速水 けんたろう コロナ。 速水けんたろうの歌のお兄さん・コロナ感染・アイアンリーガーが話題

速水けんたろう(コロナ感染)は逮捕歴や事故があった!?現在(今)は声優や歌手!?

速水 けんたろう コロナ

「医療従事者の方たちには、本当によくしていただきました。 防護服をまといながらも危険をかえりみず、医師の先生、看護師さんたちが、いろいろと気にかけてくださいました。 私たち夫婦が不安になっているときにも励ましてくださって……、感謝の言葉しかありません」 そう語るのは、『おかあさんといっしょ』の8代目うたのおにいさんで歌手・声優の(58)。 4月8日に新型コロナウイルスの感染を公表し、1カ月近い入院生活をおくった彼が、闘病を振り返るとともに、現在の生活について語ってくれた。 「発症したのは4月3日のことでした。 全身の痛み、特に腰に強い痛みを感じて、熱を測ったら38度近く。 4月7日にPCR検査で陽性反応が出てしまったのです」 陽性反応にショックを受けた速水をさらに打ちのめしたのは、妻の感染も判明したことだった。 「きっと僕が(ウイルスを)自宅に持ち帰ってしまったのだと思います。 同居している妻と次男の家族3人が陽性という結果でした。 僕より妻の症状が重かったのも申し訳なく思っています。 僕が入院後に4〜5日ほど発熱が続いたのに対して、妻は2週間ほど高熱が続き、ようやく平熱に下がったと思ったら、2〜3日後に再び39度以上の高熱が3日間続きました。 2人ともアビガンを投与してもらいましたが、効果が出るのにも差があったようです。 同じ部屋に入院していたので病状も把握していましたが、僕もとにかく不安でした。 『もしかしたらこのままダメかもしれない』と、口にしていて……。 『絶対、大丈夫だよ』『先生を信じよう』と、励まし続けました」 医師たちの尽力もあり、5月上旬には退院を果たすことができた速水夫妻。 1カ月の外出自粛をへて、現在は軽い運動を始め、慎重に生活しているという。 「自宅ですので激しい運動はできませんが、椅子に座って軽くストレッチをしたり、筋トレをしたりして体力の低下を防ぐことを心がけています」 退院から12日後の5月16日に仕事復帰を果たした。 「洗足学園音楽大学の声優アニメソングコースで音楽講師も務めていますので、先日はリモートで授業に参加しました。 いまの目標はステージ復帰ですね。 この数年は『おかあさんといっしょ』OB・OGによるファミリーコンサートに出演しています。 夏にはコンサートも予定されているので、そのステージに立てればと考えています。 ファンの皆さんにもご心配をおかけしましたので、早く元気になった姿をお見せしたいです」 「女性自身」2020年6月23・30日号 掲載.

次の

速水けんたろうが語った家族のコロナ闘病「妻は死も覚悟…」(2020年6月14日)|BIGLOBEニュース

速水 けんたろう コロナ

略歴 (37年)、に生まれる。 (昭和60年)、「全国縦断カラオケ大会」で優勝した。 (昭和61年)に、より 谷本 憲彦(たにもと のりひこ)の芸名で、若手歌手としてデビュー。 2作目の「なぐさめ」は同年急逝したのである。 また、この年には第7回古賀政男記念音楽大賞入賞。 (元年)、歌手へ転向。 渋みのある歌声から一転し、爽やかさを前面に出した歌唱となる。 (平成5年)4月に、当時とで放送していた『』の8代目に就任。 うたのおにいさん就任と同時に、芸名を『 速水けんたろう』に改名。 (平成11年)、番組内でと「」を歌い、番組卒業間近の1999年3月に発売したシングルCDが爆発的な売れ行きとなるなど一躍ヒット歌手となった。 同年4月3日をもって番組を卒業。 うたのおにいさん在任期間は6年間。 茂森と共に同年末のとへの出演を果たす。 卒業直前の2月には自身が作詞・作曲した「あつまれ! 笑顔」を番組に提供。 また、うたのおにいさんになって以降は合間を縫って番組とは別に、全国各地でソロでのファミリーコンサートを行い、番組卒業以降も継続してコンサートを開いている。 その一方で、後述の通りうたのおにいさんになる前からのアニメソング歌手としての活動も並行して行っていた。 なお、速水以降の歴代うたのおにいさん・おねえさんにおいては、活動が『おかあさんといっしょ』以外原則認められていないため、番組出演中に番組とは別に個人での芸能活動を並行していた出演者は速水が最後である。 (平成11年)10月から(平成16年)3月までやで放送された『』に出演し、(元「」のお姉さん)と共にMCを担当。 この番組では子供向けの歌だけでなく、アメリカのポピュラー楽曲などを音楽プロデューサーらがアレンジしたものも歌い、自身が作詞・作曲を手掛けた歌も提供している。 また、「おかあさんといっしょ」で5年間共演し、1999年(平成11年)3月に共に番組を卒業したも2001年(平成13年)より同番組に出演しており、再共演を果たしている。 また、時期を同じくしてキッズステーションでは自身初の単独冠番組『速水けんたろうのFan! Fan! Fan! 』が放送。 「おかあさんといっしょ」卒業後、当時本拠地がまだであったの応援歌も歌ったが、この時プロフィールの趣味欄にファンと記載された(後に訂正)。 現在では自他共に認めるファンである。 (平成19年)には新しい応援歌として「ファイターズ魂(スピリッツ)」を製作、再録音の「ファイターズ賛歌」とのカップリング楽曲としてに発売された。 仕事などで北海道に行くたびにで観戦していた。 (平成19年)には札幌ドームからに車で直行、「」に飛び入りでゲスト出演している(移動中もカーラジオで中継を聴いていたと語っている)。 また、以降は舞台俳優としても活躍している。 (平成22年)には劇団ミュージカル「」の東京公演、兵庫公演に客演し、「うたのおにいさん」のイメージとは違う存在感のある悪役を演じた。 この他、現在の所属事務所が声優のマネジメントを主とする(当初は声のみ預かりの扱いだったが、現在は正式な所属俳優となっている)であることから、後述の活動休止以前には声優としての活動も行っていた。 2012年の活動再開後しばらくは、メディア露出が少なかったため声優業も行っていなかったが、2015年5月のおかあさんといっしょファミリーコンサート『じゃがいも星人にあいたいな』でのダン役、および同年6月公開の映画『』のプテラノドン役で声優活動も再開している。 (平成23年)午後1時15分ごろ、自らの運転で埼玉県内の仕事場へ向かう途中、通町の交差点内で横断歩道を歩行中の78歳の女性をはね、その女性は翌17日午前0時50分ごろ死亡した。 警察の取り調べに対し、速水は「助手席の荷物に気をとられて脇見をしていた」と供述した。 その後7月19日付の自身のブログにて、自らの起こした事故を深く反省すると同時に今後は一切の仕事を自粛する旨を記載した(その後、当時のブログの記事は全て削除された)。 11月30日、はでにした。 (平成24年)、さいたま地裁川越支部は、「女性は最愛の夫に別れの言葉一つかけることもできず絶命し、無念さは察するに余りある」としながらも、「(速水は)遺族に謝罪の意を示し、芸能活動を控えるなどして謹慎の態度をとっている」として、2年6か月のに対し、禁錮2年・3年の有罪判決を言い渡した。 なお、この裁判を担当したは、判決言い渡しの後、被害者の遺族が速水の復帰を望んでいることを速水に伝え、「今後は仕事に復帰して一層精進し、聞き手に感動を与えるように」と語ったが、速水本人は「執行猶予中は自分ですべきことをしていきたい」としながらも「(復帰については)今は考えられない」とコメントした。 (平成24年)4月14日、東京都内で行われた岩手県復興支援団体TAKATA-FESTAが企画するチャリティーイベント、TAKATA FESTA 2012 in ITABASHIに特別出演し、再始動を果たす。 これは同イベントに参加したのブログ やのツイッター でも紹介された。 以降、主にイベント・舞台への出演を中心に活動を再開。 その後、2012年(平成24年)夏、音楽制作会社のプロデュースで本格的に音楽活動も再開(所属事務所は引き続き81プロデュースのまま)。 同年9月に岩手県陸前高田市復興支援ソング「未来のためのもの」をCDリリース。 同年冬からミュージシャンの青木政憲とともに、「歌う紙芝居」の活動を行っている。 2012年(平成24年)9月に、のコミュニティFM局の「上を向いて歩こう! 」という番組に作詞家のとともに出演した。 この中で、活動自粛中の間に藤が主催する『命歌』のライブに参加して、自分に何ができるのかを考え、この活動に賛同し参加していくことを決めたことを語っている。 2015年度からは、おかあさんといっしょの関連イベント『ポコポッテイトがやってきた! 』および『ガラピコぷ〜ファミリーステージ』にうたのおにいさんとして参加。 NHK関連のイベントでは、活動自粛前にもやのショーの中で、ファミリーコンサートが開催されることがあったが、おかあさんといっしょファミリーコンサートへのゲスト出演を除けば、同番組を卒業した直後の1999年度以来実に16年ぶりの番組関連イベントで『けんたろうお兄さん』として全国各地をまわっている。 また、2016年4月には「あおうよ!」(もりちよこ作詞、同月にうたのおねえさんに就任した最初の)で17年ぶりにおかあさんといっしょへ楽曲提供を行うなど、本格復帰以降は様々な形でおかあさんといっしょへ携わっている。 、感染を公表した。 その後入院していたが 、で2回連続の陰性が確認され、に退院。 人物 趣味はと。 主な方言は。 エピソード• 「おかあさんといっしょ」出演開始と同じ(平成5年)4月から系で放送が開始されたアニメ『』の主題歌も担当したが、こちらは従来の歌手活動時に使っていた『谷本憲彦』名義だった。 後述の3月までの2年間の間、2つの名義を使い分けていた事について速水は後年、「うたのおにいさん=速水けんたろう」のイメージで歌うのはやはり難しいと感じた、との理由だった事を明かしている。 その後、1995年3月、系で放送された20周年記念作品『』の主題歌を担当したのを機に、全ての活動を「速水けんたろう」名義に統一。 『オーレンジャー』の主題歌に速水を起用したのは、オーレンジャーのプロデューサーだったである。 2代目の、先代のと同じく、うたのおにいさん就任時から妻子持ちである。 ディスコグラフィー 谷本憲彦名義• 愛の鎖(デビュー作。 作詞: 作曲:)• なぐさめ(2ndシングル。 作詞: 作曲:三木たかし の遺曲)• 書きかけのLove Song(3rdシングル)• IDLING for you (『』後期シリーズ版4代目オープニング)• アイアンリーガー〜限りなき使命〜(『』オープニング)• WITH〜友よ共に (『疾風! アイアンリーガー』最終回エンディング)• BURNING STREAM(『疾風! アイアンリーガー』OVA挿入歌)• 雷伝説 (『』オープニング) 速水けんたろう名義• オーレ! オーレンジャー (『』オープニング)• 緊急発進!! オーレンジャー (『超力戦隊オーレンジャー』エンディング)• 虹色クリスタルスカイ (『超力戦隊オーレンジャー』挿入歌・最終回エンディング)• 超力合体!! オーレンジャーロボ(『超力戦隊オーレンジャー』挿入歌)• アクション! オーレンジャー(『超力戦隊オーレンジャー』挿入歌)• オーレンジャー・スピリット(『超力戦隊オーレンジャー』挿入歌)• クルマジックパワー! (『』挿入歌)• 激走体操カーレンジャー(『激走戦隊カーレンジャー』挿入歌)• 純白の勇気(エナジー) (『』(第2作)初代オープニング)• マッハ・ゴー・ゴー・ゴー・1997 (『マッハGoGoGo』2代目オープニング)• (『おかあさんといっしょ』)と歌唱• あつまれ! 笑顔 (『おかあさんといっしょ』、本人作詞・作曲)• (『』2代目オープニング)• Chu! Chu! 朝ごはんパン・ロックンロール (『けんたろうとミクのワイワイキッズ』)• アイ・ラブ・ベースボール〜がんばれホームチーム〜 (「」の日本語カバー)• げんきでますます! トスキー体操、トスキーソング『ひとりじゃないよ』(TOSマスコットキャラクターの歌、2曲とも作曲 作詞:もりちよこ )• 同局のとして前者は放送開始時 、後者は放送終了時に使用されていたが、2011年の速水の活動自粛と同時に使用を中止した。 「」は再録音)• うまうまヤムヤム(『』)• 見よ賞賛のなげなわマン(週刊コミックTVコミソンタイム『』)• 未来のためのもの(復興支援ソング) 2012年9月リリース その他• ヤマハ音楽教室教材 グループレッスン おんがくなかよし教材 , CD 歌唱• カワイ音楽教室教材 グループレッスン クーちゃんランド教材 CD 歌唱• カワイ音楽教室教材 グループレッスン くるくるクラブ教材 CD 歌唱• カワイ音楽教室教材 グループレッスン くるくるクラブ教材 CD 歌唱 出演作品 子供向け番組• (1999年10月 - 2004年3月、)• (、2011年6月19日) おかあさんといっしょ コンサート 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 1993年 、 、、、 、、、 、、 速水けんたろう、、 、、、 、、、、 1994年 速水けんたろう、、、 、、、 、、、、 、、 速水けんたろう、、、 、、、 、、、ジョンジョン 、、 1995年 速水けんたろう、、、 、、、 、、 速水けんたろう、、、 、、、 、、、、 1996年 、 速水けんたろう、、、 、、、 、 速水けんたろう、、、 、、、 1997年 、 速水けんたろう、、、 、、、 、 速水けんたろう、、、 、、、 、、 1998年 速水けんたろう、、、 、、、 、、 、 速水けんたろう、、、 、、、 1999年 、 速水けんたろう、、、 、、、 、、、、 、、、、 タップ、クラップ 、、、 、、、、 速水けんたろう、、 、、、 、、、、 、、 速水けんたろう、、 、、、 、、 、、 、、、 、、、 、、、、 、、 、、 速水けんたろう、 2009年 、、、 、、 、、 、、、 、 、、 速水けんたろう、 、、 、 、、 2010年 、、、 、、 速水けんたろう、 2019年 ふしぎな汽車でいこう〜60周年記念コンサート〜 、、、 、、 、、 速水けんたろう、、、、、 、、 、、• このほか、2015年のでは、じゃがいも星人の ダンの声を担当している。 テレビドラマ• (1999年、28話)• 「23・みちのく津軽こぎん刺しの女」(4月、・) - 岩崎四郎 役 テレビアニメ• (3月、NHK教育テレビ) - 矢作副編集長 役• 第2期以降はが担当。 (2011年4月、テレビ東京) - 木下ユズ夫 役(初代)• 前述のとおり活動を自粛したため同番組も降板、16話以降はに交代した。 アニメドキュメント あの日、僕らは戦場で 少年兵の告白(8月、NHKスペシャル)• (7月、系列) - ディプロ 役 ドラマCD• シリーズ(海鳴平助) 吹き替え• (キャプテン〈劇場公開版〉)• (2015年6月6日公開) - プテラノドン 役 舞台• ミュージカル「」(2002年) - ヘル夫人 役• ミュージカル「」(2006年) - ジャービス 役• ミュージカル「」(2006年) - 役• ディズニーミュージカル「」(2007年) - ジャック・ボルトン 役• ミュージカル「」(2008年) - 役• ミュージカル「トゥルークリスマス」(2009年) - 父親 役• ミュージカル「」(2010年6月・7月、) - スーラ 役(客演)• EVE COMPANY「銀座の恋人たち 〜君を忘れない〜 」(2011年1月20日 - 23日、新宿シアターモリエール)• EVE COMPANY「素敵なウェディングプランナー 幸せの香り」(2012年8月25日 - 8月27日、銀座博品館劇場)• 劇団きみにほ 旗揚げ公演、第一回プロデュース作品「」(2013年2月7日 - 10日、日本橋公会堂) その他• 「速水けんたろうのFan! Fan! Fan! 」()• 「を感じる〜自由旅行」()• 「」(、2010年12月31日-2011年1月1日)• 「歌手VS歌うま芸能人 〝カラオケバトル6〟ご本家が敗北の危機? 脚注 [] 注釈• 速水けんたろう. 夢のとびら. 2011年6月24日閲覧。 [ ]• 2011年7月17日. 2011年7月19日時点のよりアーカイブ。 2011年6月24日閲覧。 読売新聞. 2011年12月1日. の2011年12月4日時点におけるアーカイブ。 2011年12月1日閲覧。 読売新聞. 2012年2月22日. の2012年2月23日時点におけるアーカイブ。 2012年2月22日閲覧。 永島美織のみおりなでしこ. アメーバブログ 2012年4月15日. 2012年6月6日閲覧。 ツイート. より 2012年6月6日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年4月8日. 2020年4月8日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年4月30日. 2020年5月7日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月7日. 2020年5月7日閲覧。 2009年8月28日. 2009年12月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年3月13日. 2015年3月16日閲覧。 関連項目• - 同局の局名告知に出演していた。 外部リンク• - の公式サイト• 先代: 第8代:4月5日-4月3日 次代:• 初代;(1971年11月3日 - 1977年3月8日)• 2代目;(1976年4月12日 - 1979年3月17日)• 3代目;(1977年4月11日 - 1979年3月17日)• 4代目;(1979年4月2日 - 1981年4月3日)• 5代目;(1981年4月6日 - 1983年4月2日)• 6代目;(1981年4月6日 - 1985年3月30日)• 7代目;(1985年4月1日 - 1993年4月5日)• 8代目;(1993年4月5日 - 1999年4月3日)• 9代目;(1999年4月5日 - 2003年4月5日)• 10代目;(2003年4月7日 - 2008年3月28日)• 11代目;(2008年3月31日 - 2017年4月1日)• 12代目;(2017年4月3日 -.

次の

「だんご3兄弟」速水けんたろう コロナ感染 入院先がまだ見つからない状態(デイリースポーツ)

速水 けんたろう コロナ

「活動復帰、第一弾」(自身公式ツイッターより)として、パーソナリティーの声優・羽多野渉&古賀葵と事前収録した電話での会話が流れて、「こんばんは、速水けんたろうです〜」と元気な声をリスナーに届けつつ、感染した当時のことを赤裸々に語った。 羽多野は「先日退院されたということで、早速、元気なお声を聴けてうれしいのですが、現在の体調はいかがですか?」と聞くと、速水は「本当にみなさんにはご心配をおかけしましたが、おかげさまですっかり元気になりました!」と報告した。 症状も語り「腰がとにかく痛くて、激痛があって、それが最初の症状でした。 顔色も悪いし『熱も測ったら?』と家族に言われて測ったら38度近くあって…。 だけど翌日、平熱に一旦下がったんですよ。 『何だったんだろ?』と思ったのですが、腰の痛みはとれなくて、夕方くらいにまた38度くらいまでに上がって…」と説明。 「そこから熱が上がった状態が続いたので、土、日曜日挟んで月曜日に保健所へ『もしかしたら? そんなことはない』と思いつつも電話をして、保健所の指示で医療機関で診察して、検査をしたら翌日に陽性が判明して…」と経緯を伝えた。 入院してからは「息が吸えない。 息を吸うとむせるというか、そういうのが出てきて、ちょっと悪くなりかけたところで、先生から『アビガンを使いましょう』と。 それを投与していただいてから、翌日くらいに熱が平熱になった。 そこからは胸の苦しみやせきなどの症状がなくなっていき快方に向かった」と明かした。 そして「今回申し上げたいのは、危険な最前線の中で惜しみなく治療や看護に取り組んでいる医療従事者のみなさんに感謝の言葉しかないです。 ありがとうございました」と医療関係者に感謝。 続けて「僕も『まさか』というのは語弊があるかも知れませんが、ちょっと油断しているところも正直あったかも知れないなと思うんです。 (マスクや除菌を)神経質にやっていたつもりなのですが、外出を控えていたのですが、ちょっとたまたま出た時に何かのきっかけでどこかで、うつってしまったんだろうなと。 神経質過ぎるくらいに、みなさまには気を付けていただきたい」と呼びかけた。 一連の貴重な体験談を聞いて羽多野は「説得力がある言葉ですよね。 『これってやりすぎじゃん』という風潮になりがちにですけど…」と話すと、速水は「そんなことはないです」とし、油断せずに気を付けていくことが大切だと訴えた。 速水は4月3日に発熱症状が見られ、咽頭痛・せき・痰・体の痛みなどの症状が続いたため、4月6日に居住地近くの医療機関を受診。 胸部レントゲンでは所見なしの診断であったものの、PCR検査を受診するに至り、4月7日午後に陽性が判明したと、所属事務所・81プロデュースが報告。 今月7日にサイトでは「新型コロナウイルス感染により入院治療をしておりました、速水けんたろうですが、5月3日(日)のPCR検査で2回連続の陰性が確認され、5月4日(月)夕方に退院致しましたので、ご報告申し上げます」と伝えられている。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の