携帯 充電 されない。 スマホ充電ランプは点灯してるのに充電出来ない。ドコモ補償サービスは加入すべき!?

Xperiaが充電できない!対処方法を原因別に分析

携帯 充電 されない

人間が不精だからできるだけ省略した訳でも、日本語が乱れている訳でもありません。 これは、「換喩法(かんゆほう)」という修辞技法です。 換喩(かんゆ)は、メトニミー(metonymy)とも言い、概念の関連や近接性に基づいて語句の意味を拡張して用いる、比喩の一種です。 多くは、表現する事柄をそれと関係の深い付属物や周辺物、関連する概念などで代用して表現する形をとります。 【用例】 「バッハが大好きだ。 」・・・バッハの作った曲が大好きだ。 (「人の名前」が、「その人の作品」を指している。 ) 「漱石を読む」・・・漱石の作品を読む。 「永田町」・・・国会。 (「地名」が、「表現したいもの」の代用として使われている。 ) 「桜田門」・・・警視庁。 「玉座に就く」、「王冠を戴く」・・・王位に就く。 (「周辺にあるもの、身に着けているもの」等が、「そのもの」を指すように使われている。 ) 「赤頭巾」・・・赤い頭巾を被った少女。 「スイッチを消す」「テレビを消す」・・・実際に消すのは、スイッチ、テレビの向こうの電気の流れである。 「そのワインを開けてくれ」・・・実際開けるのはワインではなく、ワインを入れた容器の栓である。 このように「換喩」は、「関連ある語句の意味を拡張して、元のものを指す」という言葉の使い方です。 多くの場合、使われる言葉は、元の言葉以上に、元の言葉が指す物事の本質や機能をより端的にあらわす言葉であることが多いです。 たとえば、携帯電話の場合、「携帯すること」が中核的概念だったのです。 40年ほど前、初めて開発された携帯電話(移動電話)は、重く大きいものでした。 しかし、固定電話のように場所に縛られない、どこにでも自分についてくること、つまり「携帯性」こそ、その製品の中心的魅力だったのです。 だから、「電話」でなく「携帯」の部分が選ばれたのです。 単に、「長いものを、最初の何文字かをとって略語化する」というものではありません。 もしそうなら、「パーソナルコンピュータ」は、「パーソナル」とか「パーソ」とか呼ばれたでしょう。 そうでなく、「パソコン」となったのは、「パーソナル」も「コンピュータ」も外せない概念だったから、何とかして両方の概念を取り込みながら言いやすい言葉に変えようとしたからです。 「ソーイングマシーン」が、「ソーイング」でなく「マシン」の方をとり「ミシン」となったのも、同じような背景があったはずです。 「充電がない」も同じです。 携帯電話を使いこなす上で、「充電」は欠かせない中核的行為です。 外出から帰り、携帯に充電器を取り付けコンセントに指す、あの一連の動作こそ、携帯を使いこなしていることを象徴する行為だとも言えるでしょう。 だからこそ、「充電」とは「電気エネルギーを蓄えること」であり、「充電がない」とは「電池の残量がない」ということだとわかった上で、それでも、「電池の残量がない」とは言わず「充電がない」と言った方がしっくりくるのです。 「充電」を外しては、「携帯」は使えなくなるという本質を無意識に感じ取っているのです。 そういう意味では、不精などころか、(半ば無意識ですが)物事の本質や核心を端的に表現しようとする、きわめて知的な営みであるといえるでしょう。 「携帯」をカタカナ書きするのは、元の意味と紛らわしいからではありません。 逆に、元の意味に焦点を当てるためです。 カタカナ書きすることで、「携帯」が「記号」になるのです。 この場合の記号は、「いつでも、どこでも、人とつながっている」ことをあらわすものです。 「ケータイ」とすることで、単に「携帯する」という意味を離れ、たとえば「いつでも、どこでも、人とつながっている、自由でありながら、世界とつながっている自分」という意味を帯びた記号になるのです。 こんな風に考えると、言葉というものはつくづく面白いと感じます。 おしゃべりの時にはまどろっこしくて、「携帯電話の電池の残量がない。 」などと言ってられないのでしょうね。 特に生活に身近な物の名前などよく使う言葉は、「ケータイデンワ」のように長いものは略語化するのが一般的です。 例えば「テレビ」。 正統な嫌い語は「テレビジョン」ですが、最初の3字(音節)に略したものが定着しました。 「携帯」も、これと同じ原理の略語だと思われます。 しかし書くときは「携帯」では元の意味と紛らわしいので「ケータイ」とカタカナ書きする傾向があります。 (カタカナ書きすると、元の言葉の意味を失い、その発音だけを表す効果があります。 ) ちなみに中国では、紆余曲折の末に「手機」になりました。 さすがは漢字の国だなあと感心します。 「充電がない」も、無精の賜物でしょうね。 ・「電池がなくなった。 」…(電池はあります。 ) ・「テレビを消してね。 」…(マジシャンか!?) ・「エアコンを止めよう。 」…(エアコンはもともと動きませんって。 ) 言葉(特に話し言葉)は、無精のおかげでけっこう理不尽になっているものです。

次の

Androidスマホの充電できない、遅い、バッテリー残量が増えない原因と対処方法

携帯 充電 されない

スマホのトラブルと解決方法 2020. 01 スマホサポートライン編集部 Androidスマホの充電できない、遅い、バッテリー残量が増えない原因と対処方法 スマートフォンでの連絡やインターネットなどは、生活の一部となっている方も多く、2018年のある調査では人口の8割以上が利用している欠かせないものとなっています。 そんなスマホですが、従来のガラケーと比べると充電の減りも早く、寝る前に毎日充電している、ヘビーユーザーなら1日に2回、3回と何度も充電している方もいれば、モバイルバッテリーを持ち歩いて常にバッテリー残量を気にかけている方もいると思います。 しかし、なぜか充電ができなくなっている、充電ランプは点灯しているのに充電が増えないなど充電に関するトラブルも少なくありません。 このページでは、充電ができない、増えないときの原因と対処方法について解説していきます。 充電ができない、充電が増えないの違い 同じ充電のトラブルでもそれぞれ意味が違ってきます。 ここでいう充電できないというのは、充電ランプが点灯しない、あるいはバッテリーアイコンが充電中のマークに切り替わらない状態を挿します。 そして、充電が増えないというのは、充電ケーブルを挿すと、充電中になる(充電ランプが点灯、あるいは画面に充電マークが表示)が、充電残量が全く増えない、あるいは充電が遅い、残量が減っていくというものを指します。 それぞれ違う充電のトラブルですが、対処法は共通していることも多く、ほかのトラブル時にも役立つ方法もあるのでしっかり覚えていってください。 では、このようなトラブルはどうして起きるか対処方法と一緒に見ていきましょう。 充電できない場合の原因と対処方法 充電ランプの反応なし、デュスプレイ上でも充電中にならない状態。 スマホが故障したのか?と思ってしまいそうですが、実はこんな簡単に解決したということもあります。 下記で紹介する方法をひとつひとつチェックしてみてください。 接触不良 充電端子は非常にデリケートです。 充電器を抜き差しするだけで調子がよくなることもあります。 埃や汚れがたまっているといつもできていた充電が正常にできない場合があります。 充電端子とケーブルの接続部をきれいに掃除してみましょう。 スマホが動かない、固まってる スマホの画面がフリーズしてしまっている場合、充電ケーブルを挿しても充電アイコンも固まっている状態なので何の反応もありません。 これにより、充電ができないといったことが起きます。 画面が真っ暗な状態でフリーズしていることもあるので要注意です。 まずは、フリーズしていることを改善させる必要があります。 充電が完全になくなっている状態 バッテリー残量が全く残っていないのであれば、充電ケーブルを挿しても充電ランプの点灯もしなければ、充電中のマークも表示しないことがあります。 その場合は、充電ランプや充電マークが表示するための充電量が必要になります。 完全に空になってしまうと長時間の充電がいることがあります。 充電ケーブルを指したまましばらく様子を見てみましょう。 数十分~1時間程度の充電をしてみてください。 しばらくすれば充電ランプが点灯するはずです。 充電ケーブルが断線、故障しているかも 充電ケーブルやACアダプターが壊れているということもあり得ます。 ほかの充電器を使ってみたり、今使っている充電器で他のスマホが充電できるか試してみたりして、充電器が故障していないか調べましょう。 また、卓上ホルダーを使用している場合は、卓上ホルダーもチェックしてください。 非対応の充電器を使っていないか いつも充電できていた充電器なら非対応だから充電できないということはあまりないかもしれませんが、充電器はできれば純正品を使った方がいいです。 充電器の出力が高すぎるとスマホでセーブされて充電できない場合もあります。 逆に出力が低い充電器は、充電が増えるのが極端に遅い場合があります。 純正品の充電器を使うなど、他の種類の充電器で動作するかチェックしてみてください。 充電方法を変えてみる どこから充電するかで充電できないこともあります。 電力供給元をモバイルバッテリーやパソコンから充電しているなら、家庭用のコンセントから充電するようにしたり、別の充電方法を試してみて下さい。 大抵はUSB給電より、コンセント給電の充電が安定します。 スマホの故障 故障していれば充電に影響していることもあります。 充電に関する故障なら、最初に疑われるのは充電端子です。 充電ができないという故障の原因では、水没や充電端子の破損が多いです。 端子破損は、特にマイクロUSB端子対応のAndroidに多いです。 故障が疑われるなら携帯ショップなどに持ち込んで相談してみましょう。 プロならすぐに目で見れば端子の破損がわかりますし、水没反応があるかもチェックできます。 プロでなくても見方がわかっていれば簡単に判断できるので興味のある方は調べてみてください。 充電端子が破損、故障する原因は普段からの使い方が大きいです。 充電器を強引に抜いたり、挿したりと、無理なことを続けているとすぐに壊れてしまいます。 充電器のケーブルをもって抜くのもNG。 端子部の根元をもって正しい方法で充電することが大切です。 充電が増えない(充電が遅い)原因と対処方法 充電ランプが点灯したり、充電マークが表示して充電中になっているが、バッテリー残量が増えなかったり、充電しているにも関わらず減ってしまうトラブルです。 原因を特定すればすぐに解決できます。 意外と充電器を抜き差しするだけで解決する場合もあります。 充電端子の接続部をきれいにする 最近では、充電端子部にキャップがない機種も多いです。 キャップなしの機種は、キャップを無くしてしまうこともないですし、充電時に毎回外さなくて便利なのですが、どうしてもごみがたまりやすいです。 汚れがあると接触不良を起こしやすいのできれいに掃除しておきましょう。 私も充電の接触が悪くなることがよくあり、そんな時はスマホ本体の充電端子やライトニングケーブルの接続部を掃除して改善させています。 フリーズしている場合 充電中にスマホの画面が固まってしまっていると、充電していても充電量が画面上では増えていきません。 充電スピードよりもバッテリー消費量が勝っている 大容量のデータ通信をしている、アプリを同時にたくさん起動させているなどでバッテリーの消費が激しくなり充電スピードよりも消費量が多くなることで充電が増えなかったり、充電中でも減っていったりします。 スマホを使いながら充電している方はなおさらです。 下記の方法で充電をしてみてください。 Android <ColorOS6 Android9. 原因のアプリがわかったら、バッテリー消費量が激しいものを停止したり、初期化やアンインストールをしたりして対応してください。 純正の充電器を使っているか 充電器によって、電圧、電流の出力値が異なります。 出力値が低いと充電が増えないという事象が起きます。 充電器については、メーカーで動作確認がとられている公式のものを使うのがベストです。 急速充電器などが対応していれば、急速タイプのものを使うことで充電スピードを速くすることができます。 一般的なものと比べると2倍以上速くなるものもあります。 充電器が故障している 故障が疑われる場合は、別の充電器を使ったりして常用している充電器に問題がないことを確認してください。 また、ケーブルが断線していないかなど目に見えるところに不具合はないかもチェックしておきましょう。 別の充電方法を試してみる 電力供給方法を変えてみてください。 どこから充電するかというもの充電スピードに影響する場合もあります。 例えば、パソコンなどにケーブルを接続して充電するUSB給電にしているのであれば、コンセント給電にするなどして充電できるか試してみてください。 コンセントにテーブルタップ(たこ足配線)を繋いでいる場合は、別の差し込みを使ったり、コンセントに直接挿したりするなどしていろんなパターンを試してみてましょう。 給電元に問題がある場合もあります。 スマホが故障している スマホの故障により、充電が正常にできていない可能性があります。 故障しているなら修理や機種変更をして対応する必要があります。 充電に関するものなら、充電端子の破損が最初に考えられます。 他にも、水没したり、地面に落としたり故障するようなことはなかったか思い返してみてください。 基盤の破損、バッテリーの故障、回路の断線、さまざまな可能性が考えられます。

次の

Androidスマホの充電できない、遅い、バッテリー残量が増えない原因と対処方法

携帯 充電 されない

「Xperia」の充電トラブルは、端末の画面割れと同様にスマートフォンのよくある症状です。 「Xperia」の製造メーカーであるSONYと携帯キャリア各社でFAQを見ても、発生頻度が高いトラブルだと分かります。 充電トラブルが発生する原因は、スマホ端末・ケーブル両方にあります。 今回は、愛用の「Xperia」の充電ができなくなった時、販売店や修理店に持ち込む前に確認しておきたいチェックポイントを紹介します。 スマートフォンを買い換えたばかりの人も、今後充電トラブルが起こる可能性があるので、参考にしてください。 充電できない時の対処方法 「Xperia」が充電できなくなった時に、まず試したい対処法を紹介します。 意外に簡単な対処で解決する場合もあります。 再起動してみる 最初に行うべきは、本体の再起動です。 一度電源を切り再起動してみると、充電できることがあります。 Xperia本体と充電器、問題の所在を確認する 「Xperia」の再起動で解決できない場合は、Xperia本体と充電器のどちらの不具合なのかを確認します。 充電トラブルには充電器側の不具合も多く、この場合は簡単に解決します。 まず、対象の充電器以外の充電器で「Xperiaの充電ランプが点灯するか」を確認してください。 また、別の端末に対象の充電器を繋ぎ、充電できるか確認しましょう。 「Xperia」の充電ランプがつけば「充電器の問題」、他の端末が対象の充電器で充電できれば「Xperia本体の問題」です。 充電器に問題がある場合 充電器に問題がある時は、下記2つの原因が考えられます。 どちらも簡単に調べられるので、まずはこれらを確認しましょう。 通常のスピードでの充電は1A以上、急速充電であれば2A以上の出力が必要です。 スマートフォンが登場したばかりの頃に販売されていた充電器の中には、500mAのACアダプターもあります。 これでは出力が足りません。 スマートフォン端末に合った、「新しいアクセサリーの使用」も充電トラブル回避には有効です。 また、パソコンのUSBポートやUSBハブも、出力が高いとは言えません。 早く確実に充電したい場合は、コンセントから直接電流を流せるACアダプターがおすすめです。 充電器のコネクタ部分は、何度も利用していくうちに劣化するので、買い換えるしかありません。 ただし、購入後すぐに故障した場合は、メーカーや携帯キャリア会社の保証が受けられることがあります。 無償交換を受け付けているメーカーもあるので、買い換え前に問い合わせると良いでしょう。 Xperia本体に問題がある場合 充電器に原因がないにも関わらず対象の「Xperia」が充電できない場合、端末本体の問題が考えられます。 まずは、下記5つの対処法を試してください。 Xperia本体が熱くなっていないか 最新のスマートフォンの多くは、回路の損傷するのを防ぐために、本体温度が上がると充電をストップさせる機能を搭載しています。 本体に触れて明らかに熱いと感じた場合は、時間をおいて「Xperia」を常温に戻してから充電し直しましょう。 電池パック(バッテリー)を抜いて5分放置する Xperia本体が熱を持っていない場合は、電源を落とし電池パックを抜いてみましょう。 5~10分ほど放置すると、内部コンデンサーが放電され、充電関連の不具合が改善することがよくあります。 また、電池パックが膨らんでいる場合は、電池パックが劣化していることも考えられます。 電池パックを戻しても充電ができないなら、電池パックの買い換えも視野に入れてください。 ただし、「Xperia」にはバッテリーが内蔵されていて、電池パックを取り外せない端末もあります。 例えば、「Xperia1」や「Xperia5」、XZシリーズの「Xperia XZ Premium」「Xperia XZs」「Xperia XZ」などです。 自身の「Xperia」が電池パック内蔵型か不明な場合は、ドコモの公式サイトから調べましょう。 電源を入れるとさまざまなアプリが動作し充電が妨げられますが、電源を切った状態なら無駄な電力消費をせずに充電ができます。 電源を切った状態の充電は、「なかなか充電が溜まらない」「いつもより早く充電を終わらせたい」という人におすすめです。 ケーブルを接続したら自動で電源が入ってしまう場合は、通信を一切行わないフライトモードを活用してください。 金属製コネクタは非常にデリケートなので、柔らかな綿棒を使ってやさしく掃除しましょう。 コネクタに直接息を吹きかけるのはタブーです。 金属部分を湿らすと劣化するので、送風で掃除するなら、OA機器用のエアダスターを用いましょう。 古い端末の場合は、いろいろな原因が重なって起きている不具合の可能性も。 中古ショップや各種キャリアのキャンペーンなど、安くスマートフォンを手に入れる手段は多くあります。 メーカーでの修理 「何を試してもXperiaを充電できない」「上記の方法を試しても全く充電ができない」場合は、故障の可能性が高いので早めの修理をおすすめします。 まずはメーカーでの修理について説明します。 メリット 「Xperia」を修理に出す時は、「端末購入時にどのような保証に入っているか」「保証期間はいつまでか」を確認しましょう。 保証内容によっては、無償で端末交換を受けられます。 また、保証期間中は基本的に何度でも保証に応じたサービスを受けられるので、保証が適用される修理の種類と期間をしっかり把握しておきましょう。 デメリット メーカーやキャリアショップは「Xperia」の販売はしていますが、製造はしていません。 修理に関しては、故障した「Xperia」を預かり、メーカーの工場に修理を依頼します。 そのため、ショップに戻るまでに最低でも1~2週間を要します。 また、故障の箇所や修理の内容に関係なく、基本的に本体データは初期化されます。 修理後の返却時には、Xperia内のデータは消失した状態です。 電源が完全に入らなくなる前に、必ずバックアップを取りましょう。 症状によっては、修理困難なケースや回復しない場合もあります。 参考: キャリア別サービス ドコモの保証期間は、「Xperia」の購入日より1年間です。 ドコモ指定の故障取扱窓口で修理を行った場合、修理完了日から6ヶ月間の保証期間が設けられます。 2つの保証期間が重複した場合は、いずれか長い方が優先されます。 ソフトバンクは、「あんしん補償パック」または「あんしん補償パックプラス」に加入していると、「Xperia」の自然故障のケースでは無償で直してくれます。 たとえ加入していなくても、「Xperia」の利用期間が1年未満であれば、無料での修理が可能。 1年を過ぎたものは有償です。 auショップで預かり修理をする場合、保証対象内の3年間は「Xperia」の修理が無償です。 また、電池内蔵型バッテリーの交換など、保証用対象外の故障についても、ユーザーの負担する修理代金は5,000円が上限です。 修理店での修理 「メーカーでの修理は高いし時間がかかる」と感じる人には、修理店での修理をおすすめします。 修理店の利用には、数多くのメリットがあります。 ただし、修理店に修理を依頼するうえで気を付けるべきポイントもあるので、あわせてチェックしてください。 メリット メーカーでの有償修理に比べ修理店での修理は、料金設定が安いことが魅力です。 また、ほとんどの修理店では修理後3ヶ月程度の無償修理を保証しているので、万が一、修理後の部品に不具合が生じた場合にも安心です。 画面割れ修理なら最速で60分程度、バッテリー交換ならば10分程度で修理してくれる店もあります。 また、「Xperia」に残されたデータをそのまま保存、抽出してくれる修理店もあります。 デメリット キャリア各社窓口で加入した保証は、修理店では適用はされません。 つまり、修理店での修理は基本、全額自己負担の有償です。 また、一度修理店で修理した端末は、メーカーやキャリアショップで加入した保証サービスを受けられなくなる場合があります。 気になるようであれば、メーカー修理に出した方が無難です。 おすすめ修理店(修理費目安) 会社や自宅近くで「Xperia」の最安修理店が見つからない場合は、「」を活用してください。 当サイトでは、修理費用がランキング形式で公開されています。 「愛用のXperiaを価格を抑えて復活させたい」という人でも、納得できる業者が見つかるでしょう。 また、正規修理店のほか、出張修理や郵送修理といった修理形式から業者の選定も可能です。 直接店頭に行かなくても、希望に添った修理店を探せます。 「Xperia」が充電不能になった場合の修理には、バッテリー交換が考えられます。 「Xperia XZ1」をバッテリー交換する時、修理費の目安は8,900~39,800円ほどです。 総務省に認められている登録修理業者「」なら、保証期間は6ヶ月で14,900円~。 「Xperia XZ2」の場合の相場は、8,182~12,000円ほどです。 例えば、登録修理業者「」なら、保証期間は1ヶ月で10,926円~です。 参考: まとめ 「Xperia」の充電トラブルは、多くのXperiaユーザーが一度は見舞われる問題です。 その原因は充電器やケーブルなど、周辺機器にあることも。 個人で解決できるケースもあるので、この記事の対処法を参考に確認してください。 端末に原因がある場合は、「Xperia」を修理する必要があります。 メーカー修理に出すのか、修理店を利用するのか、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで検討しましょう。 修理価格サイトのご紹介 全国の修理店をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 北海道・東北 関東 中部 関西 中国・四国 九州・沖縄.

次の