虫 かぶり 姫。 マイマイカブリ

鉢かづき姫 <福娘童話集 きょうの日本昔話>

虫 かぶり 姫

なに不自由ない暮らしをしていましたが、子どもだけはどうしてもさずかりません。 それで毎晩、長谷寺 はせでら の(かんのんさま)に手を合わせてお願いをして、 ついに念願の子どもが生まれたのです。 その子どもはお母さんによく似た、美しい姫です。 ところが姫が十三才になった年、お母さんは重い病気にかかりました。 お母さんは、姫を枕元に呼ぶと、 「わたしはまもなく遠い所へ行きます。 わたしがいなくなるのは運命ですから、悲しむ必要はありません。 さあ母の形見に、これを頭にのせていなさい。 きっと、役に立ちますからね」 そう言って重い箱を姫の頭の上にのせたばかりか、大きな木の鉢 はち までかぶせました。 そして、お母さんはなくなりました。 お父さんは姫の頭の上の鉢を取ろうとしますが、どうしてもはずせません。 そのために姫は『鉢かづき』といって、バカにされたり、いじめられたりしました。 やがてお父さんに、二度目の奥さんがやってきました。 この新しいお母さんが悪い人で、鉢かづき姫にいじわるをしたり、かげ口をたたいたり、 最後にはお父さんをうまくだまして、鉢かづき姫を追い出してしまったのです。 家を追い出された鉢かづき姫は、シクシク泣きながら大きな川のほとりにやってきました。 「どこへ行ってもいじめられるのなら、ひと思いに、お母さまのそばへ行こう」 ドボーン! 思いきって川の流れに飛び込みましたが、木の鉢のおかげで浮きあがってしまいました。 鉢かづき姫は、死ぬ事さえ出来ないのです。 村の子どもたちが、鉢かづき姫に石を投げました。 「わーい。 頭がおわん。 からだが人間。 お化けだぁー」 ちょうどその時、この国の殿さまで山陰 さんいん の中将 ちゅうじょう という人が、家来を連れてそこを通りかかりました。 中将は親切な人だったので、鉢かづきを家に連れて帰ってふろたき女にすることにしました。 この中将には、四人の男の子がいます。 上の三人は結婚していましたが、一番下の若君には、まだお嫁さんがいませんでした。 心のやさしい若君は、鉢かづき姫が傷だらけの手で水を運んだり、おふろをたいたりするのを見てなぐさめました。 「しんぼうしなさい。 きっと、良い事があるからね」 「はい」 鉢かづき姫は、どんなにうれしかった事でしょう。 こんなにやさしい言葉をかけられたのは、お母さんが死んでから初めてです。 それから、何日か過ぎました。 若君は、お父さんの前へ出ると、 「父上。 わたしは、あの娘と結婚しようと思います。 しんぼう強く、心のやさしいところが気にいりました」 と、言ったのです。 もちろん、お父さんの中将は反対です。 「ならん! あんな、ふろたき女など!」 「いいえ! あの娘は素晴らしい女性です。 あれほどの娘は、他にはいません!」 「素晴らしい? 他にはいないだと? ・・・よーし、では嫁合わせをしようではないか。 兄たちの嫁と、あの鉢かづきを比べようではないか」 三人の兄の嫁は、とても美しい娘です。 こうすれば鉢かづき姫は恥ずかしくて、自分からどこかへ行ってしまうだろうと考えたのです。 さて、いよいよ嫁合わせの夜がきました。 鉢かづき姫は思わず手を合わせて、長谷寺の方をおがみました。 「お母さま。 観音さま。 今夜、嫁合わせがあります。 お兄さま方のお嫁さんは、とても美しい姫君たちと聞きます。 わたしの様な鉢かづきが出て行って、いとおしい若君に恥をかかせるくらいなら、いっそこのままどこかへ・・・」 その時です。 今までどうしてもはずれなかった頭の木鉢が、ポロリとはずれたのです。 鉢の下からは、かがやくばかりの姫が現れました。 そして鉢の中からは、金・銀・宝石があとからあとからこぼれ出ました。 そこへ現れた若君が言いました。 「やはり、あなたは素晴らしい娘だ。 さあ、美しい姫よ、嫁合わせに行きましょう」 屋敷の中では、三人の兄たちの美しく着飾った姫たちがならんでいます。 そこへ鉢かづき姫が、ニコニコと笑いながら現れました。 「おおーっ」 お父さんの中将が思わず声をあげたほどの、まぶしいばかりの美しさです。 中将は鉢かづき姫の手をとって自分の横に座らせると、若君に言いました。 「まったく、お前の言う通り素晴らしい娘だ。 この娘を妻とし、幸せに暮らすがよい」 「はい、父上!」 「ありがとうございます。 お父さま」 それから若君と姫は仲むつまじく暮らして、二人の間には何人かの子どもも生まれました。 ある時、鉢かづき姫が長谷寺の観音さまにお参りをしたときのことです。 本堂の片すみで、みすぼらしい姿のお坊さんに会いました。 そのお坊さんの顔を見て、鉢かづき姫はびっくり。 「まあ、お父さまではありませんか」 「姫、姫か!」 二人は抱き合って、数年ぶりの再会を喜びました。 すっかり落ちぶれて新しい奥さんにも見捨てられたお父さんは、鉢かづき姫を追い出した事を後悔して、旅をしながら鉢かづき姫を探していたのです。 「すまなかった。 本当にすまなかった」 泣いてあやまるお父さんに、鉢かづき姫はにっこりほほえみました。 「いいえ。 いろいろありましたが、今はとても幸せなのですよ」 それからお父さんは鉢かづき姫のところにひきとられ、幸せに暮らしました。 おしまい イラストレーターの夢宮 愛さんが、その後のお話しを描いています。 お気軽に、お立ち寄りください。

次の

鉢かづき

虫 かぶり 姫

分布 [ ] の、、、、離島では、、、、、、に分布する。 世界の他地域には分布していないのであるが、には農業害虫となるカタツムリの駆除のために導入されたものが定着しているという。 特徴 [ ] 成虫の体長は3-7 ほどで、基本的に全身がつやのない黒色だが、体の大きさや前胸部および頭部の色彩が地域や亜種によって大きく異なる。 成虫は細長いに長い触角と脚が生えたような形をしている。 頭部と前胸部は前方に細長く伸び、大顎が発達する。 触角は細長く体長の半分ほど、脚も細長いががっしりしている。 後胸部と腹部は背面が膨らんだドーム状で、前翅の先端がとがる。 左右の前翅は羽化後にそのまま融合してしまい開くことができない。 さらに後翅も糸状にしているため飛ぶことができない。 日本では特に珍しい昆虫でもないが、マイマイカブリをオサムシ類全体で見ると、日本固有種であること、世界的に見ても大型種であること、頭部と前胸部が近縁の他のクビナガオサムシ類と比べても極端に細長いことなどの特徴を持つ。 亜種ごとに様々な変異があるのでの対象となっており、愛好家も多い。 海外のオサムシ収集家にも憧れの的の1つともなっている。 習性 [ ] とその周辺に生息し、春から秋まで見られる。 おもに地上を歩き回るが木に登ることもあり、夏にはやと同様にの樹液に集まることもある。 また、本来は夜行性だが日陰の多い林道などでは日中でもたまに歩き回る成虫が見られる。 冬は成虫または終齢幼虫でし、朽ち木の内部や落ち葉、石の下などでじっとしている。 長い脚で活発に歩行するが、危険を感じると尾部からメタクリル酸とエタクリル酸を主成分とし、強い酸臭のある液体を噴射する。 この液体は刺激が強く、手はともかく目に入ると大変な痛みを感じ、炎症を起こす。 後方だけでなく上方にも噴射できるので、むやみに手で抑えつけたり顔を近づけたりしないよう注意が必要である。 を捕食中のコアオマイマイカブリ を見つけると大顎で軟体部に咬みつき、消化液を注入して、溶けた軟体部を食べる。 前方に細くなった頭部と前胸部も、殻の中に引っこんだカタツムリを食べるために発達した適応とみられる。 軟体部を食べやすくするために殻を殻口から大顎で咬み破ることもあり、特に佐渡島産の亜種・サドマイマイカブリではその傾向が著しく、他の亜種に比べてがっしりした大きな頭部と大顎を有する。 幼虫の時点からカタツムリ食で、2齢を経て蛹化・羽化する。 成虫は肉食性が強いものの落下果実や樹液も摂食する。 カタツムリを中心に他の昆虫やなど様々な動物質の餌を捕食するが、卵巣の成熟のためにはカタツムリを摂食する必要があるといわれる。 東京都の多摩動物公園昆虫館では、若齢幼虫の餌となる小型のカタツムリの入手に苦慮し、園内の水槽に発生しているを代用食として与えたところ好結果を得たという。 なお、小型の幼虫が大型のカタツムリを襲った際は、抵抗するカタツムリに噛み付いたまま殻に引き込まれ、死亡する場合もある。 生活史 [ ] 交尾の終わったメスは土中に腹端で小さな部屋を作ってひとつずつ産卵する。 卵は長さ1cmほどの白い状で柔らかく、昆虫の卵としてはと並ぶ最大級の大きさである。 卵は土壌の水分を吸収して膨らみながら発生が進んだ後、体長2cm程の1齢幼虫が孵化する。 は全身が黒で、上から押しつぶされたように平たい体型をしている。 類の幼虫にも似るが、マイマイカブリの幼虫は胸部や腹部の側面に節ごとに縁部がひれ状に伸張し、体側面のシルエットは歯状となる。 幼虫はカタツムリ食で、1齢幼虫は充分な量のカタツムリを摂食すると土中に潜り、脱皮して2齢幼虫になる。 通常のオサムシ類や類は3齢が終齢幼虫であるが、マイマイカブリやこれに近縁のクビナガオサムシ類は2齢が終齢である。 1齢、2齢とも、かなり大きなカタツムリを捕食することができるため、それぞれの齢で1回のみの捕食で次の齢に進むのに充分な食物を得ることもでき、その場合は孵化してから成虫になるのにたった2個体のカタツムリを摂食するだけで済むことになる。 カタツムリを充分摂食した2齢幼虫は土中に深く潜って蛹室を形成し、内部で蛹になった後、羽化して成虫となる。 人間とのかかわり [ ] マイマイカブリは腹部から噴射される分泌物にメタアクリル酸を含むためを引き起こすことがある。 亜種 [ ] マイマイカブリは多くのに分かれており、中には鈍い金属光沢を持った色鮮やかなものもいる。 これは成虫が飛べずに長距離の移動ができないため、他地域との遺伝的交流が制限され、各地域の個体群が独自の分化を遂げた結果と考えられている。 以下のような亜種が知られるが、亜種の区分は研究者によっても説が分かれる。 エゾマイマイカブリ D. rugipennis Motschulsky, 1861 に分布。 頭部と前胸部背面は金属光沢のある色をしている。 キタマイマイカブリ D. viridipennis Lewis, 1880 北部に分布。 頭部と前胸は金属光沢のある色で、前翅はやはり金属光沢のある緑色を帯びる。 エゾマイマイカブリに近縁である。 マイマイカブリ D. blaptoides、伊吹山()産 マイマイカブリ D. blaptoides Kollar, 1836 以西のに分布。 マイマイカブリの基亜種とされており、他の亜種と区別する際は特にホンマイマイカブリとも呼ばれる。 近縁種 [ ] マイマイカブリの属するクビナガオサムシ類は、どれもマイマイカブリほどではなくても前胸と頭部が細長く伸長し、主にカタツムリを捕食する。 オオルリオサムシ Damaster gehini Fairmaire, 1876 体長3cm前後。 脚と触角を除く全身に金属光沢があり、背中側は緑色、腹側は紺色をしている。 前翅に3本の縦線がある。 日本では北海道だけに分布する。 学名は Acoptolabrus gehini とすることもある。 ツシマカブリモドキ Damaster fruhstorferi Roeschke, 1900 体長4cm前後。 頭部と前胸部は金属光沢のある赤色をしている。 和名通りだけに分布する。 カブリモドキ類はから東部にかけて分布するが、日本に分布するのはツシマカブリモドキだけである。 学名は Coptolabrus fruhstorferi とすることもある。 脚注 [ ] [].

次の

【ネタバレ】漫画「蟲姫」の感想や結末。聴久子にまつわる悲しい過去とは?

虫 かぶり 姫

この物語は、古くから私たちのまち寝屋川市に伝わる民話、おとぎ話です・・・・ 河内の国 、交野郡寝屋というところに備中守藤原実高という大変裕福な「寝屋の長者」と呼ばれている人が住んでいました。 長者の屋敷は、東西十二町、南北四町、田畑は一千二百余町もありそれは立派なものでした。 備中守実高の奥方は、摂津の国鳴海の里の芦屋長太夫の娘で照見といって十六才で長者のもとに嫁いできました。 ふたりの夫婦仲は大変良く幸せな毎日を送っていましたが、どうしたわけか子どもに恵まれませんでした。 大和の国初瀬寺 長谷寺 の観音さまに、お参りを続けていたある夜、枕元に観音さまがあらわれ女の子を授けるが、鉢を被せるよう告げられたところで目を覚ましますと、目の前にはお告げどおり鉢がありました。 それからしばらくして、奥方照見の方はお告げのとおり女の子を授かり名前を「初瀬 」と名付けて大切に育てていました。 ところが初瀬姫が十四才になったとき、照見の方が病で臥せる日々が続きます。 初瀬寺の観音さまにお参りを続け母の病が直りますよう、懸命にお祈りをしますが、なかなか良くなりません。 そんなある日、いつものように湯殿番をしていると、山陰三位中将の四番目の息子 宰相 から声をかけられ色々な話をするようになりました。 まだ独身の宰相は心優しい人で鉢かづき姫とは次第にお互い心ひかれていきました。 やがて二人は夫婦の約束をしますが、鉢を被った見た目にも見すぼらしい姿の鉢かづき姫に兄や兄嫁たちが反対します。 どうしても一緒になれないのなら、二人で屋敷を出る覚悟をしていましたが、そこに兄や兄嫁たちから、嫁くらべをして勝てば二人の結婚を認めようという話が出されます。 宰相は引き下がるわけにもいかず、その場は了承してしまいます。 嫁くらべの日までもういく日もありませんので今から琴や歌などの教養を教えることもできません。 二人は覚悟をきめて、こっそりこの屋敷を出ようと手に手をとったその時、今までどうしてもとれなかった姫の鉢が頭からぽろりと落ちました。 するとどうでしょう、その鉢からはそれはそれは驚くばかりのたくさんの金や着物などの宝物が山のように出てきました。 鉢のとれた姫はというとどこに出しても恥ずかしくない美しさと優しさを兼ね備えたたとえようのない顔だちです。 この物語は、江戸時代の『河州交野郡寝屋長者鉢記』を現代訳した『寝屋川の民話』を参考に簡単にまとめています。 このような民話やおとぎ話は、室町時代にはじまりますが、広く庶民にもてはやされるようになったのは、江戸時代に入ってからで皆さんもご存じのように、かわら版や浮世絵が木版で大量に印刷されるようになり、今までの写本による数を大きく上回り、広く伝えられることになっていきます。 はちかづきの物語は、「御伽草子」のなかに収められており、全国的に読まれているお話です。 「御伽草子」には、一寸法師や浦島太郎等23編の話が収められています。 はちかづきの物語も、日本の各地方でそれぞれ少しづつ形や表現を変えて伝えられています。 例えば、山形県上山市では次のように伝えられています。 鉢かつぎ姫 奥方が十三歳になる姫の頭に身のまわりの品々を乗せ、黒い木鉢をかぶせておいて先立った。 後添いが来て、子が生まれると姫の告げ口をしたので、殿様は姫を追い出す。 姫は川へ身投げするが鉢のおかげで沈まず、船頭に岸へ押しやられて死ぬこともできない。 村人たちに「鉢かつぎ姫」と呼ばれて別の殿様の邸前で泣いていると、家来に引き入れられる。 優しい殿様がわけを聞いて、取れぬ鉢はそのままで飯炊きにやとう。 四人いる息子の末弟が独身で、夜の勉強の後、風呂で姫に背中を流してもらい、汚れの落ちた手を見、美声を聞いて嫁にと所望する。 身分違いの組み合わせに不同意の親は、乳母の発案で嫁くらべをする。 姫が逃げ出したのを末弟が追い、もみあって鉢が落ち、中の宝物と美しい顔が現れる。 くらべの当日、三人の兄嫁につづいて現れた姫は鉢から出た宝飾と天性の美貌とで他を圧倒する。 兄嫁たちが音楽の腕前をくらべると、六段の調べを見事に弾き親たちにも望まれて末弟と結婚し、立派な奥様になって幸せに暮らした。 参考文献 『河州交野郡寝屋長者鉢記』 寝屋川市蔵 『寝屋川の民話』 S56 寝屋川市中央図書館刊 『鉢かづきの世界』 H7 寝屋川市教育委員会講座資料.

次の