シャビ シモンズ 身長。 英メディアが次世代プレーメーカーに注目 ピルロ シャビの「後継者候補6人」とは?

バルサ下部の14歳神童シャビ・シモンズが、SNSでフィーバー。フォロワー50万人突破

シャビ シモンズ 身長

身長が低いことによるメリット あくまでも、僕の経験に基づく私見ですのでご了承ください。 スポーツ全般において、身長が低いことの最大のメリットは「敏捷性(アジリティ)」です。 体が大きいことと比較した場合、体が小さいほうが、敏捷性が高くなる傾向にあります。 敏捷性とは、単なる移動する速度(スピード)だけではなく、 トップスピードまでに至る時間の速さや方向を変える速さ、体の姿勢を変えるときの速さなど、動作の速さのことを言います。 もちろん、身長が低い人が全て俊敏性があるということではなくて、 身長の高い人と低い人を比較したとき、同じ筋肉量、質が同じ条件だったとした場合、 身長の高い人に比べて、身長の低い人のほうが、敏捷性が高いということになるわけです。 身長の高い人が敏捷性がないということでもありません。 野球にしろバスケにしろバレーボールにしろ、どんなスポーツにも敏捷性は求められる要素だと思いますが、 特にサッカーは、他のスポーツよりも、敏捷性が求められる傾向にあると考えられます。 敏捷性が求められるスポーツですから、 敏捷性を発揮しやすい身長の低い選手が、そのフィジカルを生かして活躍できることが多いのがサッカーだと思います。 スポーツにおいて、身長が低いことの最大のメリットは敏捷性を生かしやすいからということです。 ですから、昔から、世界のサッカー界でスーパースターと評される選手には、身長の低い選手がたくさんいるんだと考えられます。 ちなみに、身長が低い人が敏捷性が乏しいのは、サッカーではちょっと困ります 笑 敏捷性は鍛えなければなりませんので、 身長が低いことでサッカーに対する悩みや不安のある方は、敏捷性を高めるトレーニングをしてくださいね。 このブログの過去記事で紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。 abc. net. 2008~2012年で、欧州選手権を連覇、その間でW杯も初優勝というスペインの黄金時代を支えたシャビとイニエスタ。 この2人、ホントかどうかわかりませんが2人とも170cm(体重68kg)という公表です。 marca. com 176cmってそんなに低いことないと思われるかもしれませんが、カンナバーロはセンターバック(CB)なんです! 現代のサッカーは選手が大型化してきていますし、特にCBの大型化は世界的な傾向で、190cm前後が標準になっています。 サッカー界の世界的なスーパースターです。 youtube. パサレラもCBでして、 身長は173cm! 僕の知っている限り、世界的なCBでは最も身長が低いCBです。 1978年自国アルゼンチンでのW杯、優勝時のキャプテンです。 173cmのCBなのに得意なのはエアバトル(空中戦、ヘディング)なんですよね、ジャンプ力が凄かったです。 パサレラもCBとしては身長がかなり低いですが、スーパースターです。 beinsports. バロンドールには選ばれなんせんでしたが、1982年のバロンドールの2位になったことがあります。 ジレスの異名も「小さな巨人」、シモンセンと同じ。 現役のとき、引退してからも来日し日本でチャリティマッチなどに出場していました。 まぢ上手いっすからね、ジレスは。 foxsportsasia. 瞬間的なスピード、細かいボールタッチは、正に身長の低い選手のお手本となります。 それでも身長の高い順に並べてみますと、• 176:カンナバーロ• 173:パサレラ• 172:モドリッチ• 165:シモンセン• 163:ジレス• 158:チャナティップ この面々をならべると身長が低くても一流、いや超一流のサッカー選手になることが可能だと思いますね。 身長の低い選手が多いポジション 身長の低い選手の特徴や、身長の低い選手でスター選手を紹介してきましたが、 これらを集約すると、身長の低い選手がどのポジションを担当していることが多いのか、ということに着目できます。 この記事で紹介した選手たちのポジションをまとめてみますと、 カンナバーロとパサレラはCBで、他の選手たちはMFかFW、しかも、カンナバーロとパサレラはレアケースであることを考えれば、 攻撃的なMFやFWに多い傾向にあると思われます。 もちろん、マケレレやカンテのような守備的MFを担当する170cmもいるし、長友などのように170cmでSBを担当する選手もいます。 そう考えると、やはり、身体的特徴である敏捷性を生かして、狭いスペースでも、多彩な動きのできる攻撃的なポジションが多いと思われます。 メッシやペレ、中島翔哉のようにFWのうちウイング(WG)やセカンドトップ(ST)、 フォーメーションによってはMFのうちトップ下やサイドハーフ(SH)などの攻撃的なポジション、 また、シャビやイニエスタ、ジレスなどのように、MFのうちチャンスメイクを行う攻撃的MF(OMFやインサイドハーフなど)が、 身長の低い選手が任されそうなポジションではないでしょうか。 裏を返せば、高さやブロックなどフィジカルサイズを要するポジションに身長の低い選手は少ないということになります。 これらのことから、身長の低いことでどんなサッカーをすれば良いのかと考えている方は、 身長の低いという特性を生かして、 今回紹介したスター選手をモデルにしながら、 STやMFのポジションを目指してみるというのはどうでしょう。 その対人プレーや味方とのコンビネーションに、つまり、サッカーのプレー、活動に、 身長が低いことの特性である敏捷性を生かすという考えが大事なんだと思います。 また、他の多くのスポーツと違って、サッカーはプレーが途切れることが少なく流動的に展開していきます。 次々に展開する状況を処理して、判断して、決断するという素早い思考が求められます。 この「プレー中の思考が最も大事で体の大きさはさほど重要ではない」とは、あるスター選手の言葉です。 敏捷性を生かすのは体の機能だけではなく、頭脳も必要なんだということだそうです 笑.

次の

シャビ

シャビ シモンズ 身長

国内リーグ戦に限る。 2018年11月19日現在。 2016年7月19日現在。 サッカー指導者。 現役時代のポジションは。 父親はセミプロの元サッカー選手、ホアキン・エルナンデス。 のプレースタイルの具現化であると見なされており、史上最高の中央ミッドフィールダーの一人と広く考えられている。 彼はまた、多くの人から史上最高のスペイン人選手と見なされている. シャビはバルセロナの青年アカデミー:に11歳で入り、1998年8月にマヨルカとの初デビューを果たした。 シャビは、クラブ史上初めてヨーロッパとFIFAクラブワールドカップの試合合わせて150試合出場したプレーヤー。 バルセロナでは8つのリーガリーガタイトルと4つのタイトルを獲得した。 彼はバルセロナとスペイン代表で31のトロフィーを獲得しており、合計で歴史上最も飾られたスペインの選手としてを上回った。 2009年ので3位になり、その後継賞である2010年と2011年にで3位になった。 2011年には、ヨーロッパアワードを受賞。 2000年にシニアチームのデビューを果たした後、彼はスペイン代表チームのキャップを133回被り、チームの成功に影響力のある人物だった。 彼は、でのスペインの優勝、およびとの両方での優勝に不可欠な役割を果たした。 彼はUEFAユーロ2008でトーナメントの選手に指名され 、彼は2010 FIFAワールドカップで91%のパス成功率を達成し 、ワールドカップオールスターチームで指名された。 FIFProベストイレブンを2回、を2回受賞。 表記においてのあたりまで チャビと表記するメディアもあったが、からはほぼシャビで統一されている。 なおスペインにおいてXavierはカタルーニャ語でシャビエル、カスティーリャ語でハビエルと一般に発音されるが、個別にどう発音されるかは本人の意向が尊重される。 意向が不明な場合は年齢やカタルーニャに対する政治的シンパシーによって差があるようである。 ジョアン・ガンペール杯でのシャビ(2008年) FCバルセロナ [ ] カンテラ時代 [ ] 、11歳の時にの下部組織に加入し、に入寮した。 はじめてもらった24ユーロ(約3200円)の給料は故郷の母へトースターをプレゼントするのに使ったという。 順調に下部組織のカテゴリーを昇格していき、1997年にはジョルディ・ゴンサルボが率いるに昇格し、(2部)昇格を果たしたチームのキープレーヤーであった。 この頃、から4年契約で移籍オファーがあったが、家族から離れることを嫌い受けなかったと、後に母親がスペインメディア『TV Cuatro』のインタビューに応えて明かしている。 デビュー - キャリア初期(1998年 - 2003年) [ ] 、の戦でトップチームデビューし、その試合でプロ入り後初得点して タイトル獲得に貢献した。 の戦でデビューし、3-1で勝利を飾った。 デビューしてからしばらくはFCバルセロナBとトップチームを往復する日々が続いたが、戦でリーガ初ゴールとなる決勝点を決めて 、以降は低迷していたチームの巻き返しに一役買い、監督率いるチームで鍵となる選手に成長していった。 はレギュラーのMFが負傷で試合を欠場することが多く、シャビがプレーメーカーの一番手で起用されるようになった。 まではグアルディオラとコンビを組むことが多く、グアルディオラが退団したはMFとコンビを組むことが多かった。 2001-02シーズン、3月16日のとのエルクラシコでクラシコ初ゴールを決めた。 フランク・ライカールト監督時代(2003年 - 2008年) [ ] には下部組織からMFが昇格し、退団したコクーに代わってコンビを組むことが多くなった。 夏にはチームの第2キャプテンに就任した。 同年夏にはMFが加入し、イニエスタを含めた中盤の3人は抜群のコンビネーションを発揮し、のリーグ優勝に貢献した。 、練習中にグラウンドのぬかるみに足を取られて転倒し、左膝前十字靭帯を断裂する重傷を負った。 手術では ()形成による靭帯の再生処置が施され、5ヶ月間のリハビリに取り組んだ。 4月の戦でデコに代わって途中出場し、10分間プレーした。 にも出場し、チームはとの2冠を達成したが、シャビ自身にとっては不完全燃焼のシーズンであった。 ジョセップ・グアルディオラ監督時代(2008年 - 2012年) [ ] 、と連続してリーグ優勝を逃したために監督が辞任し、かつてのチームメイトであるが監督に就任した。 は、、、の3冠を達成したチームの中で重要な役割を担った。 、クラブとの契約をまで延長し 、クラブで最も高額な部類となる年俸750万ユーロに昇給した。 の戦のフル出場で公式戦通算452試合フル出場を達成し、クラブ歴代2位のFWのフル出場記録に並び、ランクの上にはDF(548試合フル出場)しかいない。 に行われたとのでは4アシスト(プジョルとアンリに対して1アシスト、メッシに対して2アシスト)を決め、6-2と大勝してリーグタイトル獲得を決定づけた。 とのコパ・デル・レイ決勝では駄目押しとなる直接フリーキックを決めた。 との決勝では69分にの得点をアシストし、ペナルティエリアの外からゴールポストを叩くシュートを放った。 最終的に2-0で勝利して自身2度目の優勝を果たし、同大会の最優秀MFに選出された。 2008-09シーズンのリーグ戦ではリーグ最多の20アシストを記録し、UEFAチャンピオンズリーグでも最多の7アシストを記録した。 も好調を維持した。 から11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年の・戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。 同月にはで行われたに出場し、(北中米カリブ海代表)と(南米代表)に勝利して優勝した。 にはでのエル・クラシコで2アシストを記録した。 リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。 では準決勝でに敗れたもののベスト4に残った。 2010年、リーグ最優秀選手賞であるでメッシとFWに次ぐ3位に選ばれた。 、6月末までの4年間の契約延長に合意した。 2010年、5-0で完勝したエル・クラシコでは先制点をマーク。 12月にはの最終候補3名が発表され、FCバルセロナのシャビ、イニエスタ、メッシの3人が候補を独占した。 あと一歩及ばずメッシに敗れてしまったが、シャビは「これは 育成機関 への賞だ」とメッシの受賞をたたえた。 2011-12シーズンの決勝の戦では1ゴールを決めて優勝に貢献した。 またリーガでは12月10日の戦でゴールを決めて勝利に貢献するなど、キャリア最高のシーズン10ゴールを決めた。 2012年 - 2015年 [ ] カタールのアル・サッドへの移籍 2015年4月28日の戦でゴールを決めたが 、これが結果的にバルサでの最後のゴールとなった。 、記者会見を開いて17年間すごしたの退団を発表、同時に終了後にのへの移籍を発表。 なお、背番号はバルセロナ時代と同じ『6』に決定。 最終シーズンでは控えに回るものの、チームはリーガ・エスパニョーラ、、での2度目の三冠を達成してタイトル獲得数を 25に伸ばし、最高の成績でラストシーズンを飾った。 アル・サッド [ ] 2015年、到着後に入団会見を開いた。 「カタールで多くの選手がプレーしたことは分かっている。 僕の友達でもあるもその一人だね。 僕はアラブの文化について学びたいと思っている」と新天地での抱負を語った。 代表 [ ] UEFA EURO 2008でのシャビ 年代別代表 [ ] 2000年にはに出場し、銀メダルを獲得した。 決勝ではFWを擁するカメルーン代表と対戦し、シャビがフリーキックで先制点を決め、DFが追加点を挙げたが、最終的にPK戦で敗れた。 A代表 [ ] 2000年11月15日、との親善試合でデビューを飾った。 監督がスペイン代表を率いたには控え選手の立場で参加したが、準々決勝の戦では試合の流れを変える切り札として延長戦前半途中から投入され、PK戦では3番手キッカーとして出場したが、PK戦に敗れて敗退した。 監督が率いたでは出場機会を全く与えられず、1勝1敗1分でグループリーグ敗退に終わった。 UEFA欧州選手権後にはMF、MF、MF、MF、MFなどとポジションを争い、監督の信頼を得てレギュラーに定着した。 では10試合中8試合に出場し、とのプレーオフを勝ち抜いて本大会出場を決めた。 プレーオフのファーストレグでは初めて背番号4を着け、2アシストの活躍で5-1の大勝に貢献した。 UEFA EURO 2008 [ ] チームの主軸のひとりであったではイニエスタ、MF、MFとともに Cuatro Jugones(クアトロ・フゴーネス、4人の創造者)と呼ばれる中盤を形成し 、ショートパスの連続でボール支配率を高めて44年ぶり2度目の優勝に導いた。 準決勝の戦では先制点を挙げ、決勝の戦ではFWの決勝点をアシストした。 によって大会最優秀選手に選出された。 準決勝でシャビが決めた得点は大会通算500得点目のメモリアルゴールであった。 2010 FIFAワールドカップ [ ] でも中心選手としてチームを引っ張り、10戦10勝で本大会出場を決めた。 、のとの初戦は0-1で敗れたが、とに勝利してグループリーグ突破を決め、では、、、を倒して初優勝を飾った。 決勝トーナメント1回戦ではヒールパスでFWの決勝点をアシストし、準決勝ではコーナーキックでDFの得点をアシストした。 パス本数はに104本差をつけて参加選手中最多を誇り、パス成功本数が500本を越えたのは彼だけであった。 また、43本のコーナーキックを蹴って26本を味方に合わせたが、キック数・成功本数ともに2位を大きく引き離してトップだった。 7試合で全選手中トップの80. 2kmの走行距離を記録し、1試合平均走行距離は11. 4kmに達した。 ペナルティエリア内にボールを運んだ回数も全選手中トップの20回を記録した。 2012 [ ] 2011年3月25日のの戦で、スペイン代表史上4人目となる代表100試合出場を達成した。 ではスペインの全6試合に先発出場 、決勝の戦ではとのゴールをアシストして勝利 、2大会連続の優勝に重要な役割を果たした。 2014年ワールドカップでは、グループリーグ初戦の戦にフル出場したが、この1試合のみの出場となり 、スペインはグループリーグ敗退、引退を表明した。 プレースタイル [ ] フリーキックを蹴るシャビ スペイン語で「」と呼ばれている「パスの細かな連携によって組み立てるサッカー」「パスを受けると同時に次にパスすることを繰り返すことで組み立てるサッカー」では欠かせない存在。 ルーズボールへの対応にも秀でており、重要な局面でこぼれ球からの得点をいくつも重ねている。 テクニック面が注目されがちだが、やけがの耐性にも優れている。 また守備能力にも優れており、「相手からボールを奪い取る技術にも長けている」と考えられている。 人物 [ ] 2013年7月に1年半交際していた女性と結婚式を挙げた。 個人成績 [ ] 2015年7月1日時点 シー ズン クラブ ディビ シオン 番号 リーガ 国王杯 UEFA CL UEFA EL 国内スー ペル杯 UEFAス ーペル杯 FIFA CWC シーズン 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 97-98 FCバル セロナB 39 3 - - - - - - - - - - - - 39 3 98-99 6 18 0 - - - - - - - - - - - - 18 0 98-99 26 17 1 2 0 6 0 - - 1 1 - - - - 26 2 99-00 6 4 1 - - - - - - - - - - - - 4 1 99-00 26 24 0 4 1 10 1 - - - - - - - - 38 2 00-01 FCバル セロナ 16 20 2 7 0 3 0 6 0 - - - - - - 36 2 01-02 6 35 4 1 0 16 0 - - - - - - - - 52 4 02-03 29 2 1 0 14 1 - - - - - - - - 44 3 03-04 36 4 6 0 - - 7 1 - - - - - - 49 5 04-05 36 3 1 0 8 0 - - - - - - - - 45 3 05-06 16 0 0 0 4 0 - - 2 0 - - - - 22 0 06-07 35 3 7 2 7 0 - - 2 1 1 0 2 0 54 6 07-08 35 7 7 1 12 1 - - - - - - - - 54 9 08-09 35 6 5 1 14 3 - - - - - - - - 54 10 09-10 34 3 3 2 11 1 - - 2 1 1 0 2 0 53 7 10-11 31 3 6 0 12 2 - - 1 0 - - - - 50 5 11-12 31 10 7 2 9 1 - - 2 0 1 0 1 1 51 14 12-13 30 5 5 0 11 1 - - 2 1 - - - - 48 7 13-14 30 3 5 0 11 1 - - - - - - - - 47 4 14-15 31 1 4 0 10 1 - - - - - - - - 43 1 15-16 24 3 24 3 16-17 26 10 通算 529 61 70 9 151 12 13 1 11 4 3 0 5 1 791 87 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-21• 2000年 - 3位• U-23• 2000年 - 銀メダル• 2002年 - ベスト8• 2004年 - 1次リーグ敗退• 2006年 - ベスト16• 2008年 - 優勝• 2009年 - 3位• 2010年 - 優勝• 2012年 - 優勝• 2013年 - 準優勝• 2014年 - グループリーグ敗退 試合数 [ ] 国際Aマッチ 133試合 13得点(2000年-2014年) 年 出場 得点 2000-01 1 0 2001-02 5 0 2002-03 8 0 2003-04 5 0 2004-05 8 1 2005-06 13 0 2006-07 7 3 2007-08 16 4 2008-09 14 1 2009-10 17 0 2010-11 7 1 2011-12 14 1 2012-13 13 1 2013-14 7 1 通算 133 13 ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要 1. 2005年5月26日 2-0 3-0 2. 2006年9月6日 0- 1 3-2 3. 2006年10月11日 1-0 2-1 親善試合 4. 2007年6月2日 0- 2 0-2 UEFA EURO 2008予選 5. 2007年9月12日 1-0 2-0 UEFA EURO 2008予選 6. 2007年11月21日 1-0 1-0 UEFA EURO 2008予選 7. 2008年6月4日 1-0 1-0 親善試合 8. 2008年6月26日 0- 1 0-3 9. 2008年8月20日 0— 2 0-3 親善試合 10. 2011年3月29日 0- 1 1-3 11. 2011年9月6日 3-0 6-0 UEFA EURO 2012予選 12. 2012年9月7日 3-0 5-0 親善試合 13. 2013年10月11日 1-0 2-1 タイトル [ ] クラブ [ ]• :2回 2009, 2011• :4回 2005-06, 2008-09, 2010-11, 2014-15• :2回 2009, 2011• :8回 1998-99, 2004-05, 2005-06, 2008-09, 2009-10, 2010-11, 2012-13, 2014-15• :6回 2005, 2006, 2009, 2010, 2011, 2013• :3回 2008-09, 2011-12, 2014-15• : 2018—19• Emir of Qatar Cup: 2017• : 2017• Sheikh Jassim Cup: 2017 代表 [ ] EURO 2012優勝杯をと掲げるシャビ U-20スペイン代表• :1回 1999 U-23スペイン代表• 銀メダル:1回 2000 スペインA代表• :2回 2008, 2012• :1回 2010 個人 [ ]• ベストイレブン:1回 1999• :1回 1999• :1回 2005• 最優秀選手賞:1回 2008• FIFProベストイレブン:2回 2007-08, 2008-09• IFFHS最優秀プレーメイカー賞:2回 2008, 2009• :2回 2008, 2009• FIFA. comベストイレブン:1回 2008• リーガ・エスパニョーラ最優秀MF賞:1回 2009• ベストイレブン:1回 2009• ブロンズボール:1回 2009• カタラン・オブ・ザ・イヤー::1回 2009 脚注 [ ]• 河上清、澤田優子『サッカースターの少年時代 プロになった16人の成長物語』株式会社学研マーケティング、2013年、168ページ、• Goal. com 2010年11月30日. 2014年1月19日閲覧。 Goal. com 2009年5月28日. 2014年1月19日閲覧。 Daily Mail. Retrieved 7 August 2014• ESPN 1980年1月25日. 2014年1月19日閲覧。 11 June 2015 at the.. Eurosport. Retrieved 22 January 2016• Fox Sports. Retrieved 22 January 2016• 2012年10月23日. 2015年3月11日閲覧。 2012年7月7日. 2015年3月11日閲覧。 News-football. net 2013年8月30日. 2014年1月13日時点のよりアーカイブ。 2014年1月19日閲覧。 2008年6月30日. の2009年5月1日時点におけるアーカイブ。 2009年4月20日閲覧。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 東京大学・スペイン語部会 2009年6月25日. 2019年3月15日閲覧。 UEFA. com 2009年9月22日. 2009年9月23日閲覧。 www. transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。 UEFA. com 2008年12月20日. 2010年12月9日閲覧。 Goal. com 2010年6月3日. 2010年6月15日閲覧。 FC Barcelona. 2010年6月9日. 2010年6月27日閲覧。 UEFA. com 2010年6月9日. 2010年12月9日閲覧。 The Guardian 2010年12月6日. 2010年12月27日閲覧。 www. transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。 footballchannel 2015年6月12日• BBC Sport 2002年6月22日. 2010年12月27日閲覧。 BBC Sport 2005年11月12日. 2010年12月27日閲覧。 スポーツナビ 2008年5月31日. 2010年12月9日閲覧。 ニッカンスポーツ 2008年7月1日. 2010年12月9日閲覧。 BBC Sport 2008年6月26日. 2010年12月27日閲覧。 FIFA. com 2010年7月11日. 2010年12月9日閲覧。 FIFA. com 2010年7月11日. 2010年12月9日閲覧。 FIFA. com 2010年7月11日. 2010年12月9日閲覧。 Livedoorスポーツ 2011年3月26日• www. transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。 www. transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。 Goal. com. 2014年8月5日. 2015年3月11日閲覧。 BBC Sport. 2014年8月5日. 2015年3月11日閲覧。 FCBarcelona. jiji. OCNスポーツ• Number Web• Number Web• サッカーキング 2013年7月14日. 2013年8月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - FCバルセロナ公式サイト• — 主催大会成績• — 2010 FIFAワールドカップ•

次の

【急募】メッシロナウド時代の次の海外サッカーの顔

シャビ シモンズ 身長

身長が低いことによるメリット あくまでも、僕の経験に基づく私見ですのでご了承ください。 スポーツ全般において、身長が低いことの最大のメリットは「敏捷性(アジリティ)」です。 体が大きいことと比較した場合、体が小さいほうが、敏捷性が高くなる傾向にあります。 敏捷性とは、単なる移動する速度(スピード)だけではなく、 トップスピードまでに至る時間の速さや方向を変える速さ、体の姿勢を変えるときの速さなど、動作の速さのことを言います。 もちろん、身長が低い人が全て俊敏性があるということではなくて、 身長の高い人と低い人を比較したとき、同じ筋肉量、質が同じ条件だったとした場合、 身長の高い人に比べて、身長の低い人のほうが、敏捷性が高いということになるわけです。 身長の高い人が敏捷性がないということでもありません。 野球にしろバスケにしろバレーボールにしろ、どんなスポーツにも敏捷性は求められる要素だと思いますが、 特にサッカーは、他のスポーツよりも、敏捷性が求められる傾向にあると考えられます。 敏捷性が求められるスポーツですから、 敏捷性を発揮しやすい身長の低い選手が、そのフィジカルを生かして活躍できることが多いのがサッカーだと思います。 スポーツにおいて、身長が低いことの最大のメリットは敏捷性を生かしやすいからということです。 ですから、昔から、世界のサッカー界でスーパースターと評される選手には、身長の低い選手がたくさんいるんだと考えられます。 ちなみに、身長が低い人が敏捷性が乏しいのは、サッカーではちょっと困ります 笑 敏捷性は鍛えなければなりませんので、 身長が低いことでサッカーに対する悩みや不安のある方は、敏捷性を高めるトレーニングをしてくださいね。 このブログの過去記事で紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。 abc. net. 2008~2012年で、欧州選手権を連覇、その間でW杯も初優勝というスペインの黄金時代を支えたシャビとイニエスタ。 この2人、ホントかどうかわかりませんが2人とも170cm(体重68kg)という公表です。 marca. com 176cmってそんなに低いことないと思われるかもしれませんが、カンナバーロはセンターバック(CB)なんです! 現代のサッカーは選手が大型化してきていますし、特にCBの大型化は世界的な傾向で、190cm前後が標準になっています。 サッカー界の世界的なスーパースターです。 youtube. パサレラもCBでして、 身長は173cm! 僕の知っている限り、世界的なCBでは最も身長が低いCBです。 1978年自国アルゼンチンでのW杯、優勝時のキャプテンです。 173cmのCBなのに得意なのはエアバトル(空中戦、ヘディング)なんですよね、ジャンプ力が凄かったです。 パサレラもCBとしては身長がかなり低いですが、スーパースターです。 beinsports. バロンドールには選ばれなんせんでしたが、1982年のバロンドールの2位になったことがあります。 ジレスの異名も「小さな巨人」、シモンセンと同じ。 現役のとき、引退してからも来日し日本でチャリティマッチなどに出場していました。 まぢ上手いっすからね、ジレスは。 foxsportsasia. 瞬間的なスピード、細かいボールタッチは、正に身長の低い選手のお手本となります。 それでも身長の高い順に並べてみますと、• 176:カンナバーロ• 173:パサレラ• 172:モドリッチ• 165:シモンセン• 163:ジレス• 158:チャナティップ この面々をならべると身長が低くても一流、いや超一流のサッカー選手になることが可能だと思いますね。 身長の低い選手が多いポジション 身長の低い選手の特徴や、身長の低い選手でスター選手を紹介してきましたが、 これらを集約すると、身長の低い選手がどのポジションを担当していることが多いのか、ということに着目できます。 この記事で紹介した選手たちのポジションをまとめてみますと、 カンナバーロとパサレラはCBで、他の選手たちはMFかFW、しかも、カンナバーロとパサレラはレアケースであることを考えれば、 攻撃的なMFやFWに多い傾向にあると思われます。 もちろん、マケレレやカンテのような守備的MFを担当する170cmもいるし、長友などのように170cmでSBを担当する選手もいます。 そう考えると、やはり、身体的特徴である敏捷性を生かして、狭いスペースでも、多彩な動きのできる攻撃的なポジションが多いと思われます。 メッシやペレ、中島翔哉のようにFWのうちウイング(WG)やセカンドトップ(ST)、 フォーメーションによってはMFのうちトップ下やサイドハーフ(SH)などの攻撃的なポジション、 また、シャビやイニエスタ、ジレスなどのように、MFのうちチャンスメイクを行う攻撃的MF(OMFやインサイドハーフなど)が、 身長の低い選手が任されそうなポジションではないでしょうか。 裏を返せば、高さやブロックなどフィジカルサイズを要するポジションに身長の低い選手は少ないということになります。 これらのことから、身長の低いことでどんなサッカーをすれば良いのかと考えている方は、 身長の低いという特性を生かして、 今回紹介したスター選手をモデルにしながら、 STやMFのポジションを目指してみるというのはどうでしょう。 その対人プレーや味方とのコンビネーションに、つまり、サッカーのプレー、活動に、 身長が低いことの特性である敏捷性を生かすという考えが大事なんだと思います。 また、他の多くのスポーツと違って、サッカーはプレーが途切れることが少なく流動的に展開していきます。 次々に展開する状況を処理して、判断して、決断するという素早い思考が求められます。 この「プレー中の思考が最も大事で体の大きさはさほど重要ではない」とは、あるスター選手の言葉です。 敏捷性を生かすのは体の機能だけではなく、頭脳も必要なんだということだそうです 笑.

次の