ナイツ 塙。 ナイツ (お笑いコンビ)

ナイツ塙「まだ芸能界にいたい」 「VSサンド伊達」バトルに終結宣言: J

ナイツ 塙

兄・はなわの様子について明かしたナイツ塙宣之 ベースを弾きながら佐賀県を自虐的かつユーモアたっぷりに歌った『佐賀県』で2003年にブレイクしたお笑い芸人のはなわ(43)が、新型コロナウイルスに感染したことが17日に公表された。 はなわの弟でお笑い芸人の「ナイツ」は、18日にラジオ番組で兄・はなわの様子を生報告した。 また今回の報道で2人が兄弟だったことを知り、驚く声がいくつもあがっている。 所属事務所によると、はなわの担当マネジャーが新型コロナウイルスに感染したため、はなわも検査を受けたところ16日に感染が確認されたという。 はなわには発熱などの自覚症状は出ておらず自宅で療養中だ。 弟の塙宣之は18日生放送のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)に出演し、相方のから「塙兄が感染ということで心配ですけれども…」と話を振られた。 はなわから電話がかかってきたという塙は「結構落ち込んでましたよ。 迷惑をいろんな人にかけちゃうというのがやっぱりどうしてもあるから」と兄の様子を明かした。 そして「今はとにかくじっとしていてもらいたいね。 昔から行動力半端ない。 じっとしているのが一番苦手な人だから。 正月とか家族で集まったりすると、すぐ友達とどこか遊びに行っちゃう人だから、今はとにかくじっとしてもらいたいなと思いますね」と願った。 また塙は「ちゃんと公表したから良かったですけどね、してなかったら『公表してねぇ』ってなっちゃう」と言うと、土屋も「さんみたいになっちゃう」とはなわのヒット曲『佐賀県』で女優・松雪泰子が佐賀出身だと公表していないというフレーズになぞらえて笑わせた。 はなわの新型コロナウイルス感染についてネット上の反響を確認すると、「早く良くなりますように」「お大事にしてください」「早く治って復帰してほしい」などの他に、はなわと塙宣之が兄弟だったことを今回の報道で初めて知ったという人が少なくない。 「はなわとナイツの塙が兄弟だって知らなかった」「ナイツのはなわと佐賀のはなわって、兄弟なの!? ニュースみていまさら知った」「はなわとナイツの人兄弟ってネタだと思ってたら本当に兄弟じゃん」「はなわとナイツの塙って兄弟だったの? 衝撃すぎたんだけど、もしかして全国で知らないの私だけだった?」などと驚く声がいくつもあがっている。 また「佐賀県のはなわとナイツ塙が兄弟ってことを、はなわが感染した今知る人多いのね」というツイートも見受けられるが、はなわと塙宣之は同じお笑いというジャンルでもベース漫談と漫才師と違いがあり、また同じ名字でもひらがな表記と漢字表記ということで結びつかなかったのかもしれない。 はなわはYouTube『はなわチャンネル』(チャンネル登録者数28万人)にて定期的に動画を公開しているが、今年3月にははなわと塙宣之が千葉県我孫子市にある実家にサプライズで帰る動画を投稿した。 動画『【ナイツの塙、初登場】はなわ兄弟! 実家に突撃サプライズ!』で語ったところによると、埼玉で生まれたはなわは2歳のときに千葉県我孫子市に引っ越し、そこで塙宣之が生まれたそうだ。 我孫子にははなわが小学6年生、塙が小学5年生まで住んでいたが、父親の転勤に伴い佐賀県に引っ越したという。 正月ぐらいにしか実家に帰らず、しかも2人一緒に突然帰宅した息子たちに、母親の由美子さんは「珍しい〜」と戸惑いつつも、「いいなぁ〜、子供が2人来るなんて」と嬉しそうだ。 はなわには兄1人がいるが、リビングには由美子さんが開いている本を兄弟3人が覗き込んでいる写真が飾られている。 これは38年前の旅行の際に父親の輝美さんが撮影したものだ。 はなわは塙を「のぶ」と呼んでいて、まぎれもなく兄弟を感じさせる動画となっているが、「あ、ほんとに兄弟なんだ…とつくづく思った(笑)」「今まで兄弟2人で絡んでるところを見たことがなかったので、見れて面白いです」「ナイツ塙、可愛い 親、兄貴を前にすると少年みたいやな!」「ほんとに自慢の息子さんたちなんだろうな」「やっぱり素敵なご両親ですね」などの感想が寄せられている。 今回初めて2人が兄弟と知った人たちにとっても興味深い動画だろう。 』のスクリーンショット.

次の

ナイツ塙芸人引退宣言!?「役者としてやっていく」

ナイツ 塙

お笑いコンビ・ナイツのが21日、オフィシャルブログを更新し、のと数日間にわたって繰り広げてきた「ガラケー・スマホバトル」の終結を宣言した。 発端は、塙が15日付のブログにて、「スマホに変えました。 」「サンドウィッチマンの2人、そして真島さん!ごめんね!ガラケー今までありがとう!!」と報告したこと。 これに対して、伊達も18日更新のブログで、「全くもって許しがたい話。 強く、遺憾の意を表明させて頂きます。 話にならない」「これから、ナイツとは距離を置きます。 スマホを使う塙くんなんて見たくない。 固い絆で結ばれた日本ガラケーユーザー協同組合からも除名です」と反応した。 そして塙は、18日に放送されたニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』 毎週月曜〜金曜 11:30〜 で、「ガラケー芸人」を卒業したことを明かし、「サンドウィッチマンの伊達さんが自分のブログで『これからは塙くんとは距離を置きます』『裏切られた』って。 それ、ガラケーで打ってんでしょ? あいつ。 これをうけて、伊達は19日に「情けないよホント…。 」と題したブログを投稿。 塙がガラケーを操作する写真を添えたうえで、「悪い事は言わない……この頃をよく思い出して欲しい」「ガラケーと真剣な眼差しで向かい合うこの写真を見ても、あんな…1個しかボタンのないスマホに鞍替え出来るか? 」と訴えた。 しかし塙も20日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新し、「古いんだよ。 ガラケーはもうなくなるんだよ」と反論。 さらにツイッターでは、伊達との思い出の写真とともに「あの頃は楽しかったなぁ」「もう修復は難しいだろうなぁ」とつぶやいた。 そして21日、「謝罪されました。 」というタイトルのブログを投稿した伊達。 塙直筆だという謝罪文の写真を掲載したうえで「自分の非を認め、僕に対して屈伏するという事でしょう」とし、「なぜか、メディアまでをも巻き込んでしまったこの『令和ガラケー戦争』を終結したいと思います」と宣言した。 また、「さんからメールを頂きました。 『私もガラケーだよ、日本ガラケーユーザー協同組合に入れてよ』と。 強い味方が現れてました」ともつづった。 さらに、一方の塙も21日、「終結」というタイトルでブログを更新。 「伊達さんのブログを読みました。 言いたい事は山ほどあります。 なんだよあの謝罪文。 誰がどう見ても俺の字じゃないでしょ。 伊達さんが書いた字でしょ」としつつも、「島崎和歌子さんが出てきたから、もう終わりです。 これ以上何も言えません。 これからもオールスター感謝祭に出たいし、何よりもまだ芸能界にいたいです。 島崎さん出すのは卑怯だよ」とぼやいていた。 SNS上では、2人のやり取りについて、「めちゃくちゃ笑った」「盛大にくだらない」「かわいい言い争い」などといった声があがっている。

次の

ねづっちが動画投稿「ナイツ塙は許せない」話題呼ぶ

ナイツ 塙

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(41)が18日放送のフジテレビ系「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(火曜後10・00)にゲスト出演。 15回の開催で決勝進出した計73組の中から、塙が「最強漫才師」として挙げたのが、05年に優勝したブラックマヨネーズ。 理由とするポイントについて、「吉田がツッコミで小杉は提案」「持ち時間4分の使い方がうまい」と説明した。 本来、ボケを担当する吉田敬(46)が「ボケのように見えてツッコミ」と持論を展開し、「結局ね、吉田さんがツッコミなんですよ、この漫才ってね。 小杉さんは提案しているだけで、全部それに対して吉田さんのセンスのツッコミで笑わせている」。 昨年優勝したミルクボーイも、ブラマヨのスタイルに近いという。 塙は、かつて大会委員長を務めた島田紳助さん(63)のブラマヨに対する言葉を引き合いに出し、「紳助さんも(持ち時間の)4分間の使い方が見事、以上。 の一言だった」と回想。 和牛とかは200メートルくらいの脚力、霜降り明星は75メートルの脚力だと思うんですよ」と続けた。 MCを務める博多華丸・大吉も、塙の熱のこもった言葉に納得顔を浮かべた。 企画の結果は、1位「ブラックマヨネーズ」(05年)、2位「ミルクボーイ」(19年)、3位「サンドウィッチマン」(07年)、4位「中川家」(02年)、5位「アンタッチャブル」(04年)。 塙は相方の土屋伸之(41)とともに、それぞれの魅力を解説していた。

次の