塩田康一 父。 しおた康一|塩田康一公式サイト

<NNN NEWS ZIP!>鹿児島県知事選・塩田康一が初当選・自民党と公明党推薦の現職・三反園訓ら破る 日本テレビ【ZIP!】|JCCテレビすべて

塩田康一 父

塩田康一氏のWiki的プロフィールは 名前:塩田 康一(しおた こういち) 生年月日:1965年10月 出身地:鹿児島県 趣味:ドライブ 塩田氏は鹿児島県出身で、高校までずっと 鹿児島県でいたようです。 徳之島では、伊仙小学校に通ってた こともあるようです。 生まれは鹿児島市で父親の転勤の関係で、 幼稚園〜小学校に上がるまで徳之島に住んでました。 塩田康一氏の出身高校大学の偏差値は 塩田康一の出身高校は、あの全国でも有名な ラ・サール出身です。 中学・高校時代は、草牟田から谷山まで自転車で通ってた そうです。 部活動はせず、応援団の活動を行っていました。 ラ・サール高校の偏差値は78で、全国でも有名あ進学校です。 ちなみにラサールは鹿児島県鹿児島市にある私立の男子校 高校は、中学からの内部進学生と高校からの外部進学生がおり、 併設混合型中高一貫教育を行なってる全日制の普通科のみ と言った感じの高校になります。 そして、これだけの進学校ですから大学は 東京大学法学部卒です。 塩田康一さんの経歴ですが 塩田康一氏の職歴は そして、大学を卒業してからですが 1988年4月、通商産業省入省(大臣官房企画室) に就職しています。 1994年、 大蔵省熊本国税局・人吉税務署長 1996年、自治省大臣官房地域政策室課長補佐 2002年6月、外務省在イタリア日本国大使館一等書記官 2005年6月、商務情報政策局環境リサイクル室長 2011年7月15日、経済産業省鉄鋼課長 2012年6月15日、中国経済産業局総務企画部長 2013年6月、経済産業政策局地域経済産業政策課長 2014年7月、内閣官房地域活性化統合事務局参事官 2015年1月、内閣府本府地方創生推進室参事官 2016年6月、内閣府本府地方創生推進室次長 2017年7月5日、大臣官房審議官(産業保安担当) 2018年6月20日、九州経済産業局長 2019年12月、経済産業省退官 というふうに、官僚としてのエリート街道まっしぐらといった 感じですね。 まとめ 鹿児島県知事に当選した塩田氏について紹介しましたが キャリアは超エリートであることがわかりました。 今度は政治家として、鹿児島のために貢献してくださる ことを期待したいですね。

次の

塩田康一鹿児島県知事の気になる出身高校(ラサール)と大学の偏差値が凄い件について

塩田康一 父

いまや、「佐川事件」の汚名を着せられて、安倍政権延命のために人身御供になる寸前の佐川宣寿前国税庁長官。 国会の外でも、かつての部下から「パワハラ上司」と告発され、取材から逃れるためにホテルを点々とする日々。 さんざんな状態で官僚人生を終えたわけだが、意外にも苦労人としての顔も持つという。 福島県生まれの佐川氏は中学生の時に父親を亡くし、それ以降は3人の兄が学費を捻出するなどして佐川氏を支えたという。 上京して都立九段高校を卒業するも東大に入るまで2浪しており、佐川氏はもちろん兄たちの苦労がしのばれる。 東大経済学部を卒業後は、大蔵省(現:財務省)に入省する。 そのころの初々しい笑顔をとらえた写真が残っている。 写真週刊誌の元祖として一世を風靡した『FOCUS』(2001年に休刊)の81年12月11日号には、佐川氏とともに大蔵省に入省が決まった若者たちの写真が、コメント付で掲載されている。 佐川氏は高校時代に芥川龍之介や柴田翔などを読み、大学では「高橋和巳を読んだ」と自己紹介。 このときは、「部下を死に追いやった極悪人」として矢面に立たされることになるとは、夢にも思っていなかっただろう。 父親代わりになって弟の立身出世を願ったであろう、佐川氏の兄たちは何を思うのか。 もっとも佐川氏は、出世の階段を上るために多少の汚れた水なら飲み干すくらいの覚悟は持っていたのかもしれない。 大蔵省では傍流の経済学部、しかも2浪したために同期とはスタート時点で差がついていた。 経団連会長を叔父にもつ今井尚哉総理大臣秘書官のような毛並みの良さも持ち合わせず、人知れぬコンプレックスを抱いてはいなかったか。 佐川氏が守ろうとしているのは、自身の東大生時代には鼻にもかけなかったであろう成蹊大学の出身で、苦労しらずのボンボン・安倍晋三首相だ。 努力でのし上がった勉強秀才の末路がエスタブリッシュメント(支配階級)へのご奉仕とは、世も末だ。 佐川氏にはひとこと、 「どんなことがあっても生き延びて、官僚としての初志を貫徹せよ」と言っておきたい。 ちなみに『FOCUS』の同じ特集には、奇しくも、近畿財務局が国有地売却交渉を進めていた時の理財局長、迫田英典元国税庁長官の若かりしころの姿も掲載されている。 37年後のスクープとは、写真週刊誌おそるべし。

次の

塩田康一の経歴や学歴(高校・大学)がヤバイ?!wiki風プロフィールまとめ

塩田康一 父

本日、7月12日に鹿児島県知事選挙の投票が行われ、塩田康一氏が当選致しました。 投票日前に記事を書こうと思っていたのですが、当日になってしまいました。 現職である三反園氏の任期満了による鹿児島県知事選挙でしたが、 最初から何それ?どうなってるの??でした。 それはなぜか? 前回の知事選で三反園訓氏は脱原発を訴え民主党・社民党・共産党が推薦し初当選しました。 現職であった伊藤祐一郎氏は自民・公明が推薦で、不適切な発言とマスコミやSNSで叩かれ敗れました。 では、今回の知事選は? 前回、自民・公明が推薦した伊藤祐一郎氏は民主党が推薦 前回、民主・社民・共産が推薦した三反園訓氏は自民・公明が推薦 要するに、三反園氏はいわば自民党の敵で、伊藤氏は民主を含む野党の敵だったはずなのです。 さて、本題に入りましょう。 当選した塩田康一氏はどんな人? 略歴 生年月日 昭和40年10月 鹿児島市出生 54歳 父:旧串木野市出身 母:旧川内市出身 伊仙幼稚園卒・伊仙小入学(徳之島) 草牟田小、ラサール中・高卒 東京大学法学部卒 昭和63年 通商産業省入省(大臣官房企画室) 平成 6年 大蔵省熊本国税局 人吉税務署長 平成 8年 自治省大臣官房地域政策室課長補佐 平成14年 外務省在イタリア日本国大使館一等書記官 平成25年 経済産業省政策局 地域経済産業政策課長 平成28年 内閣府本府地方創生推進室次長 平成29年 大臣官房審議官(産業保安担当) 平成30年 九州経済産業局長 令和元年 経済産業省 退官 新知事マニフェストピックアップ 鹿児島を変える8本の柱(もっと詳しく) 気になった部分のみピックアップしてます。 1新型コロナへの対応 2県民が豊かになる産業復興 3脱原発に向けて 20年の運転延長については、必要に応じて県民投票 なぜ外国人なのでしょうか?? 添付したマニフェストのpdfには下記のような記載があり、危機感を覚えます。 県を豊かにする為の稼ぐ力は大事ですが、尖閣諸島や竹島問題等を考えると、安易に受け入れてほしくないです。 我が国においては人口が減少していく中で、 我が国の周辺、アジアにおいては、人口が増加 し、経済成長も著しく、世界の成長センターとなっています。 鹿児島県は離島が多く、多様な地域、コミュニティが存在しています。 その分、難しさもあ りますが、多様な個性をもつ豊か地域の集まりという見方もできます。 鹿児島に今ある地域資源をさらに磨き上げ、 国境にとらわれることなく、中国や東南アジアに近いという地理的特性 を活かして、これらの地域とつながっていくこと、これらの県内の個性豊かな多様な地域との貿易・投資交流、人的交流を促進することにより、九州の南の玄関口として発展させることが可能です。 5県民が安心できる行政づくり 6優しく働きやすい福祉の実現 7鹿児島が誇れる人づくり インターンシップの充実 国内外からの人材誘致 鹿児島で生まれ育った若者が、鹿児島に住み、働きたいと思えるように、鹿児島の歴史や伝統、文化、地域の特性などを理解し、ふるさとに誇りを持てる郷土教育の充実を図ります。

次の