ウォーターボーイズ キャスト。 妻夫木聡の親友!死去した前田紘孝が出演していたウォーターボーイズの画像や役名は?

妻夫木聡の親友!死去した前田紘孝が出演していたウォーターボーイズの画像や役名は?

ウォーターボーイズ キャスト

星野源はウォーターボーイズの出演キャストだった! そんな『ウォーターボーイズ』シリーズに、実は今をときめく星野源さんも脇役として出演していたことをご存じでしょうか?2003年に放送されたドラマ1作目で、星野さんはシンクロメンバーの1人として出演。 その役名は、本名から安易に決められたような、「星山」。 誰も気づきはしないです。 しかも、過酷な合宿練習に辞めたくなったこともあるそうです。 星野源のウォーターボーイズでの役柄 この星山は、軽音楽部所属という設定。 そんなこともあってか、ドラマ劇中歌「夏を休んでる場合じゃねぇ」「記号の世界」「モテたくてシンクロナイズド」の作詞・作曲を星野源さんが行っていたようなのです。 知らなかったですね。 作品自体は過酷な練習を伴うもので、制作の模様を追ったドキュメントでは、シンクロ強化合宿で不安げな表情を見せる星野さんの姿も。 合宿数日目には「辞めたい」と事務所社長に泣きながら電話したものの、なんとか踏みとどまったようです。 あの俳優も出演していた?!それは高良健吾だった?! また、ドラマ1作目に田中圭さんが出演しており、ドラマスペシャル『WATER BOYS 2005夏』には高良健吾さんがチョイ役で出演しているなど、若手役者の登竜門的な作品として認知されています。 気づいていない人も多いはずです。 ちなみに同ドラマスペシャルに出演している柄本佑さんも、今や個性派俳優としてドラマや映画には欠かせない存在だが、父・柄本明さんも映画版及びドラマ1作目でおかまバーのママとして出演しているところも見どころの一つとなっています。 星野源とウォーターボーイズに出演していた他のキャストは? そんな星野源さんには、星野源さんのwikiにも記されていない出演作品がありました!それがドラマ「ウォーターボーイズ」です。 何故星野源さんのwikiにも記されていないのかはわかりませんが星野源さんが出演していたのは事実です。 ウォーターボーイズは幾つかのシリーズがありますが、星野源さんが出演していたウォーターボーイズは2003年に放送された、山田孝之さんが主演を務めていた作品で俗にウォーターボーイズの2代目と言われているシリーズです。 合宿を拒否した? 星野源さんはウォーターボーイズに出演する事があまり乗り気ではなく、合宿2目には帰らして欲しいと事務所にいった程。 もしかしたらウォーターボーイズに出演した事は星野源さんの中で黒歴史になっているのかもしれません。 逃げ恥の後に星野源さんがウォーターボーイズに出演している事を気づいた方がいるようです。 星野源はウォーターボーイズの中でも歌手だった 星野源さんがウォーターボーイズで演じたのは全く主役級の役ではなくかなりの端役。 星野源さんを作中で探すのが大変と言われているレベルですからその他大勢的な扱いだったのかもしれません。 星野源さんがウォーターボーイズで演じていた役名は「星山くん」といいます。 何か役名が本名に近いですね。 星野源さんは役は目立つ役ではありませんがウォーターボーイズでの星野源さんの働きはそれだけではなく実は多くの楽曲のウォーターボーイズに提供していました。 それも1曲ではなく3曲も。 星野源さんのウォーターボーイズで使われた曲を是非聞いてみたいと思いませんか。 星野源はウォーターボーイズでトラウマになっていた そのときのトラウマでプール恐怖症になったということです。 あくまで想像ですが、トラウマは様々な形で再現すると言われますので、お漏らしをして、いじめられたという小学校時代のトラウマが、「ウォーターボーイズ」の合宿でのトラウマの遠因になっていたのかもしれません。 星野源も出演したドラマ「WATER BOYS」 舞台は、映画版から2年後の同じ唯野高校水泳部。 映画版出演の眞鍋かをりが引き続き水泳部シンクロ同好会の顧問・佐久間恵として、玉木宏が水泳部のOB・佐藤勝正として出演している。 また磯村・オカマバーのママ・杉田教諭・尾崎校長なども映画版に引き続き出演している。 初回及び最終回には、主題歌「虹」を歌う福山雅治がラジオパーソナリティ役で声の出演を行った。 2003年12月には、メイキングと未公開シーンを合わせた特別番組が放送された。 音楽を担当する佐藤直紀は、前クールに同枠で放送された『顔』からの続投である。 翌年2004年7月から『WATER BOYS2』が放送された。 しかし舞台や出演者は異なり、直接的にはストーリーの関連性はない(映画版の登場人物で金子貴俊が演じた早乙女聖が登場するので、本作から完全に独立した世界観で描かれているわけでもない)。 ただし、劇中曲を佐藤直紀、主題歌を福山雅治が担当するなどの共通点もある。 (引用:wikipedia) まとめ 星野源さんはウォーターボーイズに出演している噂がありましたが噂は本当で星山くんという役名で出演していました。 星野源さんのファンであればウォーターボーイズを改めて見て出演している所を探してみるのもいいかもしれませんね。 かなり難しいとの事ですが。 これからも星野源さんを応援していきましょう。 あなたにオススメ.

次の

映画『ウォーターボーイズ』ネタバレあらすじキャスト評価 妻夫木聡玉木宏共演

ウォーターボーイズ キャスト

さえない高校生5人がシンクロを通して、友情を育み、そして成長していく。 恋もあり、笑いもありで 青春映画の全てが詰まっていると言っても過言ではないでしょう。 中でも注目していただきたいのは、 キャラクター。 鈴木、佐藤、太田、金沢、早乙女という、さえない5人の主要メンバーはもちろん、脇役である美人教師の佐久間、水族館で働く磯村、オカマバーのママなど、 個性あふれるキャラクターが登場します。 当時まだ無名だった妻夫木聡や玉木宏らがキャスティングされていますが、彼らの初々しい演技にも注目。 そして、ラストにあるシンクロ演技も見どころ。 撮影の1ヵ月以上前から、過酷なシンクロの練習をしてきたボーイズの団結した シンクロ演技はダイナミックですし、面白い! さらに、彼らの若々しく、溌溂した演技にパワーをもらえます。 とにかく観ていて元気がもらえる映画。 毎年、夏には観たくなる最高の1本です。 『ウォーターボーイズ』(2001)の考察 なぜ『ウォーターボーイズ』(2001)は社会現象を起こすほどヒットしたのでしょうか。 それは「男がシンクロをする」という意外性、斬新さがあったからだと考えられます。 シンクロナイズドスイミングと言えば、女性がやるイメージしかないでしょう。 そんなシンクロを男がやる。 それだけで興味を惹きます。 感想で書きましたが、本作のストーリーは、友情を育み、成長し、恋もあり、笑いもありという 青春の王道ストーリーです。 しかも、主要キャラである5人のボーイズは、妻夫木聡や玉木宏など今では人気俳優ですが、当時はまだ無名。 これらの設定で、例えば、野球やサッカー、バスケをやっても ヒットにはつながらなかったでしょう。 「ありきたり」で終わっていたかもしれません。 もちろんヒットした理由は一つだけとは言えませんが、 「男がシンクロをする」という意外性、斬新さがヒットの大きな要因であると言えます。 彼らは元平泳ぎの日本記録保持者、不破央の指導のもと、 撮影の1ヵ月以上前から合宿をして、シンクロの練習をしました。 撮影開始後も千葉県内の学校のプールで 連日シンクロの練習を続け、シンクロ漬けの日々を送ったのです。 彼らの体脂肪のない鍛え抜かれた体が、過酷なトレーニングを物語っています。 ちなみに、撮影はラストのシンクロ演技シーンから。 当初3日間の予定でしたが、全100カット以上を撮り、シンクロシーンの撮影がすべて終わった時には7日が経過していたそうです。 感動のシンクロシーンには、ボーイズ、スタッフの妥協のない熱意から来ているのでしょう。 『ウォーターボーイズ』(2001)の舞台・ロケ地は? ロケ地は静岡県と千葉県です。 静岡県では牧之原市、御前崎市、焼津市、藤枝市で撮影。 唯野高校の校舎とプールは別々の学校で撮られており、校舎は牧之原市立相良中学校、プールは静岡県立榛原高等学校で撮られました。 ちなみに、シンクロ演技をする桜木女子高校のプールは、牧之原市立相良中学校で撮られています。 千葉県では、鴨川市にある鴨川シーワールド、館山市の千葉県立安房高等学校で撮影しました。 『ウォーターボーイズ』(2001)の楽曲や挿入歌とは? サントラを紹介 『ウォーターボーイズ』(2001)では、楽曲が効果的に使われており、映画をより楽しいものにしてくれました。 挿入歌で最も印象に残っているのは、 青江三奈の『伊勢佐木町ブルース』でしょう。 また、ダンスゲームのBGMとして流れる スピードのカバーされた『ウェイク・ミー・アップ』もノリが良くて印象的。 シンクロ演技では、 ザ・ベンチャーズの『ダイヤモンドヘッド』、PUFFYの『愛のしるし』、フィンガー5の『学園天国』、ビゼーの『カルメン』など、J-POPからクラシック、洋楽などあらゆるジャンルの音楽が流れました。 ここでは、そんな楽曲・サントラを紹介していきます。 2005年『WATER BOYS 2005夏』 2003年の『WATER BOYS』の舞台は映画版と同じ唯野高校で、映画の2年後を描きます。 つまり、鈴木たちの後輩になります。 この作品では、杉田と佐久間が先生を、佐藤が水泳部OBとして出演。 他にも磯村やオカマバーのママも映画に引き続き出演しました。 2004年の『WATER BOYS2』は姫乃高校が舞台であり、前作とは関係がなくなります。 しかし、映画版のボーイズだった早乙女が世界史担当の臨時高校教師として出演しました。 『WATER BOYS 2005夏』は二夜連続で放送されたドラマで、高校ではなく島が舞台。 ドラマ『WATER BOYS』に出演していた田中が高校を卒業して、東大生となり、農業実習のために訪れた島での出来事を描きます。 そのため、 いずれのシリーズとも関係はありませんが、島の夏祭りイベントである「シンクロ公演」を一緒につくっていくストーリーになっています。 鈴木はそれをはいてタワーを完成。 無事、シンクロ公演を成功させたボーイズは、拍手と歓声に包まれながら、退場しました。 ダイナミックなシンクロ演技が終わったあとの感動が心地良く、ラストのタワーで、ちょっとした演出があったのも良かったです。 拍手に包まれながら退場していくボーイズの「やりきった感」のある誇らしそうな表情が印象的でした。 『ウォーターボーイズ』(2001)のその後や現在は? 水泳部は復活し、彼らのシンクロ公演は後輩に受け継がれました。 卒業後、鈴木は東京の大学へ行き、静子とは遠距離恋愛に。 佐藤は二浪し、主婦に水中エアロビを教えるアルバイトを、早乙女は高校で教師をすることになります。 【レビュー】『ウォーターボーイズ』(2001)の評価・評判.

次の

社会現象になった映画『ウォーターボーイズ1』(2001)の考察!キャスト一覧やロケ地を解説

ウォーターボーイズ キャスト

『ウォーターボーイズ』(WATER BOYS)は、 2001年に公開された日本映画。 監督は矢口史靖。 成り行きから文化祭でシンクロナイズドスイミングを発表することになった男子高校生の奮闘と友情を描く青春コメディ。 転じて「シンクロナイズドスイミングに挑む男子生徒達」を指すこともあるが、語自体は映画プロデューサーが作った造語である。 あらすじ 静岡県相良町(現在の牧之原市)が舞台。 部員は鈴木智(妻夫木聡)ただ一人という廃部寸前の唯野(ただの)高校水泳部に、美人教師・佐久間恵(眞鍋かをり)が顧問に着任した途端、部員が30人に激増。 ところが、佐久間が本当に教えたかったのは、なんとシンクロナイズドスイミングだった。 恐れをなした多くの部員たちは逃亡。 しかし取り残された部長の鈴木、何事も中途半端な元バスケ部員の佐藤(玉木宏)、筋肉を付けたいガリガリのダンス少年・太田(三浦哲郁)、カナヅチ克服と水の力学の解明を目指すガリ勉・金沢(近藤公園)、ちょっと女の子っぽい早乙女(金子貴俊)の5人は泣く泣く学園祭に向けてシンクロをやる羽目に。 舞台は、映画版から2年後の同じ唯野高校水泳部。 映画版出演の眞鍋かをりが引き続き水泳部シンクロ同好会の顧問・佐久間恵として、玉木宏が水泳部のOB・佐藤勝正として出演している。 また磯村・オカマバーのママ・杉田教諭・尾崎校長なども映画版に引き続き出演している。 初回及び最終回には、主題歌「虹」を歌う福山雅治がラジオパーソナリティ役で声の出演を行った。 あらすじ シンクロに憧れ唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎(山田孝之)が高校最後の学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれた。 そこに、同じくシンクロに憧れている立松憲男(森山未來)が転校してくるも、シンクロ公演が突如中止されることに。 さまざまな壁を乗り越えて夢のシンクロ公演実現へと向かってゆく。 前年の2003年に放送されたテレビドラマ『WATER BOYS』の続編として製作され、2と銘打ってはいるが、前作との直接的な関わりはほとんどない。 しかし隔世的な出演として、映画版『ウォーターボーイズ』に登場した金子貴俊演じるシンクロ部員・早乙女聖が世界史担当の臨時高校教師として再登場している。 3年前まで女子校で、現在も9割以上が女子生徒である姫乃高校に、勉強も水泳もダメな元水泳部員の水嶋泳吉が転校してくる。 その高校には男子の運動部がなく、山本洋介は泳吉と共に水泳部を作ろうとする。 しかしタイムを競うだけの水泳ではなく、全員で盛り上がることが出来るシンクロを早乙女に勧められ、シンクロ部を設立する。 女子が権力を握り、シンクロ嫌いの大原夏子、男性の裸に免疫のない越野晴香の両先生がいる姫乃高校では男子部員集めや練習場所・公演場所の確保に苦労する。 その他様々な問題に直面するも、それらから逃げずに自分たちの夢に向かって奮闘する。

次の