テレワーク カメラ 監視。 在宅勤務をカメラで監視「無意味」「成果物で判断すれば」のツッコミ…法的な見方は

在宅勤務をカメラで監視「無意味」「成果物で判断すれば」のツッコミ…法的な見方は

テレワーク カメラ 監視

コスパ重視&最も間違いないのは「」• 超高機能でライブ配信にも使うなら「」 …がそれぞれおすすめです。 「おすすめのWebカメラが詳しく見れればOK」という方は以下のボタンをどうぞ。 画素数(画質の良さ)を決める• fps(フレームレート)を確認する• 用途に合わせてオプション機能も確認• 予算に合わせ値段を確認する では、以下からより詳細に解説していきます。 数字が大きければ大きいほど、高画質になります。 在宅勤務はオフィスワークと違い、お互いの表情が伝わりづらいものです。 というわけでたまのWeb会議やミーティングの時はちゃんとこちらの表情が相手に届くように、それなりの画質のものを選ぶべき。 マイク・スピーカー内蔵• オートフォーカス機能• 光量の自動調整機能• 自動録画機能• 広画角レンズ搭載• 夜間モード …等がその例です たとえば、会議用に使うのであればマイクも内蔵されているのがおすすめ。 ペット用のカメラとしても使いたい場合、スピーカーや広角レンズが搭載されていると使いやすいでしょう。 それに合わせ、値段を見て納得できるものを選びましょう。 とはいえ、多くの人はライブ配信はしないでしょうし、ほとんどの用途は会社のWeb会議用かと思います(僕もそうです) なのでどんなに 高くても1万円未満のものだけピックアップしていますのでご安心を。 このWebカメラの口コミ お客様とのWEB会議用に購入。 1台のPCに2-3人で参加を想定していたので広角タイプが必要だったのと、相手がお客様なので明るめのレンズであることが選定条件でした。 暗い顔で映るのは印象に響くので。 あとは安いこと…即承認してもらえる価格が必要でした。 広角については予想通りで、普段ノートPCを使う距離で座っても男性2名が余裕で収まります。 少し椅子を引けば3名も問題ないです。 実際の用途では4名用の打合せテーブルで使う想定ですが、まず大丈夫と思います。 明るさも不満なしで、コントラストも違和感ない範囲です。 画質はWEB会議システム側のビットレート等に左右されると思ってたので、明るさと色味が問題ないのは地味ですが大きなポイントでした。 価格も非常に満足ですし、声もしっかり拾ってくれます。 壁の反響音を拾うこともなく、クリアに聞こえます。 耐久性は不明ですが、この水準のカメラがこの値段で買えるのはいいですね。 他チームでもWEB会議が増えつつあるので、部内の標準機として推してみたいと思いました。 高画質で、肌が綺麗に写り気に入っています。 Mac book air13を使用していますが、互換性も抜群でちゃんと使えてます。 YouTubeやzoomのアプリにも対応しているので、今の時代にピッタリのウェブカメラだと思います。 角度調整もでき、カメラを360度回転できます。 軽いですし、色々な場所に挟んで取り付けられます。 一番感動したのが、三脚に取り付け可能なこと!色々な用途に使えそうです。 ヘタなカメラで撮るより、綺麗に撮れますし、音質もクリアですので、コスパはめちゃくちゃ良いと思います。 画素数:最大200万画素• その他機能:オートフォーカス、光補正機能、背景の簡単変更機能、デュアルマイク搭載• 評価:4. 2(最高5) TwitchやYouTubeなどの ストリーミングライブ配信に最適なWebカメラです。 最大の特徴は、画質優先の フル1080p(30fps)、または動きの滑らかさ優先の 高速HD 720p(60fps)どちらか選べること。 さらに、オートフォーカス機能と光補正機能も搭載されているので、環境に合わせて画質を最適化してくれます。 これだけの高機能で8,000円以下という超コスパ。 ライブ配信を前提としたWebカメラを探しているならこれ1択です。 このWebカメラの口コミ C920nを使用してみた感想としては、そこそこの画質と動きのスムーズさ印象的でした。 画質自体は中華のマニュアルフォーカス機のL-920M3の方が良いですが、動画は引っかかりまくりで動きの多い場面は撮影に向きません。 C920nは一昔前のコンデジの撮影機能レベルを維持しつつ、音声もわざわざ別にマイクを用意しなくても満足できるレベル。 画質も小さいレンズの割に満足できるものでした。 また、デザインもレンズが飛び出ていないので破損しにくく、仕事などで雑にノート等と一緒に持ち運べます。 少々他のwebカメラより重量がありますが、設置安定性に繋がるのでよし! 特出するところはありませんが、欠点も無い無難なカメラとしてお勧めできます。 その試し買いのつもりが、末永く使いたい品物になりました。 まず、ドライバーも不要で何も考えずにUSBを差し込むだけですぐ使えます。 二つ折りになった台座部も、裏に滑り止めがあり、どんなPCにも載せられます。 台座部は折りたたむとカメラ三脚用のネジ穴もあります。 配信もマイクに凝らなければこのままで使えます。 Youtubeでの動画作りで音声品質にこだわりたい場合、内臓マイクは無視して、別途高音質マイクとミキサーを利用した音声別撮りにも使えそうです。 これからの使いこなしが楽しみなお買い得カメラです。

次の

テレワークの社員監視ITツール一覧|モニタリングはすべき?

テレワーク カメラ 監視

監視システム一覧 MeeCap(ミーキャップ) テレワークのみならず、オフィスワーカーの生産性向上、適正な業務分担を実現するために開発されたシステムがMeeCapです。 もちろんテレワークのプロセスデータ取りや効果分析にも優れています。 キーボード操作が遅い人や仕事を手抜きする人をオートでチェックしてもらえます。 また、作業に費やす時間の長いものは〇〇と〇〇といったデータもとれるため、業務改善に重宝されています。 AIによる自動分析レポートが魅力• システム活用:業務に必要なURLのうち、実際に使用されているURLの割合• 行動ログ:マウスキャプチャ画面とキーボードタイピングを時系列で表示• 苦手分析:操作履歴を元に社員の苦手ポイントを抽出• 生産性分析:PC利用時間中、会社として行って欲しい中心業務を行った割合• 作業への集中:集中状態が継続できた割合と断絶された割合の抽出 MeeCapでは分析レポートを自動生成してくれる機能があります。 生産性を向上させるための必要データがとれることに好評をうけ、現在5,000ライセンス以上が発行されています。 撮影間隔はランダムなので、常に緊張感を持って作業ができます。 管理者はいつでもすべてのスクリーンショットを確認することが可能です。 テレワーカー側で着席をクリックすると撮影が始まるのですが、当然うその在席クリックが心配されます。 PCに仕事画面を表示して、寝たりゲームしたりという悪用が考えられるからです。 しかし、着席中にはランダムタイミングでPCカメラによる撮影も行われるため、着席ボタンを押しているのに顔が撮影できなければ虚偽申告がバレる仕組みになっています。 情報漏洩や不正行為などのセキュリティ対策はもちろん、過去からの大量のデータでつちかったチェックアルゴリスムによって危険人物の検知・可視化をおこなって、事件の発生を未然に防ぐことができます。 本質はサボり防止にあるわけではなく、ログで得た知見に基づき、生産性の向上に役立てることに目を向けさせるべきです。 実際にツールを使うことで、従業員の非効率行動は大きく改善します。 顧客を守ることに繋がる テレワーク化ではオフィスのような緊張状態がないため、SNSなどにたやすくログインしがちです。 気のゆるみが繋がり、クライアント情報や個人情報が流れるべきでないところに流出する状況が年を追うごとに増えています。 監視ツールを導入することで適切な緊張関係を保てるため、顧客のためにも導入する価値があります。 テレワーク監視のデメリット 時間評価の概念になりがち 仕事というものは、いうまでもなく結果でみるべきです。 監視ツールに頼ったマネジメントを行うと、仕事の評価がプロセスにいきがちであり、目的が手段化しがちです。 1時間だけ働いて10の成果をだせる人材と、8時間働いて5の成果をだせる人材では前者が有益。 にもかかわらず、サボったサボらないに議論がフォーカスされがちなのは大きなデメリットです。 あくまでもアウトプットを評価するような組織を前提に、テレワークのモニタリングを構築するべきです。 見られているというノイズ 監視をされている側はもちろん気分が良いものではなく、ふとしたタイミングで覗かれていることに雑念が生じます。 本来集中状態にはいれたものが、リモート監視があることで集中状態がとぎらせてしまうのは機会損失を生むことになります。 テレワークの社員監視はするべきか 監視しないで良いマネジメントを考える 監視ツールによる業務効率アップは非常に魅力的であり、導入する価値は十二分に高いと言えます。 しかしながら、新型コロナウイルスの影響でリモートワークにはいったのであれば、まだまだマネジメントで改善することが多いはずです。 まずは「アウトプット」を意識した業務&評価にすることで、組織全体の生産性向上に努める事をおすすめします。 信頼したほうが楽 テレワークで懸念される「サボる」ことについては考えるだけ無駄です。 サボる人はいつだってサボっているという真実が置き去りになっているし、アウトプットを評価すれば、サボる人間は淘汰できます。 アウトプットを管理し評価できていないからサボりを恐れるのです。 また、お互いに信じあって働く組織のほうが気分もポジティブになり、余計なこと あいつサボってるだろうなという疑念 を考えずにすむので性善説を前提にマネジメントをこころがけるべきです。 結果重視すぎる評価には気を付ける 入社時期別に評価を変える• 新人 プロセス評価80:結果評価20• 中堅 プロセス評価20:結果評価80• ベテラン プロセス評価0:結果評価100 最後に、テレワークでの評価方法について各社の考えをまとめ、もっとも適切であると思えた内容を紹介します。 テレワークに移行して評価基準を変える場合は、レイヤーによって見るべきポイントを分けるべきです。 結果だけでみることを組織全体で統一してしまうと、まだアウトプットの弱い新人が育たなくなります。 ベテランは100%結果マネジメントでOK ベテランや今まで結果をだしてきた人材には、プロセスマネジメント不要です。 とにかく信じて結果だけを評価しましょう。 そもそものハイパフォーマーであれば信頼しないほうがおかしい(管理者がコロナによって誰にでも疑いをもつという悪影響をうけているだけの可能性が高い)ですし、ぶらさがりベテランはこれを機会に多面評価せず事実を突きつけるべきです。

次の

テレワーク用ツール

テレワーク カメラ 監視

テレワークや在宅勤務に監視ツールは必要なのか? テレワークの形態をとっていると、社員がオフィスに出勤しないことも多くあります。 在宅勤務も同様で、出勤日と非出勤日をわけている会社もあるでしょう。 場所を選ばずに働けることがテレワークの特徴です。 しかし、会社としては社員の勤務状態を確認できません。 どのような状態で仕事をしているのか把握できないこともあるのではないでしょうか。 そのような場合に、監視ツールがあれば社員の作業内容をチェックできます。 テレワークや在宅勤務を採用する場合に、監視ツールが必要かどうかは会社によって異なります。 監視ツールのメリットとデメリットの両方を理解して、慎重に導入を検討しましょう。 テレワークに監視ツールを導入するメリット まずは、監視ツールを導入するメリットを見ていきましょう。 監視ツールには、社員の業務内容や勤務時間を管理しやすくするメリットが挙げられます。 テレワーク時の管理体制を整えることで、社員の意識も高まり生産性の向上にもつながるでしょう。 ただ単に社員の作業の記録を確認できるだけでなく、いくつもの効果を期待できます。 社員の業務内容の管理・共有がしやすい 監視ツールを使うことによって、外出中やテレワーク中の社員の作業状況を確認できます。 リアルタイムで社員の状況や作業内容を把握できる点が、監視ツールの特徴です。 社員の状況が見えるため、情報共有がしやすいこともメリットといえるでしょう。 社員が作業をしていない場合は、監視ツールの記録に残ります。 業務外の作業をするなど問題のある状況を見つけた場合に、すぐに注意喚起や指示を行えます。 また、社員に問題が発生した場合でも、速やかに状況を把握して対処できるなど便利に活用できるでしょう。 過剰労働の抑制に役立つ 社員にとっても監視ツールにはメリットがあるといえます。 記録が残るため、業務時間や作業内容を会社へ伝えることができるからです。 そのため、社員の業務などの評価に対する不安も取り除くことができます。 結果を出すことに焦りを感じたり、業務の遅れを何としてでも取り戻したいと感じたりする社員もいるでしょう。 業務内容が見えれば、正当な評価を受けられることが分かり過剰労働につながりやすい状況を回避できます。 また、現在起きている過剰労働を見つけることもできます。 そのような場合に、すぐに事態を改善することが可能です。 社員の生産性の向上に繋がる 監視ツールの導入は、社員の生産性の向上にもつながることがあります。 管理されていることを意識できると、緊張感が生まれるからです。 時間意識が高まり、より効率的に作業を進められるでしょう。 テレワークでは、緊張感をもって仕事をすることは重要です。 人の目がないと怠けてしまうこともあるかもしれません。 監視ツールの導入によって、オフィスにいるときと同じような状況で仕事ができます。 適度な緊張感をもつことで、時間意識も高まり生産性の向上が期待できます。 出勤時間を省くこともでき、仕事時間をより効率的に使えるでしょう。 テレワークに監視ツールを導入するデメリット 監視ツールにはデメリットもあるため、メリットとあわせて検討することが大切です。 デメリットを考えずに導入すると、メリットの効果が薄れることもあります。 ここでは、監視ツールのデメリットについてご紹介します。 メリットとデメリットを理解して、導入を検討しましょう。 監視ツールがかえって社員のストレスに 監視ツールは社員の勤務状況を確認できる便利なツールです。 生産性の向上も期待できますが、一方で社員のストレスにつながることも考えられます。 社員には監視されているという意識が生まれるからです。 社員によっては、四六時中監視されていると感じる方もいるかもしれません。 監視ツールを意識するあまり、ミスをしてしまうことも考えられます。 気が休まらなかったり、ストレスを感じたりする状況が続いては、かえって生産性が落ちる可能性もあります。 社員がどのように感じるのかなど、メンタル面も考慮して検討することが大切です。 テレワークの意義に矛盾する可能性もある 仕事の場所や、時間を自分で決めながら働けることがテレワークの魅力です。 日によって働く時間や場所を変えられるなど、比較的自由に仕事のスタイルを選べることもテレワークのメリットといえます。 監視ツールを導入すると、会社側で社員の仕事を管理することにつながるためテレワークのメリットが十分に活用できない可能性があります。 監視ツールは、「仕事をする時間や場所を自分で管理して働く」といったテレワークの意義と矛盾することも考えられます。 テレワークを監視ツールなしで成功させる3つのコツ テレワークのメリットを生かしたいと考えるなら、監視ツールを使わない選択もあります。 監視ツールを導入すると、社員のストレスを気にかけたり、メリットよりデメリットが心配になったりするかもしれません。 監視ツールを導入しなくても、テレワークを成功させることは可能です。 ここでは、監視ツールを使わずにテレワークを成功させる3つのコツを見ていきましょう。 社員同士が信頼し合える環境を整えておく 社員間でコミュニケーションをとることは大切です。 出勤している社員とテレワークをしている社員は、直接顔を合わせる機会があまりありません。 そのため、お互いの作業状況などに懸念を抱きがちです。 定期的にテレビ会議を設けるなど、社員同士がコミュニケーションをとれる環境を整えておくことが大切です。 お互いに顔を見て会話をするなど、積極的にかかわることで信頼感が生まれます。 業務報告の間隔や仕方など、コミュニケーションの取り方を決めておくこともおすすめです。 定期的なオフィス出社を義務付ける テレワークをしている社員に、週に1回など定期的なオフィス出社を義務付けることも社員同士のコミュニケーションを確保する方法のひとつです。 社員の負担にならないように頻度を調整するとよいでしょう。 実際に顔を合わせることで、社員同士の信頼関係も築けます。 オフィス出社は、テレワーク社員を助ける効果もあります。 テレワーク社員はひとりで作業をすることも多く、孤独を感じがちです。 定期的に出社をすることでほかの社員とのつながりを感じられ、安心感を得られるでしょう。 テレワークの明確な評価基準を作っておく テレワーク時の明確な評価基準を作ることも大切です。 評価基準がないと、業務を怠る社員もいるかもしれません。 たとえば、勤務時間は守っていても業務の多くを怠っている場合に適切な評価ができなくなります。 勤務時間や勤務態度を評価の基準とするのではなく、目標を設定してその達成具合から評価したり、行なった業務の成果から評価したりするなど、社員のモチベーションをアップするためにも公平に評価される環境を整えることが大切です。 また、評価基準が明確であれば、社員が自分で業務プランや目標を組み立てやすくなります。 イッツコムのサービスはテレワークや監視ツールにも対応可能 テレワークを導入している会社には、イッツコムのサービスがおすすめです。 社員の生産性の向上も期待でき、監視ツールにも対応可能なサービスです。 ここでは、イッツコムが提供する2つのサービスをご紹介します。 また、テレワークや業務の監視に適したサービスといえる理由を解説します。 働き方に柔軟なモバイル閉域接続 イッツコムのサービスのひとつに、モバイル閉域接続があります。 イッツコムの回線網を利用した専用SIMでの閉域接続を実現しているため、第三者の侵入を防ぎ、安全に社内ネットワークにアクセスできます。 また通信のログをチェックできるため、監視ツールとしても活用できます。 業務をいつどのように行っているかを確認することが可能です。 働く場所や時間を選ばないテレワークを管理する際に、適したサービスといえるでしょう。 セキュリティ抜群の共有システムbox イッツコムの法人向けサービスにはboxもあります。 クラウド上で簡単にコンテンツの管理や共有が可能です。 高いセキュリティを保持しており、アクセス権限をもつ方だけがファイルやデータにアクセスできます。 情報通知機能もあるため、お互いに業務の進捗をチェックすることも可能です。 テレワーク時に役立つログ管理機能も備えています。 ファイルのアップロード状況など、業務内容を監視するツールとして活用できるでしょう。 予定リストやチェックリストも作成でき、利用者全員が自由に編集できることも特徴です。 まとめ テレワークに監視ツールを導入すると、社員の業務内容を管理できます。 過剰な労働を防げたり、社員の意識もが変わり生産性の向上につながったりなどメリットも期待できます。 しかし、監視ツールにはデメリットもあります。 メリットとデメリットの両方を理解して、導入を検討する必要があります。 イッツコムでは、テレワークなど社外での仕事に適したサービスを提供しています。 モバイル閉域接続で安全なインターネット環境を実現でき、boxでリアルタイムの情報共有も可能です。 どちらもログ管理機能を備えているため、監視ツールとしてもおすすめです。 テレワークでより生産性を高めたいなら、イッツコムのサービスをご利用ください。

次の