俺は生きる 生きて戦う。 ROLAND著書『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』の感想

生きる?生きたい...とは (イキルイキタイとは) [単語記事]

俺は生きる 生きて戦う

・自分というものの本質をつかめず、夢を叶えられない ・ひたすらぼんやり生き、行動が遅い ・いつの間にか人生が終わっており、後悔だらけ といった人生になりやすい。 他者や社会に依存して、それに一生振り回されることになるわけだ。 過去の自分の話 これを書いている管理人(書い人)も、子供のころから覚悟をして生きていたわけではもちろんない。 いじめの起きている学校なんて犯罪者の巣窟・現場だし、 行く必要ないよ。 もっと事を深刻に捉えて、 覚悟を持って親や教師に訴えるべきだったと(心底)思う。 結局、30歳手前になった今でも相当な恨みが溜まっている。 というか、いずれお互いに忘れるだろうと思ったら、いつまでもいじめ続けて特定の人間(=自分)を嫌える執念には正直あっけにとられる。 自分も自分で、ここまで恨むことになるとは思わなかった。 今なら『俺のアンチ必死だなww プギャー』とでも言えるかもしれないが。 やはりというか、思いっきり人を変えるのは強い不幸なのだと思う。 (それにより悪く変わってしまう人もいれば、自分のように前向きに捉える人もいるわけだが。 ) でも、やはり不幸なんて味わいたくないよね。 覚悟を持って信念を貫いて生きるとか大変そう……、とか思う人もいるだろう。 例としては、.

次の

ROLAND著書『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』の感想

俺は生きる 生きて戦う

メタルギアソリッド迷セリフ集 マンティス戦前、メモリーカードにときメモのセーブデータがある場合 マンティス「貴様の趣味を言ってやろう。 うーん、見えるぞ。 貴様の記憶が・・・ ときメモが好きなようだな。 」 マンティス戦前、メモリーカードにポリスノーツのセーブデータがある場合 マンティス「貴様の趣味を言ってやろう。 うーん、見えるぞ。 貴様の記憶が・・・ ポリスノーツが好きなようだな。 」 マンティス戦前、メモリーカードにコナミのゲームのセーブデータが多数ある場合 マンティス「貴様の趣味を言ってやろう。 うーん、見えるぞ。 貴様の記憶が・・・ コナミのゲームが好きなようだな。 」 小島監督「いつも応援してくれてありがとう・・・」 マンティス戦前 マンティス「いくぞ、今からそのコントローラーを俺がサイコキネシスで動かしてみせる!」 拷問イベント時 オセロット「ライフがなくなるとゲームオーバーだ。 コンティニューはないぞ。 言っておくが・・・、連射パッドを使おうなどとは思うなよ。 」 ハインド戦 TVがモノラルの時 キャンベル「ぬっ、ひょっとしてスネーク、君はモノラルなのか?」 メイ・リン「そんな?」 ナオミ「モノラル・・・」 キャンベル「う〜む・・・」 ナオミ「し、仕方ないわよ、キャンベルさん・・・」 キャンベル「そうだな・・・ ・・・スネーク、大丈夫だ。 なぁに、モノラルかステレオかで人間の価値が決まるわけじゃない。 そのままがんばってくれ・・・」 メイ・リン「・・・モノラル・・・」 マスターの無線機でのセリフ マスター「戦場や極限状態では見えない物がみえたり、あるはずのない物が見えたりする。 錯覚も起こしやすい。 バグか?などと疑わず、落ち着いて行動するんだ」 マスター「排便排尿をコントロールする事も大切だ。 いつ長いデモが、はじまるかわからん。 どうしてもモニターの前から離れられない時にも、対応できるようにしておくことだ」 マスター「戦士としての、ゲーマーとしてのカンを信じろ」 マスター「敵の立場で作戦を考えるんだ。 敵の司令官になったつもりで、作戦を検討しろ。 マップデザイナーの気持ちになれば、おのずと道はひらける」 マスター「満腹状態では頭の回転も鈍るし、眠くもなる。 食後はたっぷり30分は休息をとってからプレイするといい」 メイリンの無線機でのセリフ(女子トイレの中) メイ・リン「スネーク! そこは女の子用のトイレよ!」 スネーク「メリルがここに入っていくのを見たんだ」 メイ・リン「それなら、なおさら入っちゃダメじゃない! ヘンタイ! セーブさせないわよ!」 キャンベルの無線機でのセリフ(ダンボール装備時) キャンベル「ほう、ダンボール箱を見つけたか!」 スネーク「ああ、懐かしいだろう」 キャンベル「らしくなってきたな、スネーク。 いつものようにそれで敵をあざむくんだ」 メリルの無線機でのセリフ(ダンボール装備時) メリル「ダンボール箱・・・伯父から話には聞いていたけど本当に・・・。 いえ、コメントは差し控えさせてもらうわ・・・」 ナスターシャの無線機でのセリフ(ダンボール装備時) ナスターシャ「ああ、ダンボール箱か。 ダンボール箱は板紙に波形の段をつけた中芯を張り合わせたものだ。 主にクラフト紙や古紙を原料としている。 発明されたのは、100年ほど前のヨーロッパだ。 元々は帽子の汗取りに使われていたようだ。 同量の木材で木箱の6〜7倍のダンボールを作る事ができ、リサイクルも可能なので経済性も高い。 おまけに丈夫で格納性も高いので、荷物の梱包に広く使われている。 だが兵器のような精密機器を運ぶ時には、輸送中の故障が起こらないように、木箱などの頑丈な箱に詰めた上で、すき間におがくずやポリエチレンの充填物を詰めるべきだな。 ・・・で、それがどうかしたのか?」 スネーク「・・・いや、いいんだ」 いちおう名セリフの方も掲載 スネーク「人を殺してショックを受けないのは、異常者だけだ 罪悪感のない殺人は新たな殺戮を生む。 戦場では、普段は封印されている残虐性や闘争本能が顔を出す・・・。 戦場では、戦争という名のもとに罪の意識は緩和される」 忍者「さあ、俺を感じさせてくれ! 俺に生きる実感をくれ!」 マンティス「人間は人を幸福にするようには創られていない。 この世に生まれ落ちた時から、人を不幸にするように運命づけられている」 ウルフ「私は戦場で生まれた。 育ったのも戦場だ。 銃声や怒号・・・、悲鳴が私の子守唄だった。 来る日も来る日も狩りたてられ、憑かれたように戦う。 それが私の日課だった・・・。 朝、目覚めると仲間や家族の死体が累々と横たわっていた。 私たちは朝日を見ながら・・・、今日の命を祈った」 リキッド「貴様にはわかるまい。 実の親父をその手で殺すことが出来た貴様には! 俺は復讐の機会すら貴様に奪われた。 だから俺は、親父の意志を実現してみせる。 親父を超え、親父を殺す」 忍者「はたから見れば俺達は仲の良い兄妹に見えたかもしれん。 だが・・・あいつに瞳を覗かれる度、俺はいつも怯えていた」 忍者「お前から伝えてくれ。 本当の仇はこの俺だと」 オタコン「スネーク、僕は以前より充実している。 生きる目的ができたんだ」 リキッド「スネークッ! まだだっ! まだ、終わってないっ!」 ナオミ「運命に縛られてはいけない 遺伝子に支配されてはいけない 生き方を選ぶのは私達なのよ 重要なのはあなたが選ぶ事 そして・・・生きる事」.

次の

戦う、勝つ、生きる

俺は生きる 生きて戦う

To be, or not to be, that is the question. 『ハムレット』三幕一場の「例の箇所」だ。 いま、この記事を読んでくれているあなたは、どういう日本語訳で覚えているだろうか? 「生か死か」? 「世に在る、世に在らぬ」? 「生きるべきか死ぬべきか」? あえて言おう。 どれも、誤訳だ。 え、どこが誤訳なの? と、あなたは問うかもしれない。 "be"という動詞には「存在する」という意味があるから、その不定詞"to be"は「存在すること」つまり「生きること」「この世にあること」と訳せる。 さらに、to不定詞はしばしば「~べき」という意味合いを含むから、「生きること」から一歩踏みこんで「生きるべきだということ」とも訳し得る。 その否定形"not to be"も、「生きること」の反対だから「死ぬこと」。 「生きるべきだということ」の反対なら「死ぬべきだということ」。 ほら、どこも間違っていない。 そう、どこも間違っていない。 文法的にはね。 でもそれは、この一行だけ訳したときの話なのだ。 この一行だけ見ていては、何も見えてこない。 この一行は、長い長い独白の冒頭にある。 いわば「フック」だ。 よくある手だ。 「え、なにそれ」と注意を引きつけておいて、そのあとにパラフレーズ(わかりやすく展開した言い換え)が続く。 こんなふうに。 Hamlet, Act 3 Scene 1 このまま生きるか否か、それが問題だ。 どちらがましだ、非道な運命があびせる矢弾[やだま]を 心のうちに耐えしのぶか、 それとも苦難の荒波にまっこうから立ち向かい、 決着をつけるか。 (拙訳) ハムレットの二択。 1か2か選ばなくてはならない。 "to be"は「存在すること」だが、「いまのままの形で存在すること」でもある。 ほら、ビートルズの"Let It Be"って「存在させてやれ」って歌じゃないでしょ、「あるがままにしておきなさい」でしょ。 2は1の否定だ。 1が「生きること」ではなく、「このまま生きていくこと」なら、 その否定は、「このまま生きていかないこと」。 ここで、慎重に考えてみてほしいのだ。 「このまま生きていかないこと」=「死ぬこと」、なのか? そうではないだろう。 「 いまの生き方をやめること」ではないのか。 ハムレットだけが、彼の父親を暗殺した真犯人を知っている。 そいつは何重にも守られて、ぬくぬくと生きている。 ハムレットは歯ぎしりしながら、それを「心のうちに耐えしのんで」、日を送っている。 いいのか、俺。 いいわけないだろう、と彼は思う。 復讐しろ、俺。 父上の敵を討て。 「決着をつけろ」。 だが、キリスト教では、個人の復讐は大罪なのだ。 復讐すればほぼ確実に自分も天罰を受けて死ななければならない。 死ぬのか、俺? 人を殺して死ぬのが俺の使命か? 俺はそれだけのために生まれてきたのか? この二択、迷って当たり前だ。 とくに、若くて、才能と可能性にあふれた人間だったら。 いまの生き方をやめて、立ち上がって戦うと、結果としてたぶん死ぬ。 だけどそれは「死ぬべき」を選んだのとはぜんぜん違う。 だいたい「死ぬべき」って何だ。 「生きるべき」はわかるが「死ぬべき」って何だ死ぬべきって。 「このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ」という小田島雄志訳を初めて読んだとき、本当に衝撃だった。 これこそ正解だと思っていた。 でも、小田島先生ごめんなさい、それさえも違う。 だって、わかっているじゃないですか、ハムレットも私たちも。 このままでいいわけがないのだ。 わかっているのに、まだ、変えられないでいる。 このまま生きるか否か、それが問題だ。 この独白全体の拙訳を、以下に挙げておく。 私には、ハムレットの言葉が、刺さる。 泣ける。 私自身の気持ちを語ってくれてるんじゃないかと思うほどだ。 難解でも哲学的でもなんでもない。 ひりひりする。 あなたは、どうだろうか。 このまま生きるか否か、それが問題だ。 どちらがましだ、非道な運命があびせる矢弾[やだま]を 心のうちに耐えしのぶか、 それとも苦難の荒波にまっこうから立ち向かい、 決着をつけるか。 死ぬ、眠る、 それだけだ。 眠れば終わりにできる、 心の痛みも、体にまつわる あまたの苦しみもいっさい消滅、 望むところだ。 そこだ、つまずくのは。 死んで眠って、どんな夢を見るのか、 この世のしがらみから逃れたあとに。 だからためらう。 それが気にかかるから 苦しい人生をわざわざ長びかせる。 でなければだれが耐える、世間の誹[そし]りや嘲り、 上に立つ者の不正、おごる輩[やから]の無礼、 鼻先であしらわれる恋の苦痛、法の裁きの遅れ、 役人どもの横柄、くだらぬやつらが まともな相手をいいように踏みにじる場面、 なにもかも終わりにすればいいではないか、 短剣の一突きで。 だれが耐えるというのだ、 人生の重荷を、あぶら汗たらして。 つまりは死のあとに来るものが恐ろしいだけだ、 死は未知の国、国境を越えた旅人は 二度と戻らない、だから人間は まだ見ぬ苦労に飛びこむ決心がつかず、 いまある面倒をずるずると引きずっていく。 こうして、考えるほど人間は臆病になる、 やろうと決心したときの、あの血の熱さも、 こうして考えるほど冷えていく、 一世一代[いっせいちだい]の大仕事も そのせいで横道にそれてしまい、 はたせずじまいだ。 (実村文) **演劇を、いつも身近に、暮らしの中に。 シアターユニット・サラ** こちらにもう少し多めに載せてあります.

次の