューズデー」と呼び、大統領選挙にとって非常に重要な日と位置付けています。 この日は多くの州で予備選挙がおこなわれる事が多い日だからです。 選挙が平日の火曜日に実施される事も、何だか新鮮な感覚でした。 また、「テカムセの呪い」という1840年から20年ごとに、選ばれた大統領の就任中に死が訪れる、といわれる都市伝説があるのにもビックリしました。 次期大統領も何事もなく任期を終えられ、伝説が終焉する事を願います。 来年はどのような選挙yearになるのか、注目していきましょう。 参考サイト 東洋経済 現代ビジネス 朝日新聞.

次の

大統領選までの長い道のり 仕組み|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

アメリカ大統領選挙 仕組み

なんとなくぼんやりしてたので調べてみました。 以下、特に記載のある場合を除き「」からの引用ないしは抜粋、まとめです。 形式上は間接選挙 例外が起きることはあるものの、基本的には以下の流れで行われます。 有権者(18歳以上で選挙人登録を行っているアメリカ国籍者)が州ごとに投票を行う• 各州には人口に応じて「選挙人の定数」が決まっており、州ごとに最も多くの票を獲得した候補が選挙人すべてを獲得する• 全州の選挙人を合計してより多くの選挙人を獲得した候補が大統領に当選する(過半数を満たす場合) 「選挙人」という概念がわかりづらいですが、要はポイント制ですよね。 人口に応じて、東京が137ポイント、神奈川が92ポイント、大阪が88ポイントなどとなっていて、それぞれの都道府県で選挙を行い、より多くの票を獲得した候補がポイントをすべて獲得するっていう感じ。 東京で安倍さんが、神奈川で枝野さんが、大阪で吉村さんが勝ったら、それぞれ137ポイント、92ポイント、88ポイントを獲得するという具合。 ここまでやるなら直接選挙で良いじゃんと思うんですけど、なんで選挙人制度を採用してるんでしょうね。 2020年の選挙はバイデン有利っぽいけれど 11月のアメリカ大統領選で、トランプ大統領の再選は厳しくなってきているとの見方が支配的だ。 コロナ感染拡大、経済悪化、そして黒人暴行死問題の3つの危機に直面する中、主要な世論調査ではいずれも大統領の支持率が急落している。 ギャラップの最新世論調査(5月28日~6月4日)では、大統領の支持率は5月上旬の調査から10ポイント減の39%にまで下落した。 支持率が40%を下回るのは大統領の弾劾調査が始まった昨秋以来となる。 またリアルクリアポリティックスの最新世論調査(6月1日~23日)では、支持率の平均値でジョー・バイデン候補がトランプ大統領を10ポイントほどリード。 直近ではニューヨークタイムズ紙・シエナ大学の最新世論調査(6月17日~22日)で14ポイント差、保守系のFOXニュースの最新世論調査(6月13日~16日)でも12ポイント差とバイデン氏がリードを広げている。 仮に今日、大統領選が行われた場合、バイデン氏の勝利はほぼ確実だ。 トランプ選挙陣営はスタッフを入れ替えるなど劣勢挽回に必死だ。 いい加減トランプの無能さがバレてきて、バイデンが有利になってきているみたいですが、支持率がより高い方が当選するとは限らないわけで、なかなか難しいところ。 トランプ陣営の戦略は一貫していて、選挙人が多い地域での投票率を伸ばして効率的にポイントを稼ごうという感じ。 2016年大統領選と同様に、トランプ大統領は得票率でバイデン氏に劣ることは確実視されているものの、選挙人制度のおかげでカギを握るいくつかの激戦州で勝利すれば大統領選を制することが可能だ。 最終的に重要となる激戦州はラストベルト地域のウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニア、そしてサンベルト地域のアリゾナ、フロリダ、ノースカロライナといった6州などだ。 現在、これらの多くの州でバイデン氏がトランプ大統領との対決で、6~9ポイントまで支持率の差を広げている。 とはいえ、バイデン選挙陣営はこの支持率上昇は長続きしないと捉えている。 2極化が進むアメリカ社会において選挙前に有権者は再び自らの支持政党の候補者支持に戻り、接戦になると予想している。 またっすか……目に見える結果(有権者の投票割合)がありつつも、戦略でそれを覆すことが出来るってそれ、選挙制度としてはバグってると思うんだけど、それでいいのかアメリカ。 アメリカ国民は多様で、かつ今とても不安定な状態にあるので、ちょっとした出来事で何かが大きく動くと言うことは十分にあり得るし、友好国の国民としては「トランプは一期だけで勘弁してもらいたい」と思ってはいるものの高齢のバイデンがちゃんと出来るのかは未知数だし、かといって「アメリカの大統領が誰でも俺らには関係ねえよ」とは言えない、アメリカ大統領のさじ加減で世界が混乱に陥ることは十分にあるわけで、どうせなら11月と言わずに夏にでもちゃっちゃと決めちゃって欲しいとすら思います。 まあ無理ですけど。 11月になる頃には、うちの国の次期総理大臣がどうなるかも決まっていて欲しいけれど、でも自民党総裁の任期は2021年9月25日まででまだ猶予があるから、解散するだのいないだので揉めながらだらだら安倍政権が続いてるんでしょうかねえ。 バイデンと会談するのは次の首相でも良いんじゃないかと僕は思うんですけどねえ。 ちなみに二大政党以外の候補も立候補可能ではあります アメリカと言えば共和党と民主党の二大政党制です。 アメリカ大統領選挙で最初に話題になるのは「予備選」。 簡単に言えば、共和党と民主党、それぞれを代表する大統領候補を一人に絞るための党員による選挙(州によって選出方式は異なる)なわけですが、あくまでそれぞれの政党の代表を選ぶと言うだけで、予備選を勝ち抜かなくても二大政党以外の候補として立候補することは可能です。 ただこれまで二大政党以外で有力な候補ってほぼいなくて、なんでなんだろうなと思っていたら、立候補に際してはこう言う要件があったんですね。 この他、多くの州では2大政党(民主党と共和党)以外の立候補に一定数の有権者による署名を必要としている。 そのため、2大政党以外の候補者にとって立候補のハードルは高い。 第三勢力の候補者は署名が揃わず、一部の州でしか立候補できない事例が多い。 日本でいうと供託金と同じような役割でしょうか。 東京都知事選挙の混乱ぶりを見ると、そうでもしないと収拾が付かないんでしょうねと思いますが。 実際、どれぐらいの高さのハードルかというと、 2016年アメリカ合衆国大統領選挙の事例では、立候補者は31組いるが、2大政党以外の候補者で全州で立候補できた者はリバタリアン党のゲーリー・E・ジョンソンのみである。 第三勢力で全州で立候補できた候補は、1996年アメリカ合衆国大統領選挙のロス・ペロー(アメリカ合衆国改革党(英語版))以来20年ぶりである。 これらの候補は過半数の大統領選挙人を擁立しており、大統領に当選する可能性があるのは、全州立候補のゲーリー・ジョンソン、ほぼ全国規模のジル・スタインら7名、それに2大政党の候補者(民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプ)を含めた10名ということになる。 といった感じ。 全州で立候補出来たのはたったの1人、半数以上で立候補出来たのも8人しかいないわけで、実質的に二大政党以外の立候補者を選ぶようには出来てないわけですね。 政党が安定してるのは良いとしても、多様性が求められる現代社会で二者択一というのは硬直しすぎじゃないのかと思ったりもするんですが、それで上手く回ってるならそれがアメリカってことなんでしょうね。 ヨーロッパは非常に多くの政党が支持を分け合って連立を組むという感じでどちらかというとアメリカもそういう方が実態に合っている気はするんですが、もしそれをアメリカでやると……分裂しちゃうんだろうなあ。 無理やりにでも「二つに一つ」にすることが必要なのかも知れないですね。 政治の仕組みの拙さについては、あんまり人の国のこと言えるような立場じゃありませんが。 日本もなあ。 もう少しなんとかなあ。 投稿ナビゲーション.

次の

米国大統領選挙の仕組みを解説。2020年大注目の選挙戦を理解しよう

アメリカ大統領選挙 仕組み

アメリカ合衆国憲法第2条:大統領と副大統領の任期 [ ] 大統領選挙は第2条の第1節、、及びに規定される。 大統領及びは4年の任期を務める。 選挙の規定 [ ] 選挙権と被選挙権 [ ] 大統領選挙のは アメリカ国籍者 に限り、永住権者には選挙権が無い。 加えて 18歳以上であることと、通常 選挙人登録を行っていることが要件となる。 アメリカは日本のようなが無いため、自動的にに登録されることは無く、選挙人名簿(がこれにあたる)に自己申告で登録しなければ選挙人名簿には登録されず、投票資格が生じない。 なお選挙権が無いにも関わらず選挙人登録をすると刑法犯罪になる。 は 35歳以上であること、 アメリカ合衆国内で生まれたアメリカ合衆国市民(両親がアメリカ国籍であればアメリカ合衆国外で生まれても構わない)であって、 14年以上アメリカ合衆国内に住んでいることが憲法上の要件である。 また、憲法修正第22条により、大統領に3度選出されること、昇格や職務代行により2年以上大統領の職務を行った人物が複数回大統領に選出されることが禁止されている。 この他、多くの州では2大政党(と)以外の立候補に一定数の有権者によるを必要としている。 そのため、2大政党以外の候補者にとって立候補のハードルは高い。 第三勢力の候補者は署名が揃わず、一部の州でしか立候補できない事例が多い。 の事例では、立候補者は31組いるが、2大政党以外の候補者で全州で立候補できた者はののみである。 第三勢力で全州で立候補できた候補は、の( ())以来20年ぶりである。 これらの候補は過半数のを擁立しており、大統領に当選する可能性があるのは、全州立候補のゲーリー・ジョンソン、ほぼ全国規模のジル・スタインら7名、それに2大政党の候補者(民主党のと共和党の)を含めた10名ということになる。 また、立候補した州でも初めから名簿(リスト)に名前が掲載されている候補と、有権者が任意でによるをする必要がある候補に分けられている場合がある(2大政党候補は必ず名前が掲載される)。 例えばカリフォルニア州では2012年の選挙から、全ての立候補者から選ぶ事が出来るように改正され、2012年の候補者6名全てが名簿に載っている。 アメリカ合衆国の選挙法 では、外国籍の人間(永住権保有者を除く)によるいかなる選挙への関与(選挙関連活動及び寄付)を認めておらず 、これらの行為は違法である。 選挙方法と最終決定 [ ] 「」も参照 通常、の勝利を確実とした大統領候補が、自らとは支持基盤・政策・キャラクターなどが異なる人物を副大統領候補に内定し、党大会において正副大統領候補が正式指名を受ける。 大統領選挙は形式上であり、有権者は一般投票日に、 Electoral College に票を投じる。 選挙人(elector、選挙人団の個々のメンバー)は前もって、本選挙において特定の大統領候補と副大統領候補のペアへ投票することを誓約しており、この候補者ペアを ()(ticket、党公認候補者名簿などとも訳す)と呼ぶ。 選挙人が本選挙で誓約通りの候補者に投票することは、いくつかの州で義務付けられているが、や連邦法レベルでは存在せず、ごくまれに誓約違反がある。 もっとも、実際の投票では大統領候補と副大統領候補の名前のペアとその公認政党の組み合わせの書かれた選択肢に記入して投票すると、その候補ペアへの投票を誓約する選挙人団への票とみなされる投票方式がとられる。 各州には人口に応じた(ただし比例はしていない)選挙人の定数があり、と以外では、他の選挙人団より1票でも多くの票を獲得した選挙人団がすべての選挙人を出すことができる。 つまり実質的には、州の一般投票で最多得票の大統領候補がその州の全ての選挙人を獲得するである。 全州で獲得した選挙人の数を合計し、獲得総数が多い候補者が勝利する。 有権者の投票数の比が直接反映される制度ではないため、、、、、 の選挙では、一般投票での次点候補が当選している。 投票日 [ ] 有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は、4年ごとに11月の第1月曜日の翌日( - のうち火曜日)に行われる。 その後12月の第2水曜日の次の月曜日( - のうち月曜日)に、各州で選挙人団が集会し「選挙人投票」が行われる。 選挙人による投票は1回のみである。 どの候補者も全選挙人過半数票を獲得できなかった場合、大統領は大統領候補高得票者3名以下の中から下院が、副大統領は副大統領候補高得票者2名から上院が選出する。 下院での投票は通常議決と異なり、選出州ごとに議員団として投票し、各議員団は議員数に関わらず1票を有する。 議会による投票で選出された者として、大統領としては(1825-1829年)、副大統領としては、(1837-1841年)がいる。 大統領選挙人 [ ] 詳細は「」を参照 各州から選出される選挙人の数は、その州の上院との議員数に等しい人数(合計535人)と決められている。 上院議員は各州から2名ずつ、下院議員は州の人口に基づいて決められる。 人口は10年毎に行われるのデータを使用する。 カリフォルニア州から選出される下院議員が最多の53名であることから、選挙人の人数も最も多く55人となる。 など下院議員の選出数の最も少ない州は3人の選挙人を選出することとなる。 首都ワシントンD. は下院1議席だが、最も少ない州と同じ3名の選挙人が選出される。 現在、ほとんどの一般投票有権者はあらかじめ投票先候補者を誓約している代議員団に対して投票する。 そのため事実上、選挙人が投票する候補者は一般投票によって決まる。 しかし、連邦法およびアメリカ合衆国憲法では選挙人が誓約に従って投票するよう義務付けているわけではなく(一部の州では州法によって義務付けている)、選挙人は一般投票と異なる候補者に投票することも可能である。 ただし、選挙人が一般投票の結果とは異なった投票を行った例は数の上で極めて少なく、現在の選挙の慣行が形成されて以来、誓約に反した投票が当選者決定に影響を及ぼした例は無い。 また特定候補への投票を誓約しない選挙人団の立候補・被選出も可能だが、1960年を最後に非誓約選挙人が選出された例はない。 なお現在では選挙人は、すべて直接選挙で選ばれているが、選挙人選出は州の権限であるため、連邦法上は必ずしも直接選挙で選出する必要はなく、歴史的には州議会によって選ばれていた例もある。 近年でも一般投票のでの、一般投票結果の確定が選挙人投票日に間に合わない場合に備えてフロリダ州議会が独自に選挙人を決定する構えを見せていた。 また、ほとんどの州では勝者総取り方式を採用しているものの、の時点で、メイン州とネブラスカ州では、上院議員議席分の2名の枠を州全体での最多得票の陣営に与え、残りの下院議員議席分の枠を、下院選挙区ごとに最多得票の陣営に1名ずつ与える。 は勝者総取り方式だが、2004年の選挙と同時に行われる住民投票の結果次第で「比例割当方式」に変更される可能性があった。 しかし住民投票の結果は反対多数だったことから、従前通りの方式にとどまることが決まった。 開票 [ ] 開票は1月6日にでアメリカ合衆国大統領選挙同日に行われた、で当選した議員による上下両院の総合議会であるので選挙人の投票を開票して、正式にアメリカ合衆国大統領の当選・就任が決まる。 注:、ミラード・フィルモア、、、リンドン・ジョンソンおよびジェラルド・フォードは選挙で選ばれなかった大統領(副大統領からの昇格)。 うち、フォードは副大統領選挙を経ていない(副大統領の辞職に伴う就任のため)。 タイラーと両ジョンソンは、現職候補として再選に出馬しなかった。 フィルモアは退任後の出馬(現職としての立候補では無い)。 投票数 [ ] 年 有権者数 注1 投票数 投票率 2008 2億3122万9580 1億3261万8580 56. その数は永住権をもつ者や重犯罪で服役中の囚人といった投票資格のない者をかなりの数含んでいるため、実際の有権者数は多少低くなる。 1994年の永住権所持者はおよそ1300万人、1996年の重犯罪で服役中の囚人は約130万人だった。 さらに、投票資格をもつ者でも、有権者登録手続きを事前に済ませなければ投票権を得られない。 改革の動き [ ] NPVICの法制化の予定がない州 最終的に選挙人の選出方法を規定することができる各州・DCが ()( NPVIC)を結び、全国の一般投票最多得票者に協定を結んだ州の選挙人枠を与えようという動きがある。 NPVICは、これを州法等で法制化した州・DCの選挙人枠合計が過半数270以上となった時点をもって発効する。 発効後は、NPVICを拒み従来通りの方法で選挙人を選出する州があろうとも、一般投票最多得票者が270票以上の選挙人票を得て当選することとなる。 発効条件を満たさない間は、NPVICを法制化した州・DCにおいても従来通りに選挙人が選ばれる。 2017年の段階では、10州とDCがNPVICを法制化し、これらの選挙人枠は総数の約3割に当たる165である。 脚注 [ ] []• 米国籍は、1)米国内での出生、2)親のどちらかもしくは両方が米国籍者(出生地は問わず)、3)帰化 などによる取得があるが、被選挙権と違い選挙権はどの方式で米国籍を取得したかは問わない• About. com• この規定に関して生まれのため現行法では大統領選挙の立候補資格がない元知事が、「合衆国内生まれ」という憲法規定を修正するよう求めている。 うち、名簿登載は24州• うち、名簿登載は12州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は15州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は1州• 20 Prohibition on contributions, donations, expenditures, independent expenditures, and disbursements by foreign nationals 52 U. 30121, 36 U. 510. A foreign national shall not, directly or indirectly, make a contribution or a donation of money or other thing of value, or expressly or impliedly promise to make a contribution or a donation, in connection with any Federal, State, or local election. は一般選挙の勝者として選挙運営者の確認を得た大統領候補を ()と規定し、次期大統領としての活動のためのオフィスやスタッフの給与等を公費で賄うべきことを定めている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の