舞鶴 か に カニ。 11/25にオープンした[天橋立 カニマルシェ]で鮮度抜群の活ガニを驚きの価格で販売しているらしい!

2019年 舞鶴かに 道の駅舞鶴港とれとれセンターと「とれとれかにまつり」 | 2019 おすすめのカニ通販ランキングでズワイガニ、タラバガニ、毛ガニ

舞鶴 か に カニ

著名人も足を運ぶ、知る人ぞ知る人気店【竹林茶屋】 「いけ活かに🄬」を色々な形で味あわせてくれる、知る人ぞ知る名店【竹林】。 カニの仕入れのため自らトラックを走らせ、産地へ出向き目利きするというこだわり店主が腕を振るうお店です。 「活きたカニを良心価格で提供したい」という思いから、漁師さんの元まで出向いている心意気も多くのファンを引き寄せる理由のひとつ。 一日昼、夜各4組までの完全予約制で、個室で繰り広げられるかにさばきも圧巻。 感嘆の声がでるいけ活かに料理の世界が展開します。 食のレベルが高い人もとりこにし、お値段をはるかに上回る満足感は、遠方から訪れる人が多いことにも納得です。 趣のある佇まいの温かな気持ちになる一軒に、大切な人と訪れてみては。 最寄駅 京都タンゴ鉄道宮舞線 丹後由良駅 JR舞鶴線 西舞鶴駅 アクセス 西舞鶴駅から車で20分。 丹後由良駅から車で2分。 住所 京都府宮津市由良232 営業時間 【平日・土・日・祝】 ランチ 11:30~14:30 【平日・土・日・祝】 ディナー 16:00~21:00 L. 20:00 定休日 不定休 お支払い情報 平均予算 【ディナー】 26000円 【ランチ】 26000円 設備情報 キャパシティ 50人 宴会・パーティー時 着席:35人 駐車場 あり 30台 詳細情報 禁煙・喫煙 完全禁煙 館内は禁煙ですが、スモークエリアがございます。 正しい情報はお店にお問い合わせください。 こだわり•

次の

舞鶴方面のカニの美味しい民宿!

舞鶴 か に カニ

京都・ 突撃レポート! 11月の初旬、 舞鶴港の松葉かに漁解禁 ! 舞鶴港は京都府下で「松葉かに」の漁獲高1位、京都府屈指の「かにの宝庫」です。 舞鶴で水揚される松葉かには、地域ブランドも取得した 「 間人かに」と同じ丹後半島沖で獲れるもので、 このブランドのしるし「 舞鶴ブランドの緑色のタグ」が ついています。 その 上品な味は、最高級のかにのひとつとされています。 11 月の初旬 日本海・舞鶴港は 待ちに待った 「 松葉かに漁の解禁日」 を迎えます 嶋七前の舞鶴漁港には、松葉かに漁を終えた 底曳き網の白い漁船がずらっと港に並び 舞鶴漁港は いつになく活気づいてきます。 嶋七にかまぼこを買いに来る 多くの魚屋さん方が 「 松葉かに ようけい(たくさん・・舞鶴弁)揚がっとるで! 」 と蔓延の笑顔。 2012年の松葉かに漁解禁日は、天候もすぐれなかったせいか 松葉かに(ずわいかにの雄)は、少し少なめ。 初セリは、ご祝儀相場も加わって値段は結構なものになりました。 以下は、「松葉かに 大好き!」の 私@嶋七4代目嫁の 舞鶴港の 松葉かに セリ のレポートです。 タグには船の名前も記されています。 松葉かに、コッペかにの水揚げ 嶋七前の舞鶴漁港には、松葉かに漁を終えた 底曳き網の白い漁船がずらっと港に並びます。 舞鶴漁港は いつになく活気づいています。 かに漁船が9隻ほどずらりと並び 松葉かに、コッペかにが次々に水揚げされていました。 京都府の所有するカニ漁の漁船は15隻中、 9隻は舞鶴漁協所有のもの。 まさに、舞鶴は京都府屈指のかにの宝庫なのです。 水揚げされた船ごとに区分けされて、 ひとつひとつ船ごとにセリが行われます。 松葉かには、その区分けの中でも、いいもの(大きいもの) を向かって右から順番に、並べています。 漁連は松葉かに 解禁日とあって、 さかな屋さんだけでなく、地元の料理屋さん たくさんの漁業関係者、 そして大きなカメラを抱えた、 報道記者の方々も 多くみられ、非常に殺気だった雰囲気。 値段は、晴天だった前年に比べると 少し高めですが なかなかの 大物が揃っています。 松葉かに 真剣 品定め お魚屋さんたちは、ひとつひとつの 松葉かにを大きさか形、重さなど 丁寧に見て周り、セリに供えて品定めをしていきます。 その表情は 真剣そのもの。 山たかく、ずらっと積み上げられていたのは、 舞鶴で 「セコかに」「コッペかに 」と呼ばれる めすのずわいかにで、松葉かに(おすのずわいかに)より かなり小ぶりです。 オレンジ色の卵巣がおいしく、高価なおすの松葉かにと 比べると かなり安い(600円〜2000円くらい)なので、 舞鶴の冬の庶民の味ですね〜。 町の魚屋やスーパーなどでも、 新鮮な「コッペかに」買うことができます。 コッペかに は、セリではなく、「入札」という形で行われます。 高価な松葉かには手が出ないような 小さな魚屋さんも参加し、 にぎわっていました。 午後1時半 いよいよ松葉かにのセリ開始! 独特の言いまわして、松葉かにのセリが始まると、 市場は一気に活気付きます 真剣な表情で構えた魚屋さんたちに、 上質の「松葉かに」が、次々に競り落とされていきました。 解禁日は、 初日のご祝儀相場とあって、 最高値(浜値)は なんと10万も ! 5はいで10万円を競り落とした松葉かにを 買い付けにきていた舞鶴の料理屋さんは 良質のかにに、ニコニコと満足していた様子でした。 さあ、今夜は 家族みんなで 松葉かに解禁パーティです 早く 浜ゆでした松葉かにを 食べたい。。 いよいよ 松葉かにの 試食です!・・そのお味は? 初セリの松葉かに試食! あまりの大きさに お皿にのりきりません 堂々たる その大きな姿を さばいていくと これでもかというくらいに ギッシリ 身のつまっています。 さて、舞鶴へこれから 松葉かにを買いに行く方へも多いかと思います。 以下のポイントに注意して、上手に買い物してくださいね。 2)重量感のあるもの。 3)甲羅や足が柔らかくないもの 4)不快なにおいのしないもの。 5)腹部が白いもの(みそが良質) 6)はさみが大きいもの 7)舞鶴松葉かにブランドを買いたい場合は、緑色のタグが目印。 かには、くらげと違って、表層の魚ではない 底ものなので、今回は大きく影響を受けなかったようで、 華やかな松葉かに解禁日を迎えられて 本当によかったです。 今回は間に合わなかったそうですが、くらげ対策 に網の改良もすすんできているようですね。 かにの解禁日を過ぎると、舞鶴には、 かにを買いに、食べに来る方がたくさんいらっしゃって、 街がいよいよ活気づいてきます。 丹後の豊かな海よ!どうもありがとう! と 舞鶴の海にむかって (心の中で)叫びました。 松葉かに解禁の興奮は、 まだまだ 覚めそうにありません。 嶋七前から見る 舞鶴港 かに漁の船は鳥さんたちがお出迎え。 希望者には郵送。 解禁日は、さかな屋さんだけでなく、 たくさんの漁業関係者、 そして大きなカメラを抱えた、 報道記者の方々も 多くみられ、 非常に殺気だった雰囲気です。 漁港一面に並べられた発泡に入った「松葉かに」・・・ 半透明のつやのある茶褐色の大きな甲羅つけて、 時折泡をふいています。 水揚げされた船ごとに区分けされて、 ひとつひとつ船ごとにセリが行われます。 松葉かには、その区分けの中でも いいものを向かって右に、 キズなどがあるものは、左に並べています。 緑色のタグが、舞鶴ブランドのしるしです! 山たかく積み上げられていたのは、 「セコかに」(めすのずわいかに)で、 松葉かに(おすのずわいかに)より かなり小ぶりです。 オレンジ色の卵巣がおいしく、おすの松葉かにと 比べると かなり安いので、 舞鶴の冬の庶民の味ですね〜。 町のスーパーなどでも買うことができます。 これはセリではなく、「入札」という形で行われます。 独特の言いまわして、松葉かにのセリが始まると、 市場は一気に活気付きます 真剣な表情で構えた魚屋さんたちに、 上質の「松葉かに」が、次々に競り落とされていきました。 2005年の解禁日は、漁獲も少なめだったので、 ご祝儀相場にも拍車がかかり、 最高値(浜値)は なんと10万もしたそうです。 それは「見事な カニだったぞ〜」と かにを買い付けに来ていた料理屋さんが 話してくれました。 2日目になり、価格も安定してきたので、 うちも1セリ買いましたよ! (1ケース5杯ほどは入っていました) 茹でる前のかにって、 ちょっとグロテスクですよね? わあ・・おいしそう!!! すぐに、浜ゆでしてもらうと、 見事なまでに、 きれいに赤く染まったかにの甲羅。。。 おおぶりの立派な姿をじっくり拝みました。 舞鶴産(舞鶴ブランド)をしめす、 緑のタグついているでしょ。 さすが舞鶴っ子の娘は、手慣れた手つきでいただきます。 よほどお気に入りなのか、ムシャムシャと無言。。 一心腐乱に食べておりました 初物の松葉かにをいざ試食! ひとくちいただくと・・・ 「ああ・・・至福のとき・・・・・」 「身もぷりぷり、程よい塩加減で、 上品な甘みがあります。 」 「かに身もはさみ、足、足の付け根も身がぎっしり と部分部分に食感が違って、おいしくって楽しい!」 「かにみそも、しっかりとして水っぽくない。 たっぷり、奥深く濃厚な味・・・ 「私、舞鶴へお嫁に来てよかったわ〜」と 舞鶴の海に感謝の一日を過ごしました。 乗り越えて。。。 華やかな松葉かに解禁日の漁連の風景。 でも、その手前に見えるのは いつもと違う 積み上げられたままの ガレキの山でした。 沈没した船や流された漁網などの被害もあり、 こうして、毎年恒例の松葉かに解禁日が 迎えられたことを、改めて感謝するのでした。

次の

舞鶴かにカニ♪

舞鶴 か に カニ

舞鶴カニってどんなカニ? 丹後半島北端にある経ヶ岬の沖合、水深約230mから300mのところに「舞鶴カニ」は生息しています。 カニは脱皮を繰り返しながら成長し、食用として十分な大きさになるまで約7、8年かかるといわれています。 脱皮して間もないカニは「 水カニ」と呼ばれ、甲羅も柔らかく身も少ないですが、脱皮後1年ほど経つと甲羅も硬くなり身の詰まり具合も良い上質なカニになります。 カニの甲羅には小さな黒い粒がついていることがありますが、これはカニビルというヒルの仲間の卵で、カニへの害はまったくありません。 甲羅にカニビルの卵が多くついているほど、脱皮後の時間が経過しており、身入りが良く上質と判断されます。 松葉カニはズワイガニのオスで、大きいものでは甲羅の幅が約15cmもあります。 一方ズワイガニのメスは「 コッぺカニ」と呼ばれ、甲羅の幅は7、8cmほどでオスの約半分の大きさです。 これはメスガ二が産卵を行うと脱皮と成長をしなくなるためです。 舞鶴カニの解禁日と旬の時期 舞鶴カニは底引き網で漁獲されます。 京都府では底引き網の漁期は9月から翌年5月末まで、そのうち舞鶴カニが水揚げされる時期は 11月上旬から翌年3月中旬です。 産卵して次世代を残すメスガニや脱皮してあまり月日が経っていない水カニはオスガニよりも漁期が短く設定されています。 このように漁期が規制されているのは資源保護のためです。 ズワイガニ漁の解禁日は毎年11月6日で、その日舞鶴漁港では底引き網漁船が何隻も並び、漁業関係者をはじめ地元の魚屋や料理屋の人たちで活気づきます。 舞鶴漁港で水揚げされた舞鶴カニは松葉カニ(ズワイガニのオス)とコッぺカニ(ズワイガニのメス)に選別され、松葉カニの脚には「舞鶴カニ」ブランドであることを証明する 緑色のタグが付けられます。 タグの表面にはズワイガニの挿絵が、裏面には漁協名や水揚げされた底引き網漁船の名前が圧印加工されています。 ズワイガニ漁業はその年の天候によって漁獲が大きく変化するため、価格も 5千円から2万5千円のものまでさまざまです。 漁獲されたその日のうちにセリが行われ、競り落とされた舞鶴カニは地元の魚屋や料理店、旅館で使われるほか、京阪神の各地へ届けられます。 また、生のすり身は地元でかまぼこの製造にも使われており、その美味しさにも定評があります。 美味しいカニ選びのポイントは? カニは水揚げされたその瞬間から時間が経過するごとにその鮮度が落ちていくため、新鮮であればあるほど美味しくいただけます。 地元の魚市場や道の駅では、舞鶴漁港で水揚げされ競り落とされた新鮮なカニが並びますが、 色つやが良く重量感があり甲羅や脚が柔らかくないもの、はさみが大きく不快なにおいがしないものを選ぶと良いでしょう。 腹部が白いものは、味噌が良質です。 また、コッぺカニは松葉カニに比べて安価で、腹側にある卵(外子)と甲羅の中の卵巣(内子)は珍味として知られています。 おわりに 京都府名産のブランド蟹である「舞鶴カニ」の特徴とその旬について紹介してきました。 漁業期間が冬に限定されているため、旬の時期を逃さないようにしたいものです。 カニ刺しや焼きガニ、かにすきやカニ酢などお好みに合わせて調理し、旬の味わいを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。 よく一緒に見られているページ• 2014年12月24日 0 カニで有名な漁港は数多く存在しますが、中でも石川県の橋立漁港は名産とされるカニがたくさんあることで知られています。 加能ガニ、香箱ガニなどのブランドガニが水揚げされます。 ここで […]• 2014年12月6日 0 カニの種類として有名な松葉ガニや越前ガニですが、これらは実は両方ともズワイガニという種類のカニの別称です。 同じ種類でも産地を名称として付け、他との差別化を図るブランドガニが増 […]• 2014年12月6日 0 カニにもさまざまな種類が存在していますが、その中でも「津居山ガニ(ついやまガニ)」と呼ばれているカニをご存じでしょうか。 津居山ガニは兵庫県の津居山港(ついやまこう)で水揚げさ […]• 2014年12月7日 0 越前ガニは、数百年にわたる歴史を持つ福井県の名産カニです。 その味はさまざまな人から高い評価を得ており、国内のあらゆる地域で知名度が高くなっています。 そのため、現在では「高級ガ […]• 2014年11月28日 0 冬の味覚の王様と言えば、カニを思い浮かべる人も多いでしょう。 カニは名産地ごとに松葉ガニや越前ガニなどブランド化された呼び名で親しまれています。 ここではカニの本場、北陸地方 […]• 2014年11月29日 0 みなさんは、冬の味覚といえば何を思い浮かべるでしょうか。 さまざまな冬の味覚がありますが、その中でもとりわけ人気を誇り、人びとを虜にする食材が『カニ』です。 鍋にして食べるも良し […].

次の