デフラグ 効果。 パソコン用語「デフラグ」って何? メリット・デメリットは?

デフラグ(最適化)を行うメリット・デメリット、行う際の注意点

デフラグ 効果

「デフラグ」とは 「デフラグ」とは「デフラグメンテーション」の略称であり、 ファイルの「断片化 フラグメンテーション 」を解消する作業の事です。 「デフ ラグ」を行う理由「断片化」とは パソコンは使用を続けて行く事でパソコン内のDATAがそれぞれ「断片化」して行きます。 「断片化」は1つのDATAがパソコン内部で移動や削除を繰り返す事や更新される事によって発生致します。 DATAは基本的に保存された場所から自分からは移動しない物ですが、更新等でDATAの容量が大きくなると今までそのDATAを保存していた場所からDATAが溢れて内の別の場所に新たにDATAが書き込まれ別々の場所に一つのDATAが保存されます。 「断片化」したDATAのイメージ 112122 422132 353431 341445 453555… この様に「断片化」したDATAはパソコン内のあちこちに存在する事となります。 「断片化」した状態でも1、2、3、4、5と言う順番でファイルを読み込んで行かなくてならない事は変わりありませんので、パソコンは「断片化」した事で「ストレージ」内のあちこちに存在する様になった必要なファイルをわざわざ探してから読み込む事になります。 「断片化」した状態ではパソコンがDATAを読み込む速度が正常な状態とは比べて当然 落ちますので、この様に「断片化」した「ストレージ」内のDATAを正常な状態に最適化する事を 「デフラグ」と言います。 管理人は2TBの「ストレージ」を使用しておりますが、一時「デフラグ」をサボっていた際には「デフラグ」作業終了までに半日以上掛かった事がございます。 「ストレージ」に「SSD」を使用している場合 「ストレージ」に「SSD」を使用している場合は「HDD」の様に「断片化」は読み込み速度低下の原因にはなりません。 ただし「SSD」はDATAの上書きを行う事が出来ず、DATAの完全消去が確認された領域にしかDATAを書き込む事が出来ません。 パソコンで削除されたDATAもパソコン画面上からは消えていても厳密には「ストレージ」内には「消去済みファイル」として残っておりますので、結果としてそのゴミファイルが「SSD」の動作速度を落としてしまうのです。 そこで「SSD」を使用している場合には「ストレージ」の「最適化」を行う事でゴミファイルを消去し「SSD」の動作速度を最適化する事が出来るのです。 「デフラグ」はファイルの「断片化」を解消してパソコンの「ストレージ」を最適化し、寿命を延ばす事が出来る作業。 「デフラグ」は適切なタイミングで実施する事で効果を発揮し、「デフラグ」作業を 過多に行う事は逆効果となる。 「デフラグ」作業に要する時間は「ストレージ」の容量と「断片化」の割合で増減する。 「デフラグ」作業中にパソコンの操作を行うと「デフラグ」作業自体が無意味となる為「デフラグ」作業中はパソコンを放置するべき。 当記事では「デフラグ」についてと、その実施方法について簡単に解説致しました。 パソコンの「ストレージ」の寿命を延ばす事の出来る「デフラグ」作業ですが、「デフラグ」作業中のパソコン操作は「デフラグ」作業自体が無意味となりますので パソコンを操作しない「一日中」外出する様な日に作業を行う事がオススメです。 それでは当記事『【Win 10】パソコンの「デフラグ defrag 」を行う意味とは?その効果や方法について【PC】』を終了させて頂きます。 お疲れ様でした。

次の

Windows 10では「デフラグ」をする必要はないの?

デフラグ 効果

PCを使うすべての業種にとって課題となるのは、パフォーマンスの維持だ。 せっかく新しいPCが届いても、数ヶ月したら処理速度や起動が遅くなった、特定の操作で重くなる等の現象はしばしば起こりうる。 もちろん、PCそのものやOS、ソフトウェアの不具合なども考えられるが、圧倒的に多いのがメンテナンス不足だ。 ここではPCメンテナンスの基本中の基本、「デフラグ」について考えてみたいと思う。 知らないうちに断片化するデータ群 最近のPCは一昔前と比べてスペックが高く、「PCが速い」「PCが遅い」という部分はあまり感じられない。 特に多くのPCにSSDが搭載されるようになったり、十分なメモリ容量が確保できる現在、その動きのスムーズさからか、PCメンテナンスの大切さを忘れがちになるケースが続出している。 PCメンテナンスといえば、まっさきに思い浮かべるのが「デフラグ」。 ストレージのパーティションにあるデータが断片化していた場合に最適化をおこなうツールで、一般的なOSであるWindowsにも標準で搭載されている機能だ。 なぜデフラグをおこなうかというと、断片化が進行すると、ソフトウェアの起動や動作、データの読み込みや書き出しといった一連の作業に遅延などの影響が出てしまうからだ。 断片化が進むとOSの処理量やストレージのヘッド移動量などが増大し、全体のパフォーマンスが落ちる ただし、冒頭で述べたように、一昔前のPCとは違い、最近のハイスペックなパーツ群の組み合わせでは、遅延が起こったとしても体感するレベルにまで至らないケースが多いのだ。 断片化が進んでいるにもかかわらず、動きとしてはさほど変わらない。 この状況が続けば、さらに状況は深刻化していき、いよいよ重さや遅れを感じる頃にはもはや手遅れに……などということも十分考えられるのだ。 これは単なる脅しではなく、断片化されたデータがエラーを招き、それが運悪くOSの起動に関わるようなセクションなどで頻発すれば、PCにとって大きな不具合になることもありえる。 そのため、健康にみえるうちから、安全対策として「デフラグ」を実行しておけば、マイナスの影響は軽減できるといえるだろう。 デフラグを実行することで断片化されたデータを整理して連続したデータとして再配列させる。 これによってパフォーマンスは大きく改善されるのだ 時間も掛かるし負担も大きいこれまでのデフラグ 筆者はライティングをメイン業務にした編集プロダクションを経営している。 全体の作業をみてもPCへの依存度はほぼマックスで、取材で外出する以外の時間はすべてディスプレイとにらめっこ状態が続く。 これはすべてのスタッフに当てはまり、負荷の高低差はあれど、PCがなければ一日を始めることも、終えることも困難なほどだ。 具体的な業務として、メインのライティングに関してはテキスト入力がほとんどなので、PCへの負荷は最も低い(人的にはもっとも過酷だが)。 しかし、周辺業務として画像の編集や加工、音声データの編集はもちろん、InDesignやIllustratorなどでページ加工や誌面制作などをおこなうこともある。 設置してあるPCは、購入時点でミドルハイスペックの構成のマシンが多く、ノートPCと合わせ計7台が毎日元気に稼働中だ。 複数の外注スタッフが使う共有PCの断片化率。 「だれかデフラグぐらいしろよ!」と一瞬思ったがスタッフは案件単位で移動するため、メンテナンスがおろそかになるのもやむを得ない 通常なら、このままWindows標準のデフラグ機能を使うところだが、このツールを使うと作業中に仕事を中断させられることになるうえ、状態が悪いときのデフラグは時間がかかる傾向がある。 もちろん、時刻指定による自動実行なども設定できるが、その時間に確実にマシンが空いているという保障がないのが、我々の仕事の嫌なところ。 この辺が理由となって、メンテナンスの間隔が空いてしまうというのが現実でもある。 そこで、相栄電器が提供している多機能&高性能なデフラグツールに注目してみたいと思う。 同シリーズは「Diskeeper 15J」 3ライセンス 、「Diskeeper 15J Professional 」 法人向け 、「Diskeeper 15J Server」 サーバー向け の3種類のパッケージが用意されている。 その中でも、今回は各クライアントPCにインストールされたDiskeeper 15Jを一元管理できるを使ってみることにする。 Diskeeper 15J Professionalのトップ画面 いわば断片化という現象に対してあらゆる側面から対策がおこなえるので、一度インストールすればストレージはもちろん、ソフトウェアやOSのパフォーマンスがフルに引き出せるというメリットがある。 これは単純に「調子が良くなる」というだけでなく、インストールしておくだけでPCの寿命をより長くしたり、パフォーマンスの長期維持が期待できるなど、我々のようにビジネスでマシンを扱う業者にとってメリットの高いソフトウェアなのだ。 また、SSDや1TB以上の大容量ボリュームを搭載している場合でも最適化される機能(HyperFast、Terabyte Volume Engine)なども搭載されているので、マシンのスペックを問わずに使用が可能。 弊社でいう作業用マシンでも原稿制作用マシンでも、問題なく最適化される頼もしいツールなのだ。 インストール後、ユーザーがやることは大きく二つ。 システム設定とディスクの状態設定だ。 システム設定については、自動断片化解消機能(IntelliWrite2. 0)と自動領域回復の実行について設定できるが、基本的にデフォルトで最適なセッティングになっている。 細かい設定もできるので、必要に応じて「詳細」タブを開いて細かい部分をチェックしていけばよいだろう。 ちなみに、自動断片化解消機能はインストール直後から機能している。 「最近のアクティビティレポート」を開いてみれば、インストールしたその日のうちから防止された断片化数がチェックできる。

次の

images.bloompop.com:Windows 10では「デフラグ」をする必要はないの?

デフラグ 効果

PCを使うすべての業種にとって課題となるのは、パフォーマンスの維持だ。 せっかく新しいPCが届いても、数ヶ月したら処理速度や起動が遅くなった、特定の操作で重くなる等の現象はしばしば起こりうる。 もちろん、PCそのものやOS、ソフトウェアの不具合なども考えられるが、圧倒的に多いのがメンテナンス不足だ。 ここではPCメンテナンスの基本中の基本、「デフラグ」について考えてみたいと思う。 知らないうちに断片化するデータ群 最近のPCは一昔前と比べてスペックが高く、「PCが速い」「PCが遅い」という部分はあまり感じられない。 特に多くのPCにSSDが搭載されるようになったり、十分なメモリ容量が確保できる現在、その動きのスムーズさからか、PCメンテナンスの大切さを忘れがちになるケースが続出している。 PCメンテナンスといえば、まっさきに思い浮かべるのが「デフラグ」。 ストレージのパーティションにあるデータが断片化していた場合に最適化をおこなうツールで、一般的なOSであるWindowsにも標準で搭載されている機能だ。 なぜデフラグをおこなうかというと、断片化が進行すると、ソフトウェアの起動や動作、データの読み込みや書き出しといった一連の作業に遅延などの影響が出てしまうからだ。 断片化が進むとOSの処理量やストレージのヘッド移動量などが増大し、全体のパフォーマンスが落ちる ただし、冒頭で述べたように、一昔前のPCとは違い、最近のハイスペックなパーツ群の組み合わせでは、遅延が起こったとしても体感するレベルにまで至らないケースが多いのだ。 断片化が進んでいるにもかかわらず、動きとしてはさほど変わらない。 この状況が続けば、さらに状況は深刻化していき、いよいよ重さや遅れを感じる頃にはもはや手遅れに……などということも十分考えられるのだ。 これは単なる脅しではなく、断片化されたデータがエラーを招き、それが運悪くOSの起動に関わるようなセクションなどで頻発すれば、PCにとって大きな不具合になることもありえる。 そのため、健康にみえるうちから、安全対策として「デフラグ」を実行しておけば、マイナスの影響は軽減できるといえるだろう。 デフラグを実行することで断片化されたデータを整理して連続したデータとして再配列させる。 これによってパフォーマンスは大きく改善されるのだ 時間も掛かるし負担も大きいこれまでのデフラグ 筆者はライティングをメイン業務にした編集プロダクションを経営している。 全体の作業をみてもPCへの依存度はほぼマックスで、取材で外出する以外の時間はすべてディスプレイとにらめっこ状態が続く。 これはすべてのスタッフに当てはまり、負荷の高低差はあれど、PCがなければ一日を始めることも、終えることも困難なほどだ。 具体的な業務として、メインのライティングに関してはテキスト入力がほとんどなので、PCへの負荷は最も低い(人的にはもっとも過酷だが)。 しかし、周辺業務として画像の編集や加工、音声データの編集はもちろん、InDesignやIllustratorなどでページ加工や誌面制作などをおこなうこともある。 設置してあるPCは、購入時点でミドルハイスペックの構成のマシンが多く、ノートPCと合わせ計7台が毎日元気に稼働中だ。 複数の外注スタッフが使う共有PCの断片化率。 「だれかデフラグぐらいしろよ!」と一瞬思ったがスタッフは案件単位で移動するため、メンテナンスがおろそかになるのもやむを得ない 通常なら、このままWindows標準のデフラグ機能を使うところだが、このツールを使うと作業中に仕事を中断させられることになるうえ、状態が悪いときのデフラグは時間がかかる傾向がある。 もちろん、時刻指定による自動実行なども設定できるが、その時間に確実にマシンが空いているという保障がないのが、我々の仕事の嫌なところ。 この辺が理由となって、メンテナンスの間隔が空いてしまうというのが現実でもある。 そこで、相栄電器が提供している多機能&高性能なデフラグツールに注目してみたいと思う。 同シリーズは「Diskeeper 15J」 3ライセンス 、「Diskeeper 15J Professional 」 法人向け 、「Diskeeper 15J Server」 サーバー向け の3種類のパッケージが用意されている。 その中でも、今回は各クライアントPCにインストールされたDiskeeper 15Jを一元管理できるを使ってみることにする。 Diskeeper 15J Professionalのトップ画面 いわば断片化という現象に対してあらゆる側面から対策がおこなえるので、一度インストールすればストレージはもちろん、ソフトウェアやOSのパフォーマンスがフルに引き出せるというメリットがある。 これは単純に「調子が良くなる」というだけでなく、インストールしておくだけでPCの寿命をより長くしたり、パフォーマンスの長期維持が期待できるなど、我々のようにビジネスでマシンを扱う業者にとってメリットの高いソフトウェアなのだ。 また、SSDや1TB以上の大容量ボリュームを搭載している場合でも最適化される機能(HyperFast、Terabyte Volume Engine)なども搭載されているので、マシンのスペックを問わずに使用が可能。 弊社でいう作業用マシンでも原稿制作用マシンでも、問題なく最適化される頼もしいツールなのだ。 インストール後、ユーザーがやることは大きく二つ。 システム設定とディスクの状態設定だ。 システム設定については、自動断片化解消機能(IntelliWrite2. 0)と自動領域回復の実行について設定できるが、基本的にデフォルトで最適なセッティングになっている。 細かい設定もできるので、必要に応じて「詳細」タブを開いて細かい部分をチェックしていけばよいだろう。 ちなみに、自動断片化解消機能はインストール直後から機能している。 「最近のアクティビティレポート」を開いてみれば、インストールしたその日のうちから防止された断片化数がチェックできる。

次の