アキラコンチネンタルフィーバー嫁。 アキラ、元JKT48妻出産に「大きなパワーを」

2019年に資産が激増した「とんでもない芸人」ドン底から「逆玉の輿」

アキラコンチネンタルフィーバー嫁

快挙なのですが、知らない人には何のこっちゃだと思いますので、簡単に説明します。 歌手のポールポッツさんや、スーザンボイルさんを覚えていますか?結構話題になったので知っている人もいらっしゃるかと思います。 参加者は舞台上で歌、ダンス、手品、コメディやらのパフォーマンスを行い、審査員による判定で、次のステージへ進めるかが決まります。 シーズン1ではアジア各国から事前審査を勝ち抜いた24組のパフォーマーが参加できたのですが、その中に日本人も参加しています。 ダブルダッチパフォーマンスチームのAltType。 アニメーションダンスチームのタイムマシーン。 同じくアニメーションダンスチームのTriqstar。 彼らはファイナルまで進出しましたが、惜しくも優勝は逃しました。 そしてタンバリン芸人のゴンゾーさん。 音楽に合わせてタンバリンを自在に操り、リズム良く全身で叩き、サビでは顔を引っ叩きまくる 笑 個人的にはゴンゾーさんが一番好きでした 笑 その人気番組のシーズン2が、この10月から始まっています。 シーズン2の審査員はシーズン1に続いてセリーヌディオンさんなどを見出したカナダの音楽プロデューサーであるデイヴィッド・フォスターさん。 同じくシーズン1からで、ヨーロッパで活躍するインドネシア人歌手のアングンさん。 そして今シーズンから新しく、日本でも有名になった2PMの元リーダー、パク・ジェボムさんの3名。 ゴールデンブザーというのは審査員が各ステージで一回だけ使える即合格ボタンです。 これを審査員が押すと、視聴者投票関係なく、その場で次のステージへの進出が決定します。 ちなみに、過去に日本人の獲得者がおり、シーズン1ではダンスチームのタイムマシーンがゴールデンブザーを獲得しています。 彼らの手術をイメージしたアニメーションダンスは圧巻でした。 Akira Kimuraさんのパフォーマンス そんなゴールデンブザーを今回のシーズン2で日本人のAkira Kimuraさんが獲得しました!そのパフォーマンスはYoutubeの公式チャンネルで見られますので、早速ご覧ください。 アキラさんのネタはマジックをやって、そのネタバラシをするという感じです。 一見マジックですが、その裏のチープなトリックが笑えます。 どこかで見たことある芸風だなぁと思ったら、マギー司郎さんのような感じですね。 審査員、特にアングンさんと会場の観客にもめちゃめちゃ受けまくっています。 デイヴィッド・フォスターさんが、「日本の水には何か入っているんだ、本当に。 」と言えば、パク・ジェボムさんも、「手品の中の工夫はどれも、とてもクレバーで楽しくて面白い。 」とべた褒め。 そして、会場観客の熱い後押しもあって、アングンさんの手でゴールデンブザーが押されました。 手品とそのネタバラシというのはコミカルで、言葉をほとんど使わずとも外国の方にも受けるものなのですね。 友人も面白がっていました。 私自身小さい頃にマギー一門のネタを初めて見た時は腹を抱えて笑ったような記憶があります。 アジア各国の方々もそんな感じの面白さに出会えたのでしょう。 調べてみると、アキラ・コンチネンタル・フィーバーという芸名で、あらびき団などにも出られていたんですね。 そして、そこでマギー審司さんのモノマネをされていたそう。 なるほど、そこから今回の手品ネタもきているのかと納得。 インドネシアでの初めのうちは仕事もあまりなく、デング熱にかかったり、なかなかハードな生活をされていたそうですが、2017年になってからはインドネシア現地のドラマに出演したり、曲を出したり、本業のお笑いでも人気が出てきているそうです。 そんな話を知ると余計に興味が出てきます。 どんな世界でも、新しいことに挑戦している人は応援したくなります。 今回のゴールデンブザー獲得も良かったですね。 審査員のアングンさんも番組の中で言われていましたが、もっと面白くてクレイジーなネタをセミファイナルでは見せてもらいたいです。 他の日本人も健闘中! ちなみに、日本人ではお笑いコンビの「ゆんぼだんぷ」、全身タイツの3人組パフォーマンスチーム「3GAGA HEADS」がオーディションをクリアしています。 ゆんぼだんぷは良い意味でくだらねー 笑 って感じの裸ネタです。 デイヴィッドさんにはバツを食らいましたが、会場と他二人の審査員には大ウケでセミファイナル進出。 3 GAGA HEADSのパフォーマンスは、タイツを引っ張って形を変えてゴジラに変身したりと工夫と笑いがあって面白かったです。 こちらは逆にデイヴィッドさんがゴールデンブザーを押そうかと迷っていたほど。 どちらもYoutubeに公式ビデオがあるので、良かったら見てみてください。

次の

インドネシア住みます芸人が結婚 アキラ&ディアスタ「笑顔いっぱいの家庭を」

アキラコンチネンタルフィーバー嫁

手品師として活躍の マギー司郎さん。 本名は、野沢司郎さんと言います。 自身は9人兄弟の7番目で男の子の中では4番目ということから、「しろう」と名付けられたといいます。 右目の視力が生まれつきないのですが、村祭りで見た手品に魅了され手品師の道を志します。 そして1968年の自身が22歳となる年に、マギー信沢(のぶさわ)氏に弟子入りします。 師匠との出会いは、浅草の「新世界」というビルの1階の「マジックグッズ」を販売しているお店でした。 マギー司郎さんがグッズを見に出入りしていると、マギー信沢氏がそこのディーラーであることが分かり、「カバン持ちにしてください。 」とお願いしたそうです。 その師匠に「マギー司郎」という名前を名付けてもらい、現在の活躍に至ります。 では、本題です。 もくじ• マギー司郎の弟子が失踪? マギー司郎さんのお弟子さんは、みみがでっかくなっちゃったのネタでおなじみの「マギー審司」さんだけではありません。 マギー司郎&審司がマジック披露で手に汗握る展開に!? 弟子からのサプライズに師匠感涙… 「徹子の部屋」 — music. そして3番目がマギー審司さんです。 他にもお弟子さんは10人以上。 「シロー」という名前が一緒の響きだからなのか、話し方がにているのか、つぶやきシローさんも弟子なの?と思う方がいるようですが、つぶやきシローさんは、「マギー一門」ではありません。 失踪した弟子がいるという話は本当で、その弟子の名前は「マギー塁」さん。 マギー司郎さんとの待ち合わせに間に合わないと思い、そのまま失踪したのだそう。 マギー司郎さんがテレビで「おこらないから帰っておいで」と呼び掛けたところ、すぐに戻ってきたんだそうです。 テレビ公開捜査みたいですね(笑)。 マリックとの仲は? 今やマジック界の大御所、Mr. マリックさんもマギーさんにネタ習ったとか、マギーさんがネタを貰う方なのだとか(笑)。 Mr.マリック、師匠・マギー司郎と共演…10日BS朝日「お笑い演芸館」 — スポーツ報知 SportsHochi 営業先の横浜のホテルで控室が隣だったことから、マギー司郎さんが写真を撮らせて欲しいとMr. マリックさんの部屋を訪ねたことが初めての出会いでした。 マリックさんの控室に入れるマジシャンは娘とマギー司郎さんぐらいなんだそう。 今では、Mr. マリックさんとライブに登場したり、自宅に遊びに行ったりもする仲に。 お互い尊敬しあえる仲なのですね。 「ネタにつまると弟子から教えて貰う~」なんてMCもネタのひとつでしょうか(笑)。 一般的な手品というと、見ている人に「どうして?どうして?」となにかモヤモヤした気持ちが残るものですが、マギー司郎さんのネタばれにはくすっと笑ってしまいます。 しっかりとした手品をしても、すぐにネタ晴らしをしちゃうところも、笑いを誘います。 見ている人みんなが幸せな気持ちになっちゃうネタばかりですね。 嫁と息子は? マギー司郎さんは、24歳と28歳の時に結婚されています。 どちらの元 嫁も、夜のお店で踊り子さんとして活躍されていた人。 お一人目は結婚生活3年で離婚、二人目の方は6年ほどで離婚されています。 子供は息子1人と娘が2人。 息子の母親はフランス人の踊り子さんだそうで、籍は入れなかったようです。 息子はパリ大学を出て、どこかの大使館にお勤めというエリートで、現在はアメリカに住んでいるという話です。 自分の子供かな?他にも子供がいるかも?とかなりフリーな恋愛をされてきたようです。 結婚期間中にも関わらず好きな人ができてしまい、「3人で一緒に住みたい」と奥さんと愛人と3人で話し合ったら、女性2人が仲よくなり、結果的に離婚し、一人ぽっちになってしまいました。 幸せを振りまく手品とは真逆といえるような、さんざんな私生活を送られているのですね。 今回はここまでです。 これからも、マギー司郎さんの活躍を期待しています。

次の

アキラ・コンチネンタルの嫁の実家からのプレゼントとは?本名やインスタはあるの?高校とノーベル賞の関係とは!

アキラコンチネンタルフィーバー嫁

daily. shtml 2019. 09 インドネシア住みます芸人のアキラ・コンチネンタル・フィーバーが、同じく吉本興業インドネシア支社所属のアイドルグループ「少女コンプレックス」の元リーダー、ディアスタ・プリスワリニと現地時間6日に結婚したことが9日、所属事務所から発表された。 アキラ・コンチネンタル・フィーバーは15年からインドネシアで活動。 ディアスタはジャカルタを拠点とするアイドルグループ「少女コンプレックス」の元リーダーで、今年5月に同グループを卒業。 現在はモデルや司会者として活動している。 アキラは所属事務所を通じ「異国で仕事がなく、お金がなく、全てがうまくいかない身も心もボロボロの僕を、彼女は忍耐強く愛を持ってずっと隣で優しく支えてくれました。 どん底の時に、初めて諦めかけた時、彼女は私に怒鳴りました。 『日本に帰れ!インドネシアいらないよ!今すぐ帰れ!』と誰よりも厳しくしてくれる彼女が居なかったら、僕は本当につぶれていました」と感謝。 今の目標は「新婚さんいらっしゃいに出演すること」とコメントを発表した。 ディアスタも「見ているだけでこんなに面白い人はアキラさんが初めてです。 そして、またいつも見えない努力もしてる姿も、大好きです」とノロけ、「最後になりますが、私の好きな日本食は、竹輪の天ぷらです」とコメントを発表した、 結婚を発表したアキラ・コンチネンタル・フィーバー(左)とディアスタ・プリスワリニ.

次の