行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください。 ビジネス文書について

【行き違い入金に注意!】入金催促のメールはどのように書くべき?文例/例文付き

行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください

メールで請求書の送付を依頼する際には、もしかしたら、そのメールを送るくらいのタイミングで相手方が請求書を発送してくれているパターンや、実は送付の連絡をしていないだけですでに相手方が請求書を送付している場合、あるいはメールを見ていない内に請求書を発送している場合等が考えられます。 だから、行き違いという言葉を使い、それを表現するのです。 「本メールと行き違いになっている場合」または「行き違いで」と使う では、行き違いという言葉を実際にメールの中に盛り込む際には、どのようにして盛り込んでいけば良いでしょう。 請求書の送付を依頼するメールに、行き違いという言葉を盛り込む際には、「本メールと行き違いになっている場合」や、「本メールと行き違いで」などと盛り込みます。 では、次にご容赦とは、はどんな風に使うのでしょうか? ご容赦は「許してください」という意味 まずご容赦ですが、「許してください」という意味です。 つまり、請求書の送付を依頼するメールを送ってしまったけれども、行き違いで請求書を発送してくれていたら申し訳ありませんというふうな文面の中で、申し訳ないという言葉を使うのもあまり適切ではないので、代わりにご容赦という言葉を使って行きます。 なにとぞご容赦くださいとして使う事が多い ご容赦とは、すごく丁寧な表現になります。 当然実際の請求書の送付を依頼するメールの文面の中でも、ご容赦くださいと言う形で丁寧に使う事が多いです。 そして、ご容赦くださいを使う際には、一緒に「なにとぞ」の言葉がつくことが多いので、結果的に、なにとぞご容赦くださいという形でいわれることが多いです。 行き違いとご容赦を使用したメール送付での文例 では、最後に、請求書の送付を依頼する際に、実際に行き違いと、ご容赦を使用したメールの例を見ていきましょう。 そのような例としては、「なお本メールと行き違いで、請求のご送付を頂いている際には、なにとぞご容赦ください」という例が挙げられます。 この文面の前には当然、まだ請求書をもらってないので連絡させてもらった事を入れていきます。 行き違いもご容赦も一般的に使われている言葉 行き違いも、ご容赦も、上記の例やここまでの本文から示すように、決して使うのが難しい言葉ではありません。 これらのように、メールと行き違いという事を表現しつつ、なにとぞご容赦くださいというかたちにしつつ使っていけば問題ありません。 これらの言葉は、ごくごく一般的に使われる言葉たちなのですから。 相手に「行き違い」「ご容赦」を使う際は前後につく文を意識して正しく使おう 以上、請求書の送付をメールで依頼する際の「行き違い」「ご容赦」の使い方のご紹介でした。 行き違いもご容赦もその前後につく文をしっかり意識して使えば問題ありません。 なにとぞご了承くださいや、メールと行き違いでという事をしっかり盛り込んで、正しい日本語メールを送って行ってください。 そして、失礼のないようにしていきましょう。

次の

【行き違い入金に注意!】入金催促のメールはどのように書くべき?文例/例文付き

行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください

相手や場面に応じて使い分けると良いでしょう。 メールや書類では、以下のような言葉に言い換えることができます。 御寛恕/ご海容・・・寛大な心で許す あしからず・・・悪く思わないで欲しい 【「ご容赦ください」の言い換え表現例】 (取引先へのアナウンス) ・弊社の新年の営業開始は1月5日からとなります。 あしからずご了承ください。 (取引先や上司に対し) ・休日にメールを送る失礼を お許しください。 (目上の相手への書き言葉) ・ 何卒御寛恕賜りますよう、お願い申し上げます。 ・失礼の段、 ご海容ください。 いずれも、こちらに大きな非があるわけでなく、こちらからの申し出を相手が受け入れてくれるであろうときに使います。 依頼を断るとき、相手の気分を害さないよう、角の立たない言い方を選ぶのは意外と難しいものです。 【「できません」の言い換え表現例】 ・営業時間外のお問い合わせには お答え致しかねますので、ご了承ください。 ・ご希望に添えず申し訳ありませんが、 難しいかと存じます。 さらに、相手がねばり強く要求してきた場合には、「 かえってご迷惑をおかけすることになっても申し訳ないので」といった断り方もあります。 どちらかというと、前もってリスクを避けるための日本的な表現だと言えるでしょう。

次の

催促メールの書き方・文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください

相手や場面に応じて使い分けると良いでしょう。 メールや書類では、以下のような言葉に言い換えることができます。 御寛恕/ご海容・・・寛大な心で許す あしからず・・・悪く思わないで欲しい 【「ご容赦ください」の言い換え表現例】 (取引先へのアナウンス) ・弊社の新年の営業開始は1月5日からとなります。 あしからずご了承ください。 (取引先や上司に対し) ・休日にメールを送る失礼を お許しください。 (目上の相手への書き言葉) ・ 何卒御寛恕賜りますよう、お願い申し上げます。 ・失礼の段、 ご海容ください。 いずれも、こちらに大きな非があるわけでなく、こちらからの申し出を相手が受け入れてくれるであろうときに使います。 依頼を断るとき、相手の気分を害さないよう、角の立たない言い方を選ぶのは意外と難しいものです。 【「できません」の言い換え表現例】 ・営業時間外のお問い合わせには お答え致しかねますので、ご了承ください。 ・ご希望に添えず申し訳ありませんが、 難しいかと存じます。 さらに、相手がねばり強く要求してきた場合には、「 かえってご迷惑をおかけすることになっても申し訳ないので」といった断り方もあります。 どちらかというと、前もってリスクを避けるための日本的な表現だと言えるでしょう。

次の