猫 ハロウィン。 ハロウィンの衣装子供(女の子)の手作りで簡単な猫や魔女の作り方。

ハロウィンの衣装子供(女の子)の手作りで簡単な猫や魔女の作り方。

猫 ハロウィン

日本には馴染みのない祭りでしたが、東京ディズニーランドのイベントを筆頭に、各地に広まった「ハロウィン」。 本来ハロウィンというお祭りはどのような行事なのでしょうか?そして、ハロウィンには欠かせない「黒猫」の重要な意味とはどういうものなのでしょうか。 ハロウィンはどんなお祭り? ハロウィンは古代ケルト人の祭りが起源となっています。 ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は夏の終わりと冬の始まりを意味し、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられています。 そして同じ時期、魔女や悪霊もやってきて、それらから身を守るために、仮面を被り、魔除けのたき火を焚きます。 これに合わせて、カボチャをくり抜き、口、目、鼻を作り中にろうそくを立て、悪霊払いのジャック・オー・ランタンを作ったり、魔女やお化けに仮装した子供たちが近所の家を訪ねては「トリック・オア・トリート」・・・お菓子をくれないといたずらするぞ。 と唱えてまわるイベントが有名なお祭りです。 ハロウィンといえば「黒猫」の意味・由来は? 黒猫は真っ黒な色が暗闇では人の目に見えず、隠れることが出来ることから、魔女のパートナーにふさわしいと考えられていました。 なんと魔法の儀式では時々用いられることもあり、他の生贄よりも何倍も効果があると言われていました。 また、黒猫というだけで生まれながらの邪悪とみなされ、魔女裁判では人間と共に罰せられることもあったといいます。 他にも、死者の霊が返ってくる特別な日に悪霊や魔女も来てしまうと言われ、沢山の黒猫が焼き殺されたりもしました。 今の時代では考えられませんが、昔は魔女がいると信じられていましたので、沢山の黒猫が魔女狩りや生贄ということで殺されていたのです。 こうした背景で魔女といえば黒猫、というイメージがつき、ハロウィンのモチーフには魔女と黒猫が一緒に使われるようになったのですね。 世界各地での黒猫の迷信 欧米では「不吉の象徴」とする迷信もあり、魔女狩りにより黒猫が殺されることがありました。 ベルギー・ウェイスト=フランデレン州のイーベルという町には、「猫の水曜日」という日があり、時計台から黒猫を投げ殺すというひどい行事が19世紀初頭まで行われていました。 イタリアでは、年間6万匹もの猫が迷信を信じている市民により殺害されていて、これに反対する動物愛護団体が署名運動をしています。 また、日本でも「黒猫が前を通ると不幸が起こる」「黒猫をまたぐと不吉が起こる」「13日の金曜日に黒猫を見ると不幸が起こる」という、根も葉もないうわさがまだまだたくさんあります。 しかし、ハロウィンというお祭りがメジャーになってきた今日では、世界中で黒猫の重要性というのも理解されてきたのではないでしょうか? 実は縁起が良いとされた黒猫 魔女の使いでもある黒猫は不吉な動物の代表格ですが、実は縁起が良い動物としてありがたがられているところもあるのです。 イギリスの一部の地域では、黒猫装束の人が協会の窓から黒猫のぬいぐるみを投げ、それを掴みとると幸福になるといわれています。 近代以前の日本でも「夜でも目が見える」との理由から、「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け、厄除けの意味を持っているのです。 また江戸時代には、黒猫を飼うと結核が治るという迷信もあったり、恋煩いにも黒猫が効験があるとされていました。 新選組の沖田総司は結核を患っていましたが、この迷信を信じ、黒猫を飼っていました。 他にも、小説家の夏目漱石の「吾輩は猫である」の主人公「吾輩」のモデルは漱石の家に迷い込み、家に居ついてしまった黒猫です。 このように、黒猫というだけで、ありがたがられている時代もあったのです。 ハロウィンシーズンの譲渡会では黒猫が大人気! 全国で様々な譲渡会が開催されていますが、ハロウィンシーズンになると「黒猫祭り」でにぎわっているのです。 他のシーズンではなかなか里親さんが決まらなかった黒猫でも、なぜかハロウィンシーズンになると黒猫ばかりが里親さんが決まっていく状況があるので、譲渡会を開催する保護団体の人たちも、この時ばかりは黒猫を大々的にアピールするのです。 これで里親さんの元に行ける猫が1匹でもいてくれたら、ありがたいハロウィン効果です。 まとめ いかがでしたか? 日本でもハロウィンの時期になると、雑貨などもハロウィングッズが店頭に並びますが、実のところハロウィンがどういったお祭りであるのかはよくわからない人が大半ではないでしょうか。 そんなハロウィンと黒猫が切っても切れない関係であること、昔は黒猫であるがゆえにたくさんの猫が殺されていたことはショックでしたが、今は黒猫だろうと、毛の色は関係なくかわいがってもらえることが幸せですね。 — おすすめ記事 —.

次の

ハロウィン

猫 ハロウィン

ちょっとしたギフトにもおすすめ。 ハロウィン仕様の焼き印がキュート! 出典: 香ばしく焼き上げたカステラ生地に包まれたこしあん。 そしてハロウィン仕様の焼印がかわいい和菓子です。 表面にはかぼちゃ、おばけ、魔女の焼き印が押されており、普段和菓子を食べ慣れていない小さなお子さんにも親しみやすい外見です。 きちんとした化粧箱に入っているのでちょっとしたギフトにも使えます。 中身は個包装されているので「トリック・オア・トリート!」の時にも便利。 みんなで集まるハロウィンパーティーにもおすすめです。 注文してから製造されるため、注文から発送まで1週間程度かかるそうです。 また、商品自体の日持ちも発送日を含め7日間とのことですので、注文のタイミングにお気をつけくださいね。 黒猫、三毛猫、そしてそれぞれの肉球の形をした4種類がセットになっています。 三毛猫はスタンダードなねりきり、黒猫は黒胡麻風味の生地で作られています。 魔女の使いとされる黒猫はハロウィンでもよくとりあげられるキャラクターなので、ハロウィンにも最適ですよ。 4つそれぞれが個別にパッキングされているので扱いやすいのもうれしいですね。 あんこ好きの子どもたちは絶対にハマる和菓子ですよ。 限定商品なので、他の人とかぶる可能性が少ないのもポイントです。

次の

ハロウィンの衣装 子供を猫にする!しっぽと猫耳の作り方!

猫 ハロウィン

可愛く仮装したワンちゃん、ネコちゃん 多くのワンちゃんネコちゃん達も100均グッズで可愛く仮装しています。 どの子もとってもお似合いですね。 100均グッズでしたら、時間もお金もあまりかけずに手軽に仮装できそうですね。 我が家のわんこも、セリアの帽子とコウモリで仮装してみました。 特に帽子は長い紐をあご下で結ばなくてはいけないので、絶対にかぶってくれないだろうと思っていましたが、オヤツをチラつかせる方法で成功しました。 (完全に目線はオヤツに…カメラ目線は無理でした。 ) 100均では「猫・小型犬用」と書いてあるものが多数で、残念ながら中型大型のわんちゃん用のグッズはありませんでした。 Amazonなどの通販サイトでは種類もサイズも豊富にあるようです。 また100均では取り扱えないようなとてもクオリティの高い仮装グッズもあり、見ているだけでも楽しかったです。 ワンちゃんネコちゃんと、今年は可愛い仮装でハロウィン過ごしてみてはいかがでしょうか。

次の