あてどころ。 送達できず! » 名古屋債権回収相談室 はなみずき司法書士事務所

送った郵便物が自分のところへ戻ってきてしまいました。再度送りたいのですがどうしたらいいですか?

あてどころ

あて所に尋ねあたりませんとは? あて所に尋ねあたりませんとは、「あてどころにたずねあたりません」と読み、何らかの理由(郵便番号違い、住所違い、番地間違い、転居届切れ、名前違いなど)により配達されずに差出人に返送された郵便物のことです。 特に年賀状は年に1回しか送らなかったりすることもあり、「あて所に尋ねあたりません」で返送されることが凄く多いです。 返送された年賀はがきの再利用・再差出について解説しますので、参考になれば幸いです。 参考 「あて所に尋ねあたりません」については、下記の記事を参考にしてください。 返送された年賀はがきの再利用 返送された年賀はがきの再利用方法としては、「再差出」と「切手などに交換」の2種類しかありませんが、「切手などに交換」する場合は「未使用」というのが前提です。 再差出 再差出というのは、「あて所に尋ねあたりません」で返送された年賀はがきに新しく切手を貼付し、郵便番号・住所・名前などを修正して、再差出することです。 再差出する場合、下記のように「あて所に尋ねあたりません」に二重線を引き、「再差出」と赤で記載してください。 訂正後 一般的に再差出せずに新しく書き直しされる方が多いと思いますが、上記のように返送された年賀はがきの再差出という方法もあります。 切手などに交換 年賀はがきを切手などに交換する場合、 未使用というのが大前提です。 この場合の未使用というのは、差出しを行ったかどうかで判断してください。 裏面を印字していても、あて名を書いていても、差出しを行っていなければ所定の手数料を支払う事で切手などに交換することが可能です。 「あて所に尋ねあたりません」で返送された年賀はがきは、当然のことながら使用済になりますので切手などに交換する事はできません。 消印の有り無しで判断される方もいますが、年賀はがきに限っては年賀特別期間中は消印が押印されませんので、通常のはがきと異なり「消印が押印されていない=未使用」というわけではありません。 特殊なインクで肉眼で確認できないバーコードが印字されており、消印がなくても使用済か未使用かの判断が可能ですので、未使用として切手と交換しようとしてもバレます。 参考 切手などの交換については、下記の記事を参考にしてください。 よくある質問と回答 「年賀はがきの再差出」に関するよくある質問と回答です。 住所も名前も何1つ間違ってないのに返送されてきたのですが、どこに連絡したらいいですか? 配達局に連絡して確認する必要があります。 配達局は「あて所に尋ねあたりません」のスタンプに記載されている郵便局になります。 年賀の取戻しは可能ですか? 可能です。 実際、年賀状を出した後に喪中はがきが届いたので取戻しをしたいという連絡は結構多いです。 郵便物の取戻し請求が無料の場合と有料の場合の違いは何ですか? ポスト投かんにしても窓口にしても、現物(対象となる郵便物)が差出地の集配局にある場合は無料です。 差出地の集配局から現物(対象となる郵便物)が移動してた場合は、有料(形状に関係なく、配達業務を行う郵便局に請求の場合は420円、その他の郵便局に請求の場合は580円)になります。 年賀はがきが返送されてきましたが、返送理由を知りたいです。 返送理由は個人情報を含む可能性がありますので、基本的に回答してくれないと思います。

次の

肴処 東山 (atedokoro higashi yama)

あてどころ

あて所に尋ねあたりません あて所に尋ねあたりませんとは、「あてどころにたずねあたりません」と読み、何らかの理由により差出人に還付された郵便物に以下のようなスタンプが押印されます。 一般的に、局員は「あてしょなし」と言います。 還付理由 昔は、返還理由のスタンプが色々あったんですが、最近では「あて所に尋ねあたりません」と「あて名不完全のため配達できませんでした」しか使わない事が多いです。 局によっては小さい紙に返還理由が記載されていたり、別のスタンプの場合もありますが、 具体的にどのような理由で返還されたのかがわかりにくいです。 以下に「あて所に尋ねあたりません」で処理される事が多い返還理由を紹介しますので参考にしてください。 補足「あて所に尋ねあたりません」とスタンプが押されていて、返還理由の記載がない場合は、上記のいずれかに該当しているのだと考えられます。 受取拒否の場合、「あて所に尋ねあたりません」で処理される事はありません。 還付理由の詳細を公開しない理由 還付理由の詳細を公開しない理由は、 個人情報だからです。 特に住所や名前といった情報の漏洩は重大事案に該当しますし、大きなトラブルに発展します。 郵便局は郵便物を届けるのが仕事であって、記載されている住所が少しでも違えば配達はしません。 居住確認して配達する事もありますが、誤配になれば取り返しのつかないトラブルに発展するので、受取人が曖昧な状態では配達しません。 郵便物は届いて当たり前と思ってる人が多いですが、全ての人が郵便物を受け取っているわけではありません。 何らかの事情で全ての郵便物を受取拒否されている人や、自宅に郵便物を配達されることを拒否されていて最寄りの集配局で受取りをされる人もいますので、詳細な還付理由は教えられませんというのが本音です。 局員的には「〇〇なので配達できません」と言えたら楽に解決しますし、差出人も納得しやすいと思いますが、これは個人情報保護法等の兼ね合いもありますので、郵便局の対応が悪いという問題とは別で、そういう対応しかできないという事です。 参考 居住確認については、下記の記事を参考にしてください。 還付理由を調べる方法 郵便局の過失というケースもありますので、郵便局に「還付理由」をお問い合わせする事は可能です。 下記に還付理由を調べる方法を解説します。 まず還付された郵便物を確認してください。 下記のような「あて所に尋ねあたりません」のスタンプが押印されていると思います。 お問い合わせを行うなら、スタンプの「郵便局」に記載されている局に問い合せする必要があります。 郵便物等を還付したのは配達局(スタンプに記載されている郵便局)なので、最寄りの郵便局にお問い合わせしても還付理由はわかりません。 返還理由というのは、原則的に 配達担当者しかわかりませんので、担当局にお問い合わせした場合、配達担当者に確認する必要がありますので、回答までに少し時間がかかります。 個人情報の取り扱い 郵便局の過失じゃない限り、結果的に「個人情報なのでお答えできません」という回答だと思いますが、稀に郵便局の過失の場合もありますし、郵便局の過失であれば無料で再送してくれます。 氏名も住所も間違っていないのに還付された場合、「転居届の出し忘れ」や「転居届の期限切れ」による還付が多いので、受取人の連絡先が分かる場合は直接確認されたほうが早いと思います。 特に年賀状はものすごく還付が多いです。 引越ししたことを聞いてなかった、諸事情により名字が変わったなど、本当に色々な還付理由があります。 還付に納得できない場合、受取人が還付処理を行った郵便局にお問い合わせしてください。 本人確認ができれば、還付理由の詳細(転居届の期限切れ等の理由)を伝える事ができますので早く解決します。 還付理由一覧 よくある質問と回答 「あて所に尋ねあたりません」に関するよくある質問と回答です。 「あて所に尋ねあたりません」が押印されているハガキは、切手などに交換できますか? 再差出には使えますが、切手などには交換できません。 ゆうパックも還付されますか? 還付されますが、電話番号が記載されていれば電話連絡を行います。 それでも連絡がとれない場合、あて所なしか保管期限の超過で還付されることが多いです。 マンションの階を書き間違えただけで配達しないのは怠慢だと思います! 配達しないのではなく、配達できないというのが正しい理由です。 同マンションに同姓同名の方がいる可能性もありますので、たぶん書き間違いだろうとは思いつつも「まぁ大丈夫だろう」で配達するにはリスクしかありません。

次の

充所(あてどころ)とは

あてどころ

友人のYさんにゆうパックを送った。 しかし、数日後、「あて所に尋ねあたりません」というスタンプが押され、郵便配達員がわざわざわが家にもどしにきた。 おかしいな、引っ越したとは聞いていないが、と思いながら、Yさんの奥さんに問い合わせのメールを送った。 すると、引っ越しなどしていないという。 どうなってるんだ、と少し頭にきて郵便物を手に、発送した近所の郵便局へいった。 「届かない理由がわかりましたが、個人情報なので言えません。 女性職員は理解に苦しむことを言う。 「なにが個人情報ですか。 Yさん宅にはすでに問い合わせました。 たしかに、その住所に住んでいるんですよ。 それなのに、あて所に尋ねあたりませんとは、どういうことですか」 「個人情報ですから、こちらでは詳しいことは申し上げられません」「だから、それじゃなんのことかわかりません。 「Yさんに届かないということは、Yさんの家族にも届かないということですか?この宛名は『皆様』とも書いてありますけど、奥さんにも届かないのですか?奥さんとはメールで確認したところ、この住所に現に住んでいるんですよ。 女性職員は、ふたたび奥へさがり、しばらくしてもどってきた。 「家族宛でも届かないようです」 まったく、意味がわからない。 「責任者を呼んでください!」。 女性職員は、一番奥の席にいる中年男性のところへ行き、なにかこそこそ話している。 やがて、その男性が窓口にやってきて小声で言った。 たしかに、Yさん本人は単身赴任しているかもしれませんが、家族はここに住んでいるんですよ。 「奥さんが局に電話するだけで、この問題は片付くんですか?」と食い下がると、「転送届けの延長をするか、転送をやめてこの住所に配達するように変更すればだいじょうぶです」 Yさん本人が今その住所に住んでいなくても、宛名は皆様ともしてあるから家族に届けるのが本来の郵便局の業務ではないか。 しかし、正論を言っても押し問答がつづくだけのようだった。 釈然としないまま家に帰り、Yさんの奥さんに電話して事情を話した。 ちょっと経って、奥さんから電話がきた。 最初の郵便窓口だろうと思ってその欄をクリックすると、「サービスの内容によってお問い合わせ先が異なります」と書かれている。 「集荷・配送について」(郵便事業株式会社)がさらに2つに別れていて「郵便全般について」と「集荷について」があり、それぞれの番号がある。 その他に「集荷・配送を除く郵便サービスについて」(郵便局株式会社)の「窓口業務について」という電話番号もある。 とりあえず、「郵便全般について」の番号にかけると、担当のAという人が出てきた。 Yさんの奥さんとさっき電話で話したばかりだという。 Aさんの説明を聞いても、いまひとつ要領を得ない。 「転送の手続きをしているのはYさん本人だけですから、家族宛なら届くはずです」と言う。 それなら、「Y様、皆様」としていた郵便物を送り返してきた責任はどこにあるのか。 「家族宛でも届かないようです」と言ったあの女性職員の言葉は、明らかに嘘だった。 ちゃんと確認もしないで、適当に答えたのだろう。 かつての国鉄は民営化されてJRとなり、態度がころっと変わってサービスがうんと良くなった。 郵便は民営化されて、むしろ悪くなったんじゃないか。 今回の返送騒ぎはもちろん論外で、怠慢、ずさん以外のなにものでもない。 宅配便ならこんなことは起きなかっただろう。 郵便サービス一般を考えても、このコンビニ時代に、日曜や祝祭日にも窓口を開くことなど考えないのか。 郵便事業が分割されたことは、新聞やテレビニュースでもちろん知ってはいたが、いざ自分がトラブルに巻き込まれてみると、その実態を垣間見て驚かされた。 鳩山政権は、2009年10月20日、閣議で小泉政権が進めた民営化路線を大きく転換することを決めた。 民営化そのものより、その具体策がまちがっていたとしか思えない。 今、ひとつの郵便局に、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の職員がいるのだ! あの責任者の男性は郵便局長なのだろうが、いったいどの会社に属しているのだろう。 思わず笑っちゃう木佐芳男の電子書籍、アマゾンで好評発売中.

次の