神戸新聞next。 タキヒヨーの20年3~5月期、最終損益2億4900万円の赤字 :日本経済新聞

「発言」投稿のページ|神戸新聞NEXT

神戸新聞next

国立天文台によると、今回、太陽に近づいた「ネオワイズ彗星(すいせい)」は2011年に観測された「ラブジョイ彗星」以来の明るさという。 7月下旬にかけて、見える位置が高くなる半面、遠ざかると明るさはどんどん落ちて観察しづらくなる可能性がある。 せっかくだから見てみたい-。 彗星の秘密と上手な観察方法を聞いてみた。 「尾っぽは進行方向と逆向きに出ているわけではないんです」と担当者。 彗星は核の表面を氷が覆っている。 太陽に近づくと熱で表面が溶け、中に含まれる不純物が放出される。 光の玉のように輝く部分を「コマ」と呼び、尾っぽのうち、ガスでできている部分は「イオンの尾」、ちりは「ダストの尾」と名付けられている。 太陽の光の圧力で不純物が太陽とは反対側に伸びて尾を引いたように見えるそうだ。 16日現在、ネオワイズ彗星の明るさは2等程度で、例えるならばカメラのピントをぼかして2等星・北極星を撮影した状態に近いという。 彗星の核は氷や不純物が覆っているためサイズや輪郭がはっきり分からず、見え方を正確に予測するのは難しいのが実情だ。 7月後半は日没後の1時間程度、低い空から日を重ねるごとに高い場所に移っていくため見えやすくなる。 しかし徐々に明るさは落ちていくため、市街地では空の明るさに紛れてしまい、肉眼では見づらくなる可能性がある。 担当者は「双眼鏡やオペラグラスを使って観察してください」と呼びかける。 7月末には、ほとんど見えなくなるため夜空が暗い山間部で望遠鏡を使った観察を勧めている。 (門田晋一).

次の

タキヒヨーの20年3~5月期、最終損益2億4900万円の赤字 :日本経済新聞

神戸新聞next

概要 [ ] 発行部数は朝刊50万部、夕刊16万部(2017年9月ABC部数)である。 概ね県内の購読率が高いが、地域では比較的低い。 に創刊、翌からまで3日間休刊したが 、それ以降は無休刊の伝統を保っている。 1つのを広域的にカバーする新聞の中で、都道府県名ではなくを題名にするのは、(都道府県と県庁所在地の地名が同じものを除けば)(廃刊)の例もある。 題字の「新」の文字は、「木」の部分に横棒が1本多く「未」のようになった字体を使用している(を参照)。 毎月1日付朝刊の1面題字脇に神戸新聞社是「私たちは公正に伝え、人をつなぎ、くらしの充実と地域の発展につくす」を掲載している。 歴史 [ ]• (31年) - によって 神戸新聞が創刊(神戸新聞社発足は同年)。 (明治39年)3月24日 - 最初の地方版「摂丹付録」を発行。 (14年) - 紙齢1万号。 (6年) - 神戸新聞・・が合併してが発足。 (昭和8年) - 京都日日新聞を分離。 (昭和9年)1月5日 - コラム「正平調」開始。 (昭和10年) - 大阪時事新報を分離。 (昭和20年) - により本社罹災のため、この日から付までの新聞をで委託印刷。 昭和23年 - 創刊。 (昭和28年) - 紙齢2万号。 (昭和36年) - 企画広告「と闘う」がの第4回新聞社広告企画賞に初入賞。 (昭和40年) - 「における住民参加の共同社会開発」が日本新聞協会賞(編集部門)受賞。 (昭和46年)3月3日 - 「イイミミ」夕刊で連載開始。 (昭和56年) - 紙齢3万号(開幕の翌日であった)。 (昭和63年) - 日本ABC協会の1月定数で朝刊発行部数が505,483部。 創刊以来初めて50万部を超える。 (6年) - との間に「緊急事態発生時における新聞発行援助協定」を締結。 (平成7年)• - ()でが「全壊」判定。 電算写植「六甲」も損害を受け使用不能となる。 緊急援助協定を発動、京都新聞の協力で無休刊で発行し震災の生々しい現状を伝えた()。 - 神戸新聞ホームページを開設。 - との合同震災企画「生きる」が日本新聞協会賞を受賞する。 (平成10年)2月11日 - 創刊100周年。 (平成20年) より新ロゴマーク制定(新聞の題字は変更していない)。 (平成21年)• 4月 - 題字下に新ロゴの社名が表記され、題字左にスペースを作り「きょうの紙面」という題の目次を表記。 また、それらの下に天気予報を表記している。 5月15日 - 紙齢が4万号。 6月1日 - 記事の中の日時・年齢・金額・数量などを漢数字からアラビア数字へ切り替える。 外信記事を示す記号の日にちが削除され、「(地名)共同」になる。 (平成22)年3月1日 を合併。 9月30日- 連載記事「ひょうごの医療」が第29回医学記事賞の大賞受賞。 (平成23年)3月11日 東日本大震災が発生。 被災地支援態勢をとるとともに、仙台臨時支局を置く。 (平成24年)10月14日 神戸新聞社などでつくる実行委員会が「六甲山大学」を開校。 11月1日 電子新聞「神戸新聞NEXT(ネクスト)」を創刊。 12月1日 株式会社デイリースポーツが発足。 (平成26年)1月5日 朝刊1面コラム「正平調」の掲載開始から80年。 (平成27年)3月1日 地域の課題解決に取り組む「神戸新聞パートナーセンター」発足。 6月2日 スポーツを通じた地域振興を目指しサッカーJ1のと連携協定を締結。 10月15日 「117KOBEぼうさいマスタープロジェクト」が(経営・業務部門)を受賞。 11月21日 県内の支援団体や企業、専門家と連携して運営する神戸新聞子育てクラブ「すきっぷ」創設。 12月5日 地域課題の解決に向けと連携協定を締結。 (平成29年)5月12日 NIE推進を軸としてと連携協力協定を締結。 (平成30年)2月11日 創刊120周年。 新社是「私たちは公正に伝え、人をつなぎ、くらしの充実と地域の発展につくす」を制定。 社旗も一新。 3月8日 と防災に関する連携協定締結。 3月27日 と地域課題の解決などに関する連携協定を締結• 4月1日 (東灘区)の指定管理業務を受託し、運営を開始。 4月7日 一般社団法人ノオト(篠山市)と地域振興に関する連携協定を締結。 紙面構成 [ ] 1面・総合・政治・オピニオン・国際・地方経済・経済・商況・番組(BS・ラジオ面)・文化・スポーツ・くらし・地方ニュース・社会(4ページ、月曜日は3ページ、日曜日・休日の翌日は2ページ)・番組(テレビ欄)の順に構成されている。 1面コラムは「正平調」。 社説は原則として2本載せている。 天気予報は1面に県内6地区(神戸・姫路・西脇・柏原・豊岡・洲本)と大阪・京都が6時から24時まで3時間おきに6個のマークで表記。 全国(札幌・仙台・東京・名古屋・広島・高松・福岡・鹿児島・那覇)はその日の予報を1つのマーク(「のち一時(時々)雨」は「のち雨」、雨(雪)時々曇り・暴風雨(雪)は「雨(雪)」)で表記。 前日21時の天気図を掲載。 解説は関西支部が書いている。 3面には「列島お天気ウィークリー」という週間予報と前日のひまわりの衛星写真・あすの潮および太陽と月の出入り・(前日の全国)の天気と気温が掲載されている。 朝刊のは2007年まで・等全国各地の地方紙に連載されている『 あんずちゃん』(作)が連日掲載されていたが、翌から・などの朝刊に『』(作。 当新聞では非掲載)の後を受けて連載が開始された『』(作)が神戸新聞でも連載される様になった。 そしてからはの『』が連載されていたが(ブロック紙3社連合以外の新聞では当新聞の他に・・・の各朝刊にそれぞれ連載)、からはの『ねえ、ぴよちゃん』に変わった(ブロック紙などにも掲載)。 なお、夕刊の4コマ漫画は2009年付からの『ゴンちゃん』の連載が開始される(・・・・ほか朝刊にも連載)。 新聞の発行体形 [ ]• 主に北部・内陸部(・・の一部地域)とではのみの「統合版」として、南部の沿岸部(播磨南西部は除く)は朝刊・の「セット版」として発行されている。 統合版(朝刊のみ)を発行する自治体(セット版の地域であっても統合版地域となる場合がある)• (・・)• (・)• JR(3~6番線のみ)、・やの売店でも販売されている。 地方面 [ ] 地方ニュース5ページ 青空主義(兵庫おでかけ情報)[火曜:遊ing 水曜:アウトドア 木曜:食べ歩き 金曜:まち探検 土曜:カルチャー]・地方ワイド面(こうべワイド・はりまワイド)・近隣地方面・地方面・ひょうご面の順に構成されている。 《内は隣接地方面 - ワイド面》• 北播《三木神戸 - はりまプラス》• 東播《明石 - はりまプラス》• 神戸東部(2009年4月以降は神戸市内版に統合) 番組表の収録局 [ ] メインテレビ面(最終面) [ ]• ・・・・・・・の番組表がレギュラーサイズで掲載され、・がハーフサイズで掲載されている。 2011年4月1日よりみもの欄のスペースにBSデジタル番組表がハーフサイズで掲載を開始した。 当初は、、、、、プライムだけだったがよりを掲載し主要BS局が揃った。 そのかわりみものは中面に移動した。 これは(VHF。 京阪神周辺で直接受信可能)、、のチャンネルを現している。 2006年4月より紙面が刷新され、テレビ欄が1段分拡大され文字も大きくなり、お勧めの番組にはテレビ欄の番組枠の背景をカラーで表示するようになった。 また、縦の時間表示も朝6時から午前10時までが緑の白抜き、午前11時から午後5時までがオレンジの白抜き、午後6時から深夜・明朝までが濃い青の白抜きで表示される。 テレビ欄の番組開始時間の時表記と分表記で異なった字体を使用している。 2009年4月からテレビ欄の番組名を丸ゴシック体で表記(も)しそれ以外の情報は従来の明朝体表記になり、テレビ欄の番組開始時間表記はイタリック体に変更した。 また背景カラーはドラマが赤、映画が黄、スポーツが青、サンテレビみものが黄緑になった。 番組欄の配信元は、長らくであったが、2015年現在は(やなどの番組欄の配信元)のものを使用している。 第二テレビ・ラジオ面 [ ]• (・・)・周辺地域のテレビ局(・はハーフサイズ。 ・・・・はクォーターサイズ)• NHK神戸・・・・・・・・・・・・四国・(サイズがやや小さい)・ 2006年4月の紙面刷新でこれまでエリアごとに隣県放送局が異なっていたのを全エリアで統合した。 また、放送局表記のカットも黒に白抜き表示に変更した。 岡高地域のテレビ局のうち、なぜかだけ載っていない。 鳥取県を放送対象地域とする放送局は、とが載っていない(前者はテレビ局、後者はラジオ局)。 脚注 [ ].

次の

伊藤園、県に桜苗木贈呈 21世紀県民の森、植樹へ|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

神戸新聞next

神戸新聞社(本社・神戸市、高士薫・代表取締役社長)は11月1日、電子新聞サービス「神戸新聞NEXT」を発刊します。 有料ページでは、連載記事、紙面未掲載の記事写真や動画、地域スポーツ情報など多彩なコンテンツを盛り込み、新聞紙面とあわせてニュースをいつでもたっぷり読んでいただくための工夫を凝らします。 地域に密着した身近なニュース、暮らしの安全を守る大切な情報をいつでもどこでも利用していただくために、パソコン、スマートフォン、タブレットのブラウザー(閲覧ソフト)を使ってインターネットに接続できる環境であればすべてのサービスをご利用できます。 <神戸新聞NEXT発刊の目的> ライフスタイルが多様化する中で、自宅でゆっくり新聞を読む時間は限られています。 通勤通学の途中や昼休み、少しの待ち時間など、いつでもどこでもすきま時間にさまざまな端末で新聞コンテンツを読んでもらうことを期待しています。 さらに、記事データベースや安全安心メールなど、新聞読者が便利に使える機能も加えて、新聞を補完するサービスとして最も便利に使ってもらえるようにデザインしました。 神戸新聞社は兵庫県内で最大の取材網を持つ地方紙として、きめ細かい地域情報をこれまでも紙面で読者の皆様にお届けしてきました。 神戸新聞NEXTは、この取材網を生かして、地域型の電子新聞サービスを読者の皆様や兵庫県外にお住まいの方に提供します。 また1995年1月17日の阪神・淡路大震災の被災体験を教訓に、災害時など地域の安全安心情報をメールサービスでも提供していきます。 ダブルコースは新聞購読料とあわせて販売店にお支払いいただきます。 電子版単独コースはネットからクレジットカード決済していただく必要があります。 <利用申し込み> 2つのコースとも11月1日から下記の「神戸新聞NEXT」サイトで受け付けを開始します。 なお発刊記念キャンペーンとして2013年2月末まで無料でお使いいただけます。 キャンペーン終了後は、申し込み当月と翌月の最大2カ月無料でお使いいただけます。 5以降など Internet Explorer8. の商標です。 の商標です。 なお、安全安心メールは携帯電話のアドレスにも送ることが可能です。 <ご利用制限> 同じIDでの複数の端末での利用は、同一世帯にお住まいのご家族に限らせていただきます(台数制限があります)。 ご利用は個人に限り、法人でのお申し込みはできません。 <プレゼント・特典> 神戸新聞NEXTの利用登録をしていただいた方は全員、神戸新聞の読者会員組織「ミントクラブ」会員として、多彩なプレゼントが抽選で当たるほか、提携店で割引サービスなどを受けることができます。 〇神戸新聞NEXT情報掲載サイト パソコン版 スマートフォン版 〇サービスの一般お問い合わせデスク 050-3757-5255(10:00-18:00) メール:next kobe-np.

次の