ひぐらし の なく 頃 に レナ。 ひぐらしのなく頃に

竜宮レナ

ひぐらし の なく 頃 に レナ

親切が、うれしかった。 愛らしい笑顔がうれしかった。 頭を撫でるのが、好きだった。 ひょっとすると、俺は君のことが、…………………………………好きだった。 においては赤い炎、は青い炎や雛見沢症候群への発病など対になるような描写が多い。 また冒頭で圭一はレナに好意を寄せていたと思われる。 後日レナがキスしていたと言われるが興奮していてよく覚えていないとのこと。 そしてばかでかいぬいぐるみを抱えるレナを誘導するために手を繋ぐ。 また同編でレナのことをいいお嫁さんになれると評価している。 関連イラスト.

次の

【ひぐらしのなく頃に】新シーズン(6期)決定!あらすじ情報まとめ!【ひぐらしのなく頃に】

ひぐらし の なく 頃 に レナ

竜宮レナ 礼奈• プロフィール• 本名は礼奈 れいな。 7月生まれ。 小学校に上がるときに、母の仕事の都合で雛見沢から茨城に引っ越し。 昭和57年に雛見沢に戻って来た。 母の浮気、両親の離婚に大きく関係あり。 語尾を2回繰り返すのが口癖。 もっとも多いのは「〜かな。 趣味はダム工事現場跡の宝 かぁいいもの 探し(鬼・罪・昼編参照)。 母の浮気、両親の離婚に大きく関係あり。 特技はかぁいいモード時のれなぱん。 圭一は当然として、武道に秀でているはずの魅音ですらその攻撃は避けられない。 しかもそれが手なのか膝なのかも分からないという速さ。 料理がとても得意。 母が仕事に出て、父が家事できなかった分を補助しようとした結果。 元々07th Expansionのマスコットキャラ。 性格・人物像• すぐぼぉっとしたり赤面したりする。 ぼんやりした少女と知性・決断力・行動力とも優れた女性の二面性を有する。 普段はあえて前者に徹しているのは、自分の望む幸せが前者にあるから「馬鹿の方が日々は楽しいのかもしれない。 なら私は進んで馬鹿になりたい・・ほら、楽しいことで夢を満たそう?」(罪滅し編『夕暮れ』)• 「レナ」としての性格は生まれ持った物ではなく礼奈であった時の「い」やな事を捨てて雛見沢で心機一転、楽しい新生活を始める為に作った理想とする「公的な自分」。 その意識は徹底しており基本的に他人(部活メンバー含む)とは誰と接する時も「レナ」として対応する。 だが、怒りなどの感情が昂ぶった時や不快な人物、自分の幸せに害をなす「敵」と対峙した時は「レナ」を演じる事を止め本来の「礼奈」として時に冷たさや厳しさを感じさせる口調で対応する。 唯一の例外として父親の前では快、不快の感情に関わり無く「レナ」としての特徴的な口調を一切使わず普通に会話する。 自分を必要としてくれるような発言で赤面し喜ぶのは、母親に捨てられた経験と関連? 世話焼きで献身的• 父や悟史を救えなかった後悔から、圭一は助けたいという気持ちがある。 鬼隠し編、罪滅し編• その後悔による自己嫌悪から、必ずしも自分の命を最優先にできない心理があるようだ。 リナへの嫉妬はいけないことだ、親のいない沙都子や梨花の苦労に比べれば不満を言ってはいけない、等と自分に繰り返し言い聞かせるところからして、内実はかなり我欲に厳しい性格? 望んでいることは仲間と楽しい毎日を送ること。 難解と言われるレナの行動だが、 1 惨劇の危機がなければ仲間の不和を治め、辛い立場の者をフォローする 2 惨劇発生あるいは危機状態では少しでも多人数を救う手段を取る、と上の目的から単純に整理できる。 圭一には好意を抱いているようだ。 「圭一くんはいっしょにいて楽しい」だけでなく、父も悟史も救えず自己嫌悪に悩んでいた自分を受け入れてくれた存在(手首をじっと見つめる描写)。 罪滅し編• 鬼隠し編では誰よりも圭一を心配し、最後には捨身の説得を試みた。 罪滅し編• これらを背景に罪滅し編では ラストで告白もしている「どっちが勝ってもずっといっしょだね」「たとえ死んでも生まれ変わったら普通に恋をしよう」。 昼壊し編で 「本当に好きな人への想い」が描写されているが、手作りクッキーを食べた人とのことから圭一のことと考えられる• ただ、綿流し編では、魅音に相談されて以降身を引いて応援する側に徹した。 かぁいいものを大小拘らずお持ち帰りする癖がある。 単にかぁいいものが好きなだけでなく、それを集めることで自分を慰める手段ともしていたようだ。 粗大ゴミがかぁいい理由は、母親に捨てられた自分同様に捨てられた存在への共感と愛情による。 (罪滅し編)• TIPSの精神分析から類推すると、家を粗大ゴミだらけにする事によって、家における自分の居場所を守ろうとしている(自分の存在を脅かす他人が家に寄り付かないようにしている)と思われる• かぁいいモードにおける超人化を表現する言葉はひぐらし全編に満ちている。 たとえば鬼隠し編では圭一が,(レナがかぁいい認定したものをお持ち帰りするためには)「画鋲の穴だって狙撃できるんだよッ!!」と表現する。 実はかぁいいモードになると超人化するのでなく、欲に負けて普段の自制心の枷が外れ、本来の能力を発揮している? 判断力・観察力・直感に優れる。 大石も認める推理力で「名探偵」の異名を得る(一部では「名探偵レナン」とも)。 皆殺し編では それらを生かしてかなりの活躍をみせた。 圭一の誤解を招いたり 鬼隠し編 、暴走したり 罪滅し編 、マイナスに作用するケースも。 人の感情の機微を察知するのが得意で、しばしば相手に脅威を与える 皆殺し編。 交渉ごとにおいては、自称「脅迫のプロ」詩音を感心させたほどの心理戦術を見せた(同上)。 「目を見れば嘘をついているかどうかわかる」 皆殺し編。 嘘に対してはときに過敏ともいえるほど鋭い。 ただし昼壊し編では、他人の嘘を見抜くのは上手でも自分のついた嘘を隠すのは上手でないと魅音に指摘されている。 その為他人の嘘には敏感、自身が嘘をつく時も、自己嫌悪の感情からポーカーフェイスに徹する事が出来ない為だと思われる。 綿流し編では 回覧板に書いてあった、醤油をお分けするという事などから梨花達の居場所を突き止める事も。 その冷静さと、一度決断したときの強い意思・行動力から、 皆殺し編以降は「青い炎」として立ち回る(圭一の「赤い炎」も参照)。 圭一と違い静かに燃え続ける事から、また「青い炎」は「赤い炎」より必要火力が高いが、その分燃焼温度は高い事からそう呼ばれる。 鉈(斧)を持ち歩くことがある。 (ゴミ山発掘の際、障害物を除ける為)• 罪滅し編では 鉈で暴力・脅迫行為におよび、梨花との対決では「遊んであげるわ、おいで鉈女…!」の名言を引き出した。 普段の振る舞いと激怒した状態の落差が大きい。 いわゆる「オヤシロモード」の正体はこの「落差」による圭一の被害妄想と考えられる 詳細は罪滅し編やループ推理参照• 自称「怒りんぼ 綿流し 」、魅音によると「普段はおちゃらけているけど怒ると怖い 祟殺し 」。 魅音を女の子扱いできなかった圭一にそれとなく諭す。 綿流し編• 祭具殿侵入を隠していた圭一を叱る。 綿流し編• 沙都子保護を魅音に押し付けた圭一に啖呵を切る。 祟殺し編• 突如取り乱した沙都子を心配するあまりに余計に怯えさせてしまう圭一を一喝する。 祟殺し編• 児童相談所の鉄平への聞き取り内容を聞き、憤りを机にぶつける。 皆殺し編• なぜ本名の礼奈ではなくレナと呼ばれることを望むのか? 罪滅し編• 父親だけには「礼奈」と呼ばれる事に抵抗は無い。 理由は家族だからということと圭一や魅音といった部活の仲間並に人格のいい父親である為。 死亡記録• 綿流し編 詳細記述なし 現在生存? 暇潰し編 詳細記述なし 雛見沢大災害にて死亡? 目明し編 生存 鹿骨市内在住 H16現在• 罪滅し編 詳細記述なし 雛見沢大災害にて死亡? 本編以外の考えられる顛末• 雛見沢分校篭城事件で爆死 宵越し編• 雛見沢分校への避難勧告に疑惑を感じ逃走。 山中で山狗に捕捉、殺害されるが、最後にダイイングメッセージとして、わざと血痕の付着した帽子を谷川に落とし、それに気付いた大石に雛見沢大災害への疑惑を生じさせる 厄醒し編• レナ以来が追加されない -- 2014-01-12 日 12:53:22• 解で生存確認(大災害) -- 神紀 2011-05-07 土 12:49:45• レナの恋愛感情の部分誰が消したんだ? -- アレレ〜 2011-03-23 水 23:14:48• 何気に部活メンバーの中で一番生存率が高い -- みるら 2010-11-19 金 17:42:05• 目明しで、レナはみんながいない寂しさから、自殺してしまったのでわないのか・・・。 -- 凛嘉 2010-08-08 日 15:29:34• 確か祭の目明し編のラストで竜宮礼奈H16年現在、雛見沢在住ってテキストがあったかと -- 2010-07-25 日 04:07:12• 目明しでレナが生存なら綿流しも生存ってことではないのでしょうか -- タック 2010-05-11 火 12:23:44• レナの病院を出所した後の仕事は何でしょうね? -- やまやま 2010-04-23 金 15:54:38.

次の

ひぐらしのなく頃に鬼隠し編の解説(考察)とネタバレ!凶変は何故?

ひぐらし の なく 頃 に レナ

雛見沢症候群です。 雛見沢いることによって感染する雛見沢特有の風土病。 原因は特有の寄生虫とされている。 感染症で空気感染する。 雛見沢に訪れたものすべてが感染するが、 日常生活に支障はない。 宿主が死ぬと寄生虫も共に死ぬ。 この病気には女王感染者というものが存在し、 古手家が該当し、出産の際に遺伝する。 雛見沢の住民など感染者は、 女王感染者の近くにいると症状が緩和される。 雛見沢の住民が梨花を大切にするのは、 理性では認識していなくても、 本能的に梨花は大切な存在であると認識しているからである。 女王感染者が死亡すると、 感染者は集団で末期症状に陥るため、 入江機関により緊急マニュアル34号が適応される。 発症の段階は入江機関がL1~L5まで設定している。 ・L1 追跡妄想・被害妄想をするようになる。 例:前原圭一(鬼隠し編)、園崎詩音(目明し編)、竜宮レナ(罪滅し編) ・L2 この段階を超えるものは、緊急マニュアル34号の処分対象となる。 例:雛見沢の住民全員 L3 末期になると幻覚や幻聴を見聞きするようになる。 L5に陥った者の回復できる限界の位置。 毎日薬を打つことによって症状を緩和できる。 誰かがつけてくるような足跡が聞こえるようになる。 例:北条沙都子、前原圭一(鬼隠し編) L4 異常な行動が目立つようになる。 疑心暗鬼になり、周りを信じずに拒絶しようとする。 ただ、理性はあるため計画的な思考をすることは可能。 例: 前原圭一(鬼隠し編)、竜宮レナ(罪滅し編)、園崎詩音(目明し編 L5 理性を失う。 喉のリンパ腺のあたりにかゆみがでて、 最終的には喉を掻き毟って死にいたる。 レナの場合は、ウジ虫が体から湧く幻覚を見る。

次の