急速 充電 アプリ。 iPhoneやAndroidスマホ、タブレットを急速充電する方法まとめ ≫ 使い方・方法まとめサイト

1秒でも速く充電!スマホを急速充電するためのケーブル・充電器の選び方

急速 充電 アプリ

スマホの急速充電って? まず、急速充電についてあまり詳しくない方向けに、急速充電についてご説明します。 電力の供給量を上げて充電 本来のモバイルバッテリーよりも電力の供給量を上げることで、 通常よりも時間を短縮して充電ができます。 最近では、高性能な充電器も販売されていて、ネットからも簡単に購入できます。 通常より2分の1〜4分の1のスピード 機種や性能によって異なりますが、 充電時間は通常の2分の1〜4分の1のスピードといわれていてます。 最初の 1時間でおよそ8割ほどの充電が可能であるため、緊急時や急いでいる時には重宝することでしょう。 電力量のコントロールが重要 リチウムイオン電池は化学変化をおこしやすいため、場合によっては 発火してしまうリスクもあります。 そのようなリスクを抑えるためスマホにはマネージメント機能が搭載されていることが多いです。 それにより充電速度をコントロールすることもできます。 しかし、このような場合は安全性を重視するため急速充電といえるほどの速度は期待できません。 急速充電のメリットとデメリット 急速充電のメリットとデメリットについて、事前に知っておくべき点をご説明します。 メリットは充電がスピーディーなこと 先述した通り通常よりも早く充電することができますから、緊急時や突然の電池切れでも安心して利用できます。 電力の供給量を増やすには電圧と電流のいづれか、または両方を増やすことが必要です。 従来の規格では5Vと決められていましたが、新たな給電規格が策定され 100Wまで供給できるようになり、よりスピーディーな充電が可能となりました。 デメリットは扱い方によっては危険を伴うということ 以前までは充電しつづけるとバッテリーにダメージを与えてしまうといわれていてましたが、最近のスマホは充電により劣化することも少なくなりました。 充電しながら使用する場合も同様で、劣化する可能性は低いでしょう。 ただし、他社製品や質の悪いケーブルの場合や、スマホ本体が劣化している場合は、 発火や発熱などを生じる可能性があり注意が必要です。 また、急速充電をする場合、 スマホと充電器、ケーブルが同じ規格でなければなりません。 規格を統一しなければスマホのマネージメント機能により急速充電ができなくなってしまうからです。 そのため充電の際は規格を合わせることが必要です。 急速充電によるバッテリーへの影響に注意! 急速充電によるバッテリーへの影響について大きく3つに分けてご説明します。 低温下での急速充電 充電するには電気イオンが正しく流れる必要がありますが、低温下での充電の場合は電析を引き起こし電気イオンがうまく供給できないという現象が起こりやすくなります。 この状況で急速充電すると 電池そのものの性能を下げ劣化させてしまう可能性があるのです。 電池残量かかわらず常に急速充電 リチウムイオン電池を長持ちさせるには、 電池残量が少ない状態で充電することです。 満充電に近い状態で充電するとバッテリー自体に負荷がかかり電解液の分解反応を助長させます。 これにより劣化しやすくなり電池の容量低下にもつながるのです。 特に急速充電は負荷がかかりやすいため注意しましょう。 非対応の充電器の使用 最近はさまざまな充電器が販売されています。 その用途の汎用性は高いものも多く利用される方も増えています。 しかし、なかには販売元が分からないものやメーカー自体不明なのもあるため注意が必要です。 特に急速充電のように高い電力を供給する場合、リスクを伴うものです。 最悪の場合 バッテリーが爆発させてしまうこともありますから、既製品や規格の充電器を利用する方が安全でしょう。 既製品の充電器であれば保証されていることも多く安全といえます。 急速充電をどうしてもしたい場合は… バッテリーの劣化に繋がると分かっていても、どうしても使わなければならないシーンもあるかと思います。 その際の注意点をご紹介します。 安物の充電器を使わない さまざまな充電器がありますが安物である場合、性能自体が悪いことも多いです。 たとえ急速充電対応であっても充電時間が遅くなることもあるため、急ぐ場合は 品質の良いものを利用する方が良いです。 電源を切って充電する 電源自体を切ってしまえば発熱を防ぐことができます。 日々の充電で熱がこもりやすくなることもあるため、このようにリセットしてスマホを休ませることも大切です。 電源が切れない場合は スマホカバーなどを外せば熱をこもりにくくなるでしょう。 熱がこもらなければバッテリーに負荷がかかりにくくなり充電しやすくなります。 常温の環境で充電する リチウムイオン電池は平均温度を大きく逸脱した場所て充電すると、発火や電析を起こす可能性があります。 そのため、場合によっては 場所を変えて充電するようにしましょう。 スムーズに電力が供給できるはずです。 スマホを長持ちさせるならモバイルバッテリー! スマホを長持ちさせたいのであればを使うと良いでしょう。 モバイルバッテリーがあれば基盤の電池の劣化を少しでも防ぐことができます。 さまざまな販売サイトがありますが、なかでもがおすすめです。 ノベルティラボであれば、 好きなアイドルや芸能人、ペット、手書きイラストなど、どんなデザインのでも簡単に作成できます。 気になる方はチェックしてみましょう。

次の

1秒でも速く充電!スマホを急速充電するためのケーブル・充電器の選び方

急速 充電 アプリ

スマートフォンを使う上で誰しもが定期的に行う必要のある「充電」。 ただスマートフォンの充電性能を最大限に引き出すためには、 急速充電対応の機種選びはもちろん、ケーブルや充電器の選び方も大切。 充電に用いるUSBケーブルや充電器によってもその性能が大きく変わってきます。 今回はスマホを少しでも速く充電するために、 急速充電のためのアクセサリーの選び方について基本となることを解説していきます。 さらに、Androidユーザーならぜひチェックしておきたい「 Quick Charge(クイックチャージ)」についてもご紹介します。 日々スマホを使う中で思っている以上に充電に時間がかかっている気がする、そんな人はぜひチェックしてみてください! 目次:• 急速充電をするための充電ケーブル・充電器の選び方 量販店のスマホアクセサリーコーナーに足を運んでみると、現在はかなりの数の商品が陳列されています。 色やデザインといった外観での違いはまだしも、 充電性能を考えた場合にはどこをチェックすればよいのでしょうか。 ずばりいうと、共通してチェックすべきポイントは対応している 「電流(アンペア数)」や「電圧(ボルト数)」の最大値です。 スマートフォンを含む電子機器全般において、充電時間をより短く済ませようと思えば、必要となるのは「電流を増やす」か「電圧を上げる」のいずれかとなります。 もちろん必要以上に多くの電気を流したり、電圧をかけたりすればスマホが壊れてしまう可能性はあるのですが、まず方法として考えられる主なことはこの2点です。 充電ケーブルの選び方 現在では陳列されている商品の多くに電流(アンペア)の最大出力が記載されていると思います。 従来の一般的なケーブルでは1A出力となっているものが多いため、 それよりも出力の大きい2Aや2. 4A対応といった製品を選ぶのがよいでしょう。 パッケージを観察すると電流の最大出力が書かれているものが多い 普段から急速充電機能に慣れてしまっている筆者も、今回記事作成にあたり、自宅にあった 最大出力1Aと2. 4A、2種類のケーブルで充電時間を比べてみました。 結果として、最大出力1Aのケーブルだと 約3時間、一方で最大出力2. 4Aのケーブルでは 約1時間10分とかなりの短時間で充電できることを確認しました。 ケーブルをきちんと選ぶだけで充電時間が約3分の1と考えれば、ケーブル選びの大切さがはっきりわかってもらえるかと思います。 4Aのケーブルで充電時間を比較 最大出力1Aのケーブル 最大出力2. これは言葉のとおりで、充電専用と謳われたケーブルではパソコンなどと接続しても、ケーブルを通じてのデータ転送ができません。 ケーブルを選ぶ際は機能も欠かさずチェック 機能が制限されている分、充電専用ケーブルのほうが価格も安い傾向にあります。 ですが1本のケーブルを使い回すことを考えているならば、通信にも対応したケーブルを購入する方が間違いないでしょう。 なお理由は後ほど紹介しますが、 特にAndroidスマホを使っている人は、通信機能もサポートしているケーブルを選んでおくことがオススメです。 ここでは参考までに、Amazonなどオンラインサイトで購入できる製品としてメジャー、かつ筆者個人としてもオススメできるものを例として挙げておきます。 外観デザインや対応する最大出力だけではまだ迷ってしまうという場合は、こういった長期的に見てもより安心して使えそうなものを選んでみるのもよいと思います。 関連記事: 充電器の選び方 また充電ケーブルだけでなく、充電器自体もより電流の最大出力が高いものを用意しておかなければ意味がありません。 複数のUSBポートを備える充電器の場合は、それぞれのポートが対応する電流の最大出力、そして充電器全体での最大出力も気にしておく必要があります。 充電器トータルでの最大出力をポート数で割ることで、全てのポートを同時に使用した場合の各ポートごとの充電効率もざっくりと計算できます。 ポート数が多いほど同時に使用した時の各ポート毎の出力は下がってしまう傾向にあるので、自分が普段どの程度の機器を同時に充電することが多いかを考え、購入する製品を選ぶことがよいでしょう。 充電器に関しても参考までに、筆者個人でもオススメできるものを2つほど紹介しておきます。 それが 既存の充電環境(使用しているアクセサリー)が充電に適したものになっているか、ということです。 ここでは現在のバッテリーの状態が見れるのですが、充電中に観察してみると、充電環境によって 「ACで充電」「USBで充電」と2パターンの表示が確認できます。 Xperia X Performanceでは最上段に見つかった【電池の状態】 充電中の表示は充電環境により2パターンにわかれる このうち、 より短時間で充電するために望ましいのは「ACで充電」と出るケース。 この表示は電源とスマホが充電用のモードで接続されていることを示しています。 一方で「USBで充電」と出るケースは充電をするための接続でなく、データ通信をするための接続として見なされている状態です。 充電用モードでないことから電流も抑え気味となるため、「ACで充電」の場合と比べると充電速度は大幅に落ちている状況でもあるのです。 この状態は充電時に使用するケーブルや充電器の種類によっても変わってきます。 そのため、まずは普段の充電環境がそもそも充電に適している環境であるかを確認してみるのがよいでしょう。 試した結果が「USBで充電」と出るようであれば、使用するケーブルや充電器を変えることで、充電効率を大幅に改善できる可能性があるわけです。 Androidユーザーなら忘れず確認したい「Quick Charge」対応・非対応 Androidスマホを使っている人であれば、ここまでに説明した急速充電とは別に、 端末メーカーなどが独自で開発する急速充電機能に対応しているケースがあります。 その代表的なものとして挙げられるのがQualcomm(クアルコム)社のQuick Charge(クイックチャージ)です。 Qualcomm社といえば国内のスマホでは割りと多く見かけるCPU「Snapdragonシリーズ」を開発しているメーカー。 このSnapdragonシリーズ全てではありませんが、最近の機種であればそのほとんどにQuick Charge2. 0やQuick Charge 3. 0といった急速充電機能が備えられています。 ここまで説明してきた急速充電は主に電流を増やす形で実現していますが、 Quick Chargeの場合は電圧を上げることで急速充電を可能とします。 このQuick Chargeを利用するためには、対応機種、充電器、ケーブルを用意しましょう。 Quick Chargeは最新夏モデルにも対応 対応機種については、最近のモデルであればauのHTC 10がQuick Charge 3. 0規格に、NTTドコモとauから発売されているGalaxy S7 edge、3キャリアから発売されているXperia X PerformanceがQuick Charge 2. 0規格に対応しています。 前に遡ってみると、2013年頃から国内でも対応機種が登場しており、比較的最近の機種であればその多くはQuick Charge 2. 0規格以上には対応しているはずです。 現在使っている機種が1~2年前のものだから対応していなさそう……と諦めるのはまだ早いわけですね。 0規格・・・Galaxy S7 edge、Xperia X Performance ・Quick Charge 3. 0規格・・・HTC 10 HTV32 Quick Chargeには通信機能をもったケーブルが必要 充電器についてはQuick Charge対応と謳われているものを用意する必要があります。 市販品でもQuick Chargeの表示は比較的よく見られる そしてケーブルですが、 このQuick Chargeを使用するための通信機能を備えている必要があります。 先ほど「Androidスマホを使っている人は、通信機能もサポートしているケーブルを選んでおくことがオススメ」と説明したのはこのためです。 Quick Chargeでどれだけ速く充電できる? Qualcomm社によれば、Quick Charge 2. また今後より普及してくるであろうQuick Charge 3. 0規格であれば、2. 0規格・・・2. わずか10分ですが、Quick Chargeを使用しない充電と比べてさらに速く充電を行なうことができました。 この結果からも、 もし現在使っている機種がQuick Chargeの対応機種であれば、これを使わないという選択はありえない、とすらいえるでしょう。 まとめ:適切な充電アクセサリを使って充電時間を短縮しよう スマホを使っている人のほとんどが1日1回以上の頻度で行なうであろう充電。 もちろん付属の純正品を使うほうがより安心・確実ではありますが、最近ではアダプターが同梱されていない機種も多く見られます。 そんなときは適当に余っているケーブルや充電器を使うのでなく、それぞれのアクセサリーの性能や対応機能を確認することで、より1度の充電時間を短縮することが可能です。 現在のアクセサリーに充電速度の遅さを感じている、ちょうどスマホを新しい機種に買い換えようと思っていた、こんな人はぜひ、次のケーブル・充電器選びの参考にしてみてください。 関連記事: Quick Charge対応スマホをチェック:.

次の

スマホを急速充電にする方法

急速 充電 アプリ

スマートフォンの充電時間を短縮できる「急速充電」。 端末が大型化し、バッテリーも大容量化するにつれて、ますます急速充電への対応は一般化している。 しかし、一言で急速充電とくくっても、さまざまな規格が乱立しており、利用者にとっては全容をつかみづらい。 そこで、急速充電の全体像を理解できるよう、最低限の情報を整理した。 「急速充電ではない」出力とはどのくらいなのか? 急速充電という言葉の定義はあいまいだ。 充電速度の目安となる単位には、「V(ボルト)」と「A(アンペア)」、これらを掛け合わせた「ワット(W)」が使われる。 しかし、何W以上を急速充電と呼ぶのかは厳密に定まっていない。 そこで、まず基準となるUSBの出力について考えてみよう。 なお、実際の充電効率は、使用するケーブルや充電機、スマートフォンの充電制御回路などに左右されるため、ここで紹介する数値はあくまでも理論値だ。 そもそも、USB(ユニバーサル・シリアル・バス)という規格は、コンピュータと周辺機器を接続するために誕生したため、当初は大容量充電を想定してはいなかった。 2000年に策定されたUSB 2. 5A=2. 5Wの最大出力で充電可能。 標準で0. 1A、ホストとデバイスが合意して最大0. 5Aの電力供給が行われる仕様だった。 しかし、データ転送がしばらくない場合には、利用可能な電流は2. 5mAに制限された。 その後、USBから充電に使用することを意識した規格が登場する。 2007年に策定された「USB BC(USB Battery Charging Specification)」だ。 スマートフォンの黎明(れいめい)期には、2010年に定義された「USB BC 1. 2」が普及。 この規格が対応した最大5V/1. 5A(=7. 5W)という値が、急速ではない充電速度のレガシーな基準といえる。 一方、2019年夏モデルのスマートフォンを見ると、そのほとんどがUSB Type-Cに変わった。 こうした状況を踏まえれば、今どきの基準はUSB Type-Cの仕様で考える必要があるだろう。 USB Type-Cでは、「Type-C Current」という充電規格があり、最大5V/3A(=15W)と最大5V/1. 5A(=7. 5W)の2パターンが存在する。 速くない充電の基準は「5V/1. 5A」と考えておくとよい 厳密にいうと、他にもUSBの規格はほそぼそと存在するので話はより複雑になる。 しかし、ここではUSB BC 1. 2の5V/1. 5A(=7. 5W)とUSB Type-Cの5V/3A(=15W)という値を1つの基準として覚えておいてほしい。 最大W数を13倍まで上げた「USB PD」 前置きが長くなったが、いよいよ高速充電規格について紹介していく。 まずUSBの公式規格として存在するのが、2012年に発表された「USB PD(USB Power Delivery)」だ。 USB Type-C経由でノートPCなどを充電することも踏まえて策定されており、同規格の出力は最大20V/5A(=100W)に拡張されている。 従来の7. 5Wと比べると約13. 3倍の値だ。 ただし、もちろんUSB PD対応デバイスの全てが100Wに対応しているわけではない。 スマートフォンでいえば、今のところの上限は18W程度だ。 国内・国外メーカー問わず、最近の主要なAndroidスマートフォンは、このUSB PDに対応していることが多い。 Appleも「iPhone 8」から対応した。 USB PD対応の充電器とケーブルをそろえれば、端末が対応する最大の充電速度を実現できるだろう。 1つ目は、サードパーティー製を購入する場合には、USB-IFによる認証プログラム「Certified USB Charger Program」で認可済みの製品を選ぶと安心だということ。 2つ目は、充電規格とは別にUSB Type-Cとして3A出力と5A出力の2種類があることだ。 先述の理由からスマートフォンへの充電ならさほど気にしなくてよいだろうが、3A出力のケーブルでは最大60Wにしかならない。 PD対応のノートPCの充電にも使う場合には、5AのPDケーブルを選んでおきたい。 Qualcommが提供する「Quick Charge」 USBの規格とは別に、Qualcommが開発した充電規格として「Quick Charge(クイックチャージ)」がある。 現状、1. 0では最大5V/2A(=10W)、Quick Charge 2. 0以降では最大18Wの出力に対応する。 先述したUSBの充電規格では、USB PDの20Vを除き、基本的な電圧は5V固定だった。 一方、Quick Chargeでは電圧を調整するのが特徴だ。 Quick Charge 2. 0では5V、9V、12Vなどを数段階で、Quick Charge 3. 0では3. 6〜12Vなどの範囲を自動で最適に調整する。 なお、電圧の調整範囲は充電器メーカーによって表記が微妙に異なるようだ(上記の値はを参照している)。 関連記事• スマートフォンのスタミナは、設定によって変わる。 設定項目が多く、柔軟度の高いAndroidでは、まず何をすればいいのかが見えにくいものだ。 本稿では、バッテリー持ちを長引かせるために活用したい10個の設定をご紹介しよう。 検証にはAndroid 9搭載の「Pixel 3」を用いている。 スマートフォンのバッテリー持ちは、設定によって変わる。 iPhoneのバッテリーを少しでも長く持たせるために活用したい10個の基本設定をご紹介。 「バイルバッテリーはないけれど、あと30分だけ持たせたい」といったピンチに役立ててほしい。 モバイルバッテリーは多数の製品があり、選ぶだけで一苦労。 今回は「Anker」「Cheero」「RAVPower」の製品をピックアップ。 出力2A以上、残量インジケーターありという実用的な商品に絞り、用途ごとに適した製品を紹介する。 モバイルバッテリーを選ぶ際には、自身の利用スタイルに適した製品を見定めることが重要だ。 今回は、購入前にチェックすべき事柄について、大きく3つのポイントに分けて紹介する。 「容量」「出力」「使いやすさ」を考えたい。 「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の対応をきっかけに、「Qi(チー)」と呼ばれるワイヤレス充電規格に対応する充電パッドが多く登場しました。 どう選べばいいのでしょうか?.

次の