手間を取らせてしまい申し訳ありません。 【0x8007054f】x64 ベースシステム用 windows 10 Version 1607

「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

手間を取らせてしまい申し訳ありません

「手間」とは、仕事を仕上げるのにかかる労力や時間のことを言います。 つまり、「手間をかける」とは、仕事を仕上げるために、自分自身が労力や時間をかけることを指す言葉です。 相手に対して手間をかけさせてしまったことを敬語表現にする場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 似たような言葉に「手数(てすう)」という言葉があります。 手数とは、「他人のためにことさらかける手間」という意味があります。 手数(てすう)には他人のために手間をかけるという意味がありますので「手数をかける」という使い方になります。 「お手間をおかけして~」という使い方をすることがありますが、相手に対して手間をかけさせてしまったと言う意味で敬語にする場合は、「お手間を取らせてしまい~」もしくは「お手数(てすう)をおかけして~」という使い方が正しい使い方です。 「手間をかける」のは自分自身? 「手間暇(てまひま)をかける」という言葉がありますが、手間暇をかけて何かを成し遂げるのは自分自身です。 つまり、「手間暇かける」とは、時間や労力を惜しまないという意味がありますが、時間や労力を惜しまないのは、自分自身ということです。 たとえば、「手間暇をかけて友達のためにたくさんのパーティー料理を準備しました」や「手間暇をかけて、おそろいの浴衣を作りました」などのように自分が時間や労力を惜しまずに何かを作った場合に「手間暇をかける」という言い方をします。 「手間をかける」のは自分自身であって、他の誰かにかけてもらったというときに使う言葉ではないというのが、この言葉からもわかるのではないでしょうか。 「手間をかける」の敬語での使い方 上記でご説明のとおり、「手間をかける」のは自分です。 敬語表現にする場合は、相手がかけた手間つまり相手に対して「手間をかけさせてしまった」という意味の言葉を敬語にしなければなりません。 「手間をかける」という正しい敬語表現は、「手間を取らせる」です。 これを敬語にした「お手間を取らせる」が正しい敬語表現ということになります。 また、相手がかけた手間のことを表現する言葉に「手数(てすう)」があります。 これは他人に対してかけた手間という意味がある言葉なので、「お手数をおかけする」ということは、相手に対して、「手間をかけさせてしまって」という意味になります。 この2つの言葉が混同してしまい「お手間をおかけしてしまい~」という使い方をする人がいますが、これは敬語の使い方として間違いということになります。 敬語の種類 敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」といった種類があります。 「手間をかける」というのは自分の仕事に対してかけた手間を表す言葉なので、相手が仕事に対して手間かけたという意味を表す言葉ではありません。 つまり、相手に対して、「手間をかける」という表現はそのまま敬語にしてしまいますと、誤りということになります。 相手に手間をかけさせてしまったという意味を敬語にする場合は「手間を取らせる」という表現になります。 この言葉を敬語にする場合は、「お手間を取らせる」になるということです。 使い方 相手に対して手間をかけさせてしまったということを伝えたい場合は、「お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした」のような使い方をします。 また、自分のために労力を費やしてもらわなければならない場合は、「お手数をおかけしますが~」のような使い方をします。 「お手間をおかけしますが~」という使い方は間違いですので、間違えないように注意しましょう。 メールでの使い方 メールなどで「手間をかける」ことに対して申し訳ないということを伝えたい場合や、「手間をかける」必要のある作業を依頼しなければならない場合に、「手間をかける」ということを敬語にする必要があります。 はっきりとした使い分けに決まりがあるわけではありませんが、相手のところに訪問するためのアポイントなどを取る場合は、「来週、出張で東京に参ります。 お手間は取らせませんので、ご挨拶の時間をいただきたくご連絡いたしました」のように使うと良いでしょう。 また、相手が「手間をかける」作業をしなければならない場合は、「お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします」といった使い方をすると良いでしょう。 上司への使い方 上司に対して「手間をかける」という言葉を敬語にする場合も、メールでの使い方と同じように使うと良いでしょう。 報告するのは、自分なので、どれくらいの時間がかかるか予測することが可能です。 この場合は、相手にそんなに時間をかけずにお話しすることが可能ですと伝えても失礼にはなりません。 手間を取らせないは失礼になる? 上司に対して何かを依頼しなければならない場合は、「手間をかける」ではなく、「手数をかける」を敬語にし、「お手数をおかけしますが~」という表現を使う方が良いでしょう。 この場合、作業を行うのは自分ではなく上司です。 依頼した仕事の作業時間がどれくらいになるかは、依頼した本人にはわからないため「手間を取らせない」という言い方は失礼になることがあります。 「手間を取らせない」という言葉には、そんなに時間はかかりませんという意味合いがあります。 相手の「手間」に対して、第三者がそんなに時間はかからない仕事ですという言い方は失礼になります。 何かを依頼する場合は、「お手数をおかけしますが~」を使うようにしましょう。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンで相手に対して「手間をかける」ということを敬語にするシーンは、ほんの少しでかまわないので会う時間がほしいということを伝えたい場合や、不手際や予測できなかった事態が発生してしまい、説明などをする際に予想以上に時間がかかってしまった場合などです。 このようなシーンでは「手間をかける」を敬語表現にした「お手間は取らせませんので~」や「お手間を取らせてしまいまして~」のような使い方をします。 上記でご紹介のように「手間をかける」は、基本的に自分が仕事などに対して、どれくらいの時間と労力をかけたかということを表現する言葉です。 「手間を取らせる」という言葉には、労力に対する意味合いよりも時間に対する意味合いが強いので、自分で時間をコントロールできる場面の場合に、「手間をかける」を敬語表現にした「手間を取らせる」を使うようにしましょう。 たとえば、挨拶に伺いたいというのであれば、意識をすることで挨拶にかける時間を短縮することは可能です。 しかし、相手に何か作業をお願いしたい場合は、相手の作業にかける時間を依頼した本人にはコントロールすることができません。 このような場合は「手間を取らせる」と言う敬語は使わない方が良いでしょう。 【例文】 ・お手間は取らせませんので、本日担当者交代のご挨拶に伺う時間をいただくことは可能でしょうか。 「手間をかける」の別の敬語表現例 「手間をかける」は、自分が作業を行う際に、自分に対して表現する言葉です。 相手が「手間をかける」ことを表現する場合は、「手間を取らせる」を使います。 お手間を取らせる お手間を取らせるという言葉は、相手が「手間をかける」ことを敬語表現にした使い方です。 しかし、「手間を取らせる」という言葉には、時間に関する意味合いが強いため、相手に対して、時間をかけませんということを伝えたい場合や、時間がかかってしまい申し訳ありませんということを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 何かをお願いする場合は、「手間をかける」という言葉を敬語にするのではなく「手数をかける」という言葉を敬語にした「お手数をかける」という言葉を使う方が印象が良くなるでしょう。 「お手数をおかけする」は二重敬語? 「お」や「ご」を言葉の前につけることで丁寧な言葉にすることがあります。 本来であれば、1つの文章に対して、2回以上の敬語を重ねることを二重敬語と呼び、このような使い方はマナー違反とされています。 つまり「お手数をおかけしますが~」という使い方は、二重敬語になり、マナー違反ということがいえます。 しかし、この言葉は、「手数をおかけしますが~」や「お手数をかけますが~」という使い方ではなく「お手数をおかけしますが~」という使い方をしている人が多いです。 そのため、「手数をおかけしますが~」という使い方は、マナーとしては正解なのですが、やや丁寧さに欠ける印象になるため、一般的には「お手数をおかけしますが~」という使い方をする方が良いでしょう。 「手間を取らせる」と「お手数をかける」の使い分け 「手間をかける」という言葉を敬語表現にする場合に「手間を取らせる」と「お手数をかける」という言葉をご紹介しました。 では、この2つの言葉はどのように使い分ければ良いのでしょうか。 「手間をかける」という言葉を敬語にした。 「手間を取らせる」は、時間に関して相手に何かを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 相手に対して時間は取らせませんのでといった時や、時間がかかってしまってすみませんでしたということを伝えたい時に、「お手間は取らせませんので」や「お手間を取らせてしまい」といった使い方をすると良いでしょう。 「お手数をかける」を使う場合は、相手に何かを依頼する、お願いする場合です。 作業にかかる時間は相手次第ということになりますので、「お手数をおかけしますが~」という使い方をすると良いでしょう。 お手を煩わせてしまい~ 「手間をかける」のは、自分自身であって、他の誰かではありません。 つまり「手間をかける」という表現をそのまま敬語にするのは間違っているということになります。 相手に対して使う場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 「手数(てすう)」をかけるという言葉があるため、混同してしまい、間違った使い方をしている人も多いですが、相手に対して使う場合は、「手間をかける」のではなく、「手間を取らせる」になりますし、「かける」という言葉を使うのであれば、「手数をかける」が正解です。 このように敬語の中には、似たような表現があるため知らずに間違った使い方をしていることがあります。 「手間をかける」のように意味を理解し、正しい敬語を使えるように心がけましょう。

次の

「お手数をおかけしますが」の意味と正しい使い方!類語や英語も紹介

手間を取らせてしまい申し訳ありません

「手間」とは、仕事を仕上げるのにかかる労力や時間のことを言います。 つまり、「手間をかける」とは、仕事を仕上げるために、自分自身が労力や時間をかけることを指す言葉です。 相手に対して手間をかけさせてしまったことを敬語表現にする場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 似たような言葉に「手数(てすう)」という言葉があります。 手数とは、「他人のためにことさらかける手間」という意味があります。 手数(てすう)には他人のために手間をかけるという意味がありますので「手数をかける」という使い方になります。 「お手間をおかけして~」という使い方をすることがありますが、相手に対して手間をかけさせてしまったと言う意味で敬語にする場合は、「お手間を取らせてしまい~」もしくは「お手数(てすう)をおかけして~」という使い方が正しい使い方です。 「手間をかける」のは自分自身? 「手間暇(てまひま)をかける」という言葉がありますが、手間暇をかけて何かを成し遂げるのは自分自身です。 つまり、「手間暇かける」とは、時間や労力を惜しまないという意味がありますが、時間や労力を惜しまないのは、自分自身ということです。 たとえば、「手間暇をかけて友達のためにたくさんのパーティー料理を準備しました」や「手間暇をかけて、おそろいの浴衣を作りました」などのように自分が時間や労力を惜しまずに何かを作った場合に「手間暇をかける」という言い方をします。 「手間をかける」のは自分自身であって、他の誰かにかけてもらったというときに使う言葉ではないというのが、この言葉からもわかるのではないでしょうか。 「手間をかける」の敬語での使い方 上記でご説明のとおり、「手間をかける」のは自分です。 敬語表現にする場合は、相手がかけた手間つまり相手に対して「手間をかけさせてしまった」という意味の言葉を敬語にしなければなりません。 「手間をかける」という正しい敬語表現は、「手間を取らせる」です。 これを敬語にした「お手間を取らせる」が正しい敬語表現ということになります。 また、相手がかけた手間のことを表現する言葉に「手数(てすう)」があります。 これは他人に対してかけた手間という意味がある言葉なので、「お手数をおかけする」ということは、相手に対して、「手間をかけさせてしまって」という意味になります。 この2つの言葉が混同してしまい「お手間をおかけしてしまい~」という使い方をする人がいますが、これは敬語の使い方として間違いということになります。 敬語の種類 敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」といった種類があります。 「手間をかける」というのは自分の仕事に対してかけた手間を表す言葉なので、相手が仕事に対して手間かけたという意味を表す言葉ではありません。 つまり、相手に対して、「手間をかける」という表現はそのまま敬語にしてしまいますと、誤りということになります。 相手に手間をかけさせてしまったという意味を敬語にする場合は「手間を取らせる」という表現になります。 この言葉を敬語にする場合は、「お手間を取らせる」になるということです。 使い方 相手に対して手間をかけさせてしまったということを伝えたい場合は、「お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした」のような使い方をします。 また、自分のために労力を費やしてもらわなければならない場合は、「お手数をおかけしますが~」のような使い方をします。 「お手間をおかけしますが~」という使い方は間違いですので、間違えないように注意しましょう。 メールでの使い方 メールなどで「手間をかける」ことに対して申し訳ないということを伝えたい場合や、「手間をかける」必要のある作業を依頼しなければならない場合に、「手間をかける」ということを敬語にする必要があります。 はっきりとした使い分けに決まりがあるわけではありませんが、相手のところに訪問するためのアポイントなどを取る場合は、「来週、出張で東京に参ります。 お手間は取らせませんので、ご挨拶の時間をいただきたくご連絡いたしました」のように使うと良いでしょう。 また、相手が「手間をかける」作業をしなければならない場合は、「お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします」といった使い方をすると良いでしょう。 上司への使い方 上司に対して「手間をかける」という言葉を敬語にする場合も、メールでの使い方と同じように使うと良いでしょう。 報告するのは、自分なので、どれくらいの時間がかかるか予測することが可能です。 この場合は、相手にそんなに時間をかけずにお話しすることが可能ですと伝えても失礼にはなりません。 手間を取らせないは失礼になる? 上司に対して何かを依頼しなければならない場合は、「手間をかける」ではなく、「手数をかける」を敬語にし、「お手数をおかけしますが~」という表現を使う方が良いでしょう。 この場合、作業を行うのは自分ではなく上司です。 依頼した仕事の作業時間がどれくらいになるかは、依頼した本人にはわからないため「手間を取らせない」という言い方は失礼になることがあります。 「手間を取らせない」という言葉には、そんなに時間はかかりませんという意味合いがあります。 相手の「手間」に対して、第三者がそんなに時間はかからない仕事ですという言い方は失礼になります。 何かを依頼する場合は、「お手数をおかけしますが~」を使うようにしましょう。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンで相手に対して「手間をかける」ということを敬語にするシーンは、ほんの少しでかまわないので会う時間がほしいということを伝えたい場合や、不手際や予測できなかった事態が発生してしまい、説明などをする際に予想以上に時間がかかってしまった場合などです。 このようなシーンでは「手間をかける」を敬語表現にした「お手間は取らせませんので~」や「お手間を取らせてしまいまして~」のような使い方をします。 上記でご紹介のように「手間をかける」は、基本的に自分が仕事などに対して、どれくらいの時間と労力をかけたかということを表現する言葉です。 「手間を取らせる」という言葉には、労力に対する意味合いよりも時間に対する意味合いが強いので、自分で時間をコントロールできる場面の場合に、「手間をかける」を敬語表現にした「手間を取らせる」を使うようにしましょう。 たとえば、挨拶に伺いたいというのであれば、意識をすることで挨拶にかける時間を短縮することは可能です。 しかし、相手に何か作業をお願いしたい場合は、相手の作業にかける時間を依頼した本人にはコントロールすることができません。 このような場合は「手間を取らせる」と言う敬語は使わない方が良いでしょう。 【例文】 ・お手間は取らせませんので、本日担当者交代のご挨拶に伺う時間をいただくことは可能でしょうか。 「手間をかける」の別の敬語表現例 「手間をかける」は、自分が作業を行う際に、自分に対して表現する言葉です。 相手が「手間をかける」ことを表現する場合は、「手間を取らせる」を使います。 お手間を取らせる お手間を取らせるという言葉は、相手が「手間をかける」ことを敬語表現にした使い方です。 しかし、「手間を取らせる」という言葉には、時間に関する意味合いが強いため、相手に対して、時間をかけませんということを伝えたい場合や、時間がかかってしまい申し訳ありませんということを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 何かをお願いする場合は、「手間をかける」という言葉を敬語にするのではなく「手数をかける」という言葉を敬語にした「お手数をかける」という言葉を使う方が印象が良くなるでしょう。 「お手数をおかけする」は二重敬語? 「お」や「ご」を言葉の前につけることで丁寧な言葉にすることがあります。 本来であれば、1つの文章に対して、2回以上の敬語を重ねることを二重敬語と呼び、このような使い方はマナー違反とされています。 つまり「お手数をおかけしますが~」という使い方は、二重敬語になり、マナー違反ということがいえます。 しかし、この言葉は、「手数をおかけしますが~」や「お手数をかけますが~」という使い方ではなく「お手数をおかけしますが~」という使い方をしている人が多いです。 そのため、「手数をおかけしますが~」という使い方は、マナーとしては正解なのですが、やや丁寧さに欠ける印象になるため、一般的には「お手数をおかけしますが~」という使い方をする方が良いでしょう。 「手間を取らせる」と「お手数をかける」の使い分け 「手間をかける」という言葉を敬語表現にする場合に「手間を取らせる」と「お手数をかける」という言葉をご紹介しました。 では、この2つの言葉はどのように使い分ければ良いのでしょうか。 「手間をかける」という言葉を敬語にした。 「手間を取らせる」は、時間に関して相手に何かを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 相手に対して時間は取らせませんのでといった時や、時間がかかってしまってすみませんでしたということを伝えたい時に、「お手間は取らせませんので」や「お手間を取らせてしまい」といった使い方をすると良いでしょう。 「お手数をかける」を使う場合は、相手に何かを依頼する、お願いする場合です。 作業にかかる時間は相手次第ということになりますので、「お手数をおかけしますが~」という使い方をすると良いでしょう。 お手を煩わせてしまい~ 「手間をかける」のは、自分自身であって、他の誰かではありません。 つまり「手間をかける」という表現をそのまま敬語にするのは間違っているということになります。 相手に対して使う場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 「手数(てすう)」をかけるという言葉があるため、混同してしまい、間違った使い方をしている人も多いですが、相手に対して使う場合は、「手間をかける」のではなく、「手間を取らせる」になりますし、「かける」という言葉を使うのであれば、「手数をかける」が正解です。 このように敬語の中には、似たような表現があるため知らずに間違った使い方をしていることがあります。 「手間をかける」のように意味を理解し、正しい敬語を使えるように心がけましょう。

次の

お手を煩わせての使い方・類語・英語|申し訳ございません/お忙しいところ

手間を取らせてしまい申し訳ありません

「お手を煩わせる」とは、頼みごとをするときにおいて、よく使われている言葉です。 「お手を煩わせる」という表現は、日常の会話でもよく使われていますが、特にビジネスシーンで耳にすることが多いです。 「手を煩わせる」の丁寧語が「お手を煩わせる」という言葉ですが、「面倒をかける。 手間を取らせる」という意味のあるこの言葉は、頼みごとをする際に使います。 今回は、「お手を煩わせる」の意味や使い方をご紹介します。 「お手を煩わせる」の意味 「お手を煩わせる」の意味をご紹介します。 「お手を煩わせる」とは簡単に言うと、手を不快にさせる、わざわざ動かさなくても良い手を動かせてしまうという意味です。 「お手を煩わせる」とは先ほどもご紹介したように、「手を煩わせる」の丁寧語です。 「面倒をかける」や「手間を取らせる」というような意味合いで使います。 「煩わせる」の読みと意味 「煩わせる」の読みと意味をご紹介します。 「煩わせる」は「わずらわせる」と読みます。 意味は、不快な思いや、わざわざしなくても良いことをしなければならないような面倒事などを表します。 「お手を煩わせる」に似た言葉と違い 「お手を煩わせる」に似た言葉と違いをご紹介します。 「お手を煩わせる」には似た言葉があります。 今回は「お手数をかける」「お手間を取らせる」「ご負担をおかけする」「ご迷惑をかける」の4つをご紹介します。 「お手を煩わせる」を言い換えたり、似た表現を使いたいという場合の参考にしてください。 「お手数をかける」 「お手数をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手数をかける」という言葉があります。 「お手数をかける」は「お手を煩わせる」と同じで「相手に負担や手間をかけさせてしまう」といった意味を持っています。 「お手間を取らせる」 「お手間を取らせる」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手間を取らせる」という言葉があります。 「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じで、「相手に負担や手間をかけさせてしまう」という意味を持っています。 「お手数をかける」と「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じ意味を持っていますが、その中でも「お手を煩わせる」は丁寧かつ敬語の表現として使えます。 「ご負担をおかけする」 「ご負担をおかけする」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご負担をおかけする」という言葉があります。 意味は文字のとおり「負担をかける」です。 相手に負担をかけてしまうという場合に、「お手を煩わせる」の他に「ご負担をおかけする」も使うことができます。 例えば、相手に負担をかけたことを謝罪するという場合に「ご負担をおかけして、申し訳ありません」などというように使います。 「ご迷惑をかける」 「ご迷惑をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご迷惑をかける」という言葉があります。 「ご迷惑をかける」は「迷惑をかける」という意味です。 例えば、相手に迷惑をかけてしまった後や、これから迷惑をかけてしまうという場合に、「ご迷惑おかけしました」や「ご迷惑をおかけします」というように使います。 「お手を煩わせる」の文例 例1は、仕事などを依頼する時です。 仕事などを依頼する時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 仕事や頼みごとなど、相手になにか負担や手間をかけさせてしまうという場合に、「お手を煩わせる」という表現は役立ちます。 お手を煩わせますがメールをお願いします お手を煩わせますがメールをお願いしますという言い回しをご紹介します。 仕事などの依頼をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として「お手を煩わせますがメールをお願いします」という文があります。 メールで質問や見積もりなどの依頼をしたという場合などに、「お手間を取らせますがメールをしてください」といった意味合いで、「お手を煩わせますがメールをお願いします」というように使うことができます。 例2:相手の配慮にお礼を伝える時 例2は、相手の配慮にお礼を伝える時です。 相手の配慮に対してお礼を伝える時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 普通は相手が手間をかけたり、負担をしてなにかをしてくれたという場合に、お礼をします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って、相手の配慮にお礼を伝えることができます。 お手を煩わせましたがありがとうございました お手を煩わせましたがありがとうございました。 という文をご紹介します。 相手の配慮にお礼をする時の「お手を煩わせる」の使い方として、「お手を煩わせましたがありがとうございました」という文があります。 「お手間や負担をおかけしましたが、感謝しています」といった意味合いで使います。 手間や負担に対し感謝を伝えます。 少し言葉を足して、「お手を煩わせてすみません。 ありがとうございました。 」と使うこともできます。 例3:謝罪する時 例3は、謝罪する時です。 謝罪をするという場合に「お手を煩わせる」を使う場合の使い方をご紹介します。 例えば、相手に手間をかけさせてしまったり。 負担をかけさせてしまったという場合に謝罪をするとします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って謝罪をすることができます。 お手を煩わせ申し訳ありません お手を煩わせ申し訳ありません。 という言い回しをご紹介します。 謝罪をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として、「お手を煩わせ申し訳ありません」があります。 「手間や負担をかけさせてしまったことに対し謝罪します」といった意味合いで使うことができます。 敬語を使うことが苦手な方におすすめの本はこちら 敬語を使うことが苦手な方に、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本をおすすめします。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常の会話やビジネスシーンで使われている、基本中の基本の会話の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 本の中で紹介されている例文をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手だという方や、正しい敬語を学びたい方は読んでみてください。

次の