アバンチュール 類語。 アバンチュールはフランス語?正しい意味と実際の体験エピソード

アバンチュールってどんな意味?

アバンチュール 類語

概要 放送の実験放送用として、村田映画製作所 出身の 鷲角博 ( わしずみひろし )に日本テレビが試作させ、6月に完成した アンスコカラー ()16mmの10分 作品。 セリフと歌は。 風の絵柄で、実験的な表現が随所にみられる。 日本における最初期の国産テレビアニメにして、日本初の国産カラーテレビアニメでもある。 内容はのくろちゃんが夢の中で宇宙旅行に出かけるというストーリー。 なお、番組タイトルの「アバンチュール」はで「冒険」という意味であり、日本では短期間の恋や非常識な恋愛を指す言葉として解釈されているが、英語の「アドベンチャー」と同義である。 なお、1957年放送開始の『』が本作より古いテレビアニメではないかと考えられている。 当時のテレビ欄での記載 のの上では「短編映画『もぐら』」と記載。 の朝刊の によれば、16:40から17:50 の枠内において短編『江の島水族館』 と並んで放送されるとの記述がある。 、 の当日朝刊のテレビ欄では『もぐらのアバンチュール』の記載は無く、『江ノ島水族館』のみが記載されているが、それはカラー放送とされており、本作品もカラーで放送された可能性はある。 ただ、カラー放送は実験放送期間中であり、また、国産のカラーテレビ受像機が市販されたのはである ため、カラーで放送されていたとしてもそれを見た人はかなり限定される。 なお、の当日朝刊のテレビ欄 ではこの番組の放送枠は記述がなく、13:15からの と17:46からのニュースが連続して記載されている。 「発見」の経緯 本作品は『日本アニメーション映画史』(山口且訓・渡辺泰、1977年) などにも記述があり、制作されていた事実は確認されていたが、実際に放映されたかどうかについては確認されておらず、これまでは未放映作品とされてきた。 そのため、1960年放送の『』 が最古の国産テレビアニメとされていた。 2012年になって、1958年当時の新聞のテレビ欄に本作品についての記述が存在していることが確認された。 その事実がのコラム記事に掲載され、日本初の国産テレビアニメが本作品であることが知られるようになったが、フィルムの所在は確認できないままであった。 2013年、でのテレビアニメ50周年の特別番組『TVアニメ50年の金字塔』の制作にあたり、日本テレビにおいて本作品のフィルムがフィルム整理の過程で所在が確認されていたことが判明する。 アニマックスのプレスリリースにより本作品の特別番組内での放送が発表され 、続いて新聞各紙 やテレビ番組 、アニメスタイルの記事 にてその経緯が紹介された。 これらの経緯から、2013年7月21日にアニマックス『TVアニメ50年の金字塔』内で55年ぶりに再放送された。 これらの報道やテレビ番組で番組のタイトル部分の表示が一般に公表され、番組名が『モグラのアバンチュール』ではなく『もぐらのアバンチュール』であることが知られることとなった。 2017年、日本テレビ『』(7月27日放送)にて本作が紹介される際には改めてライブラリの精査が行なわれ、本放送日が1958年7月14日であることが確認された。 放送局 本放送• 日本テレビ - 1958年7月14日 再放送• 日本テレビ - 1958年10月15日• アニマックス -• 正味は8分53秒• , pp. 89,256。 89 では「もぐらのアバンチュール」となっているが、p. 256では「モグラのアバンチュール」表記• , p. 256• 紙面では「モグラのアバンチュール」と表記• とでは17:46からはニュース、あるいは天気予報が放送されたとあるので、実際の放送枠は17:46までであると思われる• 読売新聞とのテレビ欄では『江ノ島水族館』表記• 2013年6月22日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2012年7月8日閲覧。 この試合は雨によって翌に順延されたため、本作品の枠は野球放送延長などの影響は受けていないと考えられる• "「鉄腕アトム」より5年早い 日本最古のTVアニメ発見". 2013年6月19日放送. "55年前に放送 日本最古のアニメ…その秘密". 2013年6月19日放送. 2017年7月27日閲覧。

次の

「ナチュラルボーン」の意味と使い方、語源、類語、対義語を徹底解説!

アバンチュール 類語

「アバンチュール」ってどこの国の言葉? 『広辞苑』ではアバンチュールを以下のように説明しています。 アバンチュール【aventure フランス】 冒険の意味 冒険味をおびた恋愛。 恋の火遊び。 (『広辞苑 第六版』P. 71より引用) 英語の「adventure」(冒険の意)から「d」を抜いただけのつづりで、フランス語でも同じ「冒険」という意味です。 そこから転じて「冒険味を帯びた恋愛」「恋の火遊び」という意味になったというわけです。 日本語の「火遊び」には「危険な遊び。 特に、無分別な、その場限りの情事」という意味がありますが(『広辞苑 第六版』P. 2330より引用)、それをちょっと気取った感じに言い換えて、「アバンチュール」という外来語が使われるようになったようです。 「アバンチュール」を会話に使うときは? 「アバンチュール」という言葉を会話に使うのは、たぶん年が上の人が多いのではないでしょうか。 たとえば、 「アバンチュールもそこそこにしておかないと、いつかひどい目に遭うよ」 「アバンチュールの相手とはどうなった?」 というように使います。 ただし、「アバンチュール」には「死語」というイメージがあるため、現在会話で使われることはほとんどないでしょう。 余談ですが、昭和の時代にはアバンチュールという言葉は歌謡曲などの歌詞やタイトルに使われました。 たとえば、1983年 昭和58年 にリリースされた中森明菜さんのサード・アルバム『ファンタジー(幻想曲)』には『アバンチュール』という楽曲が収録されています。 そして、大貫妙子さんのアルバムにも『アヴァンチュール(AVENTURE)』 1981年 昭和56年 リリース というタイトルのものがあります。 「アバンチュール」に似た言葉はある? 「恋愛における冒険」を意味する「アバンチュール」の類義語として考えられるのは、「一夜の恋」「ワンナイトラブ」「一夜の情事」「ひと夏の恋」「不倫」「道ならぬ恋」などがあります。 また、「火遊び」も、「危険な恋愛」というニュアンスがあるので、アバンチュールの類語と言えるでしょう。 他にも以下のような言葉は「アバンチュール」の類語です。 ・許されぬ恋 ・人目を忍ぶ恋 ・行きずりの恋 ・禁断の恋、禁断の愛 ・浮気 ・不義、密通 ・情事 ・秘め事 こうして類語を見てみると、「アバンチュール」には「ハードルの高い恋」というニュアンスがあるのがわかります。 「障害があった方が恋愛は盛り上がる」などと言われますが、アバンチュールが「冒険」なのは、その障害を乗り越える勇気や努力が必要なためかもしれません。 もっともそのアバンチュールで他人に迷惑などかければ、「冒険だから」では済まないですし、当事者の勇気や努力が称賛されたりはしませんね。 アバンチュールにはリスクがつきものと言えそうです。 まとめ 最近は、あまり使われることがなくなりましたが、「アバンチュール」は「冒険味を帯びた恋愛」「恋の火遊び」という意味です。 冒険という意味のフランス語「aventure」からきており、「恋愛についての冒険」を指しています。 アバンチュールはスリルがあって楽しいかもしれませんが、それなりのリスクを伴うことも覚えておいた方がいいかもしれません。

次の

「アバンチュール」とは?意味や使い方を解説!

アバンチュール 類語

「アバンチュール」の言葉の使い方 「アバンチュール」という言葉はどのように使えばいいでしょうか。 現在は若い人の間でほとんど使われていない言葉ですので、 「アバンチュール」を使う相手は40代以上の人に限定した方がいいかもしれません。 「危険な恋愛」をしている時、浮気をしている時などに、 「アバンチュール」という言葉を使ってみましょう。 さらに、若い人同士があえて 「アバンチュール」という言葉を使って、危険な恋愛をしているという共通認識を持ってみるのも、楽しいかもしれません。 例文1 恋愛シーンでは、 「アバンチュール」をしている人が多く見られます。 そのような人を題材にした 「アバンチュール」を使った例文を見て行きましょう。 「私の親友は、大学の教授に恋している。 もしカップルが成立したら、年の差が離れた『アバンチュール』になりそうだ」、 「結婚している女性の事が好きだ。 『アバンチュール』だと分かっているけど、好きな気持ちが止まらない」、 「今年の夏休みは南の島に遊びに行こう。 素敵な女性と知り合って『アバンチュール』を楽しみたいな」などです。 「アバンチュール」な体験をしたいと思う人は、そのような出会いを求めて積極的に動いてみましょう。 例文2 ビジネスシーンでも 「アバンチュール」な場面に遭遇する事があります。 A課長の奥さんに気付かれないといいけど」、 「取引先の女性と一夜限りの恋に落ちた。 会社内で道ならぬ恋愛関係になる人は多いので、見かけた時は 「アバンチュール」という言葉で表現してみましょう。

次の