渦 コロナ禍。 今月のラジオポワロコロナ禍の「禍」と「渦」の違い

コロナ禍の使い方【挨拶文】いつから広まった?読み方や意味を解説

渦 コロナ禍

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

渦 コロナ禍

ひとみさんのメッセージとシール ラジオポワロ第395回では、コロナ禍の「禍」と「渦」の違いについてお話しています。 コロナ禍を目にし始めた当初は、世界が新型コロナの渦に飲み込まれた「コロナ渦」だと思っていましたが、よくよく文字を見てみると「渦」ではなく「禍」だったんです。 調べてみると「禍」はわざわい・思いがけない災難という意味でした。 つまりコロナ禍とは、コロナウイルスによる災い・災難ということです。 一方、「渦」はもめごとなどに使われ、「渦中の人」はごたごたや、もめごとの中心にいる人という意味です。 ちなみに「禍々しい」(まがまがしい)は縁起が悪く不気味なさま、「舌禍」(ぜっか)は自分の言論が法律や道徳に反したり、他人を怒らせたりしたことで受ける災いだそうです。 さらにこの回では市内在住のイラストレーターひとみさんから「コロナですっかり生活が変わってしまいました…。 でもあと少し…頑張りましょう! の気持ちでシールを作りました。 良かったら…」とのメッセージを添えて「ふんばりどころ」と「強いのさ!」シール(画像)をお送りいただき、とても元気づけられたというお話もしています。 この場をお借りして、ひとみさん! ありがとうございました! そしてラジオポワロ第396回では、三浦半島の異臭騒ぎは地震の予兆? についてご紹介しています。 6月4日の20時ごろ、ゴムが焼けたような匂い、シンナーや塗料のような匂いがするとの通報が三浦市や横須賀市などで150件以上寄せられました。 未だに原因が判明していないこの異臭ですが、地震研究家によると活断層が動くときに独特な匂いが発生するということから、南海トラフ地震や首都直下型地震の兆候である可能性が指摘されています。 1995年の阪神・淡路大震災が発生する1か月くらい前から、神戸市東部で断続的にこのような異臭が確認されたそうです。 ここ1~2か月、各地で地震が頻発しています。 新型コロナ対策としての新しい生活様式の取入れと共に、今まで以上に、大地震に対する警戒を強めて行く必要性を感じました。 まつどベジフル倶楽部第71回では、夏野菜を作付けしたものの、4月の日照不足や気温が低かったため、発芽不良や発育不良が多く農家さんを悩ましているというお話です。 そして、筋トレドクターくぼたの「疲れ知らずの身体を作る方法」第11回は、頻尿特集となっています。 ラジオポワロをお聴きになる際は「ラジオポワロ」で検索してください。 (制作・寺田).

次の

コロナ禍の読み方はコロナカですが、コロナ禍を英語で表現できますか?

渦 コロナ禍

コロナ禍の意味は? まず、「禍」の意味は「わざわい」です。 「わざわい」と聞くと「災」の漢字を思い出します。 「禍」と「災」には違いがあるのか調べてみました。 「禍」と「災」の違いとは? 面白い回答が知恵袋の方で比較されていました。 【災】わざわい。 (ア)火事。 大きな火事。 (イ)災難。 自然に起こるわざわい。 洪水・地震など。 神のとがめ。 思いがけず受ける不幸。 (『漢語林』大修館書店) 災・・・・・・・・・・天災的な災い。 防ぎようのない災い。 地震・台風・火山の爆発など。 禍・・・・・・・・・・人為的な災難。 工夫したり、予防していれば防げるもの。 火事・なだれ・洪水・など。 出典: 同じ災難を表すようですが、どうも 天災等のようにどうやっても防ぐことが出来ないのが「災」で、 人為的な原因により発生した禍であり、防ぐことが出来たものが「禍」のようです。 たしかに、今回の「新型コロナ」は「感染症の病気」なので、もっといろいろ対策を早い段階で措置を講じていれば「わざわい」となるまえに防ぐことが出来たものと言えそうなので 「災」ではなく「禍」と呼ぶのがふさわしいのかも知れません。 つまり 「コロナ禍」は「コロナが原因によって生じた禍」という意味になると考えられます。 ちなみに、先ほどの「禍災」は「かさい」と読み、「わざわい」や「災難」の意味を表します。 その他にも「禍」を用いた言葉に次のようなものがあります。 大禍(たいか):大きな禍 惨禍(さんか):むごたらしい禍 水禍(すいか):水難や洪水にあう事 さんずいの「渦」としめすへんの「禍」での区別の仕方が分からず、 「コロナ禍」と「コロナ渦」の意味の違いについては現在調査中です。 ちなみに英語では「災難」の事を「calamity」と呼ぶようです。 こちらの記事も人気です! Sponsored Links 「禍の語源」はわざはひ?「咼」+「示」が表す意味とは? wikipediaによると わざわい【災い、厄、禍】(歴史的仮名遣い:わざはひ) 「わざわい」の語源は「わざはひ」だったんですね。 興味深い記事を発見! 日本語の「わざはひ」はワザ(隠された神意)+ハヒ(這うように広がる)が語源で、「いましめる神意のきざし」が原義というが(『岩波古語辞典』)、古典漢語の禍は予想外の不幸や難儀の意味である。 禍は「咼(音・イメージ記号)+示(限定符号)」と解析する。 出典: 先ほどの記事によると ・「わざ」とは神意つまり神の意図 ・「わい」は古語で使われていた「はひ(這ひ)」が元。 「這ひ」を調べてみると「這ひ歩く」「這ひ蚊来る」「這ひ入る」「這ひ出」 という言葉等が見つかります。 いずれも 「這う」という意味で使われています。 出典: また、 ニコニコ大百科による「示」の意味 意味 示す、表す、人に告げる、教える、人の目に晒す、という意味がある。 もともとの意味は、神、神のお告げで、そこから示すという意味が出た。 また視と通じて視る、祇と通じて土地神、寘と通じて、おく、という意味があ 出典: 「示す」が神のお告げから来ている言葉だとは初めて知りました。 確かに「しめすへん」を表す漢字には「 神」「祈」「福」等、「神」を意識している感じはありますね 「禍」を表す「咼」の意味や成り立ちは? 「咼」は「冎」+「口」という字で成り立っています。 冎カ は、手足の骨が連続してつながる形で、ここでは関節部分をさす。 そこに口のついた咼カは、関節部分がまるいことを表し、関節の先端が、とびでてまるい意と、それを受けるへこんでまるい部分をいう。 具体的には、大たい骨のまるい上部とそれを受ける骨盤の骨臼をさすものと思われる。 咼を音符に含む字は、関節の骨の一方のくぼんだ「まるい穴」、骨の一方のまるく出た「まるい山形」のイメージをもつ。 出典: 「渦巻く」って水が丸くなっているイメージありますし、「鍋」は「丸い器」って、「咼」が 「丸い」ってイメージなのは分かりました。 禍 カ・わざわい ネ部 解字 「ネ(=示。 祭壇・神)+咼(まるい穴)」の会意形声。 神のたたりを受けて思いがけない穴(落とし穴)にはまること。 出典: 「禍」も同様なんですね。 Sponsored Links コロナ禍の読み方はなんて読む? では、「コロナ禍」はなんと読むのか? 「 鍋(なべ)」、 「渦(うず)」、 「過(か)」に似ている字です。 上記の漢字と間違えて 「コロナなべ」「コロナうず」「コロナか」等と読んでいる人は多そうな感じがします。 では、「禍」の「読み方」は? 「禍 読み方」で調べてみると 「禍」についての「訓読み」は次のようになっています。 「訓読み」では「わざわい」「まが」 と読みます 「わざわい」と聞くとどちらかというと 「災」の字を思い浮かべてしまいます。 一方、「禍」についての「音読み」は次のようになっています。 「音読み」では「カ」 と読みます。 この事から 「コロナわざわい」「コロナまが」「コロナか」に絞られます。 さすがに、「コロナまが」とは言わなそうなので、「コロナわざわい」か「コロナか」のどちらかだと思われます。 「コロナわざわい」とも読めそうですが、「禍」をつかう、その他の熟語を調べてみました。 「禍」を前に使用する熟語 「禍神(まがかみ)」「禍言(まがごと)」「禍事(まがごと)」「禍福(かふく)」「禍災(かさい)」 「禍」を後に使用する熟語 「水禍(すいか)、大禍(たいか)、惨禍(さんか)」 等があります。 「将来(未来)にかこんを残す」とか「かこんをのこした」って言葉を聞いた事ありません? 実はあの 「かこん」は「禍根」と書きます。 「禍」を後に使用する場合 「禍」は「か」と読んでいるため、おそらく 「コロナ禍」は「コロナか」と読むのではないかと考えられます。 テレビ等の報道で「コロナ禍」の文字が出てこないため、アナウンサーによる発音もありませんので、残念ながら、正式な読み方は発表されていません。 あくまでも予想にすぎませんが、 「コロナ禍」の読み方としては「コロナか」が一番高そうで、次に「コロナわざわい」ではないかと思われます。 同じ「わざわい」の字を2つ並べ「禍災」と書いて「かさい」と読む場合もあるようです。 追記:最近はコロナ渦も使用! 実は 「渦」も音読みで「カ」と読み、一部の記事やニュースでは 「コロナ禍」ではなく「コロナ渦」をタイトルで使われているものもあるようです。 冷静に考えてみると 「渦中(かちゅう)」では「渦(か)」とよみますね。 ニュース記事で「コロナ渦」が使われていました。 新型コロナ渦に見舞われた東京五輪、延期がまだ決まらない理由 — AFPBB News afpbbcom しかし、 ツイート上でのタイトルが「コロナ渦」、実際の記事は「コロナ禍」になっているのが不思議です。 「コロナ禍」と「コロナ渦」の使い分け方までは分かっていません。 「コロナ渦」を使う理由は 「誤り」もしくは「新語?」等と指摘する意見も・・・ 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 — yhkondo yhkondo コロナ禍で不足中のマスクですが ネット購入可能なマスクを発見! 当サイトに掲載された情報 については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は 各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を 目的とするものではありません。 使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に 帰属しております。 著作権や肖像権に関して 問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。 不適切な記事、リンク等が ありましたら 早急に削除等の対応をいたしますので ご連絡下さい。 尚、ツイッターやインスタは 基本的に許可なく埋め込み機能にて 引用可能なため、 当サイトでは埋め込み機能を利用して 掲載させて頂いていますが、 もし、掲載において不適切なツイートやインスタ等がありましたら、 削除依頼があれば早急に対応致しますのでご連絡下さい。 YOUTUBEにおいても同様に 動画共有機能を利用させて いただいていますが、 ツイッターやインスタと同様に 削除依頼があれば早急に対応致しますのでご連絡下さい。 返信は72時間以内にお返事しております。 返信がない場合は不達も考えられますので 再度、ご連絡下さい。

次の