コトヤマ よ ふかし の うた。 【よふかしのうた 感想】夜に美しい吸血鬼と出会うラブストーリーの雰囲気が最高すぎる

【よふかしのうた 感想】夜に美しい吸血鬼と出会うラブストーリーの雰囲気が最高すぎる

コトヤマ よ ふかし の うた

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の

【よふかしのうた 感想】夜に美しい吸血鬼と出会うラブストーリーの雰囲気が最高すぎる

コトヤマ よ ふかし の うた

本作の 主人公・ 夜守 やもりコウは不登校にして不眠が続いている14歳の中学生。 そんな彼は、初めて夜に散歩をして『夜ってすごい。 ただ歩いてるだけで楽しいんだ』と今まで見たことなかった景色を知る。 コウが学校に行かなくなった理由は告白してきた女子を振ったら、他の女子から糾弾されて、突然何もかもが嫌になったということ。 真っ黒の服を身にまとった変な女。 だが「ここは夜だぜ?自由の時間だ。 自分を解放させないと満足なんかできないぜ?少年」と、この変な女の口車によってコウは自由を知るのだ。 変な女の正体は吸血鬼だった その女は「あたしは眠れない人間の相談に乗って、その悩みを解決したいんだ」と話し、誘われるがままにコウは女の部屋に着いていき、布団のうえで寝たフリをする。 コウはそのときに 血を吸われて、女の正体が吸血鬼であることを知るのだが「どうして俺は吸血鬼になっていないんですか?というか吸血鬼にしなかったんですか?」という疑問が浮かぶのだ。 その女にとって吸血は食事であり、その度に眷属が増えたらたまったもんじゃないと。 だが眷属を増やす方法はあって「人が吸血鬼になる方法…人が吸血鬼に恋をすることだ」と話すのだ。 夜ふかし推奨の言葉がとにかくカッコいい やりたいことも、なりたいものもなかったコウは、せめて正しくはあろうとつまんない生活のなかで頑張っていた。 だがその吸血鬼は「今日に満足できるまで夜ふかししてみろよ。 そういう生き方も悪くないぜ」とコウに新しい価値観や考え方を与えるのだ。 初めてなりたいものができたコウは、 七草ナズナと名乗る吸血鬼に「俺に恋をさせてください」と頼んで、一緒に夜ふかしをする関係になるのだ。 クールなお姉さんにみえて意外とピュアな七草ナズナ、そして年齢相応な少年である夜守コウの物語がどのように紡がれていくのか、とても楽しみな作品だ。

次の

【よふかしのうた 感想】夜に美しい吸血鬼と出会うラブストーリーの雰囲気が最高すぎる

コトヤマ よ ふかし の うた

本作の 主人公・ 夜守 やもりコウは不登校にして不眠が続いている14歳の中学生。 そんな彼は、初めて夜に散歩をして『夜ってすごい。 ただ歩いてるだけで楽しいんだ』と今まで見たことなかった景色を知る。 コウが学校に行かなくなった理由は告白してきた女子を振ったら、他の女子から糾弾されて、突然何もかもが嫌になったということ。 真っ黒の服を身にまとった変な女。 だが「ここは夜だぜ?自由の時間だ。 自分を解放させないと満足なんかできないぜ?少年」と、この変な女の口車によってコウは自由を知るのだ。 変な女の正体は吸血鬼だった その女は「あたしは眠れない人間の相談に乗って、その悩みを解決したいんだ」と話し、誘われるがままにコウは女の部屋に着いていき、布団のうえで寝たフリをする。 コウはそのときに 血を吸われて、女の正体が吸血鬼であることを知るのだが「どうして俺は吸血鬼になっていないんですか?というか吸血鬼にしなかったんですか?」という疑問が浮かぶのだ。 その女にとって吸血は食事であり、その度に眷属が増えたらたまったもんじゃないと。 だが眷属を増やす方法はあって「人が吸血鬼になる方法…人が吸血鬼に恋をすることだ」と話すのだ。 夜ふかし推奨の言葉がとにかくカッコいい やりたいことも、なりたいものもなかったコウは、せめて正しくはあろうとつまんない生活のなかで頑張っていた。 だがその吸血鬼は「今日に満足できるまで夜ふかししてみろよ。 そういう生き方も悪くないぜ」とコウに新しい価値観や考え方を与えるのだ。 初めてなりたいものができたコウは、 七草ナズナと名乗る吸血鬼に「俺に恋をさせてください」と頼んで、一緒に夜ふかしをする関係になるのだ。 クールなお姉さんにみえて意外とピュアな七草ナズナ、そして年齢相応な少年である夜守コウの物語がどのように紡がれていくのか、とても楽しみな作品だ。

次の