返答 類語。 「返事」「返答」「応答」「回答」

「打診」の意味と使い方、承諾の返答、類語、医療用語、英語

返答 類語

ビジネスシーンにおいて、「ご留意ください」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。 この「ご留意ください」とはどういった意味で、どのように使うのでしょうか。 また、「ご留意ください」は敬語表現なのでしょうか。 ここでは、「ご留意ください」の敬語での使い方についてみていきます。 丁寧語 「ご留意ください」という言葉の「留意」とは「りゅうい」と読み、「心に留める」「気を付ける」という意味になります。 また、「留意」に尊敬語である接頭語「ご」をつけて「ご留意」とし、ここに「くれる」の尊敬語「くださる」を変形させて「ご留意ください」となります。 この表現だけでも十分敬語表現となりますが、より丁寧な表現にするには以下のような言い換えができます。 1.ご留意くださいませ 2.ご留意いただきたく存じます 3.ご留意いただければ幸いです 4.ご留意のほどお願い申し上げます 5.ご留意いただければと存じます 6.ご留意いただきたく、お願いいたします 「ご留意ください」の類語 前述により「ご留意ください」が敬語表現であること、また「心に留めておいてください」という意味であることがわかっていただけたでしょう。 では、「ご留意ください」の類語表現にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは「ご留意ください」の類語表現をいくつかご紹介します。 1.ご了承ください 「ご留意ください」という言葉の類語に「ご了承ください」という言葉があります。 「ご留意」とは心に留めることを意味しますが、「ご了承」とはそのものごとを全面的に受け入れることを意味します。 「ご留意ください」という表現は、相手に柔らかな印象を与える敬語表現であるのに対し、「ご了承ください」は相手に納得してくださいというように強い敬語表現になる点が違います。 そのため、この二つの表現はその場面に合った方を選んで使うようにしましょう。 2.お含みおきください 「ご留意ください」の類語表現に「ご承知おきください」という表現があります。 これは、「ご留意」という言葉と「ご了承」の間くらいの言葉の強さがあり、「ご了承ください」だとちょっと強すぎるかという場合に使うのに適しています。 相手との関係を円滑に運びたいけれどしっかりと覚えておいてほしい、そのような場合に「ご承知おきください」を使うと良いでしょう。 4.ご注意ください 「ご留意ください」の類語表現に「ご注意ください」という言葉があります。 「留意」が心に留めておくことという意味であるのに対して、「注意」とは危険性がある場合などに使い、より気を付ける意味合いが強い言葉です。 そのため「ご留意ください」よりも危険性が強く気を付けてほしいという気持ちが強い場合に使用します。 「ご留意ください」の例文 「ご留意ください」の例文として「ご留意くださいますようお願い申し上げます」という使い方があります。 これは、相手が目上の人でより丁寧な表現をする場合に使います。 (例文) 1.「つきましては下記の点にご留意くださいますようお願い申し上げます。 」 2.「寒さ厳しき折、お身体には十分にご留意くださいますようお願い申し上げます。 」 ご留意くださいませ 「ご留意ください」の使い方として「ご留意くださいませ」という表現があります。 この「ご留意くださいませ」は、相手の体調を気遣う場合などによく使われます。 例えば「ご留意くださいませ」を使った例文が以下のようになります。 (例文) 1.「くれぐれもお身体にご留意くださいませ」 2.「くれぐれもお風邪など召さぬようご留意くださいませ」 「ご留意ください」への返事の仕方 「ご留意ください」という表現は、相手の体調を気遣う場合などに「くれぐれもお身体にご留意ください」のように使われます。 このような「ご留意ください」に対しては、どのような返事をすれば良いのでしょうか。 まず、「お身体にご留意ください」は相手が自分の体調を気遣ってくれている言葉ですので、以下のように返事をしましょう。 (例文) 1.「お気遣いいただきまして、ありがとうございます。 」 2.「温かいお言葉心より感謝申し上げます。 」 3.「お気遣い心から感謝申し上げます。 」 「ご留意ください」「ご留意願います」の違い 同じ「ご留意」という言葉を使った表現でも、「ご留意ください」という表現は敬語表現であり「心に留めておいてください」という意味であるのに対して、「ご留意願います」という表現になると意味合いが違ってきます。 「ご留意願います」という言葉になると、気を付けてくださいという意味合いが強くなってきます。 また「ご了承ください」も似た意味ですが「ご留意ください」よりも強めの意味になります。 「ご留意願います」に似た言葉としては、「ご注意願います」という表現もありますが、「注意」という言葉よりも「留意」の方が気を付ける度合いは低くなります。 「注意」まではいかないまでも、きちんと相手に心にとめてほしい場合などには「ご留意願います」や「ご了承ください」を使っても良いでしょう。 「ご留意ください」の読み方 ビジネスシーンにおいて「ご留意ください」という表現はよく使われます。 ビジネスシーンにおける「ご留意ください」は、禁止事項を説明する場合などにも使われます。 (例文) 1.「当施設内では飲食を禁止しておりますのでご留意くださいますようお願いいたします。 なお、別館には飲食コーナーが設置されておりますのでそちらをご利用ください。 」 2.「館内の備品持ち出しは禁止となっておりますので、ご留意ください。 」 手紙で相手の健康を気遣う 「ご留意ください」の使い方として、手紙やメールなどで、相手の健康を気遣う場合に「お身体にご留意ください」というように使うことがあります。 体調管理への心配を伝える言葉となりますので、「くれぐれも」という言葉を添えるとより一層相手への気持ちが強調されます。 また、健康への配慮の言葉としては、「ご注意ください」よりもソフトな印象の「ご留意ください」の方が適しています。 季節の変わり目ですので、くれぐれもお体にご留意くださいませ。 」 2.「肝臓の数値が悪化しています。 飲酒量にはくれぐれもご留意ください。 」 日時の約束 「ご留意ください」というフレーズについてここまでみてきました。 「ご留意」という言葉を使った表現には、「ご留意ください」以外にも以下のような表現があります。 「ご留意のほど」 「ご留意」を使った表現に「ご留意のほど」という表現があります。 この「ほど」には、物事の度合いや程度、具合や様子といった意味があります。 そして、「ご留意のほど」の後には「よろしくお願い申し上げます」や「お願いいたします」といった言葉を付けることにより、丁寧な表現になります。 例えば、以下のように使います。 (例文) 1.「〇月〇日の会議日程が下記のように変更となりました。 何卒ご留意のほど、よろしくお願いいたします。 」 2.「こちらの会場では喫煙が禁止となっております。 どうぞご留意のほどよろしくお願い申し上げます。 」 「ご留意願います」 「ご留意」を使った表現に「ご留意願います」という言葉があります。 「ご留意願います」という表現だと、一見丁寧な言葉に思えますが、「ご留意ください」や「ご留意のほどお願いします」よりもそっけなく、丁寧さに欠ける表現になります。 そのため、「ご留意」という表現で、相手に何かしらのお願いをする場合には「ご留意ください」や「ご留意のほどお願いいたします」といった表現の方が使われる頻度が高いでしょう。 「ご留意」の類語 「ご留意ください」の類語表現は前述しましたが、「ご留意」という言葉にも類語がいくつかあります。 ここでは「ご留意」の類語についてご説明します。 「ご留意」の類語;ご配慮 「ご留意」の類語に「ご配慮」という言葉があります。 「ご配慮」の「配」とは「くばる」という意味で、「慮」とは「あれこれ思いをめぐらせる」という意味で、「配慮」とは「相手に心を配ること」を意味します。 そのため、「ご配慮」となると、相手の心遣いに対し感謝しているという気持ちを表します。 また、「ご配慮」は「ご留意」と同じく接頭語の「ご」が付いており目上の人相手にも使用できる言葉です。 以下に「ご配慮」を使った例文をいくつかご紹介します。 (例文) 1.「いつもご配慮いただき、ありがとうございます。 」 2.「どうか、ご配慮のほどよろしくお願いいたします。 」 「ご留意」の類語;ご用心 「ご留意」の類語に「ご用心」という言葉があります。 「用心」とは「困ったことがないようにあらかじめ注意する」という意味です。 「ご用心」とは「ご注意」と同じような意味になりますが、あまり頻繁に使われる表現ではありません。 以下に「ご用心」を使った例文をご紹介します。 (例文) 1.「不審な者にはどうぞご用心ください」 2.「こちらは大変滑りやすくなっております。 どうぞお足元にご用心くださいませ。 」 「ご留意」の類語;心遣い 「ご留意」の類語に「心遣い」という言葉があります。 「心遣い」とは、「祝儀や心付け」という意味のほかに「人のためをおもいいろいろと気を遣うこと」を意味します。 「心遣い」を使うパターンとしては、普通のお礼をする場合やご祝儀をもらったお礼を言う場合、金品をもらったときのお礼などがあります。 使い方としては、以下のようになります。 (例文) 1.「このたびは身に余るお心遣いを賜り、ありがとうございました。 」 2.「先日は心のこもった贈り物をいただきありがとうございます。 いつもお心遣いいただきまして、恐縮です。 」 「ご留意」の類語;ご自愛 「ご留意」の類語に「ご自愛」があります。 「ご自愛」の「自愛」とは、「自らを大切にすること」を意味します。 そのため、ハガキやメールで最後に相手の健康を気遣う言葉として「ご自愛ください」という言葉がよく使われます。 「ご自愛ください」とは、「体調を崩さないように体を大切にしてください」という意味です。 例えば、以下のように使われます。 (例文) 1.「季節の変わり目ですので、どうかご自愛くださいませ。 」 2.「時節柄、どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。 」 3.「寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。 」 「ご留意ください」の意味と使い方をおぼえましょう いかがでしたか。 「ご留意ください」とは「心にとどめておくこと」「気を付けること」などの意味があり、ビジネスシーンで気を付けてもらうことについて伝えたり、手紙やメールなどで体調を気遣う言葉としてよく使われることがわかりました。 また使われるシーンとしても、禁止事項をやんわりと伝えるときや、会議などの時間帯を伝える場合、相手の健康を気遣う場合などいろいろな場面で使われます。 「ご留意ください」は、「ご注意ください」よりも柔らかな印象を相手に与えますので、相手との関係をスムーズに運びたい場合などに役立つ表現です。 「ご留意ください」を使用する場合にはそれぞれのシーンに合った使い方をしましょう。 また「ご留意ください」はビジネスシーンで役立つ表現ですので、意味や使い方をしっかりとおぼえましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

クーデターの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

返答 類語

「返答」の意味と敬語としての使い方 「返答」の意味 「返答(へんとう)」は「相手からの質問・依頼・要求などに対して、こちらからその答えを相手に伝えること」という意味です。 「返答に窮する」「メールで返答する」などと用います。 また、「返答」は「主に口頭で伝えること」と辞書に記載されていることが多いのですが、「返事」が「口頭または文書での回答」を意味することに対比しての説明の意味合いが大きいと思われるため、メールや書面など口頭でない場合でも「返答」を用いるのに問題はありません。 「返事」との使い分けについては、後述します。 「相手に返答を求める場合」の使い方 ビジネスの取引先や目上の人に対してなんらかの答えを求めたい場合は敬語表現を用います。 「ご返答をお願いいたします」とお願い表現にすることが一般的です。 あるいは、「待つ」の謙譲語「お待ちする」を添えて「ご返答をお待ちしております」もよく使われます。 いずれも「返答」には必ず「ご」をつけて丁寧語にします。 さらに「ご返答お願いいたします」ではなく、「ご返答を」というように間に「を」を入れると丁寧な印象になります。 また、相手からの返答をもらいたいのだが、こちらが何らかの状況により弱い立場にあるなど、より丁寧な表現が必要な場合もあるでしょう。 そのような時は次のような表現例があります。 「恐れ入りますがご返答をいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 構造を細かく説明すると次のようになります。 「恐れ入りますが」「何卒よろしく」とクッション言葉をプラス• (「もらう」の謙譲語「いただく」)+(丁寧語「ますように」)で「いただきますよう」とし、謙譲の気持ちを表現• 「言う」の謙譲語「申し上げる」を使うことで、お願い表現に謙譲の気持ちを表現 さらに状況的に相手に返答を求めるのが厳しいようなシチュエーションの時は 「お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、ご返答をいただければ幸いでございます」 などとクッション言葉を重ねて用いてから、返答いただければ嬉しい、という婉曲表現にすることで命令口調を回避することができます。 この場合、文章としては相手に返答するかどうかの判断をゆだねているかのようですが、実際は返答をしてもらう必要があるので、「〇月〇日までに」という期限をさりげなく入れるなど、状況に応じて工夫が必要です。 「相手の返答に返信する場合」の使い方 「返答」をお願いしてその返信をいただいたら、そのリアクションに対してお礼の文章を返信することになります。 その場合は「ご返答ありがとうございます」「ご返答をいただきありがとうございます」「ご返答をいただきまして誠にありがとうございます」などと、相手との関係性や状況に応じて適当な表現を用います。 「相手の求めに対して自分が返答する場合」の使い方 取引先や上司から返答の依頼があり、自分が返答する場合に「ご返答」と自分の動作に「ご」をつけていいのか、迷う人が多いようです。 結論として返信メールや文書、口頭で「ご返答いたします」と表現して間違いはありません。 「返答」となる元の言葉に「ご…いたします」という謙譲語の基本形を使用しているからです。 「ご説明いたします」「ご案内いたします」「ご遠慮いたします」などと同様の表現形です。 「ご返答いたします」が正しいのかどうか迷ってしまう原因としては、「ご返答」の「ご」が相手に対して用いる場合は「尊敬語」であるため、自分の行為に尊敬語を用いるのはおかしい、と感じる人がいることが考えられます。 しかし自分の行為の「返答」につく「ご」は上述したように「謙譲語」となるため、間違いではありません。 ビジネスメールでの使用例 最近は直接会って対話したり電話で会話したりするよりメールのやりとりで仕事を進めていくことが多くなっています。 様々なシチュエーションで「返答」を使いこなせるよう、ビジネスメールでの使用例を紹介します。 「返答」を求める場合• ご返答のほど、よろしくお願い申し上げます。 お忙しいところお手数ですが、ご返答をいただきますようお願いいたします。 ご返答をいただければ幸いです。 誠に恐縮でございますが、〇月〇日までにご返答をいただければ大変助かります。 ご返答をお待ちしております。 自分が「返答」する場合• 添付資料のとおり、ご返答いたします。 次のとおり、ご返答させていただきます。 〇〇の件につきまして、ご返答申し上げます。 「返答」の類語 「返答」の類語には「回答」「返事」があります。 どちらも同じような意味ですが、使い方に違いがあります。 「返答」と「回答」の違い 「回答」は「文書による正式な返事」の意味合いがあります。 「回答を求める」「回答を迫る」などと用い、「返答」と文書で書くよりも形式にのっとった返事を強く要求する意味が強くなります。 「返答」と「返事」の違い 「返事」は「呼びかけに対して答えること、またその言葉」という意味合いがあります。 質問に対して「返答」する場合と同じように「返事」も用いられますが、名前を呼ばれて返事をする、というように動作に用いられることがあります。 また狭義では「答えの手紙を出す」という意味があり、「すぐに返事を出す」などと用います。 まとめ 「ご返答をお願いいたします」と取引先に依頼したいことがある時の敬語表現には、工夫が必要な場合があります。 特にメールの文面は事務的で冷たい印象になりがちなため、丁寧語や謙譲語をうまく使いこなせるようにしておきましょう。 また、自分の動作に「ご」をつける「ご~いたします」という謙譲表現がさっと出てくるよう、普段から意識して周囲の会話を聞き、フレーズとして覚えておくのも一案です。

次の

「返答」に関連した英語例文の一覧と使い方

返答 類語

「打診」の意味と使い方 「打診」の読み方は「だしん」 「打診」は「 だしん」と読みます。 「打」は音読みで「ダ・チョウ・テイ」、訓読みで「うつ・ぶつ」と読みます。 「診」は音読みで「シン」、訓読みで「みる」と読みます。 「打診」の元々は医療用語で意味は「指先で患者の体をたたき、その音や振動によって診察すること」 医療用語としての「打診」は「 医者が指先で患者の体をたたき、その音や振動によって診察すること」です。 指の先で患者の背中や胸をトントンと叩き、その音によって内臓の状態を調べることを表します。 腹部などを叩く医療器具を「打診器」と言います。 「打診」のビジネスでの意味は「相手に働きかけ、その反応によって相手の意向を探ること」 ビジネスにおいての「打診」は「 相手に働きかけ、その反応によって相手の意向を探ること」を意味します。 相手に意見を求めたり、話を持ちかけることを表します。 中立的な立場から相手の意向を探ることなので、相手から納得を得たり、好ましい答えをもらえるかどうかははっきりとしません。 「打診」は、患者の体の調子を確認するために必要となる診察方法です。 元々は医療用語として使われていましたが、だんだんと意味が広がり一般的に使われるようになりました。 「打診買い」は証券用語 「打診買い」とは「 相場がとどまっている時に、そろそろ下げ止まるかと予想して、買いを入れること」を意味します。 市場の反応をみるために小口の買い注文を出すことを表します。 「打診買い」の反対語は「打診売り」になります。 「開催を打診する」「面談を打診される」「打ち合わせの打診受ける」などと使う 「打診」は相手に話を持ちかける際に、あらかじめ問題となる部分に触れることで、相手の意向を伺うことを表す場合に使います。 正式に決まっているものではなく、相手の考えや思っていることを確かめることが「打診」です。 「打診」は「打診する」「打診される」「打診を受ける」などの形で使います。 例えば、「展示会の開催を打診する」といった場合は「相手に展示会を開催してはどうかと相談して、その反応によってどう思っているか探ること」を意味します。 ・新聞に掲載されている漫画の書籍化を打診する。 ・部長に新しい計画の実行を打診した。 ビジネスでの「打診」する際の正しい方法と注意点 「打診」は依頼・お願いとは違うので注意 「打診」は、 依頼やお願いとは異なります。 「打診」は「相手に働きかけ、どのように思っているか探ること」です。 依頼やお願いは「相手に用事を頼むこと」を表します。 依頼やお願いとは違い、「打診」は「どうなるかはわからないけれど、相手の意向を伺ってみる」と、相手を配慮した意味合いが込められています。 「打診」は正式なお願いではありません。 打診をした後に、相手に許可をもらって決定します。 「打診」と「依頼」を混同するとビジネスではトラブルの元なので注意しましょう。 代替案や選択肢を準備しておく 「打診」する際は相手にお願いしているわけではなく、話を持ちかけているので、 あらかじめ代替案や選択肢を用意しておく必要があります。 決まっている事柄ではないので、相手に却下されることもあります。 そういった時にそなえて代替案や選択肢を準備しておきましょう。 また代替案を準備しておくと、打診する内容が変わった場合にも便利になります。 「打診」に対する返答・返事の方法 承諾する場合 ビジネスシーンでは打診するだけではなく、打診されることもあります。 相手から打診されてそれに承諾をする場合は、「 承知いたしました」「 了承いたしました」と返答します。 相手が持ちかけた話に同意するときは、話を聞き入れらことを表す必要があります。 「承知いたしました」はとても丁寧な表現です。 話を受けたり、相手の話を理解したことを伝えることができます。 「了承いたしました」も丁寧な表現ですが、「そのことを許可する」と上から目線のニュアンスが含まれているため、目上の人に対しては適切ではありません。 辞退する場合 相手から打診された時に、辞退する場合もありますよね。 辞退する場合は、 断りの挨拶と断る理由について述べます。 断りの挨拶には「見送らせていただきます」「辞退させていただきます」などがあります。 ただ断りの挨拶を述べるだけでは失礼なので、前に「申し訳ありませんが」「せっかくですが」といった言葉をつけます。 断りの挨拶を述べた後は、断る理由をしっかりと述べます。 きちんと理由を話すことで、こちらの気持ちが伝わり、相手にわかってもらいやすいです。 「打診」の類語 提示する/提案する 「提示」は「 案を持ち出して人に理解させること」を意味します。 相手にわかってもらいやすいように、条件をしっかりと見せることを表します。 「提案」は「 意見や考えを出すこと」を意味します。 相手に考えや思っていることを見せることを表します。 「提示する」「提案する」はまだ正確には決まっていないことを、良くなるように考えを出すことを表します。 「打診する」と同様、話を持ちかけられた側は必ずしも賛同する必要はありません。 例文 ・相手に理解してもらえるように、書類を提示する。 ・納得してもらえるように、相手に提案してみる。 是非を問う/賛否を問う/可否を伺う 「是非を問う/賛否を問う/可否を伺う」は「 良いかどうか相手に聞くこと」を意味します。 相手に意向を伺う場合に使われる表現です。 「是非を問う/賛否を問う/可否を伺う」は「提案する、提示する」よりもより迫っていることを表します。 例えば、「相手に良いかどうか是非を問う」だったら相手にはいかいいえかどうか聞くことを意味します。 例文 ・こちらの内容で良いか担当の方に是非を問うべきである。 ・内容を変更してもらえるかどうか可否を伺ってみる。

次の