アレッサンドロ ナニーニ。 第427回:元F1ドライバーのアレッサンドロ・ナンニーニは今 【マッキナ あらモーダ!】 2ページ目

第427回:元F1ドライバーのアレッサンドロ・ナンニーニは今 【マッキナ あらモーダ!】

アレッサンドロ ナニーニ

はじめまして。 何気なく検索してみたら、このコミュにたどり着きました。 素晴らしいです。 ナニーニ、カッコ良かったですねえ。 ルックスも走りも。 僕は当時10歳でしたが、90年中盤戦あたりからの怒涛の快進撃は忘れられません。 特に90年のハンガリーGP、シケインでセナに弾き飛ばされるまでの走りは素晴らしかった。 それだけに、あのヘリの事故は大ショックでした。 しかも、初めて鈴鹿にF1観戦に行く事が決まった直後だったので・・・ けれど、手術してDTMに参戦するなど、ハンディに負けずに突き進んだナニーニには本当に感動しました(ザナルディにも同じ事が言えますが)。 アルファ155に乗るナニーニもカッコ良かったです。 はじめまして。 こんな素晴しいコミュがあるなんて!?驚きました(^^;) やはり90年のシーズンは最高ですね(事故に遭うまでは) 本人もカッコいい方なんですが(古館さんは「苦みばしった顔面エスプレッソ」なんて言ってましたが^^;) 特にヘルメットのデザインと形が未だにカッコいいと思ってます。 熊谷の某F1ショップで見つけた、特大ポスターが未だに忘れられないインパクト物でした。 その写真にはベネトンマシン(89年か90年当時)を中心にして、そのマシンの上を真横に通る柱の上にN・ピケとナニーニが横たわって写っているというものでした。 最近、某ネットオークションにて購入し、いつか大きなリビングに飾りたいと思い大事に仕舞っています。 mixiほんと恐るべしですね! ナニーニまであるんですね。 懐かしくてついつい登録してしまいました。 今でも一番好きなドライバーです(最近あんま見てないですけど・・・)。 当時中学生だったかな?セナの事故も衝撃で深夜だと言うのにみんなに電話しまくってましたけど、ナニーニも衝撃でした。 ピケより、モレノより、やっぱナニーニなんですよね! そうそう、マシンの性能では差をつけられてようと果敢に挑んでく姿勢が好きでした。 当時V8エンジンでしたっけ? パトレーゼ、ベルガー、マンセル、中嶋悟好きなドライバー沢山いましたけど、頂点はナニーニでした。 だって、ベネトンのプラモ買っちゃいましたもん。 当時の将来の夢、ベネトンのタイヤ交換する人でしたから(笑) ナニーニカフェなるものがあるんですね。 機会があったら是非行って見ます! はじめまして 中学2年だった89年から、ベネトンのマシンの格好よさに惹かれて F1を観始めたんですが、気がつけば、ナニーニのアグレッシブな走りに 魅了されていました。 90年シーズンは、受験勉強も忘れて夢中になったものです。 ベストレースはハンガリーかな…。 あの時ほどセナのドライビングに腹が立ったことはないです。 鈴鹿で文句なしの優勝をしてくれるような予感がしていたので、 あの事故は悲しすぎました。 ベネトンのワン・ツーだというのに、あれほど悔しいとは… あのまま無事に彼がF1ドライバーを続けてたらどうなってただろう…と、 今に至っても想像したりします。 フィジケラやトゥルーリに、ナニーニの雄姿を重ねようとしてみたのですが、 やっぱりナニーニほど夢中にはさせてくれませんでした。 僕にとっては、いつまでもナンバーワンドライバーです。

次の

第427回:元F1ドライバーのアレッサンドロ・ナンニーニは今 【マッキナ あらモーダ!】

アレッサンドロ ナニーニ

はじめまして。 何気なく検索してみたら、このコミュにたどり着きました。 素晴らしいです。 ナニーニ、カッコ良かったですねえ。 ルックスも走りも。 僕は当時10歳でしたが、90年中盤戦あたりからの怒涛の快進撃は忘れられません。 特に90年のハンガリーGP、シケインでセナに弾き飛ばされるまでの走りは素晴らしかった。 それだけに、あのヘリの事故は大ショックでした。 しかも、初めて鈴鹿にF1観戦に行く事が決まった直後だったので・・・ けれど、手術してDTMに参戦するなど、ハンディに負けずに突き進んだナニーニには本当に感動しました(ザナルディにも同じ事が言えますが)。 アルファ155に乗るナニーニもカッコ良かったです。 はじめまして。 こんな素晴しいコミュがあるなんて!?驚きました(^^;) やはり90年のシーズンは最高ですね(事故に遭うまでは) 本人もカッコいい方なんですが(古館さんは「苦みばしった顔面エスプレッソ」なんて言ってましたが^^;) 特にヘルメットのデザインと形が未だにカッコいいと思ってます。 熊谷の某F1ショップで見つけた、特大ポスターが未だに忘れられないインパクト物でした。 その写真にはベネトンマシン(89年か90年当時)を中心にして、そのマシンの上を真横に通る柱の上にN・ピケとナニーニが横たわって写っているというものでした。 最近、某ネットオークションにて購入し、いつか大きなリビングに飾りたいと思い大事に仕舞っています。 mixiほんと恐るべしですね! ナニーニまであるんですね。 懐かしくてついつい登録してしまいました。 今でも一番好きなドライバーです(最近あんま見てないですけど・・・)。 当時中学生だったかな?セナの事故も衝撃で深夜だと言うのにみんなに電話しまくってましたけど、ナニーニも衝撃でした。 ピケより、モレノより、やっぱナニーニなんですよね! そうそう、マシンの性能では差をつけられてようと果敢に挑んでく姿勢が好きでした。 当時V8エンジンでしたっけ? パトレーゼ、ベルガー、マンセル、中嶋悟好きなドライバー沢山いましたけど、頂点はナニーニでした。 だって、ベネトンのプラモ買っちゃいましたもん。 当時の将来の夢、ベネトンのタイヤ交換する人でしたから(笑) ナニーニカフェなるものがあるんですね。 機会があったら是非行って見ます! はじめまして 中学2年だった89年から、ベネトンのマシンの格好よさに惹かれて F1を観始めたんですが、気がつけば、ナニーニのアグレッシブな走りに 魅了されていました。 90年シーズンは、受験勉強も忘れて夢中になったものです。 ベストレースはハンガリーかな…。 あの時ほどセナのドライビングに腹が立ったことはないです。 鈴鹿で文句なしの優勝をしてくれるような予感がしていたので、 あの事故は悲しすぎました。 ベネトンのワン・ツーだというのに、あれほど悔しいとは… あのまま無事に彼がF1ドライバーを続けてたらどうなってただろう…と、 今に至っても想像したりします。 フィジケラやトゥルーリに、ナニーニの雄姿を重ねようとしてみたのですが、 やっぱりナニーニほど夢中にはさせてくれませんでした。 僕にとっては、いつまでもナンバーワンドライバーです。

次の

F1史上に残る名バトル「セナプロ対決」…鈴鹿F1日本GPでの対決を振り返る

アレッサンドロ ナニーニ

元F1パイロット、市議会議員に 先週、ボクが住むシエナ市内の駐車場でクルマから降りようとしたときだ。 隣に止めた「フィアット・ブラーボ」のあるじもドアを開けようとした。 目が合った相手は誰あろう、アレッサンドロ・ナンニーニ氏であった。 皆さんはアレッサンドロ・ナンニーニ氏を覚えておられるだろうか。 彼はイタリアを代表するロック歌手の姉ジャンナ・ナンニーニとともに、シエナ生まれシエナ育ちである。 F1ドライバーとして1986年にミナルディでデビューし、その後ベネトンに移籍。 しかし1990年、シエナでヘリコプターが着陸に失敗して右腕に重傷を負ったのを機にF1から引退した。 一時はドライバー生命を絶たれたと思われたが、事故からわずか2年後の1992年、アルファ・ロメオでイタリアツーリングカー選手権にドライバーとして再デビュー。 続いてドイツツーリングカー選手権でも戦った。 1997年には、AMGメルセデスでFIA GTチャンピオンシップに参戦した。 ボクがナンニーニ氏と最初に会ったのは、1998年ごろだったと思う。 そのころのボクは、イタリア人料理研究家が主宰する教室で、日本人向け講座のオーガナイズ兼通訳の仕事をしていた。 プログラムの中に伝統菓子の工場見学を盛り込む際、相談に行ったのが「ナンニーニ菓子店」だった。 ナンニーニ氏の祖父が1902年に創業した店である。 ツーリングカーレースから引退したばかりのナンニーニ氏は、経営危機にあった家業である菓子店およびカフェの復興を図るべく、そのころ住まいがあったモンテカルロとシエナを往復しながら、海外フランチャイズ展開をスタートしつつあった。 菓子店の近くにある事務室に赴くと、ガラス張りのオフィスの中に時折ナンニーニ氏がいて、机上にはF1のスケールモデルが置かれていたものだ。 やがて2001年、ナンニーニ氏は、シエナのメインストリートにある、長年人手にわたっていた本店の買い戻しに成功した。 地元の新聞は「孝行息子」と書き立て、ボクもそのリニューアルオープン祝いにかけつけたのを覚えている。 ただしその後はボクが物書き専業となったこともあり、ナンニーニ氏とは夕方の散歩で、たまにすれ違う程度となってしまった。 2011年、ナンニーニ氏は51歳のとき、シエナ市長選に中道右派系4政党の推薦を得て立候補。 伝統的に左派勢力が強い地域という事情もあり、結果は落選だったが、同時に行われた市議会選挙にも立候補していたことから、議員として当選した。 ボクのナンニーニ氏に関する知識は、そこでとどまっていた。

次の