持続 化 給付 金 必要 書類 個人 事業 主。 持続化給付金の申請方法【オンライン】個人事業主(青色申告版) フリーランス!必要書類の添付画像はスマホ写メでいいの?パソコンが苦手な人用に詳しく解説

100万円の「持続化給付金」を個人事業主が申請する方法…今から準備できる3つの書類

持続 化 給付 金 必要 書類 個人 事業 主

ただし、2019年1月から12月末までに新規開業した事業者や、2019年以後に事業承継をした事業者についても、持続化給付金の支給を受けられる特例があります。 このあとに、「新規開業特例」「事業承継特例」が適用される条件について、詳しく見ていきましょう。 新規開業特例(2019年に新規開業した事業者) 2019年1月から12月末までに新規開業した事業者は、対象月の月間事業収入が2019年の月平均の事業収入より50%以上減少していれば、特例を適用することができます。 次の具体例で、給付金の要件判定と計算方法を確認してみましょう。 2019年10月に新規開業• 2019年の年間事業収入:90万円• 2020年4月の月間事業収入:10万円 【判定】 2019年の年間事業収入から月平均の事業収入を算出して、この金額と対象月の事業収入との比較により判定をします。 【提出書類】• 2019年分の確定申告書類• 2020年分の対象月の売上台帳等• 通帳の写し• 本人確認書の写し• その他事務局等が必要と認める書類• 個人事業の開業・廃業等届出書又は事業開始等申告書 新規開業特例の適用を受けるときは、原則的な場合の提出書類に加えて「個人事業の開業・廃業等届出書」又は「事業開始等申告書」が必要になります。 個人事業の開業・廃業等届出書 開業日が2019年12月31日以前であり、かつ当該届出書の提出日が2020年4月1日以前であるものを提出します。 また、税務署受付印の押印、又は電子申告による受付日時の印字が必要になります。 事業開始等申告書 開始・廃業・変更等の年月日に記載した開始日が2019年12月31日以前であり、かつ当該申告書の提出日が2020年4月1日以前であるものを提出します。 また、受付印の押印、又は電子申告による受付日時の印字が必要になります。 事業承継特例 (事業承継を受けた事業者) 2019年以前から事業を行っていなかった場合のもうひとつの特例として、「事業承継特例」があります。 この特例は、2020年1月1日から同年4月1日までの間に、他の事業者から事業を承継した場合に、持続化給付金の適用対象となるものです。 なお、2019年1月から12月の間に事業を承継したときは、「新規開業特例」の要件にて適用を判定します。 次の具体例で、給付金の要件判定と計算方法を確認してみましょう。 2020年2月に事業者Xから事業者Yが事業承継• 2019年2月の事業者Xの月間事業収入:20万円• 2020年2月の事業者Yの月間事業収入:10万円 【判定】 2019年2月分の事業者Xの月間事業収入が20万円、 2020年2月の事業者Yの月間事業収入が10万円であり、前年同月比で50%以上減少しているため給付対象となります。 【提出書類】• 2020年分の対象月の売上台帳等• 通帳の写し• 本人確認書の写し• その他事務局等が必要と認める書類• 個人事業の開業・廃業等届出書 事業承継特例の適用を受けるときは、原則的な場合の提出書類に加えて「個人事業の開業・廃業等届出書」が必要になります。 個人事業の開業・廃業等届出書• 「届出の区分」欄において「開業」を選択している• 2019年分の確定申告書類の控えに記載の住所・氏名からの事業の引継ぎが行われていることが明記されている• 「開業・廃業等日」欄において開業日が2020年1月1日から同年4月1日までの間とされている• 提出日が開業日から1ヶ月以内であり、税務署受付印が押印されている なお、個人事業の開業・廃業等届出書の控えを紛失したときは、税務署に「閲覧申請」や「開示請求」をすることにより、必要事項の確認や書類の再発行を受けられます。 税理士 名古屋市名東区在住|採用コンサルタントとのパラレルキャリアとして税理士開業。 クラウド会計を活用して、フリーランス・個人事業主や中小企業に対する経理の仕組化・効率化を主に支援。 ブログで税務・経理に関するお役立ち情報を発信。 関連する記事• 2020. 19 2020年5月1日から電子申請が始まった持続化給付金ですが、5月12日から電子申請のサポートが受けられる会場が順次開設されています。 名古屋市内でも開[…]• 2020. 27 名古屋市のホームページに「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金」の案内が公開されています。 これは、休業協力要請にかかる協力金の支給対象外[…]• 2020. 22 新型コロナウイルス感染症の影響で、売上が大幅に減少した事業者に対して「持続化給付金」の支給が予定されています。 持続化給付金は、国が事業の継続を支援す[…].

次の

【持続化給付金・続報】2020年に開業した法人・個人事業主の給付要件・給付額・必要書類などについて

持続 化 給付 金 必要 書類 個人 事業 主

申請手順の詳細と証拠書類 Step1:申請の要件を確認し、証拠書類(添付書類)を準備する。 スキャンした画像だけでなく、デジタルカメラやスマートフォン等で撮影した写真でご提出いただけますが、細かな文字が読み取れるようきれいな写真の添付をお願いします。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 書類は一つずつファイルをご準備ください。 添付できるデータは、1ファイル10MBまでになります。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 2020年5月1日より10万円未満の金額は切り捨てる算定方法で給付してきましたが、5月8日に給付額の算定方法を変更し、10万円未満 1円未満切り捨て の金額を給付することとなりました。 5月中に端数を切り捨てた金額で振込を行った申請者のみなさまへ、6月2日より端数分の振込を開始しています。 端数の金額を記載した2通目の給付通知を登録した住所へお送りしていますので、ご確認ください。 6月1日までに給付金の振込を受けていない申請者のみなさまへは、6月2日以降、端数を含めた金額を振り込みます。 また、6月2日以降に申請を行う場合は、電子申請画面に10万円未満 1円未満切り捨て の給付金額を含む金額が表示され、その全額が振り込まれます。 Step4:申請後の流れ 申請頂いた内容・証拠書類等の確認を行います。 不明な点が発生した場合、入力されたメールアドレスへ連絡をさせて頂きます。 連絡が入りましたらマイページで内容をご確認いただき、対応をお願いします。 申請内容に不備等が無ければ2週間程度で、事務局名義にて登録された銀行口座に振り込みを行います。 なお、確認が終了した際には、給付通知書(不給付の場合には不給付通知)を発送させていただきます。 通知が到着した際には内容をご確認ください。 通知の到着前に振込が行われる場合もあることをご了承ください。 申請手順の詳細と証拠書類 Step1:申請の要件を確認し、証拠書類(添付書類)を準備する。 スキャンした画像だけでなく、デジタルカメラやスマートフォン等で撮影した写真でご提出いただけますが、細かな文字が読み取れるようきれいな写真の添付をお願いします。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 書類は一つずつファイルをご準備ください。 添付できるデータは、1ファイル10MBまでになります。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 運転免許証(両面)(返納している場合は、運転経歴証明書で代替可能。 個人番号カード(オモテ面のみ)• 写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面のみ)• 在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る。 ) (両面)• いずれの場合も申請を行う月において有効なものであり、記載された住所が申請時に登録する住所と同一のものに限る。 なお、(1)から(4)を保有していない場合は、(5)又は(6)で代替することができるものとします。 住民票の写し及びパスポート(顔写真の掲載されているページ)の両方• 住民票の写し及び各種健康保険証の両方 必要書類 証拠書類 の詳細はからご確認ください。 上記「1」については、確定申告の実施状況に応じて、青色申告又は白色申告に係る書類を提出してください。 【原則】 確定申告書第一表の控には 収受日付印が押印(受付日時が印字)されていること、 e-Taxによる申告の場合は 「受信通知」を添付することが必要です。 【例外1】 収受日付印(税務署においてe-Taxにより申告した場合は、受付日時の印字)又は受信通知のいずれも存在しない場合には、 提出する確定申告書類の年度の「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)を提出することで代替することができます。 この場合、収受印等のない確定申告書第一表の控え、及び所得税青色申告決算書の控えを用いることができます。 【例外2】 例外1によることもできず、「納税証明書(その2所得金額用)」による代替提出がない場合も申請を受け付けますが、内容の確認等に時間を要するため、 審査に通常よりも大幅に時間を要したり、給付ができない場合があります。

次の

【持続化給付金】個人事業主の新規開業特例及び事業承継特例の取り扱い │ 松野宗弘税理士事務所

持続 化 給付 金 必要 書類 個人 事業 主

持続化給付金の対象者 持続化給付金は、新型コロナウイルスの影響を受けて、経営を続けることが困難になっている事業者に対して、 事業の継続をサポートするために給付されるお金で、 1度だけ申請することができます。 この給付金の対象となる方は次の通りです。 事業を継続する意思がある• 2019年以前から事業収入を得ている• 1カ月の売上が前年同月比50%以上減少している 持続化給付金は、事業の継続をサポートする給付金ですので、今後も事業を継続していく意思がある方でなければ、持続化給付金の対象とはなりません。 2020年から事業を始めた方や、雑所得・不動産所得のみで確定申告をしている場合も対象とはなりません。 また、 2020年1月~3月に事業を始めた方についても対象となるように変更されました。 対象となる場合は、下記の給付金を受け取ることが可能です。 中小法人・・200万円• 個人事業者・・100万円 個人事業主の場合は、100万円の給付金を受け取ることができますが、この金額は一律に貰えるわけではなく支給される 最大金額ですのでご注意下さい。 持続化給付金の計算方法 給付額の計算方法については次の通りです。 給付額は10万円未満は切り捨てとなりますので、例えば計算結果の給付額が78万円であっても給付額は70万円となります。 当初は、10万円未満の給付額は切り捨てとなっていましたが、 10万円未満の金額についても給付の対象となりました。 1円単位まで計算して支払われることになりましたので、事業主にとっては有難い変更となりました。 すでに手続きをして給付金を受け取っている場合でも、10万円未満の部分については後日振り込まれるようです。 参考: 給付額の計算をする際、 前年同月比で50%以上減少した月の売上を確認する必要がありますが、青色申告と白色申告では算定方法が異なります。 また青色申告をしていても、一定の条件を満たしていないと白色申告の算定方法で計算する必要がありますので、併せてご確認下さい。 経済産業省から公表されている資料に、個人事業主の青色申告と白色申告の給付金額の算定例が載せられていますので、ご紹介したいと思います。 青色申告の算定例 出典: 青色申告の算定例を見ると、2019年の月毎の収入に対して2020年4月の収入だけが50%以上減少しています。 2019年4月・・30万円• 2020年4月・・13万円 2020年1月~3月までは、前年と比較すると収入は同じ、もしくは増えています。 このように 1カ月だけでも、前年同月比で50%以上減少している月があれば、給付の対象となります。 この算定例では、減少額を計算すると144万円となり、個人事業主の最大給付金額の100万円を超えるため、100万円が支給されることになります。 ただし、青色申告をしていたとしても次に当てはまる場合は、これからご紹介する白色申告の計算方法を使って算定する必要があります。 青色申告決算書を提出しない、もしくは提出できない• 決算書に月間事業収入の記載がない 白色申告の算定例 出典: 白色申告の個人事業者の算定方法については、最初に前年の年間事業収入の合計金額を計算して、月平均の事業収入を計算します。 そして、今年の月の収入が前年の月平均の事業収入と比較して、50%以上減少している月があれば給付の対象となります。 白色申告の算定例でも、2020年4月の売上が50%以上減少しています。 2019年月平均・・25万円• 2020年4月・・・10万円 このように、2019年の月平均に対して2020年の売上が50%以上減少している月があれば、給付の対象となります。 この例の場合、減少額は180万円となります。 個人事業主の最大給付金額は100万円ですので、この例の場合も上限額の100万円が給付されることになります。 このように青色申告と白色申告では、給付額の算定方法が異なりますのでご注意下さい。 給付額を増やすには? 給付金の金額を少しでも増やすためにできる事としては、売上が50%以上減少した月が複数ある場合、 最も売り上げの少ない月を選んで計算することです。 例えば、仮に売上が全くない0円の月があるとすれば、 給付額を最大にするためには0円の月で計算した方が良いという事になります。 ただし、繰り返しになりますが、給付額には上限が決まっています。 中小法人は最大200万円、個人事業主やフリーランスであれば、最大100万円までしか給付されませんのでご注意下さい。 対象となる月は、2020年1月~12月となっていますので、今後さらに売り上げの減少が予想される場合は、給付の申請を少し待って最も売り上げが減少しそうな月を選ぶと、給付額を増やせるかも知れません。 ただし、申請の期限については、 2020年(令和2年)5月1日~2021年(令和3年)1月15日までとなっていますので、期限を過ぎることがないようにご注意下さい。 持続化給付金利用シミュレーション 持続化給付金の申請に必要なもの 持続化給付金の申請には、下記のうち3種類の書類を提出する必要があります。 2019年分の確定申告書類• 2020年分の対象とする月の売上台帳等• 通帳の写し• 本人確認書類の写し 確定申告書類 白色申告の必要書類 白色申告の場合は、確定申告書第一表だけでOKです。 青色申告の必要書類 青色申告の場合は、確定申告書第一表に加えて、所得税青色申告決算書(2枚)が必要です。 所得税青色申告決算書は4枚で構成されていますが、そのうちの1枚目の損益計算書と2枚目の月別売上(収入)金額が記載されている損益計算書の内訳が必要です。 重要な点として、提出する確定申告書第一表の控えには、 収受日付印が押印されている必要があります。 収受日付印が押された控えを持っていない場合は、税務署で手続きをすることで発行してもらうことも出来ます。 その際は、数百円程度の手数料と本人確認書類が必要となりますので、手続きをする場合は忘れないようにご注意下さい。 税務署でe-Taxによる申告をした方であれば、控えに 受付日時が印字されている必要があります。 e-Taxの必要書類 e-Taxによる申告の場合には、 受信通知の添付も必要です。 ですから、e-Taxで申告をしている場合の必要書類は、白色申告が2枚で青色申告が4枚となります。 ただし、確定申告書に 電子申告の日時と 受付番号の記載があれば、 受信通知の添付は不要とされています。 仮に、収受日付印・受付日時・受信通知など申請に必要とされるものが準備できなかったとしても、提出する確定申告書類の年度の納税証明書(事業所得金額の記載があるもの)があれば、代替することも可能です。 売上台帳等 売上台帳については、特にフォーマットの指定はありませんので、経理ソフト・エクセル・手書きでもOKとなっています。 どの方法で準備するにしても、申請する対象月(売上が50%以上減少した月)の事業収入であることが、明確に確認できる資料を提出する必要があります。 通帳の写し 通帳の写しを準備するにあたり、次の内容が確認できるように、通帳をスキャンしたり撮影する必要があります。 銀行名• 支店番号• 支店名• 口座種別• 口座番号• 名義人 ネット銀行を利用している場合のように、紙媒体の通帳がないケースでは、電子通帳等の画面をキャプチャするなどして、画像を準備し提出します。 ご注意いただきたいのは、上記の内容が1つでも確認できなかったり、撮影した画像が不鮮明であった場合、給付まで時間が掛かったり給付を受けることができない可能性もあります。 情報の漏れがないように、そして鮮明な画像を準備して手続きをして下さい。 本人確認書類の写し 本人確認書類については、下記のいずれかを使用して準備することができます。 運転免許証(両面)• 個人番号カード(表面)• 住民基本台帳カード(写真付き・表面)• 在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書(両面) また、代替できるものとしては下記があります。 住民票の写し+パスポート(顔写真掲載ページ)• 住民票の写し+各種健康保険証(両面) 本人確認書類の写しを準備する際も、住所や名前などの情報や顔写真がはっきり確認できるようにしましょう。 また、申請のために準備する各データ画像については、 PDF・JPG・PNGのいずれかの形式で保存する必要があります。 参考: 持続化給付金の申請手順 持続化給付金の申請の流れは次の通りです。 持続化給付金の公式サイトへアクセス• 申請するのアイコンから仮登録• メールが届いていることを確認して本登録• マイページから必要事項を記入• 必要書類を添付• 申請 給付金の申請をすると、2週間程度で指定の口座に入金されます。 持続化給付金の申請用ホームページ()にアクセスすると下記の画面が表示されますので、赤枠の「申請する」から一連の手続きをします。 参考: 持続化給付金の公式サイトでも、注意喚起がされていますが、詐欺の発生やなりすましサイトの存在が確認されています。 詐欺の被害にあったり、個人情報を不正に取得されて悪用されるリスクもありますので、注意していただきたいと思います。 持続化給付金については、今後も新たな情報が追加されたり内容が変更される可能性があります。 持続化給付金の新たな情報については、この記事でも追記していきますが、最新の正確な情報を得るために 一次情報源の確認をお勧めしたいと思います。 事業主にとっては大変な状況がしばらく続くことが予想されますが、持続化給付金を受け取って事業の継続に役立てていただきたいと思います。 なお、持続化給付金を受け取る際の勘定科目や仕訳については、下記の記事でご説明していますので必要であればご確認下さい。 参考記事:.

次の