ストック ヤード diy。 コンクリート擁壁 ~屋内外を問わず、あらゆるヤードに対応しています~

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

ストック ヤード diy

洗濯物干しスペースと家事作業などができるスペースを確保して。 一時保管の場所としても使いやすい。 [サンフィール3 テラス囲い スタンダードタイプ 床納まり フラット型 屋根ふき材:ポリカ (トーメイマット) 部分囲い:側面 H2] サービスヤードとは、勝手まわりの庭のこと。 一般的に、キッチンや勝手口の周辺に設けられる屋外スペースを指します。 洗濯や物干し場、ゴミの一時置き場や屋外用品の収納などとして使われる場所で、主に家事に関わる物の収納や作業をするスペースです。 一時保管場所、収納スペースとしてストックヤードなどと呼ばれることもあります。 サービスヤードと意識しなくても、勝手口の脇スペースに、収集日までのゴミを置いておいたり、庭の掃除用具などを収納するような物置を設置している方も多いかもしれません。 しかし、空間があっても、裏庭スペースというイメージから、ただゴミ箱や物置を置くだけで、上手に活用されていないケースも多くみられるようです。 メリットは、家事効率や日々暮らしの使い勝手がアップすること 勝手口付近にデッキと屋根を設けることで、日々の使い勝手も高まる。 [アウタールーフ 正面デザインパネル 7型 外観 MM H2] 新築やリフォームの際には、家事のしやすさに配慮することは重要なポイントのひとつ。 しかし、日常の細かな使い勝手まで、なかなか思い描けず、暮らしを始めてから、ちょっとした不便さや小さな不満を感じることもあるようです。 特に、洗濯物干し場やゴミの一時保管、ガーデニング用品の収納、ショッピングカートや三輪車、ペット用品の置き場など、事前に思い至らず、確保できないことも多く、室内外が雑多な印象になってしまうケースも。 これら細かな使い勝手の悪さは、裏方空間であるサービスヤードを確保しておくことで、解決できる場合もあるでしょう。 サービスヤードのプランニングのポイント 新築の際には、エクステリアプランはどうしても後まわしになりがち。 特に裏方スペースは、じっくりと検討することも難しいかもしれませんが、事前に考え、スペースを確保しておくことで、暮らしやすさはアップするものです。 家事動線を考慮する 勝手口から行き来しやすく、庭への動線も確保。 自転車の置き場にもなるので、雨の日も安心。 [ストックヤード2 ドア付きセットL 内観説明用 H2] サービスヤードのプランニングは、家事動線に配慮することが基本。 新しい住まいでは、どのような動き方をするのか、間取り上でイメージすることが大切でしょう。 勝手口やキッチン周辺などからの行き来、門扉やカーポート、庭からの距離など、建物の配置や間取りプランと同時に検討することが大切です。 日常の暮らしをイメージして、必要な空間を確保するようにしましょう。 プライバシー保護のため、洗濯物やゴミ箱など、周囲から直接見えないような配慮することも必要でしょう。 屋外との行き来もしやすい引き戸タイプの扉やスロップシンクも使い勝手がいい。 [TOSTEM アルミ樹脂複合タイプ 土間納まり 内観 クリエペールP] 裏方のスペースは、作業内容や収納するものによっては、必ずしも屋外でなくてもいいかもしれません。 半屋外のような空間とすることも考えられますし、テラスを囲うようなプランであったり、屋内に土間スペースを取り入れてもいいでしょう。 ゴミの仮置き場、根菜類など簡単な収納スペースがあると便利でしょう。 サービスヤードにあると便利な設備・建材アイテム 勝手口から行き来できるスペースと部屋から行き来できるスペースを確保。 多様な用途に用いることができる。 [サニージュ 部分囲い(1階)] スペースを確保できたら、使い方や作業内容、収納物に合わせて、必要な設備機器や建材を設置しておくと使い勝手も高まります。 水栓やコンセントなど、庭やカーポートでも設置したいアイテムは、共有するのか、それぞれで設置するのか、全体のプランに合わせて検討するようにしましょう。 建物本体としてプランニングしてもいいですし、後付けタイプの商品でも。 太陽光を通す屋根材であれば、明るさを確保でき、洗濯物も乾きやすいでしょう。 雑巾やペット用品などを乾かす場としても便利です。 スポーツ用品やペット用品、カー用品、泥付きの野菜などを洗う際にも使い勝手がいいでしょう。 設置位置は他の作業などを考慮して決めるようにしましょう。 プライバシーに配慮しつつ、明るさも確保できるように工夫したい。 冬場に植物の一時避難場所、簾の保管場所など、季節ごとに必要なスペースも考えておきましょう。 スペースにゆとりがあれば、設けておくと作業もはかどります。 すっきりとした住まいを実現するため必要な裏方スペース 家事のしやすい住まいをつくるためには、キッチンやパントリー、ユーティリティスペースなどにも十分に配慮することが大切ですが、使いやすい裏方スペースを屋外に設けることで、すっきりとした心地よい暮らしが実現できるケースもあるものです。 新築やリフォームの際には、ライフスタイルや敷地条件に合わせたサービスヤードを検討してみてはいかがでしょうか。 【関連記事】•

次の

ストックヤード?屋根付きテラス?

ストック ヤード diy

A ベストアンサー 全てストックヤードの外に設置します。 例えばストックヤードの中にキッチンの換気扇があるとします。 この場合は キッチンから出る煙や熱がストックヤード内に籠り、洗濯物を干してある時 は臭いが衣類に付着します。 臭くてストックヤードには入りたくない気分に なるでしょうね。 浴槽の湯気をだす時も、湿気を強制排気させているのでストックヤード内は 湿度が高くなり、洗濯物も乾きがわるくなりますし、カビも生えやすくなり ます。 室外機も基本は屋外です。 ストックヤードは室内ではありませんが、基本と しては屋内扱いになります。 室外機は熱交換をしていますから、場合によっ ては冷暖房の能力が低下してしまう事もあります。 もちろん浴室からの湯気 も排出されていますので、どうしても湿度が高くなり室外機も錆びやすくな ります。 室外機を交換するとなると、驚くほど高いですよ。 とにかくストックヤード内には、換気扇などが無い事が基本です。 キッチンの換気扇の場合は、蛇腹式の管を使って屋外に出し、出した部分に 新たに換気扇フードを付けて雨が降り込まないようにします。 浴室換気扇の場合は、ブリキやステンレス製の管を使用し、ストックヤード の屋根に穴を開け、そこから管を出して先にH型の煙突を付けます。 これは 灯油ボイラーを設置する時と同じ方法です。 エアコンの室外機は、何があっても屋外が原則です。 室外機から出る風は、 相当に強いので、室外機の前に何かを置いたら吹き飛ばされます。 また埃も 多く立ちますから、雨の日は洗濯物は干せないでしょうね。 室外機の上にキッチンの換気扇口を付けるしか手が無い時は、室外機の上に 樹脂製波板で屋根を作り、換気扇から出る油分や水分が落ちないように工夫 すれば、特に問題はありません。 浴室換気扇の場合は、キッチン用換気扇より力が弱いので、出来るだけ管の 長さを短くする事が必要ですから、屋外の壁に出すのではなく屋根に穴を開 けて煙突を作るわけです。 全てストックヤードの外に設置します。 例えばストックヤードの中にキッチンの換気扇があるとします。 この場合は キッチンから出る煙や熱がストックヤード内に籠り、洗濯物を干してある時 は臭いが衣類に付着します。 臭くてストックヤードには入りたくない気分に なるでしょうね。 浴槽の湯気をだす時も、湿気を強制排気させているのでストックヤード内は 湿度が高くなり、洗濯物も乾きがわるくなりますし、カビも生えやすくなり ます。 室外機も基本は屋外です。 ストックヤードは室内ではありませんが、基本と... Q 屋外にストックヤード(テラス?)を検討しています。 ただ、前面パネルは設置しますが 両側面は設置しませんので 両側からの風通しがあります。 目的は優先度の高い順に 1、洗濯物を干す 2、ゴミ置き場 3、物置代わり 4、立水栓を設置して雨でも塗れずに雑巾など洗える です。 気になるのは物置代わりになるのかなーと・・・。 もし物置代わりにならなかったら、小さめのストックヤード+物置に変更しようと思ってます。 物置代わりになるようでしたら、大きめのストックヤードにしてしまおうという考えです。 ストックヤード、物置、テラスなどご自宅で使用されているかた 使い勝手やその他アドバイスがあればお願いいたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんにちは。 拙宅で、屋根付壁なし(1面は家と接しているので、3方吹き抜け)の建物を後から立てました。 1.自転車置き場 2.物置 3.雨の日のDIY場所 4.洗濯物干し のつもりでしたが、自転車置き場以外は今ひとつ使用されない結果となりました。 3,4は位置的な問題(北側でお隣さんのすぐ横)もありますが、2はなかなか使いにくいです。 1つはどうしても少しは雨があたることと、棚などをしっかりつけないと、平置きになってしまい、使い勝手がよくありません。 棚をつくると壁が必要になりますし、そうでなければこのヤードの下にガーデンシェッドのようなものを設置しないと、なかなかものが置けません。 倉庫はよど物置を別途設置しました。 A ベストアンサー 切断穴あけ溶接が可能ならできるかもしれませんね。 鉄と木の取りつけは一般に、角パイで作った枠や梁にクギ穴を開けた板を溶接しておき、そこに木材をクギ止めかと思います。 既設建物から取り出す場合は外壁に横梁を取り付けますが、外壁の防水をきちんとしないといけません、可能な限り近づけて独立と言う手もあります。 考え方ですが・・鉄角パイよりも木の角材に防腐剤付きの方が長持ちする場合もあります。 ご存知と思いますが、塗装付き鉄角パイも内側は無塗装であり、実際問題として塗装ができません、季節の温度差などで内側からサビてきますがどうしようもありません、小口を密閉しても時間は延びますが同じです。 鉄骨建築のような本格的な肉厚の角パイや軽量でもメッキ付きならまだいいですが、普通の塗装軽量角パイなら・・と言う話です。 木角柱の基礎部の付け根の腐食防止なら、鉄メッキかステンレスなどで角材がきっちりはまるサヤ状の箱を作って木をはめこんで金属部分を埋めるとか、既製品の四角い穴付きのつか石を使う手もあります。 高価だと思いますが、下屋として、既製品のアルミの製品もあると思います。 金額的には何ともいえません、作り方しだいでしょうか。 DIYで作るなら木がお勧めです、後からの改造も楽ですし、金具、クギやスクリューで施工できますし、さびがでませんから。 1番はまず設計ですね、それがしっかりしていれば部材長や加工も無駄なく、組み立て式でいけます。 DIYですから、作りながら考えるというのもアリですが。 切断穴あけ溶接が可能ならできるかもしれませんね。 鉄と木の取りつけは一般に、角パイで作った枠や梁にクギ穴を開けた板を溶接しておき、そこに木材をクギ止めかと思います。 既設建物から取り出す場合は外壁に横梁を取り付けますが、外壁の防水をきちんとしないといけません、可能な限り近づけて独立と言う手もあります。 考え方ですが・・鉄角パイよりも木の角材に防腐剤付きの方が長持ちする場合もあります。 ご存知と思いますが、塗装付き鉄角パイも内側は無塗装であり、実際問題として塗装ができません... A ベストアンサー 経年後コンクリを剥がす・・・ という事は厚いコンクリを敷くのではなく 数センチ程度の薄いコンクリを敷くという想定ですよね? それであればひび割れは絶対起こってしまうので 少し想像に矛盾が感じられます。 コンクリというのは柔軟性が無いので想像よりも簡単にひび割れを起こします。 その為、柔軟性のある鉄筋をコンクリの中に入れて強度を確保する訳ですが 「ひび割れを起こさないコンクリ」を望むなら コンクリの厚みもかなりの厚さを必要としますし その様な造りにするなら、経年後剥がす・・というような発想は除外しなければなりません。 まずは、そこの矛盾に対してどちらを優先するのか 再検討する必要があるように思われます。 そして、料金に関しても薄くコンクリを敷いて様子を見るのか、 ひび割れを起こさないように厚くしっかりとしたコンクリにするのかで コンクリの量も鉄筋などの組み方も変わるので あなたの想定次第で値段もかなりの開きが出てしまい 誰にもちゃんとした答えは出せないと思います。 私からのアドバイスとしては、 コンクリで固めるという発想に対して ひび割れは起こさせたくない!(コンクリを厚く敷く?) 経年後コンクリを剥がす(コンクリを剥がしやすいように薄く敷く?) という相反する想定をしているようなので 見た目&劣化後の処理を今から想定しているのであれば コンクリを敷くという発想自体を取りやめて その他の方法を再検討してみるのが一番だと感じます。 お好みに合うかどうか解りませんが 経年後、剥がすという事を考慮出来て、 見た目も良くしたいというのであれば コンクリートよりは「樹脂系弾性舗装」の方が あなたの望みに叶うような気がします。 これはアスファルト舗装のゴム素材バージョンなのですが 最近では公園などで使われるようになってきており、 フカフカした歩きごこち(安全性)と彩色も比較的自由になるので 見た目的にも自由がきく方法です。 これだとコンクリの様にひび割れを気にする必要もありませんし 経年後の剥離もコンクリよりかなり楽になります。 再検討の候補として検討してみてください。 こんな感じのものになります。 nipponroad. htm 経年後コンクリを剥がす・・・ という事は厚いコンクリを敷くのではなく 数センチ程度の薄いコンクリを敷くという想定ですよね? それであればひび割れは絶対起こってしまうので 少し想像に矛盾が感じられます。 コンクリというのは柔軟性が無いので想像よりも簡単にひび割れを起こします。 その為、柔軟性のある鉄筋をコンクリの中に入れて強度を確保する訳ですが 「ひび割れを起こさないコンクリ」を望むなら コンクリの厚みもかなりの厚さを必要としますし その様な造りにするなら、経年後剥がす・・というよ... A ベストアンサー こんにちは。 ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。 根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか? 積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは ? お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水 の入れ方が多いような気がします。 モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。 何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい いと思います。 固まるまで次の日まで待ちます。 基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。 コレを水糸といいます。 この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に 前もって出しておきます。 このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。 この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り に積んでもまっすぐには絶対に積めません。 ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ うに決めていきます。 当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・ またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。 landes. htm こんにちは。 ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。 根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか? 積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは ? お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水 の入れ方が多いような気がします。 モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。 何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい い... Q 現在新築中です。 うちの近くでもトタンで同じように作られているのをよく見かけるのですが、ハウスメーカーに依頼したところ、違法にあたるのでうちでは付けられないと言われてしまいました。 何とか抜け道はないかと担当の方が考えて下さったものの無理なようです。 つまり私がよく見かけていた屋根は検査後に付けられたということだと思います。 同じ様に検査後、取り付けをと思ったのですが、壁に穴を空けると今度はハウスメーカーの方で保障から外れてしまうようです。 穴を空けずになんとか屋根を付けられる方法はないでしょうか? お力をお貸し下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー >依頼したところ、違法にあたるのでうちでは付けられないと… 廊下を造ること自体は問題ありませんが、屋根と壁があれば建物と認定されますから、建坪率などの観点から問題になるということでしょう。 そんな悠長なことをいっていられないというのなら、独立した廊下にすればよいのです。 母屋と接しているだけで、結合はしていないという状態です。 もちろん、大雨になったときは接する部分で多少の雨漏りはするかと思いますが、ザアーザアー降りの時にゴミ出しには行かないでしょう。 A ベストアンサー 非常にファジーな問題ですね。 課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。 (1)面積で判断する。 10m2以下は無視するとか。 わが町はこのパターンだと聞きました。 (10m2は例で、面積はマチマチ。 ) (2)固定度で判断する。 ブロックの上に置いてあるだけならOK。 アンカーなりで固定されていればアウト。 (3)任意に移動できるかで判断する。 かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。 その他はアウト。 ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。 (4)金額で判断する。 評価額が30万円を超えるようならアウト。 評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。 (30万円は例で、金額はバラバラ。 ) などでしょうか。 要するに、バラバラです。 どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。 市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。 統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。 ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。 非常にファジーな問題ですね。 課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。 (1)面積で判断する。 10m2以下は無視するとか。 わが町はこのパターンだと聞きました。 (10m2は例で、面積はマチマチ。 ) (2)固定度で判断する。 ブロックの上に置いてあるだけならOK。 アンカーなりで固定されていればアウト。 (3)任意に移動できるかで判断する。 かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。 その他はアウト。 ユニットハウスと言われる物はOKですが、... goo. html 色々なアイディアをいただいたなかから、「イレクター」というものに非常に興味をもちました。 あるいは、『コンクリートのベース』みたいな物を使って、物干し台のように立たせたりはできないのでしょうか…。 (イレクターの専門部品にはそういった部品はないようでした。 ) フェンスを立たせたい部分は、『地面から5cm位の高さの基礎ブロック』に沿って、18mです。 フェンスにするにはちょっと長さがありすぎでしょうか。 (倒れるかも?)高さはそれほど問題ないかなと思うのですが…。 わりと風の強い地域なんです。 また、イレクターだけでもこれだけでざっとどのくらいの費用がかかるでしょうか。 よろしくお願いします。 goo. html 色々なアイディアをいただいたなかから、「イレクター」というものに非常に興味をもちました。 A ベストアンサー こんにちは。 コンクリート地盤に木製の柱を立てる、ということですよね。 いろいろ方法があるかも知れませんが、私が勧めるのは金具を使うという方法です。 金具はホームセンターなどで売っていると思います。 金具に柱を取り付ける方法はホームセンターなどで聞いてもらったほうが良いと思います。 電動工具もレンタルできると思います。 施工方法として 1 金具をコンクリート地盤に置き、穴あけ位置を罫書きます。 2 コンクリートドリルでコンクリート地盤に1カ所穴をあけます。 3 コンクリートアンカーをハンマーで打ち込みます。 アンカーには雌ねじタイプと雄ねじタイプの物がありますが、やりやすいのは雄ねじタイプだと思います。 4 コンクリートアンカーが確実に打ち込めたら金具を仮締めします。 次いで2個目の穴をあけます。 3 項を行います。 2個目も仮締めします。 5 3 ~ 4 項を必要数(多分片側4個計8個だと思いますが。 )繰り返します。 全数、本締めします。 これを実際の場所に立てて金具の固定位置を決めます。 こうすると穴あけ位置がずれません。 アンカーは短い物でも30mmの打ち込み深さが必要です。 材質はステンレスが最も良いでしょう。 回転しているキリなどに軍手が巻き込まれて怪我をする場合があるからです。 コンクリートの暑さが薄い場合(大体50mm以下)はコンクリートが割れたりしてコンクリートアンカーが効かない場合がありますの。 この場合はコンクリートをはつって(壊して)金具を置き、新たなコンクリートを流し固めるという手法になってしまいます。 こんにちは。 コンクリート地盤に木製の柱を立てる、ということですよね。 いろいろ方法があるかも知れませんが、私が勧めるのは金具を使うという方法です。 金具はホームセンターなどで売っていると思います。 金具に柱を取り付ける方法はホームセンターなどで聞いてもらったほうが良いと思います。 電動工具もレンタルできると思います。 施工方法として 1 金具をコンクリート地盤に置き、穴あけ位置を罫書きます。 2 コンクリートドリルでコンクリート地盤に1カ所穴をあけます。 キリ(ドリルビット)は色...

次の

DIYでストックヤードを作る~構想設計編~: 青いおうち 注文住宅/DIY/外構/インテリア

ストック ヤード diy

A ベストアンサー 全てストックヤードの外に設置します。 例えばストックヤードの中にキッチンの換気扇があるとします。 この場合は キッチンから出る煙や熱がストックヤード内に籠り、洗濯物を干してある時 は臭いが衣類に付着します。 臭くてストックヤードには入りたくない気分に なるでしょうね。 浴槽の湯気をだす時も、湿気を強制排気させているのでストックヤード内は 湿度が高くなり、洗濯物も乾きがわるくなりますし、カビも生えやすくなり ます。 室外機も基本は屋外です。 ストックヤードは室内ではありませんが、基本と しては屋内扱いになります。 室外機は熱交換をしていますから、場合によっ ては冷暖房の能力が低下してしまう事もあります。 もちろん浴室からの湯気 も排出されていますので、どうしても湿度が高くなり室外機も錆びやすくな ります。 室外機を交換するとなると、驚くほど高いですよ。 とにかくストックヤード内には、換気扇などが無い事が基本です。 キッチンの換気扇の場合は、蛇腹式の管を使って屋外に出し、出した部分に 新たに換気扇フードを付けて雨が降り込まないようにします。 浴室換気扇の場合は、ブリキやステンレス製の管を使用し、ストックヤード の屋根に穴を開け、そこから管を出して先にH型の煙突を付けます。 これは 灯油ボイラーを設置する時と同じ方法です。 エアコンの室外機は、何があっても屋外が原則です。 室外機から出る風は、 相当に強いので、室外機の前に何かを置いたら吹き飛ばされます。 また埃も 多く立ちますから、雨の日は洗濯物は干せないでしょうね。 室外機の上にキッチンの換気扇口を付けるしか手が無い時は、室外機の上に 樹脂製波板で屋根を作り、換気扇から出る油分や水分が落ちないように工夫 すれば、特に問題はありません。 浴室換気扇の場合は、キッチン用換気扇より力が弱いので、出来るだけ管の 長さを短くする事が必要ですから、屋外の壁に出すのではなく屋根に穴を開 けて煙突を作るわけです。 全てストックヤードの外に設置します。 例えばストックヤードの中にキッチンの換気扇があるとします。 この場合は キッチンから出る煙や熱がストックヤード内に籠り、洗濯物を干してある時 は臭いが衣類に付着します。 臭くてストックヤードには入りたくない気分に なるでしょうね。 浴槽の湯気をだす時も、湿気を強制排気させているのでストックヤード内は 湿度が高くなり、洗濯物も乾きがわるくなりますし、カビも生えやすくなり ます。 室外機も基本は屋外です。 ストックヤードは室内ではありませんが、基本と... Q 屋外にストックヤード(テラス?)を検討しています。 ただ、前面パネルは設置しますが 両側面は設置しませんので 両側からの風通しがあります。 目的は優先度の高い順に 1、洗濯物を干す 2、ゴミ置き場 3、物置代わり 4、立水栓を設置して雨でも塗れずに雑巾など洗える です。 気になるのは物置代わりになるのかなーと・・・。 もし物置代わりにならなかったら、小さめのストックヤード+物置に変更しようと思ってます。 物置代わりになるようでしたら、大きめのストックヤードにしてしまおうという考えです。 ストックヤード、物置、テラスなどご自宅で使用されているかた 使い勝手やその他アドバイスがあればお願いいたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんにちは。 拙宅で、屋根付壁なし(1面は家と接しているので、3方吹き抜け)の建物を後から立てました。 1.自転車置き場 2.物置 3.雨の日のDIY場所 4.洗濯物干し のつもりでしたが、自転車置き場以外は今ひとつ使用されない結果となりました。 3,4は位置的な問題(北側でお隣さんのすぐ横)もありますが、2はなかなか使いにくいです。 1つはどうしても少しは雨があたることと、棚などをしっかりつけないと、平置きになってしまい、使い勝手がよくありません。 棚をつくると壁が必要になりますし、そうでなければこのヤードの下にガーデンシェッドのようなものを設置しないと、なかなかものが置けません。 倉庫はよど物置を別途設置しました。 A ベストアンサー 切断穴あけ溶接が可能ならできるかもしれませんね。 鉄と木の取りつけは一般に、角パイで作った枠や梁にクギ穴を開けた板を溶接しておき、そこに木材をクギ止めかと思います。 既設建物から取り出す場合は外壁に横梁を取り付けますが、外壁の防水をきちんとしないといけません、可能な限り近づけて独立と言う手もあります。 考え方ですが・・鉄角パイよりも木の角材に防腐剤付きの方が長持ちする場合もあります。 ご存知と思いますが、塗装付き鉄角パイも内側は無塗装であり、実際問題として塗装ができません、季節の温度差などで内側からサビてきますがどうしようもありません、小口を密閉しても時間は延びますが同じです。 鉄骨建築のような本格的な肉厚の角パイや軽量でもメッキ付きならまだいいですが、普通の塗装軽量角パイなら・・と言う話です。 木角柱の基礎部の付け根の腐食防止なら、鉄メッキかステンレスなどで角材がきっちりはまるサヤ状の箱を作って木をはめこんで金属部分を埋めるとか、既製品の四角い穴付きのつか石を使う手もあります。 高価だと思いますが、下屋として、既製品のアルミの製品もあると思います。 金額的には何ともいえません、作り方しだいでしょうか。 DIYで作るなら木がお勧めです、後からの改造も楽ですし、金具、クギやスクリューで施工できますし、さびがでませんから。 1番はまず設計ですね、それがしっかりしていれば部材長や加工も無駄なく、組み立て式でいけます。 DIYですから、作りながら考えるというのもアリですが。 切断穴あけ溶接が可能ならできるかもしれませんね。 鉄と木の取りつけは一般に、角パイで作った枠や梁にクギ穴を開けた板を溶接しておき、そこに木材をクギ止めかと思います。 既設建物から取り出す場合は外壁に横梁を取り付けますが、外壁の防水をきちんとしないといけません、可能な限り近づけて独立と言う手もあります。 考え方ですが・・鉄角パイよりも木の角材に防腐剤付きの方が長持ちする場合もあります。 ご存知と思いますが、塗装付き鉄角パイも内側は無塗装であり、実際問題として塗装ができません... A ベストアンサー 経年後コンクリを剥がす・・・ という事は厚いコンクリを敷くのではなく 数センチ程度の薄いコンクリを敷くという想定ですよね? それであればひび割れは絶対起こってしまうので 少し想像に矛盾が感じられます。 コンクリというのは柔軟性が無いので想像よりも簡単にひび割れを起こします。 その為、柔軟性のある鉄筋をコンクリの中に入れて強度を確保する訳ですが 「ひび割れを起こさないコンクリ」を望むなら コンクリの厚みもかなりの厚さを必要としますし その様な造りにするなら、経年後剥がす・・というような発想は除外しなければなりません。 まずは、そこの矛盾に対してどちらを優先するのか 再検討する必要があるように思われます。 そして、料金に関しても薄くコンクリを敷いて様子を見るのか、 ひび割れを起こさないように厚くしっかりとしたコンクリにするのかで コンクリの量も鉄筋などの組み方も変わるので あなたの想定次第で値段もかなりの開きが出てしまい 誰にもちゃんとした答えは出せないと思います。 私からのアドバイスとしては、 コンクリで固めるという発想に対して ひび割れは起こさせたくない!(コンクリを厚く敷く?) 経年後コンクリを剥がす(コンクリを剥がしやすいように薄く敷く?) という相反する想定をしているようなので 見た目&劣化後の処理を今から想定しているのであれば コンクリを敷くという発想自体を取りやめて その他の方法を再検討してみるのが一番だと感じます。 お好みに合うかどうか解りませんが 経年後、剥がすという事を考慮出来て、 見た目も良くしたいというのであれば コンクリートよりは「樹脂系弾性舗装」の方が あなたの望みに叶うような気がします。 これはアスファルト舗装のゴム素材バージョンなのですが 最近では公園などで使われるようになってきており、 フカフカした歩きごこち(安全性)と彩色も比較的自由になるので 見た目的にも自由がきく方法です。 これだとコンクリの様にひび割れを気にする必要もありませんし 経年後の剥離もコンクリよりかなり楽になります。 再検討の候補として検討してみてください。 こんな感じのものになります。 nipponroad. htm 経年後コンクリを剥がす・・・ という事は厚いコンクリを敷くのではなく 数センチ程度の薄いコンクリを敷くという想定ですよね? それであればひび割れは絶対起こってしまうので 少し想像に矛盾が感じられます。 コンクリというのは柔軟性が無いので想像よりも簡単にひび割れを起こします。 その為、柔軟性のある鉄筋をコンクリの中に入れて強度を確保する訳ですが 「ひび割れを起こさないコンクリ」を望むなら コンクリの厚みもかなりの厚さを必要としますし その様な造りにするなら、経年後剥がす・・というよ... A ベストアンサー こんにちは。 ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。 根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか? 積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは ? お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水 の入れ方が多いような気がします。 モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。 何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい いと思います。 固まるまで次の日まで待ちます。 基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。 コレを水糸といいます。 この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に 前もって出しておきます。 このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。 この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り に積んでもまっすぐには絶対に積めません。 ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ うに決めていきます。 当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・ またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。 landes. htm こんにちは。 ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。 根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか? 積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは ? お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水 の入れ方が多いような気がします。 モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。 何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい い... Q 現在新築中です。 うちの近くでもトタンで同じように作られているのをよく見かけるのですが、ハウスメーカーに依頼したところ、違法にあたるのでうちでは付けられないと言われてしまいました。 何とか抜け道はないかと担当の方が考えて下さったものの無理なようです。 つまり私がよく見かけていた屋根は検査後に付けられたということだと思います。 同じ様に検査後、取り付けをと思ったのですが、壁に穴を空けると今度はハウスメーカーの方で保障から外れてしまうようです。 穴を空けずになんとか屋根を付けられる方法はないでしょうか? お力をお貸し下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー >依頼したところ、違法にあたるのでうちでは付けられないと… 廊下を造ること自体は問題ありませんが、屋根と壁があれば建物と認定されますから、建坪率などの観点から問題になるということでしょう。 そんな悠長なことをいっていられないというのなら、独立した廊下にすればよいのです。 母屋と接しているだけで、結合はしていないという状態です。 もちろん、大雨になったときは接する部分で多少の雨漏りはするかと思いますが、ザアーザアー降りの時にゴミ出しには行かないでしょう。 A ベストアンサー 非常にファジーな問題ですね。 課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。 (1)面積で判断する。 10m2以下は無視するとか。 わが町はこのパターンだと聞きました。 (10m2は例で、面積はマチマチ。 ) (2)固定度で判断する。 ブロックの上に置いてあるだけならOK。 アンカーなりで固定されていればアウト。 (3)任意に移動できるかで判断する。 かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。 その他はアウト。 ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。 (4)金額で判断する。 評価額が30万円を超えるようならアウト。 評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。 (30万円は例で、金額はバラバラ。 ) などでしょうか。 要するに、バラバラです。 どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。 市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。 統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。 ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。 非常にファジーな問題ですね。 課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。 (1)面積で判断する。 10m2以下は無視するとか。 わが町はこのパターンだと聞きました。 (10m2は例で、面積はマチマチ。 ) (2)固定度で判断する。 ブロックの上に置いてあるだけならOK。 アンカーなりで固定されていればアウト。 (3)任意に移動できるかで判断する。 かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。 その他はアウト。 ユニットハウスと言われる物はOKですが、... goo. html 色々なアイディアをいただいたなかから、「イレクター」というものに非常に興味をもちました。 あるいは、『コンクリートのベース』みたいな物を使って、物干し台のように立たせたりはできないのでしょうか…。 (イレクターの専門部品にはそういった部品はないようでした。 ) フェンスを立たせたい部分は、『地面から5cm位の高さの基礎ブロック』に沿って、18mです。 フェンスにするにはちょっと長さがありすぎでしょうか。 (倒れるかも?)高さはそれほど問題ないかなと思うのですが…。 わりと風の強い地域なんです。 また、イレクターだけでもこれだけでざっとどのくらいの費用がかかるでしょうか。 よろしくお願いします。 goo. html 色々なアイディアをいただいたなかから、「イレクター」というものに非常に興味をもちました。 A ベストアンサー こんにちは。 コンクリート地盤に木製の柱を立てる、ということですよね。 いろいろ方法があるかも知れませんが、私が勧めるのは金具を使うという方法です。 金具はホームセンターなどで売っていると思います。 金具に柱を取り付ける方法はホームセンターなどで聞いてもらったほうが良いと思います。 電動工具もレンタルできると思います。 施工方法として 1 金具をコンクリート地盤に置き、穴あけ位置を罫書きます。 2 コンクリートドリルでコンクリート地盤に1カ所穴をあけます。 3 コンクリートアンカーをハンマーで打ち込みます。 アンカーには雌ねじタイプと雄ねじタイプの物がありますが、やりやすいのは雄ねじタイプだと思います。 4 コンクリートアンカーが確実に打ち込めたら金具を仮締めします。 次いで2個目の穴をあけます。 3 項を行います。 2個目も仮締めします。 5 3 ~ 4 項を必要数(多分片側4個計8個だと思いますが。 )繰り返します。 全数、本締めします。 これを実際の場所に立てて金具の固定位置を決めます。 こうすると穴あけ位置がずれません。 アンカーは短い物でも30mmの打ち込み深さが必要です。 材質はステンレスが最も良いでしょう。 回転しているキリなどに軍手が巻き込まれて怪我をする場合があるからです。 コンクリートの暑さが薄い場合(大体50mm以下)はコンクリートが割れたりしてコンクリートアンカーが効かない場合がありますの。 この場合はコンクリートをはつって(壊して)金具を置き、新たなコンクリートを流し固めるという手法になってしまいます。 こんにちは。 コンクリート地盤に木製の柱を立てる、ということですよね。 いろいろ方法があるかも知れませんが、私が勧めるのは金具を使うという方法です。 金具はホームセンターなどで売っていると思います。 金具に柱を取り付ける方法はホームセンターなどで聞いてもらったほうが良いと思います。 電動工具もレンタルできると思います。 施工方法として 1 金具をコンクリート地盤に置き、穴あけ位置を罫書きます。 2 コンクリートドリルでコンクリート地盤に1カ所穴をあけます。 キリ(ドリルビット)は色...

次の