ナイキ ペガサス 36。 ナイキ「エア ズーム ペガサス36」をレビュー~ペガサス36は買いか?検証 Alpen Group Magazine

「ナイキ ズーム フライ 3」を履きこなせ!「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」を味方につけろ! Alpen Group Magazine

ナイキ ペガサス 36

シューズアドバイザー藤原です。 ナイキの定番トレーニングシューズ(デイリートレーナー)ズームペガサスがマイナーチェンジして36代目になりました。 さあ、35代目が特価で安いから、こっちにしようかな、それとも発売されたばかりの36にしようかな、と考えている、そんなランナーのあなたに贈る、 ナイキ エア ズーム ペガサス 36は買いか?それを今回は検証しようと思います。 残念ながらモデルチェンジすらなく消えていく品番がある中、なんとナイキ エア ズーム ペガサスは 36回もモデルチェンジをし続けていきている超ロングセラーモデルといいうことになります。 36回続くモデルは、ナイキはもちろんですが、実は他のブランドでもこんな長い品番は見当たりません。 つまり、長きに渡って愛用され続けているモデル、それが「ペガサスシリーズ」なわけです。 36代目は、マイナーチェンジでしたので、ソールユニット(ミッドソール+アウトソール)はそのまま継続、 主にアッパー(シューズ上部)が変更されました。 これは、マイナーチェンジの周期だったということもありますが、35代目のミッドソールはかなり革新的なものだった証と言ってもいいと思います。 次回の37代目はそれを超えることが求められるでしょうが、それはとても至難の業だと言えます。 「フルレングスズームエアー」が前回から採用され、 ソール全体へのクッション感が高まったし、ミッドソール踵部の流線形に張り出した独創的なデザインの「エアロソール」は、まさに、その機能性だけでなくて、デザインが融合している、 機能美そのものですからね。 大きな変更点が少なくとも、これぞシンプルイズベスト ただ変わったはずのアッパーも、ペガサス35と36の2足並べてみてもなお、同じシューズにしかこれが見えません(笑)。 同じようなルックス感ですが、更なる軽量化とフィット感の向上を求めて、仕様が若干変更されています。 「エンジニアードメッシュのアッパー」の前足部からアーチにかけて、無数の ブレサブルホールが追加され通気性が向上、またシュータン(ベロ)がレーシングシューズのようなそれに変更、軽量化がつながっています。 また「ダイナミックフライワイヤー」はシューレースと連動して 甲まわりのフィット感を高めていますが、今回それがかなり露出したデザインになっています。 見た目の違いはほとんどそこでしょうね。 ナイキ エア ズーム ペガサス 36は、ソール全体の構造としても、坂道型、10mmドロップのソールとオーソドックスな作りは変わりません。 70年代にランニングが広く一般ランナーに受け入れられ、開発に至った、まさに「トラディショナルトレーニングシューズスタイル」を貫いています。 それは、クラッシックなカタチになることではなく、機能性はアップデイトされながらも、オーソドックスな部分がベースになっているスタンダード化へのプロセスでもあったことでしょう。 まさに必要な機能性はすべてそこにあって、かつそこにムダがない、物足りなさがあるかと言えばそういうことではない。 まさに シンプルイズベストの骨頂が、ペガサスというモデルのその神髄です。 2019年到来マックスクッション時代 恐らく2019年は、「マックスクッション」スタイルの時代になるでしょう。 各メーカーがこぞってリリースしてくる予定です。 マックスクッションシューズとは、傾斜を緩やかにした 「レスドロップソール」で、結果 「全体的に厚いミッドソール」を持ったシューズを言います。 ホカオネオネがその代表格ですね。 しかし、アシックスも、ニューバランスも、その他のブランドまでが、今までなかったラインナップとして発売予定、もしくは発売しています。 クッションがあることが、見た目にも分かりやすいこともあって、今年のトレンド化することは間違いありません。 この潮流でもトラディショナルスタイルは、今後マイノリティーになるかと言えばそうでもなくて、わたしはむしろ必要不可欠な存在になると思っています。 ランニング動作をフォローし、体のバランスを崩す合理性として、別にこれが否定されているわけではないからです。 ランニング時に地面に着地して、そして蹴り出すまでに、とにかくシューズの前足部、蹴り出しまでいかにスムーズに移動できるか、これはイコール、ランニング時の体の移動時間に関わってきますから、それがシューズのメインの役割と言えます。 着地だけに注目すれば、たくさんクッションがある方がいいと思いますが、そこから蹴り出しまで、個人差もありますが、約0. 2~0. マックスクッションにしても、クッションがあるだけでなくて、一番のポイントは移動がスムーズに行くことです。 厚いクッションが目につきますが、「レスドロップスタイル」であることを忘れてはいけません。 それを考える合わせると、ランニング時の移動をスムーズにするバリエーションとして、マックスクッションとそしてトラディショナルトレーナーのそれぞれの存在は、共存しあい、反目しあうものではないわけです。 強制誘導のドロップシューズとソールに傾斜がないため、ランナーが自然に傾きをするような、誘導に気づきを与えるレスドロップは、揺らし方のバリエーションに他なりません。 エクサイズとしてのランニングを考えたときに、 トラディショナルなデイリートレーナーとマックスクッションはセットで履くことが、もっとも効果的だと言った方がいいでしょう。 NEWスタンダードはコレ ですから、トラディショナルトレーナーとして、ペガサスがランナーに求められているのは、 革新的でオーソドックスなスタンスです。 これだけのロングセラーモデルが求められているポイントは、変わらない良さは残しつつ、進化し続けるという、ある種逆行したことを同時進行で実現し続けているすごさ。 ペガサスは、デイリートレーナーのニュースタンダードだと言っていいでしょう。 ただペガサス35で、「わたしには薄すぎた」というような声をまわりで散見しました。 実際のスタックハイトは、デイリートレーナーとして、十分な厚みがあるのですが、これは、エアロソール部分の後足部が、かなり反りあがっていて、少し後ろにも揺れるような構造になっていることが理由ではないかと思っています。 簡単にいうと、ペガサスは、「10mmドロップの坂道ソール」とレスドロップシューズがもっている 「舟底のようなロッキング機能」を少し併せ持ったようなソールなのです。 シューズ踵より中足部寄りの部分の方が厚くなっているという言い方をしてもいいかもしれません。 これも移動をスムーズにする工夫ですが、足裏全体で着くようなイメージで着地すると、このシューズの良さ、前足部のズームエアーの柔らかさが心地良くやってきます。 強いヒールストライクをしているランナーは、まさに後ろに反り返った部分で着地することになり、踵の薄さを感じるかもしれません。 結局重心移動が長ければ、もっと言えば足の裏に体重を乗せている時間が長ければ、長いほどエネルギーロス(疲れる)わけですから、強いヒールストライクは、マイナスですので、足裏全体で着くようなイメージで着地して、ペガサスのソールの反りに寄り沿ってみるのがオススメです。 シンプルイズベストのペガサス36を手に入れろ 結論!!マックスクッションを手に入れたランナーも、是非トラディショナルなデイリートレーナーとして、ナイキ エア ズーム ペガサス 36を揃えることをオススメします。 そして、 「いままで履いたことがない人」 「ペガサス35代目の代替」 「これから走りはじめる方」 にもピッタリです。 結局、ランニングはエクササイズですから、シューズが導いてくれた体の使い方を少しずつインプットしていく、それはランナーのひとつの上達要素です。 同じようなタイプのシューズ、ブランドを履き続けるのではなく、変化を買って、体の使い方のバリエーションを増やすことはとても有益なこと。 履いたことがない方は、是非ペガサス36を買って、揺らし方のバリエーションのひとつを手に入れましょう。 同じ10mmドロップでもブランドがそれぞれ揺らし方に工夫がありますからね。 価格的にも 12,960円(税込)と定価でもリーズナブルです。 多くの方にとって一番使用頻度があるシューズだけにとても重要なポイントです。 35代目は価格的には魅力ですが、新しい36代目はトレイルバーション、「ペガサストレイル」もラインナップされました。 35代目がまだまだ履けるランナーは、そちらも魅力的ですね。 価格、機能性、デザインのバランスを考えたら、一度は履く価値がある、それがペガサスです。 そして36代も続いているその意味を、あなたも体で知ることになると思います。 あのエリュード・キプチョゲ選手が通常トレーニングでの大半で履くのは、 ヴィパーフライではなくて、ペガサスです。 世界記録保持者も認めた、シンプルイズベスト、それが 「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」です。 [ MOVIE Fast Pack(ナイキ エア ズーム ペガサス 36、ナイキ ズーム フライ 3)].

次の

ナイキ エア ズーム ペガサス 36、6月1日発売 Alpen Group Magazine

ナイキ ペガサス 36

かっこよくないですか? さり気なくナイキのロゴマークが入ってました。 前作のペガサス35と比べてシュッとして見えます。 紐周り 紐を通すところは前作のペガサス35とほぼ同じです。 シュータン シュータンは前作のペガサス35にくらべ薄くペラペラになりました。 確かに、シュータンが薄いほうが紐をギュッと縛ったときのフィット感はいい気がします。 軽量化にもつながっているのではないでしょうか? インソール ペガサス36のインソールはしっかりしたタイプのものが入っていました。 ミッドソール 前作と同様のものが使われているのではないかと思います。 安定感もあり、スピード出すとポンポン走れる気持ちがいいソールです。 アウトソール アウトソールのパターンも前作と同様です。 前作のペガサス35で800キロ走りましたが、耐久性&グリップは良かったです。 重量 重さは28センチで272グラムでした。 前作のペガサス35が280グラムだったので気持ち軽くなっています。 サイズ感 サイズ感は他のナイキのランニングシューズと同様で問題ないかと思います。 私は実寸が左が27センチで右が26. 6センチです。 横幅は普通。 ナイキのホームページに出てるサイズ表をみても28センチでピッタリです。 ペガサス36を履いてみたところ 実際に履いてみた写真です。 本当にカッコいいです。 普段履きでも全然OKじゃないでしょうか? 800キロ走ったあとは普段履きで使用しようと思います。 ペガサス36で走ってみた感想 走ってみた感想は、前作同様いい感じです。 ほとんど変わらないですが、気持ち軽くなった気がします。 初心者向けシューズとして紹介されていることが多いペガサスですが、私は そこそこ走れるランナーが履いたほうがいいのではないかと思っています。 サブ4レベルくらい? というのも、いわゆる初心者向けのシューズ(アシックスのゲルカヤノ)などと比べると、ソールは硬めで反発を感じます。 スピ連もいけちゃうくらいポンポン走れて気持ちがいいのですが、初心者用シューズと言われているものと比較すると硬いです。 踵もガッチリ守られているというよりは、自由で動きやすい作りです。 そこそこ走れるランナーにとっては癖のない普通のシューズで、非常に履きやすいと思います。 まとめ 以上、お気に入りのペガサスシリーズの36代目、ペガサス36を紹介させていただきました。 なんと言ってもデザインが最高です。 さすがナイキです。 最近帰宅ランの際は革靴は重たいので持って帰らず、次の日スーツにランシューを履いて出勤しています。

次の

ナイキ エア ズーム ペガサス 36 シールドをレビュー!

ナイキ ペガサス 36

NIKE新作万人向けシューズ!ペガサス36レビュー 10月末の水戸黄門マラソンに向けてそろそろ走り込みを開始しなければいけないかなと思っていた今日この頃。 現在ランニング育休ほぼ3か月。。 連続サブ3どころか完走も怪しい雲行きに。 そんな時、NIKEペガサス36がちょうどいいタイミングでリリースされていたので早速履いてみました。 ズームフライやペガサスターボのようにくせが強くなくクッション性が高い万能シューズでした。 カーボンプレートシューズと違い走り方に嘘ごまかしがきかない地面をしっかり捉える感覚が特徴的で、練習だけでなくレースでも十分使える安定感があります。 楽天市場のお買い物マラソンなどイベント時期に買えばポイントが10倍以上と還元率も高いので実質価格1万円をきって買うことができます。 ペガサス36とズームフライ ペガサス36のアウトソールはペガサス35同様にエアズームペガサスシリーズの特徴である大きめの5角形スタッド(ポチポチ)を敷き詰めたタイプですね。 グリップ力は高いです。 アシックスターサーシリーズのように走行距離100kmちょいで消えてなくなるようなものではなく耐久性はありそうです。 外側もすり減りにくい加工になっているのでガニ股ランナーとしてはありがたいです。 フラットソールのズームフライフライニットが路面が濡れているときに滑って怖かった、不整地レースやウルトラマラソンが主戦場という方にはペガサス36のほうがフィットするかもしれません。 またペガサス36のアッパーメッシュ素材がズームフライの欠点でもある水に濡れると重くなってしまうのを改善したものになっており、水を弾きやすくなっていていいなと感じました。 長丁場で不整地も走るウルトラマラソンやスイムで濡れた足を通すトライアスロンのランパートにも最適ですね。 ペガサス36ソール特徴 どちらも履いてみた個人的な所感は以下の通り。 スピードが出しやすく練習からレースまで一足で通したいならペガサス36• 故障リスク対策しつつ日々の練習で追い込みたいならペガサスターボ2 ソールの反発力が強くスピードに乗りやすいのはペガサス36。 ペガサス35のよさにさらにメッシュ素材をプラスして通気性を高めていたり軽量化が図られているモデルです。 キロ4が楽に感じます。 耐用距離は1000kmほど。 地脚ができている方はペガサス36のみでペース走やインターバルなど練習から本番までいけると思います。 サブ3やサブ50も無理なく達成できるかと。 ここ3ヶ月ほどんど走れていない私は正直自信はありませんが。。 ズームXの柔らかく沈み込むソールで地面からの衝撃吸収しつつ一定ペースで淡々と刻みたいならペガサスターボ。 ペガサスターボで国際レースに出ている方もいらっしゃるので人それぞれかと思いますが、サブ3以上の方は練習はペガサスターボで本番はヴェイパーフライやズームフライという方が多い印象を受けます。 耐用距離は800kmほど。 私はモチベーションアップと気分転換のために両方履き分けています。 参考にしていただければ幸いです。

次の