搾乳器 手動。 【プロが教える】母乳用搾乳器のおすすめ人気ランキング10選【手動式・電動式】

搾乳器のおすすめ12選☆人気の手動タイプと電動タイプの違いとは?|Milly ミリー

搾乳器 手動

目次 母乳搾乳器購入のきっかけ 母乳搾乳器はどういう目的で使用するのか? ママ以外の人が飲ませてあげたいとき 母乳はママのおっぱいから直接飲ませますが、毎回というわけにもいかない場面があります。 ママが体調悪い時や都合悪い時など、パパや家族の人がお世話しないといけない時に母乳を準備しておく必要があります。 赤ちゃんがおっぱいから上手に飲めないとき 赤ちゃんの吸い方の問題で上手に吸えずに飲めない場合があります。 その時は母乳を搾乳をして準備し哺乳瓶等で与えてあげます。 前絞りや授乳後の搾乳で乳腺炎や乳首トラブルを避けたいとき 前絞りは、 あらかじめ搾乳する事を言い、母乳分泌の流れを良くしてくれます。 授乳後の搾乳は、飲む量が少なかった時に行います。 どちらも しこりや乳腺炎予防に繋がります。 手絞りで搾乳するのが大変なとき 手絞りであれば母乳を入れる容器さえあれば、他に道具がなくてすみます。 ただし、十分な量を搾乳をするまでに時間がかかりママが疲れてしまいます。 うまく手絞りが出来ないと搾乳できないという問題があります。 はちの場合 最初は子供と一緒にいるし、母乳もたくさん出るから、搾乳器を使う事はないと思ってました。 しかし、産後2週間が過ぎた頃におっぱいが異常に張ってきて、数日後には詰まってくる感じと痛みが出るようになってきました。 手絞りで何度か様子をみましたが改善されません。 母親に相談したところ、「搾乳器使って自分で絞ってみたら少しはマシになるかもよ。 」と言われ搾乳してみる事にしました。 もちろん購入してるわけもないので手元にはありません。 子供を母親に預け、急いで近くの西松屋に向かいました。 店員さんにいくつか質問しましたが、結局どれが良いか分からず、そんなに使わないだろうと思い一番安いポンプ式の物を買いました。

次の

2児のママ経験者が教える!搾乳器おすすめ12選

搾乳器 手動

私は4歳と1歳の子どもの2児のママです。 2人とも完全母乳で育てました。 上の子どもを妊娠中、28週から36週まで切迫早産で入院していたため、乳頭ケアやマッサージが一切出来ないまま出産しました。 乳腺が開通してるのかもわからず、自分は母乳が出るのかという不安があり、出産準備として搾乳器は用意しませんでした。 出産後は妊娠前の3倍くらい胸が大きく張り、母乳の出もとてもよく乳腺炎になるほどで、おっぱいマッサージも定期的に通っていました。 母乳が出る・出ないというのはケアしていたからとか食べ物で変わるものではなく、ほとんどが体質だと助産師さんが仰っていました。 出ない…と悩んでる方がいましたら自分を責めないでくださいね! 私はかなり母乳が出る体質だったようで、双子や三つ子を完全母乳で育てられるくらいの量が出ていたようで、出産からしばらくは一度自分で搾ってから授乳していました。 搾乳器は金額が高めで、どのくらい使うかもわからなかったので中々購入出来ませんでした。 ですが毎回毎回だと時間も掛かるし、手首への負担も多くなり、段々と手首に痛みが出始めました。 ただでさえ赤ちゃんを抱っこするのにさらに負荷が掛かり腱鞘炎に。 友人のお姉さんが搾乳器を貸してくれて使ってみたらすごく楽におっぱいを搾ることが出来て驚きました。 そこで初めて搾乳器を購入。 こんなに楽なんだ!もっと早く買えば良かった!と思ったほど。 上の子どもの時に手動の搾乳器を購入しましたが、下の子どもを出産するときに、2人育児はさらに忙しくなりそうだから、もっと楽にしたいと電動の搾乳器を購入しました。 いくつかの手動・電動の搾乳器を使ってみた私がおすすめの搾乳器をご紹介します! 目次• 搾乳器とは? 搾乳器の特徴 空気圧で母乳を搾ります。 手動式、電動式があります。 搾乳器の使い方 搾った母乳を赤ちゃんに飲ませる場合は必ず消毒済みの搾乳器を使うようにします。 乳頭、乳房に密着するように装着します。 ここでしっかり乳房に密着していないと圧がかからないため搾れません。 使用後は必ず洗浄し、消毒します。 搾乳器のメリット それぞれ使用用途によりますが母乳をおっぱいに残さずに搾ることが出来るので、乳腺炎になりにくかったり、赤ちゃんを預けて出掛けるのに事前に絞ったり出来ます。 搾乳器の消毒は時間をかけてしっかりと 毎回の消毒には十分に手間をかける必要があります。 消毒は薬液で漬け込むタイプと煮沸消毒が出来るものとありますが、どちらも時間を掛かてお手入れをしっかりする必要があります。 搾乳器を使うべき人はこんな人! 母乳が出過ぎて乳腺炎になりやすい人 まず、母乳が出すぎて乳腺炎になり易い人は搾乳器を使用されることをおすすめします。 ただ、初めてのママの方は、自分が母乳が出すぎているかどうかわからないと思うので、先生に相談してみてもいいかもしれませんね。 用事などで赤ちゃんを預ける時にも母乳を飲ませたい人 私は上の子どもの時も下の子どもの時も母乳が出過ぎていました。 母乳の出始めは溜まり乳といってどんどん母乳が作られます。 その為おっぱいに溜まってしまった母乳が吸われずに残ってしまったままだと、通行止め状態で炎症を起こしてしまい、それが乳腺炎となってしまいます。 一回一回しっかりと出しきることでおっぱいを空っぽにし次の新鮮なおっぱいが作られます。 その新鮮なおっぱいを赤ちゃんにあげられるといいですね! 用事で赤ちゃんを預けていきたい!と思うかたも多いと思いますが、自分の手で母乳を搾るとあまり量がとれなかったりします。 手でおっぱいに圧をかけると、乳腺を傷めてしまい、断乳後に垂れてしまうということも。 搾乳器だとしっかりとおっぱいを搾りきることが出来ます。 我が家の下の子ども、生後1ヶ月で大きな病気をしてしまい2週間入院しました。 直接の母乳があげられなかったため、搾乳器がとても重宝しました。 赤ちゃんが入院した、ママが入院した、など病気や怪我の際にはとても重宝します。 そういった場合は手動ではなく電動をおすすめします!! 母乳ってどのくらい日持ちするの? 赤ちゃんを預けたときに搾乳した母乳があれば粉ミルクではなく母乳をあげることが出来ます。 母乳は保存が出来るので出過ぎた場合は取っておくことも可能ですよ! 冷蔵の場合 おおよそ24時間以内が目安です。 3日間とかかれているサイトもありますが、時間が経てば経つほど鮮度が失われていきます。 搾乳した母乳は常温保存しておかずにすぐに冷蔵庫で保管してください。 その際はドアポケットなど動きのある場所には入れないようにしてくださいね! 冷凍の場合 大体1週間を目安にするのがおすすめです。 搾乳したら市販の母乳フリーザーパックなど滅菌されたパックでの保存が適切です。 搾乳したらすぐに冷凍しましょう。 出来るだけ急速に冷凍するのがいいですね。 解凍の仕方 冷凍した母乳は冷蔵庫に入れて自然解凍するか、流水で解凍するのが望ましいです。 電子レンジや熱湯は母乳の質が悪くなるのでやめてください。 私は流水で解凍する時にはフリーザーパックをさらにジップロックなどに入れて解凍していました。 流水の時の水が入ったら嫌だなぁと念のためにです。 解凍した母乳は12時間以内に飲ませてくださいね! あと、母乳は再冷凍はできません。 再冷凍したものは絶対に赤ちゃんにあげないでくださいね。 母乳を冷凍・冷蔵できるおすすめ商品! Pigeon ピジョン 母乳フリーザーパック 滅菌済みだから衛生面でも安心! ピジョンの母乳フリーザーパックは私も使っていました。 容量で分かれていて 40ml と 80ml 、 160ml があります。 月齢によって変えると便利ですよ!低月齢は飲む量も少ないので 40ml を。 飲む量が増えてきたら 80ml を。 80ml で足りなくなるのであれば 160ml を。 こちらは食品衛生法に適合しているラミネートフィルムが使われているので、プラスチック成分が溶け出るなどの心配は無用です!入れ口がガバッと広く開けられるので母乳の移し替えがスムーズですし袋がへにゃへにゃしていないので安定して持てます。 袋に目盛りが付いていますし、注ぎ口もあるので使い勝手もいいですよ! そのまま冷凍庫に入れて置いても、におい移りは気になりませんでしたが、念のためにジップロックに入れて保存していました。 搾乳器には手動タイプと電動タイプがある! 手動タイプ 手動タイプのメリット 自分のペースで搾乳出来ること。 部品が少なく消毒の手間が少ない。 初めての子どもの場合、授乳に慣れていないので乳首の痛みなどが強いと思います。 電動だと吸引力が強く痛みを感じることがあるので、休みながら自分のペースで搾乳出来る手動のものがいいです!私も最初に使ったものは手動のもので、手で搾るよりとても楽に出来る!いうのを覚えてます。 手動タイプのデメリット 手が疲れる。 これに尽きます。 上の子どもの時に手動タイプのものを使いましたがハンドルを引く・押すというのを5分もやってると本当に疲れてくるのです。 それが毎回だと大変です。 ただでさえ赤ちゃんを抱っこをすることが多いのに、さらに腕や手を使うことで疲労感が増します。 電動タイプ 電動タイプのメリット 母乳がたくさん出るかたには電動がおすすめです。 短時間でしっかり搾りきれます。 吸引の圧力や速さも段階ごとに変えられるものがほとんどなので弱めの設定も出来ます。 私は下の子どもの時には電動のものを使いました。 手動と比べて楽に短時間で搾乳出来たことに驚きました!手も疲れず、とにかく楽です! 電動タイプのデメリット 初期投資が高い。 初めての子どもだと乳首が授乳に慣れていないため、電動の搾乳器だと痛みを感じることもあると思います。 また本当に搾乳器を使い続けるか?というママには少し値が張るかもしれません。 搾乳器選びのポイントは? 使用頻度に合わせる 週1回程度の使用頻度や、ごくたまに赤ちゃんを預けるときにおっぱいを搾ってあげたい。 という方にはリーズナブルな手動タイプがおすすめです。 そんなに頻度が高くないのでたまにの搾乳だとハンドルを動かすのも手が痛くなりにくいと思います。 また本体自体も電動タイプのものより軽いので持ち運びしやすいです。 電動タイプと違ってモーター音がなく赤ちゃんが寝てる横での搾乳もしやすいです。 週2・3回、1日1回以上は搾乳するなら電動タイプがおすすめです。 なんといっても、時短!!手動タイプと違って手を動かさなくていいのでとても手軽で楽ですし、しっかり残さずに搾りきってくれます。 ママの母乳量に合わせる 母乳量が多い人は乳腺炎になりやすいので毎回だしきることがおすすめです。 溜まり乳といってどんどん母乳が作られる時期はしっかりと出しきるのに電動タイプのものだと楽に搾乳できます。 お手入れしやすいもの 搾乳器は哺乳瓶同様、衛星的に保つためにも洗浄し消毒が欠かせません。 部品が多いものは分解したり組み立てたり、洗うものも多いので面倒に思う人もいるかもしれません。 細かいパーツが多いと無くしたりする恐れもあります。 実際に私も細かいパーツを2回も無くし、部品だけ購入しました。 忙しいママには食洗機対応のものもありますよ! 肌に触れる部品は優しい素材を 搾乳器は胸にフィットするようにカバーを当てて隙間なく密着させ搾乳します。 この胸に当たる部分が固い素材だと痛くなりがち。 乳腺炎やしこりができやすい方は少しの刺激でも痛くなってしまいます。 シリコンなど柔らかい素材だと安心ですね! ボトル容器のサイズ 搾乳器によって容器の容量も違います。 容量としては一般的に付属されているボトルは 150ml が多いように思います。 搾乳器で搾ったおっぱいをそのままあげたい方は容量が多いタイプが安心ですね! 赤ちゃんは大きくなると飲む量も増えていきますしママの出るおっぱいの量にもよりますが。 メーカーによって哺乳瓶を付け替えたりも出来るので 150ml で足りなければメーカーの多いタイプの哺乳瓶に変えたりしても良さそうですよ!個人差が大きい赤ちゃんなので一概には言えませんが大体生後半年~ 1 歳頃までは 150ml で十分かと思います。 始めに吸引圧をかけられる機能も おっぱいは赤ちゃんが口にくわえたらすぐに出るというわけではありません。 赤ちゃんがおっぱいを吸うことにより刺激を受けて母乳が出ます。 ですが、搾乳器の場合はそうも出来ないので、赤ちゃんの吸い始めと同じように圧をかけてくれる機能がついている商品があります。 この機能がついていることで、赤ちゃんが吸うのと同じようにママのおっぱいに刺激を与えてくれるので出やすくなり搾乳しやすくなりますよ。 実際に搾乳器だけで搾乳しようとしたら赤ちゃんが直接おっぱいを飲むよりも出始めるまでに時間が掛かります。 準備モードの機能があると使い勝手はいいと思います。 セットで買うと便利 搾乳器と合わせてセットで購入しておくと便利なのが母乳フリーザーパックです。 また搾乳後、 24 時間以内は冷蔵保存 OK なので冷蔵庫に保管しておきたい方は保存キャップなどを合わせて購入すると便利ですよ! 正直、私は冷蔵庫に保存するとき『ラップや乳首をつけて保存すればいい!』と思っていたのですが、他の食材も入っているので雑菌なんかがとても心配に。 冷蔵庫保存することが多いイメージがある方は保存キャップもおすすめです。 また哺乳瓶を使うなら除菌グッズもあるといいですね! 搾乳器はレンタルと購入とどちらがおすすめ? 出産準備用品として搾乳器を用意するか?と考えるママは少なくないと思います。 産後、お仕事に復帰する・定期的に預けるなど明確に搾乳器を使う予定が決まっている人は購入がおすすめです。 使うかどうかわからないという方はまず様子を見て、レンタルでもいいと思います。 レンタルも月ごと、半年、1年間と借りる月数で値段も様々。 レンタルを検討する方は使ってみたい搾乳器が他の人にレンタルされてる場合もあるので事前に確認しておくといいと思います。 私も搾乳器の必要性が正直わからなくて、レンタルできるか確認していました。 たまたま友人のお姉さんが使っていない搾乳器を貸してくれたのでレンタルしませんでしたが…。 早急でなければ、レンタルでもいいかもしれませんね! 搾乳機器を販売する人気ブランド・メーカー ピジョン ピジョンは1967年に設立されたママと赤ちゃんのためのマタニティ用品、ベビー用品を取り扱っている日本のメーカーです。 ママと赤ちゃんの繋がりには『愛』があり、その『愛』を経営理念として掲げています。 国産メーカーは安心感が違いますよね。 ピジョンは消費者であるママと赤ちゃんの声をよくきいて、より良い商品開発に取り組んでいたり、繰り返しリニューアルしています。 商品の良さだけでなく、サポートが充実しているのも特徴です。 商品の保証、商品についての電話対応などのお客様サポート、プレママへのセミナー開催、HPなどの情報提供もしています。 さらに消費者と地域の繋がりを強めてくれるセミナーなども開催されています。 全てのパパ、ママ、赤ちゃんに愛が伝わるメーカーです。 リスネコ リスネコは海外のメーカーで電化製品を販売していて、主にAmazonに出店しているようです。 海外に拠点が置かれているようで、Amazonの出店プロフィールには住所が表記されています。 メデラ メデラはスイス発の創立50周年以上の老舗ブランド。 世界100ヵ国を越える国で愛されている母乳育児を推奨するブランドです。 と言っても母乳育児の為に!というわけではなく、母乳育児の中で母乳が出にくい、授乳の痛み、仕事復帰などのママが抱える悩みを搾乳器や乳頭ケアクリームなどの商品で応援してくれます。 日本でも多くの病院や産院で採用されています。 【電動タイプ】搾乳器おすすめランキングTOP6 第6位 母乳育児 ベビー用品 電動さく乳器 容量 160ml 吸引部の素材 シリコン 消毒方法 ー 食器洗浄器 ー 機能 吸引力と強さを調整可能 プチプラならこれ!必要最低限の機能で搾乳できる! こちらの商品はプチプラで電動搾乳器が叶います。 搾乳する前にマッサージ機能もついているのでママの乳首の痛みも少なく感じると思います。 シンプルな構造なので洗いやすくてママも楽です。 こちらの商品もメーカー名がありませんので、気になる方はやめた方がいいかもしれません。 強さを20段階で調整可能• 静音 シンプル構造で洗いやすい!強さを20段階調節可能で痛みが少なく使いやすい! こちらの商品の特徴は搾乳の強さを20段階と細かく調節が出来るので、ほどよい強さに調節しやすいです。 特に初めての赤ちゃんの場合、授乳で乳首が切れてしまうこともありますので優しく搾乳できると嬉しいですよね! 搾乳音も静かなので赤ちゃんが寝ているときにも使いやすいです。 こちらの商品は特にメーカー名がありませんので、気になる方はやめた方がいいかもしれません。 またこちらは忙しいママおに嬉しい食洗機対応です。 搾乳を始められるように乳首のマッサージ機能がついています。 搾乳モードも9段階とあり強弱を自分に合わせて変えられるのも便利です。 こちらの商品は海外メーカーの商品なので日本のメーカーのように決め細やかなアフターサービスはないと思った方がいいと思います。 稀に不具合もあるようで接触不良で電源がついたりつかなかったりすることもあるようです。 口コミでは不具合があっても拠点が海外のためにタイムラグがあり、すぐに対応をしてもらえないということも書かれています。 ただ、口コミがいいのも事実です。 日本のメーカーと比べると電動でもだいぶお値段がお安いです。 有名なメーカーというわけではないので、気になる方は使用しない方がいいかもしれません。 搾乳準備モード• 搾乳モードの速さや段階が細かい• モーター部分が本体に付いていない こちらは上記のピジョンのさく乳器と迷っていたものです。 電動部分が本体にくっついていないので搾乳するときは重さがなく手が痛くなりにくいです! 機能的にも上記のものより細かい調節が出来ます。 電動部分が本体に付いていない分、軽くて扱いやすく乳房にフィットさせやすいです。 とにかく乳房を入れ込むようにフィットさせてください。 この時に乳首が真ん中にくるようにするのが大切です。 1日に何度も何度も搾乳する方にはその時のおっぱいの様子にあわせて変えられるので便利だと思います! ただ、初期投資としてはお値段が高めです。 また電動部分は少し大きめなので持ち運びは重いかもしれません。 搾乳準備モード• 搾乳モードの速さや段階が細かい 私は上の子どもの時にこちらを使っていました! 電動って空気圧が強くて痛くなりそう…というイメージがありましたがこちらは吸引圧の切り替えが簡単にできるとのことで購入を決めました。 また『さく乳準備モード』と『さく乳モード』とあり、さく乳準備モードは赤ちゃんに吸ってもらうような『小刻みに吸う』というモードです。 これで乳首がおっぱいを出すという準備ができます。 そこから『さく乳モード』に切り替えて搾乳できます。 こちらはとにかく部品も少なく、洗いやすくて便利でした! 私は消毒は煮沸消毒でしていたのですが24㎝の深鍋に哺乳瓶からカバーなど全て1回で煮沸消毒が出来たので楽でした!電動でよくあるチューブもなくて洗いやすいです! 一度モーターが壊れたので 保証期間内でした お客様相談センターに問い合わせをしたら、すぐに商品を送ってくださり、後日こちらから壊れたモーターの部品を返送しました。 まず先にこちらから壊れた部品を送ってから新品を送ってくれるという対応ではなく、とても嬉しかったです!日常で使っていたら困りますもんね。 この商品でしっかり搾乳するというよりは、補助品と考えた方がいいかもしれません。 片方のおっぱいから授乳すると、もう片方もおっぱいが出て来ます。 それをキャッチしてくれる商品です。 授乳していない片方のおっぱいに隙間がないようにピタッと密着させます。 授乳しているとポタポタたれてくるのでそれが溜まっていきます。 少し圧をかけるだけでほどよく搾乳できます。 逆に母乳が出過ぎて母乳パッドではビシャビシャになってしまうママにも圧抜き用に使うのもおすすめです。 細かいパーツが一切なくて洗いやすいです。 煮沸消毒、電子レンジでの消毒ができます。 第5位 NUK ジョリー さく乳器 容量 ー 吸引部の素材 シリコン 消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液 食器洗浄器 ー 機能• レバーの握り方で圧力やリズムを調節可能• 最初に慣れるまでは優しく握るようにすると痛みも少なく負担がなくていいと思います。 シンプルな構造で7つのパーツに分けられ、組み立ても楽ですし、食洗機でも洗えるのでママの負担が少なく楽ですよ! 嬉しい点は付属の保存容器で冷凍、解凍が出来ること。 移し替えるのは雑菌が気になりますよね、それがないのでママの手間もなく赤ちゃんにも嬉しいです。 容器のスタンド以外は煮沸消毒、レンジ消毒、薬液消毒ができます。 NUKのプレミアムチョイスのボトルや替えニップルとの互換性があるので手持ちのものがNUKだと便利だと思います。 第4位 カネソン さく乳器 ママおっぱい! 容量 160ml 吸引部の素材 シリコン 消毒方法 煮沸、電子レンジ、薬液 食器洗浄器 ー 機能• 搾乳準備モード 手動で変更• 搾乳モード 手動で変更 私が上の子どもの時に購入した搾乳器です。 お値段もお手頃で購入を決めました。 手動ですが、さく乳準備モード・さく乳モードと切り替えられます。 ビンの空気を抜く引き上げプレートのセットの仕方を変えることで切り替えられますし、この切り替えもワンタッチで出来るので難しいことがなかったです! 使い方のコツは上記で説明した通り同じになりますが、手動の分、少し手が疲れてしまいます。 少しでも効率よく搾乳するために私がした工夫は搾乳器と乳房を90度と直角に当てること。 こうすることで隙間があきにくく、乳房にフィットしやすいです。 マッサージモード• 搾乳モード こちらは忙しいママにもおすすめの食洗機対応です。 こちらも上の子どもの時に悩んでいたものの1つです。 こちらの商品も赤ちゃんが吸い始めるリズムを再現したリズム切り替えシステムを採用しています。 このモードはダイヤルで切り替え出来てとても楽です! リッチェルも赤ちゃん用品がたくさん出ているので、付けられる哺乳瓶を買い足したりするのに手軽に買えそうだと思っていました! 常に清潔に!正しい搾乳器の洗浄・消毒の仕方 搾乳器は母乳を搾る機械なので、常に衛生を保ちたいですよね。 使用前のお手入れ まず、購入後は必ず使う前に洗浄し、消毒します。 その後は使う前に必ず水滴がついていないかしっかり乾燥してるかを確認してから使ってくださいね。 母乳に水が混ざらないため、機械内部に水が入らないためです。 使用後のお手入れ 使用後は出来るだけ早く洗いましょう。 時間が経つと母乳が固まって取れにくくなったり色が沈着します。 部品をバラバラにして出来るだけ早く洗うのがおすすめです。 中には食洗機に対応しているものもあるので忙しいママは食洗機対応のものを選ぶといいかもしれません。 消毒の仕方 使う度に消毒することが推奨されています。 基本的に哺乳瓶と同じく考えるといいかもしれませんね。 消毒も哺乳瓶とまとめてすると手間がなくて楽です。 消毒の仕方は煮沸消毒、電子レンジ消毒、薬液消毒が出来ますがそれによって使えるもの使えないものがあるのでチェックが必要です。 消毒後 消毒後は自然乾燥がおすすめです。 薬液消毒後はよく洗ってから自然乾燥させてくださいね。 次に使うまでに時間が空くなら乾燥させてから埃が被らないように保管しましょう。 消毒器具について知りたい方はこちらをチェック!.

次の

搾乳器の人気おすすめランキング15選【手動式や電動式】

搾乳器 手動

搾乳機とは?いつどんなときに使うの? 搾乳機とは空気圧を使って母乳を搾り取る機械です。 ママのおっぱいから出る母乳は、当然ママ本人しかあげられませんよね。 しかし、ママが風邪を引いてしまったときや少し休みたいとき、ご主人や実家のお母さんに見てもらうときにママの母乳を搾乳しておくことで、ママ本人じゃなくても赤ちゃんに母乳をあげることが出来ます。 また、パパにとっては赤ちゃんとのスキンシップになるので、ママに休息を取らせてあげるためにもたまに代わってあげることをおすすめします。 赤ちゃんによっては母乳に慣れたせいか、ミルクを全く受け付けなくなったという声もあります。 その場合は、万が一の時に備えて搾乳した母乳を冷凍保存しておきましょう。 搾乳した母乳があれば、パパにとってはいつでも代わってあげられる、ママにとっては代わってもらえるという安心感がありますのでおすすめです。 搾乳機の種類はどんなものがあるの? 搾乳機には電動搾乳機と手動搾乳機があります。 搾乳する回数や母乳の量、金額なども考えた上で自分に合った搾乳機を選びましょう。 電動搾乳機と手動搾乳機、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。 電動搾乳機 搾乳機をおっぱいにあてて、電動で母乳を絞り出す方法です。 【メリット】 ・おっぱいが詰まりそうになったとき早くて役立つ。 ・手が痛くならない、とにかく楽。 【デメリット】 ・手動に比べて値段が高い。 ・力が強すぎて痛みが出る場合がある。 手動搾乳機 搾乳機を自分でおっぱいにあてて、自分で搾乳する方法です。 【メリット】 ・自分でやるので力加減など調整しやすい。 ・電動より安く手に入る。 【デメリット】 ・手でやった方が早い気がする。 ・手が痛くなる。 手動・電動ともにメリット・デメリットをあげてみました。 たまにしか搾乳しない人や母乳の量が少ない人は「手動」、 普段からよく搾乳する人や母乳の量が多い人は「電動」 を選ぶことをおすすめします。 搾乳機は必要なの? そもそも搾乳機って本当に必要なものなのでしょうか?確かに搾乳は搾乳機がなくてもママ自身の手で出来ますよね。 赤ちゃんが母乳を飲んでいる期間しか使わないし、もったいないような気がする…と買うのをためらっているママも多いでしょう。 しかし、搾乳機を使うことでママの負担を少しでも減らすことが出来るのです。 同じように購入するか悩んだという方からは、「こんなに楽になると思わなかった」「自分で搾乳するより時間がすごく短縮できる」などの声が多くあります。 また、搾乳機を使用すると直接母乳に手が触れることがないためとても清潔に保つことができます。 衛生面でも搾乳機を使うメリットはあるということですね。 一時期しか使用しないものなので、本当に必要なものか悩んでいる方も多いでしょう。 しかし、これから育児はどんどん大変になっていきます。 自分の手で搾乳するのが少しでも負担に感じたら、搾乳機を使用することをおすすめします。 授乳中は寝不足になるので、少しでもママのストレスを溜めないためにぜひおすすめします。 先輩ママが選ぶおすすめ搾乳機5選【電動】 メデラ スイング電動さく乳器(カーム付き) 金額(税込)16,200円 口コミ高評価!!人気商品。 とにかくコンパクトな電動さく乳器です。 出かけるときには電池で、家で使用するときにはACアダプターで使用できます。 【先輩ママの口コミ】 32週の早産で双子を出産したため、入院中からメデラのシンフォニーでの搾乳のお世話になっていました。 レンタルか迷いましたが、少なくとも2ヶ月はNICUに搾乳を届けるであろうこと、哺乳力の問題からすぐに完全母乳になるか微妙なこと、レンタルと値段があまり変わらないことから思い切ってこちらを購入しました。 結果、退院したその日からシンフォニーと変わらず搾乳出来、大活躍です。 あす楽ですぐ届いたのも本当に助かりました。 軽くて持ち運びも出来るので止むを得ない外出などの際にも使えると思います。 一日8回3時間毎の搾乳ですが、左右10分ずつ行い、絞り残した分を手で絞っています。 これが無かったらすぐに腱鞘炎になっていたと思います。 ちなみに、よりフィット感があったら、と思い搾乳口のSサイズを追加購入しました。 Mだと乳頭がかなり吸い込まれていましたが、Sに変えたら程よい位置で止まり、絞り残しとしこりがかなり軽減し、しこりを圧迫して搾乳をしなくて良くなりました! メデラ スイングマキシ電動さく乳器(カーム付) 金額(税込)27,000円 時間をかけずに短時間で搾乳したいママにぴったりな搾乳器。 赤ちゃんが吸啜し、口腔内に陰圧を作った時だけ母乳が流れます。 そのため直接授乳で習得した「個々の自然な飲み方」をそのままカームにも用いることができます。 【先輩ママの口コミ】 スイングと迷って、こちらを購入しました。 ダブルでの搾乳で、効率が良いです。 スイングは白い弁膜があり、洗浄の際に破れることがあったとレビューで見て購入を迷っていたのですがマキシは、シリコンゴムのような弁になっているので、しっかり洗っても破れることはないです。 また、(今までのものも一応できるようですが)食洗機やレンジ消毒にも対応しているので、消毒も苦になりません。 部品も多くないので、使用後は食洗機で洗浄、1日1回はレンジ消毒で使用しています。 ダブル搾乳なので、両手がふさがってはしまいますが、片方ずつの使用も可能です。 スイングと迷われている方には、値段は高くなりますが、マキシをオススメします。 メデラ シンフォニー ダブルポンプセット【1ヶ月レンタル】 金額(税込)12,852円 1ヶ月レンタルの商品です。 まるで赤ちゃんが実際に吸っているように自然に、少ない時間でより多くの母乳を搾乳できます。 射乳と母乳の分泌が速やかに得られることが実証されています。 同時に搾乳することが可能で、音もとても静かです。 毎日搾乳する方にはおすすめの商品です。 【先輩ママの口コミ】 子供の入院が思ったより長くなりそうだったので思い切ってレンタルする事にしました。 それまでは手で搾乳していましたが、時間をかなり短縮できます! もっと早くレンタルすればよかったと思いました。 こまかいパーツの洗浄や消毒、私はあまり苦には感じませんでした。 かなりオススメです。 さく乳器 母乳アシスト 電動 Pro Personal 金額(税込)12,990円 しっかり母乳がとれる「準備ステップ」と「さく乳ステップ」の2ステップ。 吸引の強さが3モード&6段階調節で選べるのが便利です。 【先輩ママの口コミ】 早速消毒して使ってみたら音は思っていた以上に静かでした。 夜中でも私は気にならないです。 1人目の時、張りすぎて痛いとき手動タイプを使っていて、先月2人目出産して今回は直母できないため搾乳となり、入院中から手動タイプを使っていましたが腱鞘炎になりかけてこのままでは搾乳できなくなると思い高いけど電動注文。 レンタルも考えましたが、長く使うことを考えたら購入の方が安いと思います。 一時的ならレンタルがいいかな。 手の疲れはなくなりましたが手動と比べると搾乳量が少し減ってしまいました。 まだ使い始めだし慣れたら量も増えるかな。 強さと速さを細かく調節できるし時間も表示されるので使いやすいです。 ピジョン 搾乳器 さく乳器 母乳アシスト電動タイプFirst Classファーストクラス 金額(税込)12,600円 ピジョン搾乳機の最高性能品ファーストクラス、最高機能モデル。 7段階の吸引圧と4段階の速さ調節が出来るのでその日に合わせて調節することが出来ます。 また、準備モード付も2段階調節が可能です。 搾乳後は、乳首とキャップをつけてそのまま赤ちゃんに飲ませてあげることが出来ます。 【先輩ママの口コミ】 買って良かった!! 母乳の出が悪かったのと、片方のおっぱいの形が悪く赤ちゃんが上手く吸えず張る事が多かったので搾乳機を探していた所こちらの商品を見つけました。 病院では手動の方を使っていましたが、シュコシュコうるさいのと時間がかかるので電動で探していました。 使い勝手はいいです!最初使った時にはこんなに搾乳してくれるんだとビックリしました。 おっぱいの張りもとれて、かなり助かっています。 ただ、乾電池ですると電池の減りが早いですね・・・10分 片方ずつ を数回しただけで1個減りました。 外出する時には乾電池。 家ではアダプターと使い分けするといいかも。 部品を洗うのは少し面倒ですが、洗剤で洗ってからレンジでチンしています。 でも、この商品を買って良かったと思います。 他社の2万円もする商品を買わなくてもこれで十分です。 先輩ママが選ぶおすすめ搾乳機5選【手動】 手動搾乳機 medela harmony(メデラ ハーモニー) 金額(税込)4,980円 ハーモニーは2フェーズ搾乳を採用した手動式搾乳機です。 赤ちゃんが吸うようなリズムで2種類の搾乳モードで搾乳できます。 吸い始めは早いリズム(刺激フェーズ)で母乳が出始めるよう刺激し射乳反射を誘発し、その後母乳が出始めるとゆっくりしたリズム(搾乳フェーズ)で効果的な搾乳を行います。 【先輩ママの口コミ】 産後別メーカーのものを使用していましたが、部品の劣化で搾乳力が弱くなり、部品の替えを探したのですが販売していないようなので、今回産院で使用していたこちらを購入しました。 搾乳している部分 乳首 も見えるので、乳の出が気になって見ながら搾乳する私も安心でした。 他の手動の搾乳器よりはお高めかも知れませんが、部品の替えを販売しているので長く使用できると思います。 そのため他のものよりは総合的にコストパフォーマンスが良いと思います。 部品も少なく、洗うのも組み立ても楽なので、これから手動の搾乳器を探している方にはぜひおすすめしたいです。 アンジュスマイル 手動搾乳器 ABP-100 金額(税込)2,480円 取り付け位置を変えることで、吸力を3段階に調節することが可能です。 アダプター等を使用しないため、持ち運びにも便利です。 【先輩ママの口コミ】 出産入院中、まだうまく吸うことができずおっぱいがガチガチになってしまいしばらく搾乳したいと思い購入しました。 吸うのが上手になれば使わなくなる可能性があるので安いものを探しました。 こちらはお値段が安い上に、使ってみるととてもよく搾れました!! 発送もとても早く、注文翌日に届き、退院してすぐ使えたのもとても助かりました。 さく乳器 手動タイプ ピジョン pigeon 金額(税込)4,860円 手が疲れにくい握り方ができるエルゴノミクス 人間工学 ハンドルを搭載した手動さく乳器。 ハンドルを回して、自分が握りやすいように調節することが出来ます。 【先輩ママの口コミ】 大満足です。 出産直後、母乳は大量に出るけれども、赤ちゃんの吸い付きが悪く、胸がパンパンに張っていました。 産院での入院中は自動搾乳機を使用していたので良かったのですが、 退院後どうしよう... と悩んでいたら、この商品を見つけました。 パーツが多いのは確かですが、簡単に組み立てられますし、 慣れてくると手で微妙な調節もでき、自動搾乳機よりも手軽で重宝しています。 しかも、使用するにつれて乳首の形が整ってきて、赤ちゃんが吸い付けるようになりました。 今後も少し胸が張るときなどに手軽に使えますし、重宝し続けそうです。 この質でこのお値段、大満足です。 本当に買ってよかったと思える一品なので、迷っている方にはぜひお勧めです。 NUK ヌーク 手動さく乳器Jolie(ジョリー) 金額(税込)5,400円 助産師さんと NUKが共同開発した商品です。 付属の母乳保存容器で清潔保存(冷凍・解凍)することが出来るので、母乳を移し替える必要がなく清潔な状態で赤ちゃんに飲ませてあげられます。 また、食洗機にも対応しています! 【先輩ママの口コミ】 デザインも可愛く、搾乳も楽にできます。 痛みもなく手早く搾乳できるので本当に買って良かったです。 【販売終了商品】食洗機対応リッチェル搾乳器 さく乳器 手動タイプ 金額(税込)3,680円 ダイヤルで2段階の搾乳リズムが簡単に変えることが出来ます。 吸引圧が片手で簡単に調節できるので、痛みの心配も減りますね。 【先輩ママの口コミ】 産院でアンジュスマイルとメデラを使用していましたが、値段も手頃で使用感も良さそうなものを探していました。 使用してみたところ、メデラと同程度かそれ以上の搾乳ができるなぁという感想です。 搾乳したものを保存できるようにフタがついているのもいいです。 ただ、搾るときにカパカパと音がするのでもしかしたら気になる方もいるかもしれません。 私は許容範囲でした。 分解して洗えるのもいいですよ。 良い買い物ができたと思います。 使いやすい搾乳機を見つけて子育てを頑張りましょう! 手動と電動、それぞれ5選ずつおすすめの商品を紹介させていただきました。 いかがでしたでしょうか? それぞれにメリット・デメリットがあります。 金額的には電動の方が圧倒的に高くなりますね。 一時期だけしか使用しないものなので、レンタルという選択肢も良いでしょう。 毎日搾乳機を使用する方、たまに赤ちゃんを預けたい時だけ使用する方、様々でしょう。 どの商品が自分に合っているかを考え、使いやすい搾乳機を見つけましょう。 ぜひ、今回紹介した先輩ママの口コミも参考にしてみて下さいね。

次の