ゴーヤ 天ぷら。 ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

「ゴーヤ」ファン大集合!家族に人気のレシピを主婦199人に聞きました

ゴーヤ 天ぷら

沖縄を代表する野菜と言えばゴーヤです。 独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれますが、栄養たっぷりなのでぜひ料理に積極的に使いたい野菜の1つです。 ゴーヤチャンプルー、天ぷら、炒め物、和え物などに使われ、中のワタをきれいに取って茹でたり塩や砂糖を揉み込むと苦みが和らぎ食べやすくなります。 ゴーヤの苦みはモモルデシンと言う成分で血糖値や血圧を下げる効用があります。 その他にも免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、貧血を予防する鉄分、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなど豊富な栄養素を含んでいます。 ゴーヤを使った栄養満点の料理を作って、夏バテを予防しましょう。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 カレー風味が食欲をそそる、ゴーヤの豚肉チーズ焼きのレシピ。 作り方はゴーヤを縦半分に切って種をスプーンで取り除いてスティック状に切り、豚バラに塩胡椒します。 豚バラにゴーヤをのせて巻いてフライパンで焼いて、合わせておいたタレの調味料を加えて水分が無くなってきたらカレー粉を加えて絡めたら完成です。 タレが肉巻きによく絡んで、ご飯と相性抜群です。 少ないお肉でボリュームのある献立を作りたいときにもぴったりです。 手早く作れるゴーヤのせピザトーストのレシピ。 作り方はゴーヤを半月切りにして塩を揉み込みしんなりしたら水ですすぎ、パンにケチャップを塗って乾燥バジルを振りとろけるチーズをかけます。 ゴーヤ・細切りベーコン・玉ねぎをのせてオーブンで焼いたらできあがり。 ボリュームのある朝ごはんやランチを食べたい時におすすめで、簡単に作れるのもいいですね。 ゴーヤが苦手な方にも食べやすく仕上がっています。 夏の強い日差しの下でもぐんぐん大きくなるゴーヤは沖縄を代表する野菜ですが、本州でも主に6月〜8月頃に収穫できる野菜です。 ビタミンC、葉酸がたっぷり含まれ、夏バテ予防、美肌効果に期待できます。 独特の苦味は食欲増進効果があり、夏バテで食べられない時にもオススメですよ。 ゴーヤは塩もみするだけでも苦味は軽減できるので、食べやすく調理して栄養を逃さず体に取り入れて元気に夏を過ごしたいですね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ゴーヤといえば、独特な苦味が特徴的で、苦手な方も多いでしょう。 ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので、美肌作りに欠かせません。 免疫力を高めたり、ストレスに対する抵抗力も強くしてくれます。 ゴーヤの苦味成分には、胃液の分泌を促し、食欲の増進効果があり、食欲の出ない夏にぴったり。 ビタミンB1の豊富な豚肉や大豆などの良質なタンパク質を組み合わせたレシピは、夏バテなどの疲労回復にさらに効果的。 ゴーヤの苦味が苦手でも、下処理で塩もみや塩茹でをする、油で調理する、旨味の強い肉やダシと一緒に煮ることで、苦味が和らぎ、食べやすくなるんです。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 表面にいぼがついていて、苦みがある野菜、ゴーヤ。 東インドや熱帯アジアが原産地ですが、日本では沖縄や九州南部の暖かい地域で多く作られています。 ゴーヤはつる性の植物で、暑くなると旺盛に葉やつるが伸びます。 最近では、エコな暑さ対策として、ゴーヤのグリーンカーテンが人気ですね。 苦みがあるゴーヤは大人好みの味わいです。 ゴーヤに含まれる苦み成分は、実は胃腸を整え、夏バテからの回復をサポートしてくれる働きを持っています。 その他にも、ビタミンや食物繊維を含むゴーヤは、日々の食卓に積極的に取り入れたい野菜の1つですね。 そんなゴーヤを食べて、暑さに負けない体を手に入れましょう。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

「ゴーヤ」ファン大集合!家族に人気のレシピを主婦199人に聞きました

ゴーヤ 天ぷら

スポンサーリンク ゴーヤのわたの美味しい食べ方 ゴーヤのわたが食べられると知った時は衝撃でした。 だって、メッチャ苦いものと思い込んでましたから。 何でもゴーヤの原産地でもあるインドでは、皮は食べないでワタと種だけ食べるんだとか。 くどいようですが、 ゴーヤのワタは全然苦くないので、ゴーヤが苦手な人でもきっと食べられます。 っていうか、何も言わずに調理して出したら、ゴーヤのワタだとはまず気づかないでしょう。 おすすめの調理法は天ぷらですが、これの作り方に関しては後ほど詳しく 画像付きで説明します。 それではゴーヤのわた料理を順番に見ていきましょう! ゴーヤのわたのピカタ 「ピカタ」なんて言うと、ちょっとハイカラなイメージがありますが、作り方は至って簡単。 溶いた卵を塩コショウで味付けし、わたをくぐらせたら油を引いたフライパンで両面焼いていきます。 表面が固まったら、残っている溶き卵に再度くぐらせては焼く という作業を繰り返し、卵液がなくなるまで焼いたら完成。 タバスコを少し入れたケッチャップソースで食べると激ウマですよ。 ゴーヤのわたのおひたし 熱湯で30秒ほどサッと茹でたら水分を軽く絞る。 めんつゆとごま油で和え、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておきます。 食べる直前にかつお節をかけたら完成です。 量がほんのチョッピリになってしまうのが残念。 もっと食べたいのに! ゴーヤのわたのお味噌汁 料理というほど大げさなもんじゃありません。 お味噌汁を作るときの具材としてわたを入れるだけです。 麸みたいというか、ナスみたいと言うか、そんな感じ。 味噌の風味を邪魔することもありません。 コンソメスープやトマトスープなんかに入れても美味しいですよ。 ゴーヤのわた その他の使い道 とにかく味が淡白なので、煮る・焼く・揚げる・炒める、など、どんな風に調理しても美味しく食べられます。 野菜炒めの具材として使ってもいいし、何ならワタのみ炒めて醤油かけるだけでも結構美味。 ゴーヤチャンプル作るときも、わたごと一緒に炒めちゃって大丈夫。 種が取りにくい場合は一旦わたを外したほうが楽ですが、種自体の色が白っぽく、指で摘んでみて柔らかさを感じるようであれば丸ごと使うというのもアリ。 種が成長して硬いときは、食感が悪くなるのできちんと取りましょう。 取った種はフライパンで軽く煎って食べるとお酒のおつまみになります。 お酒のアテといえば なんかも最高。 簡単に作れますし、ポリポリ食べてたら病みつきになりますよ。 参考 ちなみに、生のわたをそのままサラダで食べる人もいますが、さすがにチョット青くさいと感じるかもしれません。 まあキュウリっぽい味なんですが、加熱したほうがグッと食べやすくなります。 ゴーヤ 1本分 のわた• コツのいらない天ぷら粉 20g• 紅しょうが 大さじ1杯分• 水、及び紅しょうがの汁 適量 作り方 1. わたを外したら種を取って適当な大きさに刻んでおく ビローンと大きな天ぷらにしたければ切らずにそのままでもOK。 コツのいらない天ぷら粉を水で溶く このとき紅しょうがと 紅しょうがの汁を加える。 何なら水の代わりに全部しょうが汁でもOK。 個人的には多めのほうが好き。 天ぷら粉がかなり赤くなるけど、見た目ほど辛くないのでご安心を。 天ぷら粉にわたを入れて良く混ぜあわせる ちょっとシャバ目のほうがカリっと揚がります。 熱した油で揚げる フライパンでも全然OK。 両面しっかり揚げる 結構油を吸うので、揚げ上がりにキッチンペーパー等にのせて油をしっかり切りましょう。 カラッと揚がったら わたと紅しょうがの天ぷらの完成! ぜひ揚げたてを食べて下さい。 はっきり言って激ウマです! サクサクの衣とふわふわのわたがイイカンジの食感を生み出しています。 味も苦いどころか、むしろ甘みさえ感じるほど。 そのままでも充分美味しいですが、塩や天つゆで食べるとさらにウマウマ。 紅しょうがの風味がいいアクセントになってて、ビールでも白ご飯でも、どっちでもイケますよー。 関連記事 ゴーヤのわたのレシピ 簡単まとめ それにしても、こんなに美味しい部分を今まで捨てていたなんて、なんて勿体ないことをしていたのかと本当に悔やまれます。 ワタも、まさか自分が天ぷらにしてもらえるとは夢にも思っていなかったでしょう。 ゴーヤを天ぷらにするなら、是非一緒にわたの天ぷらも作ってみてください。 二通りの楽しみ方ができますよ。 残念なのは、1本のゴーヤからちょっとしかとれない事ですね。 もし、わただけで売ってたら絶対に買います。 美味しいだけじゃなく美容や健康にもいいのでね、安く手に入るこの夏の間に食べまくりましょう!.

次の

ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

ゴーヤ 天ぷら

なすの素揚げにゴーヤのマリネを合わせたこのレシピ。 手作りのマリネ液なので、甘みや塩分、酸味など、味のバランスを自分好みに調整できます。 ゴーヤは、苦みが好きな場合は厚めに、苦みが苦手な場合は薄めにスライスするのがおすすめです。 マリネ液は、カロリーゼロの甘味料を使ってヘルシーに仕上げます。 冷蔵庫で漬け込んで、2日程度待てば完成です。 なすの素揚げとよく合います。 実の表面にいぼがあり、独特の苦みを持っているゴーヤ。 ウリ科の植物で、その苦みから、別名で苦瓜(にがうり)と呼ばれます。 日本では、沖縄や九州などの温かい地方で多く作られています。 ゴーヤにはビタミンCが多く含まれており、風邪の予防や美肌に役立つ野菜の一つ。 ビタミンを多く含む野菜は、油を使って調理すると、ビタミンCが壊れにくいのでおすすめですよ。 また、ゴーヤの苦み成分は、胃腸の粘膜を保護する作用や、食欲を増進させる作用など、体にうれしい働きをいくつも持っています。 まさに、夏の暑さで体が疲れているという時にぴったりの食材です。 そんなゴーヤを食べて、健康的で美しく、暑さに負けない体を手に入れましょう。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の