ディープフェイクav。 images.bloompop.com:本物そっくりの映像を作り出す「ディープフェイク」に注意

images.bloompop.com:本物そっくりの映像を作り出す「ディープフェイク」に注意

ディープフェイクav

人気記事ランキング• 69件のビュー• 63件のビュー• 52件のビュー• 51件のビュー• 』 ディープフェ... 50件のビュー• 43件のビュー• 池田さんのディープフェイクAVはこちらです ディープフェイクAVとは既存のAVに見たことある美人の顔... 38件のビュー• 38件のビュー• 32件のビュー• 30件のビュー.

次の

フェラクレス

ディープフェイクav

Facebookに残っていたフェイク動画より 見てみると、動作が緩慢で、ろれつが回っていないように聞こえます。 Facebookに投稿したのは保守的なFacebookページ「Politics WatchDog」で、添えられている説明は「ナンシー・ペロシ下院議長、トランプ大統領によるインフラ会議打ち切りについて語る:それはとてもとてもとても奇妙でした」というもので、あたかもインタビューの収録をそのまま掲載しているようです。 でもWashington Postの記事によると、これは動画をスロー再生して編集したもの。 スローにすると音声は低くなりますが、簡単にピッチを上げることができます。 記事には編集前の映像も紹介されているので、これがフェイク動画だということは一目瞭然。 こういう、高度な技術を必要としない手軽なフェイク動画は「シャロー(浅い)フェイク」と呼ばれています。 もともと、AIを使って作る本格的なフェイクをことから来ています。 シャローフェイクでもこれだけ拡散して影響を与えるのだから、これからディープフェイクが本物と見分けがつかなくなってきたら、取り締まるのは難しくなりそうです。 それを実感する動画を、SamsungのAI Center(ロシアのモスクワにある)の研究者らがYouTubeで公開しました。 「Few-Shot Adversarial Learning of Realistic Neural Talking Head Models」というタイトルです。 ディープラーニングの手法の1つ、GAN(敵対的生成技術)を使った、人が会話する動きの頭部モデルを使えば、数枚の顔写真を元にその顔の人が会話している動画を作れるよ、という内容です。 動画と(リンク先はPDF)にもあるように、GANを使った動画作成ツールは既に幾つかありますが、それらと比較してもかなり自然です。 サンプルとして文豪ドストエフスキー(動画の4分40秒目あたり)やクラムスコイの名作「忘れえぬ女」(4分55秒目あたり)を使っているのがさすがロシア。 いずれも元にした画像は1枚です。 少数ショット学習の仕組み 課題としては、人間の顔のランドマークは人によってかなり違うので、汎用(はんよう)的なお面では自然に動かせない顔もあること。 でもこれができるということは、ペロシさんのように多数の映像が公開されている著名人であれば、本人の映像からお面を作ることもできるでしょう。 あるいは、骨格がそっくりな人にひどいことを言わせる動画からお面を作ってペロシさんの顔写真で動かせば、本物みたいに見えるかもしれません。 Facebookでさえ、シャローフェイク動画をフェイクだと判断するのにものすごく時間がかかりました(しかも「編集した動画を掲載するのはポリシー違反じゃない」として)。 も出されていますが、ディープフェイクかどうかを技術的に見破れるのかどうかはまた別の問題です。 関連記事• 米Microsoftが大幅にスペックアップした「HoloLens 2」を発表。 進化したAR(拡張現実)のテクノロジーは、軍事にもどんどん入り込みつつあります。 そんな中、同社が米陸軍省と交わした契約について、従業員有志が反対運動を始めました。 最近はレガシーAPI終了やアカウント凍結騒動で何かと慌ただしいTwitter。 エコシステムを育てる気がない、と言われることもありますが、本当にそうなのでしょうか?• 欧州連合(EU)では、新しい著作権についての指令案が物議を醸しています。 この著作権新指令案は7月5日(現地時間)に否決されましたが、9月の再投票に向けて改善していきます。 シンギュラリティによってAIが人類を支配する世界がやって来るかどうかはさておき、現時点では人間がAIを悪用するリスクの方が怖そうです。 膨大なユーザー数のデータを持ち、強力なクラウドサービスも持つ米Amazon。 当然ながら社内でもAI活用は進んでいますが、そのせいで居心地が悪くなっている社員もいるようです。 シアトルのとある家庭で、Amazon Echoが夫婦の会話を勝手に録音して、しかも他人に送信してしまうというトラブルが発生しました。 その原因と対策について考えます。 両社とも障害のある人を支援するAI活用の発表が印象に残りました。

次の

images.bloompop.com:本物そっくりの映像を作り出す「ディープフェイク」に注意

ディープフェイクav

人気記事ランキング• 135件のビュー• 91件のビュー• 90件のビュー• 73件のビュー• 』 ディープフェ... 52件のビュー• 41件のビュー• 40件のビュー• 38件のビュー• 35件のビュー• 33件のビュー.

次の