マッチングアプリ 返信 時間。 【何があった?】ペアーズでメッセージの返信がこない・遅い理由を解説!!続かせるコツも紹介!

マッチングアプリで知り合った人について。男性の方に質問です。...

マッチングアプリ 返信 時間

こんにちは! 皆さんはマッチングアプリでメッセージが途中から返ってこなくなった経験はありませんか? メッセージが返ってこなくなる原因はメッセージの頻度が間違っている可能性があります。 今回は マッチングアプリでのメッセージ頻度のコツと具体的方法をご紹介します。 私がマッチングアプリを始めた当初、メッセージが途中で返ってこなくなることが数多くありました。 しかし、試行錯誤を重ねることで現在ではマッチングアプリでのメッセージやり取りを20人以上と並行して実施しています。 そこで昔の私と同じ「メッセージ続かない問題」を抱えているあなたに今よりメッセージを継続させるコツ3選をご紹介します。 結論から言います と、 メッセージの頻度は1日数回気づいたときでOK もしくは 返ってきやすい時間に時間返信を固定せよ です。 まずなぜメッセージが大切かを説明していきます。 メッセージの重要性を知らないとなぜメッセージ頻度に拘らなければいけないためです。 特に男性ですと、メッセージが面倒だと思った経験は多いのではないでしょうか? ですが、実は女性にとってはメッセージやり取りが一番楽しいなんてことがざらにあります。 理由はただ1つです。 女性は男性より沢山の人からいいねをもらいマッチするため選び放題だからです。 マッチングアプリの世界では男卑女尊です。 いいね数を見てもらえればわかりますが、男性の平均いいねは20に対して、女性の平均いいねは120です。 それだけ競争が激しいということです。 また女性はいいねが沢山来るので、好きな人・タイプな人と沢山のメッセージがしやすくなっています。 そのため女性にとってマッチングアプリのメッセージは夢を見られる一番楽しい部分でしょう。 なので、男性はメッセージが面倒くさくてもしっかりメッセージしないと女性が別のタイプな男を見つけられてすぐに返信が返ってこなくなるのです。 次にメッセージの頻度は1日数回気づいたときでOKがどういうことなのかを見ていきましょう。 メッセージの頻度は1日数回気づいたときでOK 結論から言うと メッセージの頻度は1日数回気づいたときでOKです。 マッチングアプリではメッセージ機能がメインでやり取りをします。 LINEの電話が出来ないバージョンのようなものをイメージしてもらえればわかりやすいでしょう。 あなたはLINEが来た時、どのように返していますか? 通知が来てて気づいたら返している、忙しいときは後で返しているのではないでしょうか? マッチングアプリのメッセージもLINEと同じように気づいたら返せば問題ありません。 巷ではマッチングアプリのメッセージの頻度について様々な意見があります。 「すぐに返せ」「1日1通まで」などありますが、間違っています。 気づいたときに返せば問題ありません。 なぜならマッチングアプリのメッセージもLINEの延長だからです。 友達とLINEをする時にわざわざ1時間ごとに返そうとか考えたりしないですよね? それと同じです。 ただし 絶対にやってはいけない注意点は2つあります。 1つ目は 1分満たずに返信を連続でしない。 2つ目は 社会人限定で仕事時間中に返信をたくさんしないです。 注意点1: 1分満たずに返信を連続でしない まず1つ目の1分満たず返信を連続でしないです。 もし相手がリスカなどをしているメンヘラや相手も1分おきぐらいに返事が返ってくるならしても大丈夫です。 しかし、私が異常に早いメッセージをもらった経験をしたときに感じたことは「怖い」でした。 相手が持っている温度感とこちらが持っている温度感の違いから、「怖い」と言うような恐怖を感じました。 温度感とは、自分が持っている相手への好意のバランスと相手が持っている好意のバランスが取れていないことを指しています。 温度感が違いすぎると「うわ必死だな」と思われ、フェードアウトされやすくなります。 そのため異常に早い返信を連発するのは避けた方がいいでしょう。 注意点2: 社会人限定で仕事時間中に返信をたくさんしない 2つ目の社会人限定で仕事時間中に返信をたくさんしないです。 平日仕事と書いてあるのに平日にメッセージが沢山来たらどうでしょう? 「仕事ちゃんとしていない人なのかな」と不安を持たれてしまいます。 そのため仕事時間中に返信をたくさんしない方がいいでしょう。 ここまでメッセージ頻度と注意点を紹介しました。 気づいたときではなく具体的な方法はどうすればいいか知りたいと思った人も多いのではないでしょうか? そこで私がオススメする具体的な方法をご紹介します。 結論からいうと「 返信する時間を固定する」ということです。 どういうことかについて説明していきます。 もう失敗しない!返信時間を固定せよ 「 返信する時間を固定する」ということです。 どういうことかについて説明していきます。 メッセージを返す時間を3,4回で固定してしまうのです。 例えば 朝8:00,昼12:00,夜18:30,夜21:30です。 ぞれぞれどうしてこの時間なのかについて具体的な理由についてです。 通勤通学は電車でする人が多く、通勤通学時間は暇をしている人が多くいます。 朝の時間はほとんどの人がスマホをいじっています。 そのため返信も来やすい時間です。 一応入れましたが昼はなくても大丈夫です。 12:00は昼休みであるためご飯を食べに行った後のちょっとした隙間時間に返してくれる人が割といます。 しかし、同僚・友達とご飯を食べに行く人も多く、会社でアプリを開くことに抵抗を持っている人も多いため他の時間に比べると返信率は悪くなります。 なぜ18:30と21:30なのかを説明します。 結論から言うと18:30は学校仕事終わりの通勤通学時間、 21:30はメッセージが一番返ってきやすいゴールデンタイムであるためです。 18:30は朝の時間と同じ理由で電車で皆暇になりやすいためです。 21:30はメッセージが一番返ってきやすい時間です。 特に平日ですとマッチングアプリを外で開きづらい人もいるでしょう。 外で開くのに抵抗がある人が開くのは帰宅し、ご飯を食べだらだらし始める時間です。 そのためこの21時台はメッセージが一番返ってきやすい時間になります。 朝昼夜それぞれ返ってきやすい時間に固定し相手が送りやすい時間にすれば、メッセージが埋もれることもなく返信をもらいやすくなります。 メッセージはマッチングアプリで最重要 いかがだったでしょうか? 結論を振り返ると メッセージの頻度は1日数回気づいたときでOK もしくは 返ってきやすい時間に時間返信を固定せよでした。 オススメのメッセージ時間は朝8:00,昼12:00,夜18:30,夜21:30です。 メッセージを駆使できればマッチングアプリの返信率は大幅にあがります。 一方メッセージを駆使出来なればマッチングアプリの返信率は大幅に下がります。 時間や頻度を意識することで、実際に会う 目標に近づけていきましょう。 今回はマッチングアプリでのメッセージ頻度と時間に関する記事を書きました。 あなたのマッチングアプリでの出会いの手助けになると幸いです。 またツイッターやfacebookでシェアしていただけると喜びます。

次の

ペアーズ(Pairs)で「返信する気が失せる」メッセージパターン3選

マッチングアプリ 返信 時間

返信していないのに立て続けにメッセージはNG• いつまでも教科書のような堅苦しいメッセージはNG• いきなり馴れ馴れしいメッセージはNG こんにちは、Nissyです。 私は最近 を始め、 5人とマッチング、 3人とメッセージのやりとりをしていました。 非常に少ないですが、その分きちんとやりとりをしていました。 しかし、結局 3人全員に返信する気がなくなってしまい、今は20人の男性とマッチングしているゼクシィ恋結びも並行して使っています(笑) 今回は、なぜ返信する気が無くなってしまったのかを皆さんにお伝えするために、「 返信する気が失せるメッセージパターン」を3つご紹介します。 ペアーズ Pairs で返信する気が失せるメッセージ1:返信していないのに新たな内容を送るタイプ まだこちらが返信していないのに、 追い打ちをかけるように別の話題をふってくる男性がいました。 1回だけならまだしも、彼は2日間で2回も送ってきたので嫌になってしまいました。 実際のやりとりです。 時間帯に注目してください。 別に何日も無視しているわけでもないし、返信がきていることに気がつかなかっただけなのに、新たなメッセージが送られてくるのは、非常に面倒です。 趣味も合ったし年も近かったので、お会いしてみたいと思っていましたがその気持ちもなくなってしまいました。 何日間も返信が来ない・ログインしているのに返信が来ない、というように確信の持てる未返信なら送ってしまう気持ちはわかりますが、少しの期間なら 立て続けに送るのは我慢しましょう。 ペアーズ Pairs で返信する気が失せるメッセージ2:いつまでたっても堅苦しい 続いてのお相手は、同い年にも関わらず、いつまでたっても 教科書のような文章でメッセージを送ってきました。 例をご紹介します。 同い年なんだから、「それな笑 夏休みめっちゃバイトはいんのー?」「まじか笑 1番好きな食べ物はなんなの?笑」「なんでわかったん!?笑 インコ飼ってるくらい鳥大好きだわ笑」でいいじゃないですか。 こっちが話し言葉で返信しているのがバカらしくなってしまって、だんだん返信のスピードも遅くなっていきました。 面倒臭さを感じさせない、言葉使いも重要ですね。 結局、なんだか やっとメールの打ち方を覚えたおじいさんとやりとりしているような気分になってきて、何の前触れも無く無視してしまいました・・・ メッセージを初めたばかりとか、だいぶ年の離れた相手なら、堅苦しい文章でやりとりしても問題ありませんが、何日もメッセージが続いていて、まして同い年なのであれば もう少し砕けた文章だと嬉しいです。 しかも一ヶ月もやりとりしているのであれば、そろそろLINEに誘導してくれても・・・もっと男を見せていただきたいですね。 ペアーズ Pairs で返信する気が失せるメッセージ3:馴れ馴れしい これは言葉の微妙なニュアンスだと思うし、気にしない方もいると思うのですが、私が嫌だったのは 「お前もそう思ってるよね?」感がでる文章を送ってきたお相手です。 意味がよくわからないと思うので、見てみましょう。 これは「夏休みにしたいことはー?」と聞かれて、「海とかプール行きたい!」と送った後の返信なのですが、どうしても気に入らなかったのは・・・ 「行きたいね笑笑」 「行きたいね」 「たいね」の部分です。 これ、やりとりが始まって 2往復目なんです。 いつ、私があなたと行きたいって言いましたか? 私的に、「俺も行きたいと思ってるし、当然君も思ってるよね?」と決めつけられている感じがしてすごく嫌でした。 2往復目にしろ、「なんなら一緒に行きたいんだけど、どうかな?」と謙虚に誘ったり、とても仲良くなってからこのように誘うのは良いと思いますが、メッセージを初めてすぐになれなれしくするのはやめましょう。 まとめ 1.大して時間もたっていないのに連続でメッセージを送らない 2.教科書のような文法で文章を書かない 3.謙虚に送る の3点に注意です。 だいぶ主観的な意見なので、ここまで気にする女性ばかりでは無いと思いますが、私のような人間もいるので、ご参考までに頭の片隅にでも入れておいてください。 「返信が来ない」と落ち込んでいるあなたは、今一度自分の文章を読み直して見て下さい。

次の

もう失敗しない!ペアーズ/withいいね300超えが教えるメッセージ頻度・時間【オススメ時間あり】

マッチングアプリ 返信 時間

マッチングアプリのメッセージ頻度は、休日・平日・時間で変わる! メッセージの頻度は「休日」「平日」「時間帯」によって変わります。 なので、まずは相手が不快にならないベストなメッセージの頻度を見ていきましょう。 【時間別】休日のメッセージ頻度 休日のメッセージ頻度は マッチングした相手の予定次第になります。 相手に予定が入っていれば、やり取りの頻度は 1日1往復などいつも以上に少なくになります。 しかし、休日に予定が入っていなければ、マッチングアプリを開く時間が増やせるので、あなた次第にもなりますが1日に10回往復以上のやりとりもできるかもしれません。 なので、休日は相手の予定の入り次第でメッセージの頻度は多くもなりますし、低くもなります。 もし、いつも以上にメッセージの頻度が少なくても、続けてメッセージを送らないようにしましょう。 それだけで相手に「重たい人」と思われて嫌がられてしまうので、出会うまではメッセージの頻度は相手に合わせるスタンスがおすすめです。 【時間別】平日のメッセーメッセージ頻度 平日も朝は仕事の準備などで忙しい人が多く、返信が来ても 0~1往復くらいのやりとり頻度で終わることも多いです。 そして、ランチタイムなどで1~2往復のやりとり頻度になることが多いです。 ただし、周りにマッチングアプリを利用しているのがバレたくない人はランチタイムでも見ないので、LINE交換するまで返信が来ないことがあります。 夜は休日と同じく相手の予定と相手がどれだけマッチングアプリを開くかで変わってきます。 人によっては夜全く返信がない場合もあるので、できるだけ自分のメッセージを優先的に返信してもらう工夫が必要になってくるでしょう。 金曜日の夜は休み前ということもあり、メッセージの頻度が増えやすいです。 相手に仕事終わりに飲み会などの予定がなければ、10往復以上のやりとりになる時もあります。 しかし、週末なので予定が入っていれば返信が遅くなる時もありますので、もし返信が来なくても焦らなくても良いでしょう。 平日は相手の仕事の進捗状態で返信の頻度が左右してくるので、ゆっくりと気長にやりとりしていきましょう。 1日に2往復くらいのやりとり頻度になる時はザラにあります。 マッチングアプリのメッセージ頻度、1日何往復が良い? 1日のベストなメッセージ頻度は相手によって変わってきます。 というのも、返信を短文でリズムよく返すのが良いと思う人もいますし、じっくり返信内容を考えて長文でやりとりをするのが良いと思う方もいるからです。 なので、まずは相手がどのくらいの頻度で返信してくれるのかを分析していきましょう。 マッチングアプリ内のやりとりで返信が早いということは、相手もあなたのことを良く思っている可能性が高いです。 というのも、マッチングした相手はあなただけとマッチングしているわけではないからです。 常に他の人と並行してあなたとメッセージのやりとりをしています。 それにもかかわらず、返信が早いということは「 あなたに好感を抱いている」と考えられます。 徐々に返信が早くなったり、返信内容が丁寧になっているのであれば確実にあなたに好感を持っている証拠です。 なので、相手の反応が良くなってきた段階でLINE交換や電話、デートの提案をしてみましょう。 1日何往復が良いのか? マッチングアプリ内で1日5往復ができていれば、LINE交換は可能です。 むしろ、LINE交換の打診をしたほうが良いでしょう。 相手は他の人ともマッチングしているわけですから、かなりあなたのメッセージが優先されていることになります。 マッチングした当初からリズムの良い返信をしてくれるなら1日5往復で、返信がゆっくり目の相手であれば3往復が出会うまでは良いでしょう。 大前提として相手によって目指すべきメッセージの頻度は違います。 人それぞれアプリを開く頻度が違うからです。 なので、1日のメッセージ頻度を気にするよりも「 返信の内容」「 返信スピードの変化」の部分に気を付けると良いでしょう。 例えば、普段のやりとりが1日1往復のやりとりから3往復になれば、あなたの好感度が相手からすると上がったと捉えることができます。 返信の内容も普段は「そうなんだ」「うん」だったのにも関わらず、相手から話題を振ってくるようになれば、相手があなたのことを知りたがっているとわかります。 こういった些細なプラスな変化を起こすことにフォーカスしていくのが良いでしょう。 結局、人は好感を持っている人を優先的に返信しますし、1日何往復を固定にした目標にしてしまうと、いざ相手がデートに誘ってほしいタイミングで逃してしまうリスクがあります。 相手によって臨機応変に目指すべき1日のやりとりの頻度を変えていくのをおすすめします。 初めのマッチングした段階では1日3往復でもゆくゆくは4~5往復で、さらには電話などさらなるステップアップを目指しましょう。 気づいて!やりとりの頻度よりも内容が大切! あなたのメッセージを普段の平均的なメッセージ頻度や目指すべき1日のやりとり頻度を紹介しました。 できるだけ、出会うまでは相手があなたとメッセージをする負担を感じさせない頻度でやりとりしていきましょう。 ただ、これよりも重要なのが メッセージの内容になります。 結局、相手があなたのことを気に行ってくれれば、どのタイミングで返信しようが返信が優先的に来ます。 メッセージのやりとりは直接会って会話するよりも、ミスが許せないコミュニケーションになります。 というのも、いじった時などのニュアンスが伝えわりずらいからです。 なので、タイミングよりも「 相手がどんな内容に興味があるのか?」「 どのくらいのいじりやユーモアについてこれるか?」などの内容の部分にフォーカスしましょう。 そして、返信が早くなったり好感度が上がったと感じたらデートや電話、LINE交換をどんどん打診して仲良くなっていきましょう。 マッチングアプリ内のメッセージやりとりだけでは仲良くなるには限界があります。 LINEのやりとりの方がメッセージは返信されやすいですし、電話の方が簡単に信頼関係が築けます。 なので、返信するタイミングを気にするよりも、いかに相手に刺さる返信のメッセージができるかを考えていくようにしましょう。

次の