白黒 パンダ 考察。 白黒パンダ相関図から考察&出演キャスト画像!コアラ男は誰?|treLABO|ドラマ映画の再放送やDVDレンタル・無料動画情報サイト

【考察】シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。に白黒つけてみた【シロクロ】

白黒 パンダ 考察

白黒パンダ相関図から考察&出演キャスト画像! いよいよ初回放送を明日に控え… 「」相関図を公開🐼🐾 これからの投稿で、登場人物たちの情報をおさらいしていきますのでご注目ください!🖤🎉 — シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 表の顔…精神医学を学んでいる23歳大学生であり、テレビ番組では「メンタリストN」と名乗って出演していた。 裏の顔…佐藤二朗演じる「Mr. 8年前に突然失踪した父・哲也(田中圭)が遺体で発見されたことを受けて、真相を突き止めて復讐するという野望を持っている。 卓越した記憶力、観察力、洞察力、推理力を駆使している。 横浜流星のプロフィール 本名:横浜 流星(よこはまりゅうせい) 生年月日:1996年9月16日(23歳) 出身地:神奈川県横浜市 身長:174 cm 血液型:O型 職業:俳優・モデル・歌手 活動期間:2009年~ 事務所:スターダストプロモーション オススメドラマ:烈車戦隊トッキュウジャー・あなたの番です・4分間のマリーゴールド 横浜流星さんが演じている森島直輝は23歳なので、ちょうど実年齢です! 「烈車戦隊トッキュウジャー」や「あなたの番です」でもアクションシーンがありましたが、今回の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 表の顔…23歳の囲碁棋士。 かつては天才美人棋士と呼ばれたが、ある事件を機にネガティブな性格になり、成績が伸び悩んでいる。 囲碁喫茶・GOBANでアルバイトをしている。 裏の顔…白髪ウィッグに黒いアイマスクを着用して「ミスパンダ」と名乗っている。 思いも寄らない行動力と誰もが驚愕する身体能力で「クロ」と認定された者を断罪する。 幼い頃は、母・麻衣子や姉妹のリコと3人で暮らしていたが、10年前の放火事件でリコが亡くなり、レンは「自分が生き延びた代わりにリコが死んでしまった」と罪悪感を抱いている。 レンはこの事件でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、ライターの火や消防車のサイレンに過敏に反応してしまうようになった。 清野菜名のプロフィール 本名:清野菜名(せいのなな) 生年月日:1994年10月14日(25歳) 出身地:愛知県稲沢市 身長:160 cm 職業:女優・ファッションモデル 活動期間:2007年~ 事務所:ステッカー オススメドラマ:素敵な選TAXI・半分、青い。 ・今日から俺は!! 清野菜名さんが演じている川田レンは23歳なので、実年齢とは2つ下を演じています。 「素敵な選TAXI」や「今日から俺は!! 」でもアクションをやっていただけあって、今回の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 白黒パンダ5話相関図 白黒パンダ5話から複雑になってきました! 『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 』🐼 ちゃんとついていけてますか…? レンを取り巻く最新相関図🐰 こちらでおさらい! そして毎週恒例、 「シロクロ」の謎を解け! 相関図見たら圭くんと佐藤二朗もう繋がってんのね。 ノーコンプライアンス(佐藤二朗)の娘・佐島あずさ( 白石 聖)を誘拐した「コアラ男」ですね。 ノーコンプライアンス・佐島源蔵(佐藤二朗) 直輝クン、カッコよすぎて〈考察〉忘れてたぁー! コアラ男は、佐島大臣。 直輝パパに、見破られたから直輝パパを…。 直輝クンが、知っているか気になる佐島大臣は〈NNC〉に、なって、直輝クンの側にいる。 うーん!高校生の直輝クンは、言葉はないけれど、切ないわ。 泣いちゃう😢 — yuuri yuuriyuuri1996 娘・あずさの誘拐は、Mr. ノーコンプライアンス(佐藤二朗)の自作自演なのかと考察している人が多いですね! まさかの娘殺そうとしてたのMNCかな🤭 殺そうと見せかけてる罠ってこともありそよね。 怪しいですよね! コアラ男…佐島の側近である一郎なんじゃないか?って核心を突いてしまった。 だって3話、回想シーンいなかったのに名前あったよね? あのシーン、そうなのかなって。 じゃなきゃ2話の深入りするなって台詞は意味を持たないがするし。 そしてMr. ノーコンプライアンスと父の関係、、、 — よーたん• コアラ男が捕まっていないのも納得 — sayu シロクロ🐼考察垢 sayus4696 コアラ男、このガッチリした体型から絶対二朗さんこと佐島源蔵だと思ったんです。 でも、ツイートでそんな背が高くなさそうと見つけて。 この考察どうだ! — とびー。 🐻🌼 cytMSsqa7WIoouv 森島直輝の父・森島哲也(田中圭)は警察官でした。 第3話でMr. ノーコンプライアンスが森島哲也の警察手帳を持っていたのが映りました。 そこで、コアラ男は森島哲也で、Mr. ノーコンプライアンスは娘を拘束したコアラ男への恨みで森島哲也を殺害したという考察ですね。 精神科医・門田先生。 追記:白黒パンダ5話で、門田先生が何者かに刺されて殺害されてしまいました。 ですので、門田先生=コアラ男説は消えました。 加賀春男( マスター) 血の繋がりがないのに親代わりになっている、加賀春男( マスター)がコアラ男。 レンがコアラ男に関する秘密の記憶を持っていて、記憶を消すよう門田先生に依頼したのではないかな。 二人が、レンの記憶について話をしていたシーンがありました。 なぜレンの記憶を閉じ込めておく必要があるのでしょうか? NEWSの増田貴久(まっすー) コアラ男の正体。。。 確かに、2人とも怪しいなー🙃😏 Mr. 」の公式サイトで、「コアラ男は誰だ?」のアンケートを実施していました。 みんながコアラ男だと思うのは、「直輝パパ」と「門田先生」が1位でした。 私の予想は、白黒パンダの相関図に登場していない「佐島大臣の運転手兼秘書・一郎」だと思います。 コアラ男は、まだ相関図に出てきていない人で、出てきたら相関図のコアラ男の所に写真が入る気がします。

次の

Huluオリジナルストーリー|【公式】シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。|読売テレビ・日本テレビ系

白黒 パンダ 考察

巷に溢れる悪質なセクハラやパワハラ、不正や忖度・・・ 噂や憶測が飛び交っても、結局 真相はグレーなまま闇に葬られることも多い。 ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、 世の中のグレーな事件にシロクロつける。 しかし、飼育員さん・直輝が、ミスパンダとともに真相を暴く理由は単なる正義感からではなかった。 謎の死を遂げた直輝の父。 直輝は誓う。 全ては、愛する父を殺し真実を闇に葬った人間への復讐のため! 出典:シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 】タイトルの意味は? 長くてちょっと変わったタイトルのドラマですよね! タイトルの意味は、 福田浩之プロデューサーのコメントにヒントがあるようです。 噂やデマにまみれた世の中に蔓延する様々なグレーゾーン。 そんなグレーゾーンに躊躇 ちゅうちょ なく踏み込み、驚異的身体能力&頭脳を駆使して驚がくの真相を大々的に白黒つける、パンダと飼育員さん。 そして徐々に明らかになっていく一頭と一人の心の中に潜む、白と黒…。 今の世の中は特に、何が真実で嘘かわからない、、いわゆる「グレー」な部分がたくさんありますね。 そんなグレーな部分に、 主人公の2人が真相をはっきりとさせ、白黒つける、というストーリーになるようですね。 Sponsored Link 【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」は、漫画や小説などの 原作はありません。 完全オリジナル作品となっています。 同じ日曜10時半だった「あなたの番です」では毎回SNSで、事件の謎の考察を巡って盛り上がりました。 「あなたの番です」にも出演し、今回「シロクロパンダ」に主演する 横浜流星さんは、「 今回も考察できるドラマになると思う」と言っています。 原作のないオリジナル作品ならではのドキドキ感が味わえそうですね!.

次の

【白黒パンダ】第3話感想!レンと直樹を見張るコアラは誰?

白黒 パンダ 考察

「シロでもクロでもない世界でパンダ は笑う。 」2話のネタバレとあらすじ 裏口入学の親子 今回の「疑惑の人」は大学の不正入学、裏口入学をした親子であった。 最初は、大学内での刃物を振り回す男性のシーンから始まる。 その男性は「お前の息子もコネで入った」と学長のキシモトを刺す。 その後もその男性は「お前もコネで入ったのか」と暴れまわる。 場面は変わり大学の会見場。 記者会見 会見の内容は「学長のキシモトが侵入した20代の男性から刃物で刺された。 学長は現在意識不明の重体」ということであった。 そこで記者はある質問をする。 「不正入学の件と関係があるのか」この大学の学長の息子は同じ大学に通っているようだが、この息子の大学入試の結果の用紙が出回っている。 しかも、その用紙に書かれている点数は、大学の合格基準に達していない。 つまり、学長が息子を裏口入学している可能性がある。 その会見では「不正入学が以前からあっていたことは知っていた」と学校側は認め、第3者委員会を設置し対処していくとのことで会見の場面は終了。 いじめを受ける学長の息子 その後は事件後の大学の場面へと変わる。 その大学では記者会見後、学長の息子である男子生徒は「あれ学長の息子じゃない?」とこそこそ陰口をたたかれたり「学長と一緒に死ねばいいのに」と動画を勝手に撮られたりしながら過ごしているようだ。 要潤さん演じる記者の神代はこの問題をトップニュースにしよとするが、編集長などは後ろ向きである。 この編集長の娘も同じ大学に通っていることから大事にしたくないようだ。 そんな中横浜流星さん演じる森島は、佐藤次郎さん演じるMr. ノーコンプライアンスに呼び出され、今回の疑惑はこの大学の不正入学についてだと告げられる。 また、清野菜名さん演じる川田レンは、バイト先で見たライターの炎を見て「お姉ちゃんが燃えている」とつぶやく。 炎の中で小さな少女が熱そうにしている。 犯人はヤナギモト 場面は変わり、レンは森島によりミスパンダになる。 ミスパンダは大学の委員会に侵入し、犯人はお前だと1人の男を指さす。 それを否定する元文科省のヤナギモトたち。 その様子は森島によって盗聴されていて、ヤナギモトたちが饒舌になり声のトーンがあがったことを森島は突き止めた。 その後、学長は息子によって殺されたというデマのニュースを耳にしたヤナギモトたちは会見を開き、「学長によって不正入学が行われていた」と話す。 そこでミスパンダが現れある映像を会見場に流す。 会見場に流れる映像 そこでヤナギモトの娘が合コンの席で「私のパパは偉い人の息子を大学に入れている」と話す。 慌てて会見場を飛び出すヤナギモト達。 そこに学長とその息子が現れ、2人の今回の不正を聞く。 ヤナギモト達は「学長になりたい」「金儲けをしたい」という欲望から手を組んだことを明かされた。 このやり取りの映像は会見場にも流れており、マスコミによって白黒はっきりすることになる。 40代女性 湊海 裏口入学はあってはいけないことだけど、普通は親が頼むとか、当事者が把握しているのが前提だと思います。 なので、誰も知らないところで勝手に不正が行われていたという事実にはかなり驚きました。 そういう親の恥を堂々と他人にカミングアウトしてしまう柳本の娘もすごいですが、それを犯罪だと思っていない時点で似た者親子だなと感じました。 学長の息子にしてみれば、何も知らずに大学に通っていただけで非難されるのは完全にとばっちりですよね。 それを神代が煽ったことで、父親を殺そうとするほど追いつめられた彼の心情を思うと、かなり胸が痛みました。 それに、誤解だったとはいえ、学長を刺した浪人生の逆恨みしたくなる気持ちも、受験勉強の辛さを知っている身としてはよくわかります。 金と権力に目が眩んだ大人の汚い部分が垣間見えて、ちょっとやり切れない気持ちになりました。 ミスパンダの手口もわりと犯罪すれすれのグレーゾーンではありますが、この不正を暴くことで未来の犠牲者が増えるのを防げて良かったと思います。 佐島の目のつけどころと、直輝のシロクロつける方法が鮮やかでスカッとしました。 20代女性 なつ 今回の話は大学の不正入試問題の着目していました。 大学の学長の息子の入試問題の解答用紙がネット上に出回り、その点数が大学の合格点に達していないというものでした。 その後学長はその大学受験に落ちてしまった20代の男性によって刃物で刺され、意識不明の状態になってしまいます。 大学側は不正入試問題が事実であり、第3者委員会を設置して真実を調べるという会見を開きました。 森島はまたレンをミスパンダへと変身させ、第3者委員会に侵入します。 そこでミスパンダは間違った犯人を「あなたが犯人です」と告げます。 すると真犯人は安心したのか声のトーンがあがり饒舌になります。 それを見抜いた森島が犯人を特定します。 学長が息子に殺されたというデマのニュースを犯人の耳にいれたことで安心した犯人たちは会見を開きます。 「学長によって不正入学は行われていた」と。 しかし、ミスパンダと飼育員によって真実をマスコミの目の前で明かされていきます。 「不正入学」の問題は他の口でも最近ありましたし、日本でもニュースになっていないだけでではないと思います。 そのような不正行為をしている人たちがこのドラマを見たらどきっとしただろうなと思いました。 20代女性 えん 今回も、大学の不正入学という現代社会で起こりそうな問題をテーマに、シロクロつけていく展開だったと思いました。 今後も数々のグレーゾーンに忖度せずシロクロ付けていくのだと思いますが、世間にもミスパンダがかなり認識されてきてしまっていて、今までと同じように大胆な作戦や快進撃を続けられるのかどうか、心配になります。 さらに、飼育員さんの彼女の父親がミスターコンプライアンスということも驚きです。 彼女が過去に誘拐事件に巻き込まれていたというのも驚きですし、それに父親も絡んでいるようなので、飼育員さんの探っている父親の死にも何か関連があるのだろうか?と深読みが進みます。 また、今回は飼育員さんとミスパンダがアクションシーンを繰り広げる場面もありましたが、2人ともキレのある動きをしていて、見惚れてしまいました。 ミスパンダは催眠暗示を掛けられていると思うのですが、普段の女子大生の時の姿からは想像できないくらいカッコいいシーンでした。 40代男性 あおた 清楚な清野菜名さんが演じる川田レンさんが、催眠術にかかると、凶暴なミス・パンダに。 どうしてかというと、飼育員さんの森島直輝 横浜流星 がはじめて会った時に感じた彼女の心の声に何かヒントが。 凶暴なミス・パンダ…暗い部屋で突如飼育員さんに襲いかかり、拳法を。 飼育員さんの躱す強さに助かりましたが、ここで弱かったら、どうなっていたか。 見限られてしまっていたかも。 川田レンさんの心の声…悲痛過ぎますが、「私を檻から出して!」です。 野生のパンダが檻から放たれたイメージと重複してよかった感すらあります。 もし、今入院している母親の天才囲碁少女への鬼教育の辺りだとすれば、許されないことのはずなんですが。 今のところはわかりません。 ただ、川田レンさんが、昔の記憶を思い出して、苦しんでる部分があるほかは、元気で健康そうなので、よかった。 あまりに激しいアクションなので、心配していました。 「白黒つけるパンダだよ!」の台詞の強さと運動能力の異常な強さ、信じられないレベルです。 40代女性 ルンルイ 不正入試とか現実にもお金での裏口入学とかありえそうです。 今回もパンケーキにメイプラシロップをかけるとパンダに変身しましたが同じ人とは思えない人格への変身が本当に怖いですが、笑えてしまう自分もいて不思議です。 それにしてもあずささんとなおきくんの関係が気になります。 なおきくん、彼女いたんですね。 なんかショックです。 あずささんの子供の頃の誘拐事件の為に彼氏のフリをあずささんからのお父さんに依頼されているだけかもしれないので真相を暴かなければ本当のことはまだわかりません。 パンダとは飼育員との関係だけならなんだか悲しいです。 バカ息子はいつまで経っても追い詰められると、親のせいにするなんて子どもは心を強く育てないといけないと、心から再認識させていただいたドラマです。 ミスパンダの登場だけでなんだか、心がすごくスッキリするようになり、自分に驚いています。 シロクロつけて真相を明らかにしてくれてスーッとしました。 次回も楽しみにいます。 「シロでもクロでもない世界でパンダ は笑う。 」3話の予想!母親の言動や妹の写真が解明される? 2話の最後のシーンで、要潤さんが演じるテレビ局の報道記者が飼育員さんの姿に気付きます。 既に写真も撮られており、第1話でミスパンダが解決した事件でも飼育員さんを見かけたことを思い出しており、今後記者による捜査や取材が入ることが想像できますね。 さらに飼育員さんもミスターコンプライアンスに暗示を掛けられているシーンもありますし、そもそも何のために世間のグレーゾーンに白黒をつけているのか明かされておらず、毎週謎は深まるばかりです。 もしかすると、ミスターコンプライアンスは過去の娘の誘拐事件と同じことが起こらないことを願って、世の中から不正を撲滅していこうとミスパンダを使って浄化しようとしているのでは?と思います。 さらに、徐々に過去の火事による記憶を思い出し始めているレンを診ている主治医が、外部からの接触を危惧していら様子がありました。 入院中の母親の不可思議な言動や、死んだと思われる妹の写真も、火事の記憶を思い出すのに合わせて解明されると思います。 「シロでもクロでもない世界でパンダ は笑う。 」2話の見逃し配信を無料視聴する方法 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」のフル動画は で見ることができます。 2週間の無料お試し期間があるので、お試し期間内に解約すれば無料で見ることもできます! また、最新話のみでしたら 日テレTADAで見ることも可能です! その他各動画配信サービスの「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」 配信状況は下記をご覧ください。 今の所は と日テレTADAのみとなっております。

次の