タッピング 看護。 呼吸理学療法【いまさら聞けない看護技術】

タッピングタッチ

タッピング 看護

Contents• 痰を出す3つの方法 小児ぜんそくで痰や分泌物がたまっているために、ゼーゼーといった喘鳴音が起こります。 背中や胸を叩いてあげることにより、気管支や肺胞に付いている痰を剥がしてあげる行為をタッピング(カッピング)といいます。 叩いて振動を与えることで、痰や異物が出やすくなります。 その他、スクイージングやハフィングといった、痰を出す方法があります。 タッピングの方法 ゼーゼーといった喘鳴を起こしていたり、咳き込んでいたりしたときに、前かがみの体勢で、背中と胸をたたいてあげます。 叩いてあげることで、振動で肺にたまった痰をだしてあげれます。 ポンポン音が響く感じで、リズミカルに軽く叩きます。 手のひらを固くするのでなく、少し丸く軽い感じで開いて叩いてあげれば、叩かれる方も痛くないでしょう。 手のひらを丸くして、お椀のような形にします。 空間をつくる感じで叩いてあげます。 寝ていた場合、仰向けで寝ていた場合、背中が下になっているので、背中を叩いてあげます。 横向きに寝ていた場合、下になっていて痰が溜まっていると思われる部分を軽く叩いてあげます。 痰が溜まっている部分は、患者の胸に耳をあてて、呼吸の音を聞いてみると良いでしょう。 慣れてくると、どのあたりに痰が溜まっているか、ゼーゼーとした呼吸音で分かってくると思われます。 タッピングの効果 痰がそのまま溜まったままの状態でいると、肺へ移動し、肺炎を起こしてしまうことがあります。 痰を出してあげることは、肺炎の予防にもなります。 介護の現場でも、年配の方の痰を出す看護法として、タッピングが行われています。 しばらく叩いてあげることで、痰が排出されるので、呼吸が楽になります。 痰のせいで浅かった呼吸も深くなり、よく眠れます。 スクイージングの方法 息を吐く時に、痰などが貯留している部位に手を当てて、圧迫する方法をスクイージングといいます。 呼気時に圧迫することで、気道を出ていく空気の流れをスムーズにし、痰などの分泌物が上気道に移動するのを促す効果が期待できます。 息を吸っているときは、圧迫をやめます。 分泌物が溜まっている部位を上の方にして、スクイージングをおこなうと効果があらわれます。 ハフィングの方法 まずゆっくりと息を吸い込みます。 その後、速く強めに息をはきます。 それにより、痰を上気道へ移動させてあげます。 速くリズミカルに「ハッ、ハッ、ハッ」と、息をはくのがポイントです。 最後に咳をして痰を出してあげます。 まとめ 痰を出す3つの方法ですが、専門家の指導の元、行うことが重要です。 特にタッピングなどは、小さいお子さんを大人が軽くとはいえ、叩いて痰を出す方法ですので、注意が必要です。 叩くことで外傷を与えたり、ストレスとなってしまったりしないように、医師や専門家に教えてもらうことが大事ですよね。

次の

スクイージング(排痰ケア)

タッピング 看護

タッピング・タッチ こころ・体・地球のためのホリスティック・ケア タッピング・タッチとは:指先の腹の所を使って、軽く弾ませるように左右交互に優しくタッチ(タッピング)することを基本としたシンプルな技法です。 こころと体の緊張をほぐし、心身ともに健康であろうとする内なる力に働きかけ、本来の明るさや優しさを取り戻すことによって、みんなで仲良く生活することの楽しさを思い出させてくれます。 シンプルで、だれでも学べます。 そのため、教育、心理、福祉、医療など様々な専門分野での利用以外に、友達、夫婦、家族などの間でもどんどん活用され始めています。 幼い子供でもできるし、猫や犬などのペットにも効果があります。 主な効果としては 不安や緊張がほぐれる、リラックスする、ストレス症状や否定的感情が軽減する、お互いへの親しみや信頼感が高まる、などが実践と研究で知られています。 みんなで楽しくしあえます。 友達や家族みんなでやりあうとスキンシップが深まり、会話がはずみます。 また、タッピング・タッチのバリエーションとして、自分でする「セルフ・タッピング」と相手をケアするときに有効な「ケア・タッピング」があります。 いつでも、どこでも、誰とでもしあうことができます。 これまでに、タイ・プーケット、新潟中越、淡路島など、自然災害で被害にあった人たちへのさぽーとやこころのケアとして役立てられています。 また、紛争などでトラウマを受けた子供たちや元子供兵士たちの、心のケアとしてのタッピング・タッチの可能性をみるために、ウガンダのリハビリ施設でタッピングタッチが紹介され、描画などを使ったリサーチもおこなわれました。 一人ひとりの心を癒すことによって、傷の連鎖を断ち、平和をとりもどす試みです。 ウガンダでは、AIDS患者への心のケアとして、タッピングタッチの利用が試されました。 詳しくは、文献などを参照してください。

次の

楽に痰を出せる呼吸筋マッサージ法|アイユウの苑さこ 訪問看護|サービス一覧|社会福祉法人 松美会

タッピング 看護

・激しいむせと咳 ・呼吸困難 ・顔面紅潮 ・チアノーゼ ・表情が苦痛様になる 食事介助中や食事中にこの様な症状が見られたら、 誤嚥の疑いがあるので注意が必要です。 誤嚥対処時の必要物品 ・吸引器 ・パルスオキシメーター ・バイタルサイン測定セット 誤嚥対処時の手順 1. 誤嚥の症状が見られたらすぐに 食事を中止する 2. ナースコールなどを使って周囲へ知らせる 駆けつけたスタッフに状況を説明し、 必要時に医師への連絡や救急カートの準備をしてもらう。 ・軽度の場合は席を促したり、吸引を行う ・咳き込んでいる場合は、上半身を下にして背部を叩打する方法(背部叩打法)や腹部を突き上げて異物を排出させる方法(腹部突き上げ法)を使って誤嚥物を気管から排出する ・意識がなく口腔内に食べ物が残っている場合は、食物を押し込まない様に手で掻き出して処置がしやすいようにする ・呼吸困難が治らないときは、パルスオキシメーターでSpO2を測定し 酸素吸入の準備を行う 7. 医師に連絡し、バイタルサイン測定を行う 誤嚥対処時の観察項目 全身状態 バイタルサイン、チアノーゼの有無、咳き込み、SpO2など 誤嚥対処時のポイント 誤嚥を起こした時は、一人で対処しようとせずに すぐに応援を呼ぶことが大切です。 脳血管障害による後遺症がある人は、嚥下障害などがある人も多いので、 食事介助時に嚥下機能の評価やアセスメントを行いましょう。 誤嚥のリスクが高い患者さんの場合は、 事前に吸引や酸素ができる環境を整えておくことも大切です。 また、誤嚥の症状が見られずに誤嚥をしている患者さんもいるので、食事介助時にパルスオキシメーターを装着しながら行うなどの配慮も必要です。 私も病棟で働いていた時は、食事中に誤嚥をしてしまう患者さんもいました。 誤嚥を起こした時の対処法も大切ですが、起こさないように予防することが大切です。 普段から食事動作などをしっかり観察しておきましょう! 慌てずに誤嚥の対処を行うために 病院に入院している患者さんの中には誤嚥しやすい人も多いです。 特に、高齢者の場合は身体機能の低下なども関係してくるため、 誤嚥のリスクを考えて食事介助を行うことが必要です。 目の前で誤嚥してしまった時は慌ててしまいますが、 冷静に正しい対処法を取ることが大切です。 誤嚥時の対処法を知りたいという人は、今回紹介した食事介助中に誤嚥してしまったときの対処法についての内容を参考にしてみてください。 誤嚥についてもっと深く学びたい人におすすめの参考書 誤嚥をはじめとした食事介助についてもっと詳しく学びたい人には、こちらの参考書がおすすめです! () この本では、基礎看護技術と臨床看護技術がどちらも紹介されており、内容もカラーで写真がたくさん使用されているので、イメージがしやすいのが特徴です。 食事援助技術のカテゴリーで食事介助についても説明があるので、看護技術の基礎を身につけるためにも是非持っておきたい1冊です。 その他にも、基礎的な看護技術を学びたい看護師のために、おすすめの参考書をまとめていますので、是非こちらも確認してみてくださいね! 関連記事(PR含む).

次の