控訴 と は わかり やすく。 麻原弁護団、控訴趣意書未提出

反訴の要件についてわかりやすく解説

控訴 と は わかり やすく

朴槿恵 逮捕の理由をわかりやすく説明! 朴槿恵 逮捕の理由をわかりやすく 説明していきます。 朴槿恵は、親友のチェ・スンシルに 精密文書を漏洩していた疑惑が かかっています。 朴槿恵は、一般人である チェ・スンシルに国税の深い関わりを 持たせてしまって 「国税介入事件」と呼ばれています。 チェ・スンシルは、多額の資金を 企業に圧力をかけてスポーツ財団に 流出した疑いで逮捕されました。 朴槿恵の元秘書官であった チェン・ホソンは、朴槿恵の指示で 精密文書をチェ・スンシルに 渡していたと認めています。 この証言でチェン・ホソンも 逮捕されています。 チェ・スンシルは、朴槿恵のおかげで かなり贅沢な生活をしていたようです。 「朴槿恵大統領がついている」 とやりたい放題の様子でした。 精密文書を漏洩したとして 朴槿恵は、韓国検察当局から 事情聴取の申し出が来ます。 「大統領退任要求」のデモが 20万人規模で始まりました。 精密文書漏洩によって朴槿恵と チェ・スンシルに対して怒りが 爆発したのが理由です。 朴槿恵の大統領任期は 2018年2月でしたが、条件付きならと 辞任の発表をしました。 デモの力は凄い効果でしたね。 韓国では、現職の大統領が 任期満了前に辞任するのは 1987年民主化になってから初です。 2017年3月31日朴槿恵の逮捕が 決定しました。 わかりやすく言うと逮捕の理由は、 一般人に精密文書を漏洩して 使用させていたのを大統領が 承知していたと大問題に なっています。 朴槿恵が、起訴されるかどうかが 大きな課題です。 極刑の可能性もあるの? 朴槿恵は、極刑になる可能性も あるのでしょうか?見ていきます。 精密文書の漏洩は、韓国の法律では 懲役刑が適用となるため極刑になる 可能性は低いと思われます。 ところが、国民の意見が極刑を 強く求めてきたら、裁判所は朴槿恵に 極刑を言い渡すかもしれません。 デモをして、大統領辞任まで 追い詰めるほど韓国国民は 朴槿恵に対して激怒しているので もしかして…!? スポンサード・リンク 韓国歴代大統領の末路から考察! 韓国歴代大統領の末路から朴槿恵を 考察してみます。 李承晩大統領は不正選挙を行い革命に 失敗をしてアメリカに亡命しています。 尹潽善大統領は、クーデターにより 退任となり軍法会議によって 懲役3年の判決。 朴正煕大統領は、側近から闇討ち。 嫁は銃弾が頭に命中して 他界しています。 長女の朴槿恵は18代大統領です。 崔圭夏大統領は、在任期間が約8ヶ月と 短いです。 全斗煥大統領は、退任してから 光州事件で、極刑判決を 受け、不正財産に関しては 2205億ウォン 約205億円 の 追徴金が確定。 控訴審で極刑から無期懲役に 減刑されています。 盧泰愚大統領は、大統領を辞任後 政治資金隠匿が発覚して、軍事法違反も 追求されて懲役22年6ヶ月の判決が 下され、その後特赦。 金泳三は、国際通貨基金の援助を 受ける事態に韓国国民は恥と罵り、 大統領を退任。 金大中大統領は、長男が不正事件で 起訴されて、次男も見返りで 25億ウォン 約1億7000万円 を 受け取って逮捕。 計5人の親族が逮捕となっています。 盧武鉉大統領は、任期終了後に 約6億円の不正資金疑惑が出て 逮捕前に自宅の裏山で岩陰から 身を投げて自ら命を絶っています。 親族も不正資金に関与していて次々と 逮捕。 李明博大統領は、土地の購入資金を 不正に政府が立て替えたと 疑惑があり、実兄が多額の 違法資金を受け取ったとして逮捕。 、、、以上が歴代大統領の末路です! 韓国歴代大統領の末路をザックリと 見ましたが、どの大統領も 悲惨な道を辿っている感じです。 大統領の身でお金が絡むと裁判所は 厳しい判決を下しています。 朴槿恵は、親友とはいえ一般人に 政府内での内密文書の漏洩をして 間接的にお金が絡んでいるようです。 すでに関与した人物が 逮捕されているので、厳しい判決が 出るかもしれません… まとめ 朴槿恵は、ついに逮捕となりましたが 内密文書を漏洩したということは? 国民の大事な税金などを 使い込みしていたことになりますね。 国民が納得するだけの判決に なりそうです。 ビートたけしが 「残りの任期のうちに、他界するまでに 使うお金を稼ぐつもりでは?」 とコメントをしていました。 歴代大統領の末路は、多額なお金が 絡んでいますが、 結局はバレてしまって返金することに なっています。 朴槿恵の先行きに注目です!.

次の

現象学とは?【死ぬほどわかりやすく解説!】

控訴 と は わかり やすく

> >反訴の要件についてわかりやすく解説 反訴とは? 反訴とは、訴えられた被告が 原告を訴えることです。 例えば、原告が売買代金の請求の訴えを起こしたときに、 被告が売買の目的物の引渡しを求めて訴えるという具合です。 反訴は、新たな訴えの提起ですので、 訴訟代理人が「特別の授権」 がなければすることができません。 反訴をする要件としては、 本訴の目的である請求または 防御の方法と関連する請求を目的とすること、 口頭弁論の集結に至るまでにすること、 反訴の目的である請求が 他の裁判所の専属管轄に属する場合ではないこと、 反訴の提起により、著しく訴訟手続を遅滞させないこと となっております。 訴えの変更の場合と要件はかなり似ていますが、 訴えの変更の場合、 「請求の基礎が同一」 であることが要求されますが、 反訴の場合、 「請求または防御方法と関連」すればよいので、 反訴の方がゆるい要件となっています。 反訴は地方裁判所以上においては、 書面をもってしなければなりませんが、 簡易裁判所においては口頭ですることができます。 本訴請求と反訴請求は、 同一の訴訟手続で審理されますが、 裁判所は口頭弁論の分離や 一部判決をすることができます。 反訴は訴えの変更と要件等が似ていますが、 重要な違いが民事訴訟法300条にありますので、 試験対策として、しっかり覚えておきましょう。 第三百条 控訴審においては、反訴の提起は、 相手方の同意がある場合に限り、することができる。 2 相手方が異議を述べないで反訴の本案について弁論をしたときは、 反訴の提起に同意したものとみなす。 3 前二項の規定は、選定者に係る請求の追加について準用する。 このように控訴審において、 反訴をするには、相手方の同意が必要です。 訴えの変更の場合、控訴審においても 相手方の同意は不要です。 この差異の理由としては、訴えの変更の場合、 請求の基礎が「同一」のため、 被告は十分な防御を行うことができたと考えられますが、 反訴の場合、本訴と「関連性」があるだけなので、 控訴審で反訴を提起すると、 原告の防御の機会 審級の利益 を 奪うことになりかねないので、 原告の同意がいるという規定になっております。 なお、訴訟は訴えの取下げがあった部分については、 初めから係属していなかったものとみなされますが、 本訴が取り下げられた場合、 反訴だけが審判の対象となり、 訴訟は続行されます。 反訴は訴えの変更の場合と要件等が似ているものの、 違いもありますので、試験対策として訴えの変更と反訴の要件を 比較してしっかり覚えましょう。 ・ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ・ ・ スポンサードリンク 関連記事• PV数ランキング• 民法初学者の部屋(民法総則・物権・債権総論) これから法律を勉強したい方、興味があるけど 何から手をつければいいのかわからないという方に向けて、 指針を示... 行政法総論(行政法の一般的な法理論) ・補助機関・執行機関・監査機関・参与機関・諮問機関とは? ・許可・特許・認可の違い ・不可争力・不可変更力とは... リラックス法学部 >リラックス解説 > 「又は」と「若しくは」、「及び」と「並びに」の違い 「又は」と「若しくは」 「又は」と「若しくは」は... 憲法の判例についてわかりやすく解説します。 ・マクリーン事件 憲法21条1項・外国人の人権 ・定住外国人地方選挙権訴訟 外国人の地方参政権 ・東京都管... 法令用語や、言い回し、わかったようでわからないモヤモヤしがちなところを リラックスヨネヤマが限界まで噛み砕いてわかりやすく解説します。 ・憲法判例 ・民法判例 条文別 ・民法判例 事例別 総則 ・民法判例 事例別 物権 ・民法判例 事例別 債権 ・民法判例 事例別 相... ・民法【総則】試験対策・要点まとめ ・民法【物権】試験対策・要点まとめ ・民法【債権】試験対策・要点まとめ... リラックス法学部 >民法をわかりやすく解説 > 法定地上権をわかりやすく解説 わかったようでわからない法定地上権を リラックスヨネヤマが限界まで噛み... リラックス法学部 >憲法判例>わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生存権)の概要と判決の趣旨をわかりやすく解説 わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生...

次の

補正予算とは?わかりやすく解説

控訴 と は わかり やすく

> >憲法判例 堀木訴訟(生存権と憲法14条)の概要と判決の趣旨をわかりやすく解説 わかりやすい憲法判例 堀木訴訟(生存権と憲法14条) (最判昭和57年7月7日) 事件番号 昭和51 行ツ 30 この判例は最高裁のとる 憲法25条の違憲審査基準を示した判決として 重要な意義を有していると考えられています。 Xさんは、全盲の視力障がいがあり、 国民年金法に基づく障害年金を 受給していました。 夫と離婚し、お子さんを養育しており、 児童扶養手当法に基いて、 児童扶養手当の受給資格の認定を 県知事に申請しましたが、 児童扶養手当制度には、 手当と公的年金の併給禁止の規定があり、 知事はこの請求を却下しました。 Xさんはこの処分を不服として 訴えを提起しました。 Xさんの主張は、 「児童扶養手当の実質的権利者は児童であり、 親が障害福祉年金を受けているという理由で 児童を受給対象者から除外するのは 不合理な差別である」 というものです。 例えば、父が障害福祉年金を受給し、 健康な母が児童を養育している場合は、 障害福祉年金と児童扶養手当を 供給できるので、 Xさんのケースで児童扶養手当を 受給できないというのは、 不合理な差別であるとして、 この併給禁止の規定は 憲法13条、14条、25条に違反するものとして 争いました。 第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。 生命、自由及び 幸福追求に対する国民の権利については、 公共の福祉に反しない限り、 立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。 第十四条 すべて国民は、法の下に平等であつて、 人種、信条、性別、 社会的身分又は門地により、 政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。 第二十五条 すべて国民は、 健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2 国は、すべての生活部面について、 社会福祉、社会保障及び 公衆衛生の向上及び 増進に努めなければならない。 最高裁は、 「憲法25条の『健康で文化的な最低限度の生活』とは、 きわめて抽象的・相対的な概念であり、 立法による具体化が必要であり、 具体的な立法措置を講ずるかの選択決定は、 立法府の広い裁量に委ねられている。 そして併給禁止の平等違反についても 広汎な立法裁量を前提として判断すると、 差別は不合理なものとは言えない」としました。 また、最高裁は 「併給調整条項の適用により、 障害福祉年金を受けることができる地位にある者と、 そうでない者に児童扶養手当の受給に関して 差別を生ずることになっても、併給調整条項の合理性に加えて、 身体障害者、母子に対する諸施設及び、 生活保護制度の存在に照らして総合的に判断すると、 この差別がなんら合理的のない 不当なものであるとはいえない」 としました。 判例の結論としては、 感情的に解せないものがありますが、 ここは冷静に裁判所の示した25条の とらえ方をおさえておきましょう。 この裁判でも「朝日訴訟」と同様に、 生存権についてプログラム規定説に近い考え方を 採用したものと評価されています。 全文は 朝日訴訟、生存権のとらえ方の学説については以下をご参照ください。 ・ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ・ ・ ・ ・ ・ スポンサードリンク 関連記事•

次の