スラムダンク アニメ 山王。 スラムダンクの続きが明らかに!【インターハイ・その後】

スラムダンク アニメ なんj

スラムダンク アニメ 山王

当時の日本ではそれほど人気のなかったバスケットボールをメジャースポーツに押し上げた スラムダンク。 絶頂期には多くの子ども達がバスケ部に入りたがるなど、全国的なブームとなった。 ところが後半はやや人気も落ちてきて、最後は全国大会の途中で連載終了。 なんとも 続きが気になるところで終わってしまったのだ。 連載終了から20年以上がたった今、それでも続きが気になるスラムダンク。 調べてみると同じように感じている読者も多かったようで、ネット上では 全国大会やその後の続きに関して様々な考察がされている。 だが筆者はこの続きに関して、興味深い情報を入手した。 そこで今回は、本当に存在した続きから気になる噂までを徹底紹介したい。 是非この話を保存版として読んでみてほしい。 Sponsored Link ここがポイント!• トーナメント表を見れば続きがわかる!? まず整理したいがスラムダンク作中で主人公の桜木花道が所属する湘北は、神奈川県代表として全国大会…インターハイに出場した。 一回戦の豊玉、二回戦の山王になんとか勝ったが三回戦の愛和学院に惨敗してしまう。 その後はナレーションベースのように話が進み、インターハイに関しては 優勝校もはっきりしない。 そのうち流川が「アメリカに行きたいです」と言って物語自体も終わってしまう。 つまり 全国大会の続きがスラムダンク本編では、ほとんど語られていないのだ。 かろうじて準優勝校が同じ神奈川県代表の海南大付属とわかるが、優勝校については一切語られていない。 こんな演出をされてしまったら続きが気になって仕方ないのは当たり前だ。 どこが優勝したのか?どうにかして続きを知る方法はないだろうか。 そこでまずチェックされたのが、スラムダンクの作中に登場した トーナメント表である。 この組み合わせによると、湘北と海南が同じブロックにいて準決勝まで当たらないようになっている。 また海南大付属は準優勝校なので、逆に言えばこちらのブロックには優勝校が存在しない。 つまり湘北を倒した愛和の線は完全に消える。 スラムダンクが順当に続きを描いていれば当然だが、海南大付属と決勝で戦うのは逆ブロックの高校だ。 この逆ブロックで 注目された高校が二つある。 ナレーションで「日本は森重寛を知る」と語られた選手の所属する 名朋実業。 また「本当に注意せなアカンのはここやで」と彦一に言わしめた 大栄学園。 ネット上では「続きがあるとすれば、決勝戦に上がったのは この二校のどちらかだ」と噂されている。 スラムダンクの頂点に立った高校はドコ? 優勝候補とされる学校が二つにまで絞られた。 しかし実際に、インターハイの続きでどちらが勝ち進んだかは明らかにされていない。 だから、スラムダンクの作中に隠されたヒントから考察する必要がある。 まず名朋実業の優勝説。 これはやはり「 日本は森重寛を知る」の一言が根拠だ。 現実世界で考えて欲しい。 野球と違ってバスケットは全国大会レベルでも、高校の試合がテレビ放送されることはあまりない。 Sponsored Link つまり知名度が低いので「日本中が森重寛という名前を知る」には、優勝校になってMVPを取るほどの活躍がなければ無理だというワケだ。 ただし根拠はこれだけで、むしろ否定的な意見の方が強い。 仮に彼の名前が有名になったとしても、それが決勝まで行く全ての根拠とは言い難いからだ。 また作者の井上雄彦氏も「 スター選手が引っ張っていくチームが勝つことはない」と、作者自らが名朋実業のようなチームが勝ち進むことを否定している。 一方の大栄学園だが、彦一のセリフはもちろんとして、ネット上でも「 何かの雑誌の結果に書いてあった」「 どこかで大栄が優勝となっていた」という声が聞かれる。 またこの話には続きがあって、作者の井上雄彦氏が「インタビューで語っていた」という都市伝説じみたものまである。 だがもちろん、事の真相は定かではない。 みんな「 見た気がする」程度なのだ。 それだけ大栄の強さが印象的だったとも思えるが、やはり根拠が薄い。 まだまだあったトップ候補!強豪・博多商大附属 湘北が二回戦であたった山王工業だが、彼らはスラムダンク作中における前年・前々年のチャンピオンだ。 トーナメント表でも当然、シード校扱いになっている。 だがこの一覧には山王以外に、シード校がもう一つ隠れている。 それは、湘北とは逆ブロックに位置する 博多商大附属。 前年度のチャンピオンが一回戦シードになっているのなら、博多商大附属は同じく 前年度の準優勝校であった可能性が高い。 作中では全く触れられていないが、かなりの強豪であることは伺える。 恐らく大栄か名朋のどちらかだろうが、仮に博多商大附属が優勝校だとしても不思議はないのだ。 思わぬダークホースの出現で、いよいよ混乱化してきた 全国大会の行方。 最も手っ取り早いのは、やはり作者がスラムダンクの続きを描いてくれることだ。 だが連載終了から20年以上過ぎたいま、ちゃんとした続きが作られる可能性は年々低くなっている。 ファンのヤキモキした気持ちがインターハイの予想を泥沼化させたのかもしれない。 願わくば作者が生きているうちに、ぜひ続きを。 資生堂・スラムダンクのタイアップCMが面白すぎ! 2009年に放送された 資生堂のCMで、スラムダンクとタイアップしたものがある。 このメーカーとしては珍しい男物化粧品の宣伝で、男らしさあふれるスラムダンクが起用された。 Sponsored Link 肝心のCMはいくつかのストーリーが存在するが、基本的にスラムダンク作者の「おふざけ」という展開が取られている。 まずスラムダンクの中でも圧倒的人気を誇る 流川楓が登場。 敵チームのディフェンスをドリブルで突破し、ゴール前でダンクを決めようとする。 桜木花道と宮城リョータのシーンではゴール前で身動きの取れなくなった花道が一旦リョータにパスを出す。 そしてスキができたところでボールを返してもらい、これも華麗にダンクを決めようとする。 しかし二人ともゴールを決められない。 シュートが決まる瞬間に消しゴムとペンが出現し、 ゴールを別のものに書きかえてしまうからだ。 流川の場合はコンサートドラムになってボールが弾かれ、花道の場合は水入りのバケツになって大量の水を浴びてしまう。 これだけでは全くスラムダンクの「 続き」とは思えないかもしれない。 だが花道の髪が少し伸びていてケガが治った後だとわかるし、リョータはゼッケン4番をつけている。 さらに一瞬見えるユニフォームには、確かにSHOHOKU(湘北)と書かれている。 湘北の4番といえばスラムダンク作中では赤木のものだ。 とすると、このCMは 彼ら三年生が卒業した後の続きだと推測できる。 またバスケットの4番はキャプテンの背番号なので、リョータが次期リーダーに選ばれたことも分かる。 純粋な続きものではないが、スラムダンクファンなら見ないわけにはいかない。 躍動感もかなりあって、アフレコはされていないが「リョーちん!」という声まで聞こえそうだ。 このコマーシャルの続きが見たいくらいである。 「あれから10日後」スラムダンクの正式な続きが意味深… 2004年、スラムダンクの総発行部数がとうとう一億冊をこえた。 この感謝イベントの一環として、神奈川県立三崎高等学校の旧校舎でスラムダンクの作者自らが続きを描いた。 題名は「 10 DAYS AFTER」、スラムダンク本編終了から 10日後のストーリーである。 各教室の黒板を原稿がわりにして絵を描いているので迫力も十分な作品だ。 スラムダンクは全国大会編の終了と共に連載が終わっている。 大会終了後なので三年生も引退し、学校によってはすでに次期キャプテンが決まっている。 宮城リョータもそのうちの一人なので、時系列的には資生堂CMの続きもますます気になる。 また海南の牧の黒さは 地ではなくサーファー焼けという事実が発覚するなど、単なる続き物という期待を良い意味で裏切っている。 最後は、リハビリ中の花道が ケガを治してバスケ界に戻ることを誓う。 「オレは天才ですから」 ちょっとした続き物とは言え、実にスラムダンクらしい終わり方である。 ちなみにこのスラムダンクの続きで、ミッチーこと三井寿が 冬の選抜に出ようとするシーンがある。 彼も三年生なので本来は引退のはずだ。 このことから一部ではミッチー留年説も流れたが、単に進学のためにバスケの推薦枠を取る試みだと分かった。 実はこの「続編」を意識してか、熱狂的なスラムダンク好きによる二次創作的な続きを描いたブログが散見されるようになった。 こち亀やドラえもん然り、一世を風靡(ふうび)しつつも明確な終わりがない作品に見られるファンの願望が作り出した続き。 興味があれば探してみても良いだろう。 結局、本当の続きはやるの?やらないの? やはりスラムダンクファンとして最も気になるのは、「正式な続きをやるのかどうか」という点。 そもそもスラムダンク本編は「連載終了」ではなく「 第一部完」となっている。 当然だが読者としては「第二部は?続きはないの?」となる。 長い間スラムダンクファンが続きを待ち望んでいる理由も、実はこの たった一行の文字にあるのだ。 これに関して作者の井上雄彦氏がいくつかのコメントを残している。 「 続きはあるかもしれない」「 描きたくなったら続きを描く」 客観的に見ればうまいことを言って逃げているようにしか思えないが…井上雄彦氏が「描きたい」と思う時は果たしてくるのだろうか? ファンとしてはやはり信じて待っていたいし、それが訪れることを心のどこかで望んでいたいのが心情。 とは裏腹に、井上雄彦氏は現在バガボンドやリアルなどの連載を続けている。 ただでさえ多忙な彼には現状、スラムダンクの続きを描く余力はなさそうだ。 だが 現在の作品が連載終了した時には…チャンスがあるかも?筆者もそのタイミングを願いつつ、これからもファンの一人であり続けたいと思う。

次の

アニメ・スラムダンク途中打ち切りの理由は?山王戦は見れないのか?

スラムダンク アニメ 山王

バスケットボールを通して、高校男児たちが全力で青春を駆け抜ける名作、それが スラムダンクです。 そんなスラムダンクの作中で、数え切れないほどの感動を巻き起こしたのが、他でもない選手たちですよね! スラムダンクに登場するチームのなかでも、特に最強と言われたのが 山王工業のバスケ部です。 最強とうたわれる山王工業のメンバーたちのことを知らずして、スラムダンクを語ることは難しいでしょう。 というわけで、ここでは スラムダンクの山王工業の、無敵なメンバーたちと究極の名言10選についてご紹介していきます。 スラムダンクの山王工業の、無敵なメンバーたち 山王工業高校のバスケットボール部には、 無敵といっても大げさではないような、スゴい選手たちが所属していました! スラムダンクファンの方々なら、その山王工業バスケ部のメンバーたちの素晴らしいプレーに、心から感動させられたことでしょう。 山王工業のメンバーのそれぞれが、もえたぎる情熱を胸に バスケットボールに打ち込む姿は、何度見ても心を震わせてくれます。 2度も日本の高校バスケットボール部の頂天にたった山王工業は、河田雅史がいなくてはここまで素晴らしいチームになり得なかったでしょう。 スポンサーリンク バスケットボールそのものにも詳しいスラムダンクファンでさえ「 ナンバーワンのプレーヤーは間違いなく河田雅史だ」と言うほどです! 圧倒的な実力で、どんなポジションのプレーもほぼカバーすることができ、負けん気が強い選手です。 とてもガッシリとした体格の良さが特徴的で、 丸ゴリというニックネームもあります。 その迫力と、負けん気の強さとは裏腹に、ちょっぴり可愛らしいニックネームですね。 2年生までは身長165センチの小柄な選手でしたが、3年生になって突然 194センチに成長しています。 成長期というだけでなく、きっと辛い練習をのりこえて、徹底的な 肉体づくりを心がけた結果でしょう。 キャプテンなだけあって、実力はもちろん素晴らしいのですが、深津の特にスゴいところは メンタルが強すぎるという点です。 どんな人でも、ヒートアップしながら試合に臨んでいれば、多少の心の揺らぎは生まれますよね。 でも、深津だけは誰よりも 平常心でプレーすることができる選手になっています! たとえ相手チームにリードされていて、負けそうな空気になっていても、その空気に飲まれて負けてしまうことなど深津にはあり得ないことです。 そんなメンタルの強さもあり、どんな状況であっても 冷静に点を入れることのできる選手というわけですね。 山王工業バスケ部で、もっともポイントを守ることができる選手が、深津だと言えるでしょう。 スポンサーリンク また、彼が話す時は、クールな表情や内面からは想像もつかない 「ピョン」という語尾がつきます。 彼のキャラクター性と、ピョンという語尾にあまりにもギャップがあるため、周りの人からは「ヤバいやつ」と言われて少し怖がられています。 沢北のプレー中の勢いと、心の勇敢さ、そして 闘争心は他のどの選手よりもズバ抜けています。 その証拠に、相手に点を取られてしまえば、その倍の点を取り返そう!と奮起したり、アメリカで一流のバスケを学ぼうと心に決めていたりします。 作中では 高校ナンバーワンプレーヤーとも言われており、まさに天才といえる選手でしょう。 ちなみに、沢北は「山王バスケ部始まって以来の二枚目」とも言われています。 そのため女子のファンも多く、まさにスター気質なキャラクターになっています。 ただ、山王工業には沢北という異端児が存在するため、エースにはなっていませんが、間違いなく トップレベルの選手です。 山王工業の試合ではそこまで目立つことはありませんが、それでも強さのみで言えば申し分ない実力でしょう。 松本は、山王の他のメンバーに比べるとかなり勢いのある性格で、その勢いがいい方向に働くときと、そうではない時があります。 勢いづいて、相手チームの選手を見くびってしまうこともあり、結果的に相手チームに点を許してしまうこともありました。 スポンサーリンク 松本は、いい意味で「素直さ」を試合中に隠しきれていないあたり、沢北や深津たちに比べるとまだ少し 未熟といえます。 そういったことをふまえて、山王工業のメンバーのなかでも沢山の伸びしろがある選手ですね! 身長は184センチほどで、バスケ部の選手としては大柄ではないものの、 スピード感のあるプレーができる選手となっています。 山王工業ナンバーワンの迫力ある肉体を持ち、文字通り相手チームに立ちはだかる「壁」として活躍する選手です! 実際に2メートル超えの大男が目の前に立ちはだかっていたら、かなり圧倒されてしまうことでしょう。 でも、その迫力のある見た目のイメージとは違って、実は本人はとても穏やかで マイペースな男の子になっています。 美紀男は最強といわれる山王バスケ部のなかでも、特に トラブルメーカーで、必死に勝とうとすればするほど何故か失敗しちゃうタイプです。 そのたびに兄の雅史にフォローされたり叱られてしまうため、落ち込んじゃうんです。 こんなに巨漢で迫力があるのに、なんだか可愛らしい性格のキャラクターですよね。 自己主張が強いタイプではなく、相手チームから少し ナメられることも多い彼は、実際はかなりの実力者となっています! 他の選手たちに比べて小柄ではありますが、その実力と、かなりの 忍耐力を活かしてチームにたくさん貢献しています。 あまりにもいろいろと耐え忍びすぎて、ついには 盲腸になってしまった伝説を持つ男です。 バスケットボールにおける リバウンドとは、シュートしたけどうまくゴールに入らずに下に落ちたボールを、拾って奪うプレーのことです。 そのため、たとえ相手チームにシュートを打たれても、リバウンドを狙って決して気を抜かないのがバスケの常識というわけですね。 野辺は、自分のチームメンバーがシュートしたボールを、相手チームにリバウンドされてしまわないようにするのが 天才的にウマいのです! また、美紀男に継いで2番目に身長が高くて 迫力もあるため、相手チームにとってはかなり脅威的な存在といえます。 たくさんの点を決めるタイプではないものの、確実に山王を 勝利へと導いている選手のひとりです。 メンタルの面では、少し深津一成と似ており、平常心を保ちつつクールに試合にのぞみます。 ただ深津に比べると、野辺には「ヤバいやつ」という雰囲気は、ほぼありませんね。 スラムダンクの山王工業の、究極の名言 「最強」だと言われ続け、つねにトップレベルのプレーをしてきた彼らは、並みの人じゃ感じられないほどの苦労や感動を、たくさん体験しているはずです。 そんな山王工業のメンバーたちだからこそ言うことのできた、数々の 究極の名言には、どんな世代の人も色々なことを学ばされるでしょう。 …3倍にしてね。 」by 沢北栄治 圧倒的な自信と、実力と、勝つことへの 執念があったからこそ生まれた沢北の名言です。 しかも、2倍じゃ気はおさまらずに、3倍返しだ!といってしまうあたりが沢北らしいですね。 一見すると、強気でお高くとまっているような、イヤミな印象を受ける人もいるかも知れません。 しかし、沢北がここまで強気でいられるのは、彼が想像を絶する 努力を重ね、そしてとても大きな夢を抱いているからでしょう。 こんなに実力と自信にあふれた沢北がいれば、山王工業バスケ部のほかのメンバーたちも、かなり心強かったことでしょう。 それにしても、沢北のイケメンなフェイスで不敵な笑みを浮かべられたら、 女の子たちがキャーキャーいってしまうのも納得です。 こんなに感情を顔に出さずに、いない方が良いなんて言われたら、かなり傷ついてしまいそうですよね。 でも、たとえそうなっても試合で 勝つことの方が大切だと言う、深津のバスケに対する真剣さがわかるセリフになっています。 他人にも、自分にもシビアな性格の深津だからこそ、ツワモノ揃いの山王工業のバスケチームを束ねて、 キャプテンでいられるのでしょう。 深津や、その他の山王工業のバスケチームは、まだ高校生とは思えないレベルの真剣勝負をしているというわけですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はスラムダンクの、山王工業の無敵なメンバーたちと究極の名言10選についてご紹介させていただきました。

次の

スラムダンク最強山王工業のメンバーを徹底解説!

スラムダンク アニメ 山王

バスケ漫画の金字塔であるスラムダンクは、漫画のみならずアニメ版も人気でしたね。 世代によってはアニメからスラムダンクを知り、漫画を読んだという人もいると思います。 そんなアニメ・スラムダンクですが、残念ながら1番盛り上がる山王戦やりインターハイは放映されずに打ち切りとなりました。 スラダンファンなら是非、山王戦やインターハイ編を見てみたいというのが本音だと思います。 この記事ではアニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由や、ファン待望の山王戦は見れないのかを検証していきます。 スポンサーリンク アニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由とは? アニメ・スラムダンクの最終回は、桜木のシュート2万本合宿を終えたあとに漫画にはないオリジナルストーリーが展開されます。 その内容は、まさかの藤真ら翔陽メンバーと、仙道ら陵南メンバーが組んだ合同チームと、湘北が練習試合をするというものです。 このドリームマッチにスラダンファンは歓喜したわけですが、残念ながらその後の山王戦やインターハイ編は描かれませんでした(泣) アニメのエンディングでは、森重をはじめとする全国編のキャラクターが登場しているので、ファンからすれば山王戦まで放映されるのが規定路線って感じでしたが。 このエンディングを見る限り、全国編の制作は多少始まっていたのではと思います。 なのになぜ、あのタイミングで打ち切りになったのか? 打ち切りの理由は以下の2つと思われます。 打ち切り理由1、視聴率の低下 これはスラムダンク自体の人気の低下による視聴率低下ではなく、裏番組に圧された事による視聴率低下と言われています。 ちなみに、当時のスラムダンクの裏番組は『筋肉番付』でした。 元々は深夜帯に放送していた『筋肉番付』がスラムダンクと同じ、土曜日のゴールデンに進出してきたことが、打ち切りの要因の1つになったと考えられます。 打ち切り理由2、原作の先行き不鮮明さ アニメ終了時の原作漫画は単行本でいうとこの28巻あたりで、ちょうど山王戦の後半あたりでした。 なので、原作にアニメが追い付きそうな状況ではなかったわけです。 にも関わらず打ち切りになったのは、やはり原作が先行き不明になったことが大きいと思われます。 このまま山王戦の後も原作が続くことが決まっていれば、わざわざ打ち切りにするこもなかったでしょう。 有名な話ですが当時、作者と編集部の間には、確執がありました。 編集部は作品を引き延ばそうとして、作者はそれに相反する考えで、無理やり山王戦で原作を連載終了することに。 ちょうど番組改編の時期も近かったため、漫画にはないオリジナルストーリーで間を持たせた。 これが、アニメ・スラムダンク打ち切りの理由です。 やはり、1番の理由は、作者と編集部の確執だと思います。 連載がどこまで続くかわからない状況、番組改編時期、裏番組の「筋肉番付」のゴールデン進出、ここらへんが重なって打ち切りになったんですね。 もし、1つでもタイミングがズレていれば、山王戦やインターハイも見れていたかもしれません。 そう思うと、よりアニメ版の全国編が見たくなりますね(泣) スポンサーリンク 山王戦はアニメ化されないのか? これはもうスラダンファンなら是が非でも見たいとこですが、アニメ化は難しいかもしれません。 というのも、実は作者の井上氏はアニメ化に否定的だからです。 放送当時は、アニメの出来の悪さに腹を立てていたという話があるくらいですから。 なので、どんなにオファーがあったとしても、作者の井上氏がゴーサインを出すとは考えづらいです。 確かにアニメ版を見てると、あの山王戦の雰囲気をアニメで出すのは難しいだろうなとも感じます。 山王戦の最終盤はセリフすらなく画力だけで描かれていますが、あのシーンをアニメでは再現不可能だと思いますので。 いずれにしても作者の気持ち次第だと思います。 アニメ化を望むスラダンファンの声は未だに根強くありますから、作者の気が変わることがないとは言えないし、あるとも言い難い。 スラダンファンはその時をまつしかありませんね。 山王戦のおすすめ動画 それでは最後に山王戦のおすすめ動画をまとめたいと思います。

次の