マクシム ゴーリキー。 マクシム・ゴーリキーの名言・言葉

マクシム・ゴーリキーの名言・格言集

マクシム ゴーリキー

マクシム・ゴーリキイは一八六八年、日本の明治元年に、ヴォルガ河の岸にあるニージュニ・ノヴゴロドに生れました。 父親は早く死に、勝気で美しい母はよそへ再婚し、おさないゴーリキイは祖父の家で育ったのですが、この子供時代の生活が、どんなに荒っぽいおそろしいものであったかということは有名な「幼年時代」という作品に生き生きと描かれています。 残忍な生れつきの祖父と、財産あらそいばかりしている小父たち。 たちのわるい残酷ないたずらをするのが日課であるいとこたち。 ゴーリキイの不安な毎日の中で、たった一つのよろこびと慰めとなったのは、おばあさんでした。 昔話が此上なく上手で、人間は、辛棒づよく正しく親切をつくし合って生きるべきものであることをいつもゴーリキイ対手に話してきかせたこの太った大きいおばあさんは、ゴーリキイの生涯にとって一つの宝のような人でした。 火事で祖父の家がまるやけになり、すっかり零落してから、ゴーリキイは愛するおばあさんと自分のためにパンを稼がなければなりませんでした。 七つか八つのゴーリキイは、ニージュニの町の貧乏な男の子たちと一緒に、町はずれのゴミステ場へ行って、そこで空カンだのこわれた金具だのをひろって、売って其日其日を過しました。 ゴーリキイが処女作「マカール・チュードラ」を発表して、作家として見事な出発をしたのは二十四歳の年でした。 当時、帝政ロシアの文壇にはトルストイ、ツルゲネフ、アンドレーエフ、チェホフなどという世界の文学の花形が居ました。 しかし、ゴーリキイの出現はロシアの文学にとってのみならず、当時の世界文学にとって一つの新しいおどろきとよろこびでした。 何故なら、トルストイを見てもわかるようにこれまで作家と云えば上流の子弟で、十分教育もうけた人ばかりでした。 が、ゴーリキイは小学校を卒業していないばかりか、大学は勿論中学も出ていません。 一カペイキの借本をよんで育った、逞しい正直な鋭い精神をもった、謂わば浮浪人の若者です。 そのゴーリキイは、これまでの世界文学の知らなかった現実生活の一面を、つよい、生活力のあふれる筆致で描きはじめました。 靴やの小僧、製図見習、聖画工場の見習。 ヴォルガ通いの汽船の皿洗い小僧。 ゴーリキイは二十四歳になる迄に、更にパン焼職人であり、カスピ海の漁業労働者であり、踏切番であり、弁護士の書記でありました。 これらの生活の間でゴーリキイの見聞きしたものはどういうものだったでしょう。 旧い野蛮なツァーのロシアで、民衆は才能も生活力もはけ口を封じられていて、わけの分らない残忍さ、ひどい破廉恥と乱行。 さもなければ生きながら腐ってゆくような倦怠、怠惰、憂鬱とけちくささが、ゴーリキイの人生をとりまいていました。 その中から、ゴーリキイがあのように立派に、人間らしくぬけ出て立つことが出来たのは、どういうわけでしたろうか。 それは、少年の頃から、ゴーリキイが、「人間をつくるのは環境に対する抵抗力だ」ということを感じていたからでした。 「人生全体がこんなものなのだろうか。 私にも、これよりほかの生きかたはないのだろうか。 」もがきながら人間らしい生活を求めたゴーリキイの少年時代、青年時代の姿は「人々の中」「主人」「三人」「私の大学」などという作品のうちに、感動させる真実をもって描かれています。 社会は矛盾にみち、苦しさは少くありません。 その中で 生 ( き )のままの人間らしい心で、人間らしい正しさ、やさしさ、美しさのある生きかたを求めるゴーリキイの文学が、すべての人に愛されるのは、実に当然です。 「どん底」は一九〇一年にかかれ、ゴーリキイが三十三歳の時の作品です。 不幸なロシアの労働者の解放のために、作家としてゴーリキイは黙っていられずこの年の春一つの檄文をかきました。 ロシアの政府は其をとがめて、田舎の一つの町に室内監禁しました。 その時書かれたのが「どん底」です。 そして、世界じゅうがこの戯曲によって、ロシアの民衆の苦しみの真の姿を見たのでした。 「どん底」で、出口も分らず渦まいている民衆の力は、段々まとまって、一九〇五年、民衆の大デモンストレーションがおこり、そのとき活躍したゴーリキイは死刑になるところでした。 彼が死刑にならなかったのは、ロシアばかりかヨーロッパ各地で、ゴーリキイ死刑反対の運動がおこったからでした。 民衆の友、その一人であるゴーリキイが、レーニンと深い友情によって終生結ばれていたのは十分肯けることです。 ロシアをさけてイタリーに住んでいたその時代に、「母」という長篇がかかれました。 一九二三年、レーニンのすすめでイタリーに住んだゴーリキイが一九二八年の初夏、久しぶりでロシアに帰って来ました。 私が会ったのは、このときのゴーリキイです。 六十歳のゴーリキイは、見上げるばかり大きくて、年とったアザラシのような髭をつけ、柔かい灰色の背広をきていました。 このとき会ったゴーリキイほど、人間らしくて無限の経験にとみ、しかも方便とうそが微塵もない作家というものは、決してざらにあるものではないと感じました。 大家らしい偉さによってではなく、その生粋の人間らしさで老いた巨人のようにたのもしい感じを与えるのがゴーリキイでした。 そのゴーリキイが、ソヴェト人民の建設をさまたげようと企んだトロツキー一派の反革命派のために毒殺されたのは一九三三年でした。 ゴーリキイはそのとき六十五歳でした。

次の

マクシム・ゴーリキー

マクシム ゴーリキー

生涯 [ ] に、家具職人の子として生まれる。 母ワルワラを肺結核で亡くして10歳で孤児となった後、話が上手であった祖母に育てられる。 祖母の死は彼を深く動揺させた。 の自殺未遂事件の後、ロシアの各地を職を転々としながら放浪する。 その後、地方新聞の記者となる。 にで、『カフカス』紙に最初の短編『マカル・チュドラ』が掲載され、はじめて筆名としてゴーリキーを名乗った。 、『チェルカシュ』を大衆雑誌『ロシアの富』に発表。 にはで短編集『記録と物語』を刊行し、一躍人気作家になった。 、散文詩『26と1』、最初の長編物語『フォマ・ゴルデーエフ』を発表。 その名声はたちまちやと比されるまでになった。 、代表作である『』を発表し、同年での演出で上演され、翌、でも上演された。 には科学アカデミーの名誉会員に選ばれるが、その急進的な政治的信条を理由にによって取り消された。 この事件に対する抗議としてアントン・チェーホフとがアカデミーを辞任している。 、組織に入り、の知遇を得る。 からまでの革命には、ゴーリキーが巨額の援助をしたとされる。 の際には、ペトログラードのゴーリキーのアパートはボリシェヴィキの事務室になった。 しかし、その後、に対するゴーリキーの考えは一変し、の2週間後の手紙にはこう書いている。 「レーニンもも自由と人権についていかなる考えも持ち合わせていない。 彼らは既に権力の毒に冒されている」。 、レーニンはゴーリキーに宛てて書いた手紙に「君に忠告する。 環境とものの見方、行動を変えるべきだ。 さもなくば人生は君から遠ざかってしまうだろう」と書いている。 、の療養のためのに移り住んだ。 によれば、ゴーリキーのロシアへの帰還は、イタリアでの暮らしに困ってのことだった。 ソレントで、ゴーリキーは貧しくみじめな暮らしを余儀なくされた。 以降、何度かを訪れるようになり、にはの個人的な求めに応じてロシアに帰った。 政権のイタリアからゴーリキーが戻ったのは、ソビエト政府にとっては格好の宣伝材料となった。 彼はを受け、の邸宅(現在はゴーリキー博物館となっている)と郊外の別荘を贈られる。 このとき、モスクワのがと改められ、生地の市もゴーリキー市と改称された(まで)。 ゴーリキーはを設立し、その議長に就任する。 ここでは、運河工事を全面的に称賛し、工事従事者を完全に犯罪者扱いするなど、完全にスターリンの盲従者としての姿勢を披露している。 1934年、が死に、スターリンによる粛清が始まると、ゴーリキーは自宅に軟禁されるようになった。 、息子マクシム・ペシコフを亡くした翌年、にモスクワで没する。 両者ともされた疑いがあるが、確実なことは分かっていない。 ソ連崩壊後は、上記の運河建設礼賛などスターリンへ盲従した点を厳しく批判されている。

次の

マクシム・ゴーリキー (軽巡洋艦)

マクシム ゴーリキー

人間というやつは、自分の隣人が良心を持つことを望んでいるんだ。 つまり、誰でも良心なんか持っちゃ損だという訳なんだ。 幸福はその手にあるときはいつも小さく見える。 しかし、それがなくなった時、どれだけ大きくて大切だったのかを知るのだ。 自分の本当の力を発揮できるのは自分を信じている時だけなんだ。 知らないということは、発展しない、前進しないということにひとしい。 人間を想う喜び、それを、人々が味わうことは実に稀なのだが、これこそ地上最大の喜びなのである。 芸術家は真理を求めるのではなく、自ら創造するのだ。 すべてものごとには終わりがある。 したがって忍耐は成功を勝ち得る唯一の手段である。 もしも人間の価値がその仕事で決まるならば、馬はどんな人間よりも価値があるはずだ。 馬はよく働くし、第一、文句を言わない。 嘘は奴隷と君主の宗教だ。 真実は自由な人間の神様だ。 誰もが人を殺す。 ある者は弾丸で、ある者は言葉で、皆がその行動によって人を殺す。 我々は他人を墓へと送るが、それに注目することも、同情することもない。 人間は誰でもみんな、灰色の魂を持っている。 だから、ちょっと紅 べに をさしたがるのさ。 万人から学べ、物真似はするな。 知らないということは、発展しない、前進しないということにひとしい。 人間の価値がその仕事できまるものだったとしたら、馬はどんな人間よりも価値があるはずだ。 過去の思い出にすがることは、現在の活力を失わせ、将来への希望を削ぐ。

次の