高級 メダカ。 空前の「メダカ」ブーム、価格高騰の背景に品種改良と希少性

話題の『オロチメダカ』ってどんなメダカ?驚くほど真っ黒な高級新品種!飼育難易度はどのくらい?│めだか水産 広報部

高級 メダカ

2018年7月9日 7:00 メダカといえば、小川や田んぼのそこかしこで捕れ、買っても1匹十数円だったもの。 なぜ、これほど人気が上がったのか? 知られざるメダカの世界を紹介しよう。 メダカはサンマやサヨリと同じ「ダツ目」。 ホームセンターや熱帯魚店などで、観賞用または熱帯魚などのエサ用として販売されている。 一方で、野生のメダカは、1999年に環境庁(現環境省)により、絶滅危惧種に指定されている。 今年5月、愛媛県松山市内のメダカ販売店から1匹1万5000円の高級メダカ「ブラックダイヤ」を48匹・計72万円相当を盗んだとして、40代の男が逮捕された。 「ブラックダイヤは、黒い体に青いラメが入った珍しいメダカ。 田んぼや小川にいる野生のメダカとは異なり、品種改良で生まれたものです」とは、日本メダカ協会理事で、「めだか夢や」店主の馬場浩司さんだ。 ここ最近、観賞用メダカの品種改良が盛んに行われるようになり、現在メダカの種類は約500~600種に。 さらにその数は年々増え続けているという。 「メダカというと、体長約3cm程度の茶色や黒っぽい色の魚をイメージされるかたも多いかもしれませんが、ニシキゴイのように美しい模様を持ったものや、ダルマのようにお腹がふっくらした体形のものなど、自然界では見られないさまざまな色や形のメダカが誕生し、人気となっているんです」(馬場さん、「」内以下同).

次の

【2020年】おすすめのメダカの種類一覧21種

高級 メダカ

高級なブラックダイヤ(画像は「めだかの館」提供) 高額なメダカを盗んだ男が逮捕された。 メダカといえば、1匹10円ほどで販売されており、熱帯魚のエサ扱いというイメージがあるが、最近は色彩や体形が多様化し、ニシキゴイや金魚並みに人気になってきている。 愛媛県警松山西署は13日までに、松山市の玉井俊郎さん(69)が経営するメダカ販売店「ザ・メダカ」から観賞用メダカを盗もうとしたとして、同市の自動車中古品販売の塚本英明容疑者(47)を逮捕した。 同署や玉井さんによると、塚本容疑者は11日午前0時ごろ、懐中電灯を照らしながら、店外のケースに入れられた観賞用メダカを網で盗もうとしていた。 玉井さんの知人男性(38)が目撃し、取り押さえ、同署が逮捕した。 取り調べの中で、5月26~29日の間に同店で観賞用メダカ「ブラックダイヤ」48匹(時価1匹約1万5000円、計72万円相当)を盗んだことを認めたため、12日に窃盗容疑で再逮捕されている。 ブラックダイヤは、神奈川県のブリーダーが最近開発したばかりの新しい品種で、黒地にまぶされたラメが美しい。 玉井さんは本紙の取材に「全国で6店舗に卸された一つがウチの店。 黒いメダカは、日光に当てると元気になってますます黒くなるから、外に出していた。 犯人の顔も見たけど、一度は店に来たかも分からないが、親しく話した人じゃない」。 店は泥棒の被害に何度となく遭ってきた。 「昨年は5ケース(300~500匹)が盗まれて、なめてるのか、ケースだけ返ってきた。 この前も、ペアの『あけぼの』(ニシキゴイのような体色の品種)が盗まれた」と振り返る玉井さん。 1年前には自分で泥棒を捕まえたこともあったという。 犯行動機は明らかになっていないが「自分で飼育しているマニアで、どうしても欲しいという気持ちだったんじゃないか?」(玉井さん)。 転売もあるにはあるが珍しいケースだという。 「私は趣味でいろいろやるんだけど、たとえば花のランは1本100万円のものもある。 増やせば200万~300万。 それで頑張って増やしたがる。 でも、人間は欲が深い。 盗んだメダカを飼うなんてなあ…」と落胆するのだ。 メダカの世界は日進月歩で、交配による高級品種が次々に生み出されている。 たとえば、岡山県の「静楽庵」の「3色ラメ幹之(みゆき)体外光タイプ」は「先日、展示会を開いたときには4匹で20万円。 ペアで15万円でした」(同店関係者)。 交配は非常に難しく、だからこそ、複雑な魅力にひかれた愛好者が増えているのだ。 泥棒だけでなく、そんなファンをだまそうとする悪質な業者も増えている。 玉井さんは「ある品種のメダカが欲しくて、その卵を10個や稚魚を数匹買う。 すると、欲しいものに全然育たない。 メダカは半年しないと本来の姿が分からない。 ただの300円のメダカに『色揚げ剤』を食べさせて赤色にして1万円で売ることも。 素人は分からないからね。 ネット販売店の中にはそういうことをするのがいる。 信頼の置ける相手から購入してほしい」と注意喚起する。 商品としては高利益のメダカだが、生き物だけに手間がかかり、全滅するリスクも高い。 そんなメダカを横から奪い去っていく犯罪は許されない。

次の

【2020年】おすすめのメダカの種類一覧21種

高級 メダカ

2018年7月9日 7:00 メダカといえば、小川や田んぼのそこかしこで捕れ、買っても1匹十数円だったもの。 なぜ、これほど人気が上がったのか? 知られざるメダカの世界を紹介しよう。 メダカはサンマやサヨリと同じ「ダツ目」。 ホームセンターや熱帯魚店などで、観賞用または熱帯魚などのエサ用として販売されている。 一方で、野生のメダカは、1999年に環境庁(現環境省)により、絶滅危惧種に指定されている。 今年5月、愛媛県松山市内のメダカ販売店から1匹1万5000円の高級メダカ「ブラックダイヤ」を48匹・計72万円相当を盗んだとして、40代の男が逮捕された。 「ブラックダイヤは、黒い体に青いラメが入った珍しいメダカ。 田んぼや小川にいる野生のメダカとは異なり、品種改良で生まれたものです」とは、日本メダカ協会理事で、「めだか夢や」店主の馬場浩司さんだ。 ここ最近、観賞用メダカの品種改良が盛んに行われるようになり、現在メダカの種類は約500~600種に。 さらにその数は年々増え続けているという。 「メダカというと、体長約3cm程度の茶色や黒っぽい色の魚をイメージされるかたも多いかもしれませんが、ニシキゴイのように美しい模様を持ったものや、ダルマのようにお腹がふっくらした体形のものなど、自然界では見られないさまざまな色や形のメダカが誕生し、人気となっているんです」(馬場さん、「」内以下同).

次の