簿記2級 予想問題集。 主婦が簿記2級に独学で合格した勉強法とおすすめ問題集

無料予想模試第1回【日商簿記3級】

簿記2級 予想問題集

テキスト・問題集を買う前の注意点 最初の注意点は、 最新版のテキスト・問題集を購入(使用)する! 理由は、日商簿記2級の試験範囲が毎年のように改定されているからです。 私は、日商簿記3級受験の際、メルカリで安くて古いテキスト・問題集を購入し非常に後悔しました😬 2つ目の注意点は、 テ キストは1種類ずつ、同じ出版社・シリーズのものを購入(使用)する! 理由は単純、出版社ごとに解き方や解釈が微妙に違うからです。 たくさん買って沢山の知識を身につけよう!とする方も、たま〜に見かけますが、ナンセンスです。 理解していればどの出版社のものを使っても大丈夫なのですが、最初は誰も理解はできません。 理解している方は、テキストはそもそも必要ありません。 なのに、色々な解き方、解釈を理解できるはずがありません。 商業簿記・工業簿記の1種類ずつ、同じ出版社・シリーズを使いましょう。 問題集は問題を解くだけであれば、何社でも大丈夫です! ですが最初は、テキストと同じ出版社・シリーズを使用しましょう。 テキストのおすすめはネットスクール! 私が絶対におすすめするテキストは、 ネットスクールのサクッとうかる日商2級シリーズです! このテキストを皆さんに使っていただきたくて、この記事を作成したといっても過言ではありません😊 本当に良いと思っているから、おすすめしています! おすすめする最初の理由は、 フルカラーである! という点です。 フルカラー?と疑問に思った方も多いはずです。 ですが、私は断言します。 なのに単調な色使いだとすぐ飽きてしまいます。 ちなみに1番売り上げ数が多いテキストは 赤・黒・ 白の3色構成です。 ネットスクールのテキストは、 参考・Point・超重要と3段階で書かれています。 ダメなテキストは全部覚えろと言わんばかりの書き方をしています。 でも、全部覚えれる方ならどのテキストでも合格できます。 日商簿記2級になると、全て理解することは無理です。 暗記はなおさら無理です。 でもポイントを掴めれば、必ず!合格できます。 今の時代、テキストは多様化しています。 選択肢が広がるメリットはありますが、デメリットとしてどのテキストを買えば良いか、顧客は迷ってしまいます。 自分にあったテキストを見つけてください。 ネットスクールのテキストは下記から注文できるのでどうぞ購入してください。 迷う前に買いましょう! リンク 過去に商工会議所がとんでもない問題を出題した例もあります。 過去問が1番の本試験対策なのです。 きになる方はぜひご覧ください。 過去問題集をひと通り学習した方が前提になります。 こちらは、日商簿記2級のプロが、 過去の統計を元に出る問題を予想してまとめている問題集になります。 第1予想、第2予想と予想される問題を順位付けしてまとめています。 2020年6月14日の合格を目指している方は、155回予想模試を買いましょう。 こちらは両方の出版社のものを買うことをおすすめしています!難易度はネットスクールが簡単でTACが難しいです。 リンク まとめ この記事をご覧になる皆様は、テキスト・問題集に悩んでいる方だと思います。 悩む事は良いことです。 ですが、その時間が非常にもったいない! 私は、悩まずにとりあえず買って後悔をしました。 どの出版社のテキストか気になる方は、ぜひお問い合わせください。 プラス、このテキストはどうなの?という質問がありましたらお願いします。 ネットスクールのテキストは間違いありません!すぐ購入して、勉強してみてください。 *決して、ネットスクールの回し者ではありません。 頼まれたわけではございません。

次の

パブロフ簿記【日商簿記に合格するための勉強法】

簿記2級 予想問題集

前提条件として日商簿記3級程度の「知識」は必要です。 3級の知識があれば十分ですので、日商簿記3級試験に合格したとか、問題集で合格点がとれるといったものは必要ありません。 (あれば申し分ないですが) 日商簿記2級に2ヶ月で合格するためには、 3級のテキストを読んだことがある人が対象となります。 そうでない、 簿記を初めて勉強される方は2. 5ヶ月~3ヶ月合格になるでしょう。 簿記を初めて勉強する方は、長くても3ヶ月程度で日商簿記2級に合格することができます。 日商簿記2級を勉強すると・・ 日商簿記2級は就職・転職などにも効果を発揮する優れた資格で、それがたった3ヶ月で取得できるので、就職活動をしたい方にもおすすめの資格です。 また、日商簿記2級の勉強をすると、 ・1級に挑戦したい ・税理士になろうかな? ・会計士を目指そうかな? などといった 将来の視野が広がってきますし、起業する場合にも持っていると役に立つ資格です。 さて、それでは日商簿記2級に合格するための大まかな流れを紹介します。 日商簿記2級に『独学+2ヶ月』で合格する方法 使用教材はいたってシンプルです。 日商簿記1級 2級の勉強方法の流れは日商簿記1級でもほとんど同じです。 この方法で2級に合格することができると、同じような方法で自然と1級に合格することができます。 多少の覚悟は必要です。 そうすると、 日商1級は「独学+半年」で合格することが可能です。 中身はあの滝澤 ななみさんが欠かれているだけあって分かりやすいのが特徴です。 また、量も少ないのでさっと終わらせたい人向けの本となっています。 そのため簿記が苦手な人にはおすすめの本です。 4コマ漫画でイメージしやすいように描かれてあり、また解説も分かりやすくなっています。 そのため苦手の部分であっても全く分からないといったことがなく、頭に入ってきやすいでしょう。 また、総仕上げ編では実際の解き方を指導してくるため「下書き・解き方」を学ぶことが出来るのもいいですね。 図などが豊富であり解説も詳しいので、サクサク進めることができます。 1級を目指している人は同様の「とおるシリーズ」で独学・半年で合格することも可能なことを考えると、2級もこのとおるシリーズで勉強をしておくとよりスムーズに勉強をすることができます。 他の2種類のテキスト・問題集は2冊や3冊ですが、このとおるシリーズは4冊です。 そのため合格レベルの力が最もつきやすい教材といえます。 また、過去問の問題で解けなかった箇所に戻る際、また類題を探す場合においても他の2種類より優れているのもおすすめの1つです。 回数もそれなりにあるので合格レベルになるでしょう。 ただ、最近の日商2級は試験範囲も変わっているので、そういったところは予想問題などで演習をしておく必要があります。 これ以外にもネットスクールの予想問題集もおすすめです。 こちらは必須ではありませんが、予想問題は1問と下書き・解き方や暗記すべきものが分かったり、情報誌の特徴があるので読んでおいて損はない教材です。 無敵シリーズは税理士受験生だと多くの人が使っている教材でもあります。 日商簿記2級の勉強方法 教材については紹介をしました。 テキストで1チャプターしたら問題集も同じように進めていきます。 どうしても分からない箇所があるなら付箋を貼るなどして次に進みましょう。 解けない箇所はテキスト等に戻ってしっかり復習し解けるようにしておきます。 また、同じ問題だけでなく類題問題も解けるようにするためにもテキストの該当箇所は読んでおきます。 その際、戻ったよという印(日付)をつけておくのもいいでしょう。 そして、次に2回目を時間を計って解き、採点もします。 解けない問題はテキストに戻って・・・1回目やったのと同じようにします。 最初は点数が取れないかもしれませんが、気にする必要はありません。 しかし、5回目あたりから徐々に点数が取れ始めてきます。 10回目くらいには合格点が取れているでしょう。 「 本試験問題の試験形式に慣れる事」や「 解ける・解けない問題がはっきりすること」で、自分の苦手な項目が分かります。 戻った際に日付を書いていると、何度も戻っていることに気付くページもあるかもしれません。 しかし、これは試験直前になると「頑張って勉強したなぁ」というモチベーションアップにもつながり、自信を持って試験を受けることができます。 いわゆる弱点の洗い出しと洗い出された弱点の強化です。 ただ、過去問を1回目解いて、「あー合格点いかなかったかぁ、次頑張ろう」と復習をせずに2回目を解いたところで何も意味がありません。 解ける箇所、解けない箇所をはっきりさせ、 解けない箇所+類題も解けるようにする事が最も大事です。 こうして、全12回の過去問を2週間~20日くらいで終わらせ、最後に予想問題集を10日くらいで終わらせます。 予想問題集もやり方は過去問と同じです。 解けない箇所を解けるようにするために再度テキストに戻ります。 (テキスト) テキストに戻る機会が多いので、テキストは簡単に書かれてあるものではなく、ある程度しっかりしたものがいいので「とおるシリーズ」がおすすめなのです。 (予想問題集) 予想問題集は3~4問しかないので、できれば他のものを買ってもう少し解いておきたいものですが、予想問題集で合格点が常に取れている人はほぼ合格間違いなしでしょう。 試験までは今まで解いたものを確認して総仕上げをしておくのもいいでしょう。 日商簿記2級に2ヶ月で合格する・・まとめ 2ヶ月で合格ということなので、もっと簡単な方法を想像した方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、実際はかなり泥くさいといいますか、ごくごく普通の方法です。 日商簿記2級に独学で2ヶ月で合格する方法といっても何か特別なことをするわけではないことがお分かりいただけたかと思います。 ある程度の努力をすれば誰でも2ヶ月程度で合格することができます。

次の

簿記検定で予想問題集を使うときの注意点

簿記2級 予想問題集

簿記2級テキスト 簿記2級に独学合格できるテキストとしておすすめのテキストを紹介してあります。 ご覧になってない方や気になる方はこちらを参考にしてください。 それでは簿記2級の過去問と実践問題集を紹介します。 簿記2級に独学合格できる「過去問」と「問題集」 おすすめの「過去問」 合格するための過去問題集 540ページ 直近の過去問も収録されており 全部で12回分あります。 (142回~153回) 簿記試験の過去問といったらこの「 合格するための過去問題集」が最もおすすめです。 これは簿記3級、2級、1級、全経上級でも同じことが言えます。 簿記1級や全経上級の過去問はこの「合格するための過去問題集」しかないので、今後1級や全経上級を受けてみたい方は今のうちにこの過去問に慣れておくといいでしょう。 この 過去問題集は第1部と第2部の2つに分かれていますのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。 この過去問題集は全部で500ページくらいあり、 第1部は200ページくらいもあるのでしっかりとした対策が可能となっています。 また、実際にこの攻略編で得点の底上げができるでしょう。 第1問対策 第1問は5問の仕訳問題が出題されますが、仕訳問題として出題されるパターンは大体決まっています。 この 第1問対策では約70個の仕訳を通して網羅的に復習できるので、本試験で取りこぼすことはなくなるでしょう。 第2問~第5問対策もあり、こちらは問題ごとに目標時間も設定してあるのでどの程度のスピードで解けばいいのか参考になります。 また、様々な問題に対応できるように重要問題が厳選してあるのでここに掲載されている対策問題をする事で合格に近づく事ができるでしょう。 簿記は会計基準が変わる事が多く、過去に実施された問題をそのまま使うと改正が反映されていないので間違えた答えを覚えてしまう事があります。 しかし、 この過去問題集は新しい会計基準が適用され過去の問題も新会計基準に改題されているので安心して使うことができます。 解説はどうなの? 解説は最初にその回の 総括的なものや 合格率が記載されてあるので全体像をさっと掴む事ができ、どの程度できればいいのか把握できるのはうれしいことです。 どのように解くのが理想的なのか「 問題を解く順番」に書かれてあるので参考にするとより早く解く事ができますし、時間が足りない人はこの通りにすると効率よく点数を取ることができます。 また、 問題ごとに難易度の表記があるのもうれしい配慮といえます。 第1問は5つの問いがあり それぞれに難易度がABCで記載されてあります。 点数に一喜一憂するのではなく、 どの仕訳問題を正答すべきなのか解説を見ることで明らかにすることもでき、また 自分の弱点を発見する事ができるのはこの過去問題集の大きなメリットといえます。 第2問~第5問対策はそれぞれの問題に 難易度とどのように解いたらいいのかコメントが記載されてあります。 解説も詳しいのでこれを見て分からないといった事はないでしょう。 答案用紙は抜き取り式になっているので別々に使いたい方は抜き取って使うこともできるので使いやすくなっています。 繰り返し解きたい方は答案用紙をコピーする必要はなく、 TACからダウンロード(無料)して使うこともできます。 この過去問題集を使っていくと 過去問を解き続けていくと途中である事に気付くはずです。 それは 過去に出題された問題が似たような問題として繰り返し出題されているという事です。 この過去問集のおすすめのポイントとして縦は項目、横は139回~150回の「 出題論点一覧表」です。 この出題論点一覧表でどういった項目が繰り返されているのかを視覚的に把握できるので便利です。 それは140回の過去問を解いて例えば仕訳問題の4(有価証券の購入)を間違えたとしましょう。 そして、143回を解いて仕訳問題の1(有価証券の購入)を間違えたときです。 通常ですと気付かないかもしれませんが、この過去問題集には 「出題論点一覧表」を見る事で同じような論点に間違えているかどうか気付く事もできます。 同じような問題が解けていないという事は過去問を解いた後の復習が不十分で、過去問を100%使いきってしまいましょう。 過去問を最大限利用する事で合格率は全く異なったものとなります。 過去問の使い方については下記にて説明をするのでそちらを参考にしてください。 おすすめの「問題集」 問題集についてはテキストに準ずる問題集を利用してください。 ここで紹介する問題集は 本試験型の実践問題集となります。 簿記2級の教材を再度確認しておきましょう。 書籍には難易度は同レベルとかかれてありますが、実際はそれよりも高いものとなっているので解けないからと悲観する必要はありません。 ここでは「 時間の使い方」や「 解くべき箇所が解けるか」このような最終的な仕上げとして使うのがいいでしょう。 回数は4回分とそれほど多くはありませんが、 実践的な解き方がかなり詳しく書いてあるため実力アップが可能です。 新論点予想問題集 224ページ 平成28年から試験範囲に連結や税効果などの新論点が追加され、新論点対策をするには不足してしまうこともあるでしょうし、不安になる方もいらっしゃるでしょう。 あまり手を広げる事はおすすめしませんので、これまで使用した教材がある程度吸収できている人のみおすすめします。 この問題集は 新論点だけに焦点をあてた問題集となっており、新論点についてはこの問題集で万全といってもいいでしょう。 新論点が不安な人はこの問題集を使って抑えておくのもいいでしょう。 次は、過去問の使い方になりますが、使い方は人それぞれですのであくまで一例として紹介しますので参考にしてください。 過去問の使い方 過去問を使う理由は ・頻出問題の把握 ・本試験形式に慣れる このような意味もありますが、これ以外に大きな理由があります。 それは『 各項目の徹底攻略』にあります。 次は、過去問題集を使いながら「各項目の徹底攻略」の方法を紹介します。 過去問の使い方一例 まず 過去問1回分を時間を計って解きます。 同じ問題が出題されても必ず解けるようにしっかり仕上げておくことが重要です。 できれば違う視点から出題されても解けるように、周辺論点も同時に固めておくといいでしょう。 解けなくて テキストに戻って復習をする際、復習するページに日付を記載しておくことをおすすめします。 以前復習をしたはずなのに再度復習が必要な事はよくあります。 そうするとテキストには日付が2つ記載される事になりますが、それはあなたがその項目を苦手としていたり、理解不足等であることがわかります。 テキストの総復習をする際に、日付が記載されているところは念入りに読み込むことで効果的に復習をする事ができます。 また、そのような項目は今一度テキストに準ずる問題集の問題を解くことで理解を深めることができます。 過去問の使い方とその効果 この過去問の使い方はとにかく面倒で時間もかなりかかります。 しかし、 過去問を5回分やっていると少しずつ変化が表れてきますが、どのような変化が起こると思いますか? それは『 得点が伸びてくる』という事です。 簿記2級の範囲はそれほど広くないため、 過去問を5回分程度やって解けない問題を徹底的に復習をする事で解けない問題が徐々になくなっていきます。 正直1回目を解くときは10点でも0点でも構いません。 丁寧に復習をし5回分くらいすると、合格点に限りなく近づいているか合格点を超えているはずですし、10回分やると合格点を超える回が増えているでしょう。 得点がよくなっていくと復習する項目も減るのでかなり楽になり、次の回に進むペースも早くなっていきます。 また、本試験形式の問題を時間を計って解く事で 時間配分の練習もできたり、 本試験の出題形式、言い回しなどの表現にも自然と対応できるようになるなどメリットはたくさんあります。 後半になればなるほど得点はおもしろいように伸びていきますが、最初は復習する量が多くてとにかく大変です。 過去問の使い方のポイント ・最初はできない箇所が多くて復習も大変 ・5回分くらいすると解けない問題が少なくなり合格点に近づいてくる ・得点がよくなることで復習する時間が限りなく減っていく ・本試験の難易度や出題傾向を肌で感じる事ができる 簿記2級 過去問、問題集まとめ 以上、簿記2級に独学で合格できる過去問と問題集を紹介しましたがいかがだったでしょうか? 過去問題集を解き進めていくと 似たような問題が繰り返し出題されている事を体験するでしょう。 簿記2級は徹底的に復習をする事が重要でこれが合否を大きく分けるので 過去問題集を有効活用して合格しましょう。 実践的問題集である予想問題集については必ず利用する必要はありませんが、テキスト、テキストに準ずる問題集、過去問が終わったのであれば 最後の仕上げとして利用して合格率を高めておくのがいいでしょう。

次の