丸の内サデスティック 歌詞。 丸の内サディスティック 椎名林檎 歌詞情報

椎名林檎『丸の内サディスティック』の歌詞の意味がどこよりも分かるページ

丸の内サデスティック 歌詞

『 無罪モラトリアム』(むざいモラトリアム;英題: Muzai Moratorium、 Innocence Moratorium )はの・の1作目の。 により発売された。 約1年半チャートインし続けるというロングヒットを記録。 最終的には 170万枚を超える売上を記録し、となった。 週間2位 ()• 1999年3月度月間2位 (オリコン)• 1999年度年間25位 (オリコン)• 2000年度年間42位 (オリコン)• ミリオン() アルバム 年表 - 無罪モラトリアム (1999年) (2000年) 『無罪モラトリアム』収録の 目次• 概要 [ ] 本作は、椎名林檎のデビュー・アルバム。 先行シングル『』がスマッシュヒットを記録する中で発売された本作は、その影響を受ける形で約1年半チャートインし続けるというロングヒットを記録。 最終的には売上170万枚を超えるを達成した。 本作は椎名が高校時代からデビュー前までの十代のころに書き溜めていた楽曲で構成されており、楽曲ごとに編成された数種類のバンドによってレコーディングされている。 、、、など過去から発売当時までのを折衷した楽曲が並び、そのなサウンドとキャッチーなメロディ、そして文学的かつ刺激的な歌詞により、同年代に限らない幅広い層のを獲得した。 本作の楽譜は数多くのを出版しているにおけるロングセラーであり、1999年のリリースから15年以上経過しても一番人気を保っている。 2008年11月25日にデビュー10周年記念の一環として、本作に処理を施して収録したBOXセット『』と、本作のが発売された。 初回生産盤は特殊仕様 で、特典として抽選でVHSビデオ『』が貰える応募券が付けられた。 アルバムのコンセプト [ ] アルバムタイトルには「人として真面目に生きていこうとする以上、社会に適合できないな瞬間はきっと誰にでもあるのだから、自分自身のためにも『それは無罪なんだ』と言いたい」という椎名林檎のメッセージが込められている。 タイトルの略称は「無罪」と「モラトリアム」の頭からそれぞれを取り「MM」とされる。 「初めてのアルバムなので昔から歌っていた曲をたくさん入れたい」という椎名の意向もあって11曲の収録曲はすぐに決まり、その結果、「十代の椎名林檎の集大成」のようなアルバムになった。 制作意図としては、歌詞の世界観を表現するというよりも、たとえば音楽をやっているような、聴く人が聴けば「音楽的にはこういう人間だ」とわかるような自分の音楽的な名刺代わりというつもりで作った。 自分のやり方を初めて提示するのだからわかりやすいようにあえてデフォルメし、そして自分ひとりで作ったとの間に差異が生まれたときは特に気を配って修正をし、音楽的に誤解されないように気をつけたという。 アートワーク [ ] アルバムのはのが手掛けた。 アルバムのジャケット写真を自分が完全に浮いてしまっている場所で撮りたいと思っていた椎名は、「裁判所などで弁護士が『無罪』や『勝訴』という文字が書かれた幡(ハタ)を関係者たちに囲まれて掲げているところに自分がポツンといたら面白いのでは」というアイデアを出した。 するとデザイナーの木村豊がそれにゴーサインを出し、新聞記者や報道カメラマン、警備員などのが集められた。 また幡の題字は椎名本人によるもの。 制作の背景 [ ] 楽曲制作の準備に入ると、プロデューサー的役割に移行していた当時の東芝EMIの担当制作 は、自分の代わりに外部から実績のあるディレクターを招聘することにした。 しかし作品にはかなりの手直しが必要だという外部ディレクターと、それを断固として拒否する椎名の意見が激しく衝突した。 椎名の詞曲にそれまで出会ったことのないほどの違和感を感じていた篠木も外部ディレクターと同意見だったが、自分が年を取って若い人たちの音楽を受け入れられなくなったのかもしれず、その違和感はひょっとしたら大化けの予兆かもしれないとも思った。 そして椎名林檎の個性を生かすには、旧来のディレクション方法は無視して自由にやってもらうしかないと判断し、すべてを椎名とおよびの2人の作業に委ねた。 当時、椎名はまだ十代で、デビューしたばかりの自分に十分な予算など与えられないことはわかっていたため、レコーディングはシンプルなで行うことに決めて、メンバーは椎名の意向を受けた亀田によって集められた。 その結果、演奏者と楽曲を信じてアレンジを固めずに自由なセッションで曲を作り上げ、「バンド演奏による」で現場の空気をそのままパッケージ化する形が取られた。 レコーディングではおもに二つのバンドを編成して曲によって使い分けるという手法を使ったが、それはギタリストのキャラクターが異なることで生じるバンドの違いを出したいと思ったためである。 またそれまでずっとバンドでやってきたのでバンドサウンドには一番親しみがあるが、サウンド的にも詞的にもそれだけに狭めずに「何でもあり」という感じにしたかったので、自分が必要性を感じればバンドにこだわらずになども入れることにした。 収録曲 [ ] 各曲解説 [ ]• 正しい街 18歳のときに制作された曲。 デビュー直前、で交際していた当時の恋人へ上京するための別れを告げた際のやりとりと心情を綴った曲。 歌詞にも福岡にある「」、「」が登場する。 椎名はこの曲を必ずアルバムの1曲目に収録すると決めていたという。 このアルバムの幕開けとなるイントロのは、椎名がでへ打ち込んだドラムの通りにのに叩いてもらっている。 デビュー10周年記念ライブではその再現にこだわり、再び河村に叩いてもらった。 2枚目のシングル表題曲。 「 ミモザ クラッカー篇」CMソング。 18歳のときに制作された曲。 上京後、のショップでしていたころにのスカウトマンにしつこく話を持ちかけられたことから着想を得て書かれたを舞台にした楽曲である。 この曲のドラムは椎名本人が演奏している。 2枚目のシングル『歌舞伎町の女王』収録の「実録 -新宿にて- 丸の内サディスティック〜歌舞伎町の女王」で、一部ではあるが既に発表されていた楽曲。 なお「丸 ノ内サディスティック」と表記されることもある。 「」とは、当時の(現在の)のことであり、主要駅が歌詞に登場する。 この楽曲はデビュー前、椎名がにしていた際にので作られたもので、仮歌詞の段階ではすべてであったが、発表するにあたって語感のいいに変えている。 2009年発表の4作目のアルバム『』には、歌詞の大部分を英語に改めた別アレンジの「丸の内サディスティック(EXPO Ver. )」が収録されている。 ソロ名義のコンサートでの定番曲。 またのちに結成したバンドのコンサートでも頻繁に披露されていたため、その『』にも収録されている。 幸福論(悦楽編) サントリー「ザ・カクテルバー シェーカー篇」CMソング。 デビューシングル表題曲「」のアルバムバージョン。 シングルバージョンとは大きくアレンジが異なり、を利用した独特のアレンジとなっている。 コンサートでもこのバージョンを披露することが多く、その際はを使用して歌唱している。 なお、シングルバージョンは長らくアルバム作品としてまとめられていなかったが、デビュー10周年企画の第3弾として2008年11月25日に発売された『』の『無罪モラトリアム』にとして収録された。 茜さす 帰路照らされど・・・ サントリー「ザ・カクテルバー オレンジ絞り篇」CMソング。 16歳のころに制作された曲。 歌詞に登場する「の」とは、アイルランドの、ののこと。 時の名は「ヘッドフォン」• シドと白昼夢 19歳になる前に制作された曲。 本作ではとバンドサウンドによるアレンジとなっている。 また、本作の他に2001年に発売された7枚目のシングル『』のとして、編曲によるアレンジで収録されている。 積木遊び 椎名曰く「箸休め的なお遊び曲」。 この曲で使用されている椎名の演奏による「なんちゃって御琴」とはでの音色を使用したもの(ちなみに椎名は3枚目のアルバムでは本物の琴を弾いている)。 も制作され、『』におまけ映像として収録されている。 また、この曲には決められた振り付けがあり、椎名本人がミュージック・ビデオやコンサートでも披露している。 この振り付けは、本作のバンドスコアに掲載されている。 3枚目のシングル表題曲。 ・系『』エンディングテーマ。 当時自身最高の30万枚以上を売り上げた。 またこの曲で系に初登場を果たした。 後になど様々なミュージシャンがし、椎名の代表曲ともいえる楽曲となった。 同じ夜 とというシンプルな編成の曲。 警告 サントリー「ザ・カクテルバー スパークリングキャンペーン篇」CMソング。 昔交際していた彼氏への不満を綴った曲。 シングルが売れて椎名の知名度が上がったとき、その当時の彼氏が電話してきて何を思ったか「俺が悪かった」と今更ながら謝ってきたので憤慨したと、そのことから製作に至っている。 モルヒネ 19歳のときに制作された曲。 楽曲クレジット [ ] 全作詞・作曲: 椎名林檎、全編曲: 亀田誠治。 タイトル 作詞 作曲・編曲 演奏 時間 1. 「正しい街」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 3:53 2. 「歌舞伎町の女王」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 2:51 3. 「丸の内サディスティック」 椎名林檎 椎名林檎 絶叫ソルフェージュ 3:56 4. 「幸福論(悦楽編)」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 2:58 5. 「茜さす 帰路照らされど・・・」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 4:07 6. 「シドと白昼夢」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 4:03 7. 「積木遊び」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 3:24 8. 「ここでキスして。 」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 4:20 9. 「同じ夜」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 3:38 10. 「警告」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 4:05 11. 「モルヒネ」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 3:42• なお3作目のアルバム『』収録曲の「葬列」について、椎名は本作に収録するかどうか迷っていたが、最終的に見送った。 ブックレットに光沢があり、椎名の写真部分が剥がれる仕組みになっている。 シングル『』との連動企画で、に付属する応募券を『ここでキスして。 』の応募券と一緒に送付すると抽選で貰えた。 のちに、などを歴任。 再発売された12cmシングル盤や、などのでも入手可能ではあるが、オリジナルアルバムには収録されていない。 と誤解されがちだが、bjorkは出身。 「歌舞伎町の女王」のみ。 「歌舞伎町の女王」を除く。 出典 [ ]• SR猫柳本線. 2014年11月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2016年10月2日. 2018年4月15日閲覧。 2018年4月15日閲覧。 『加爾基 精液 栗ノ花』の「」の解説部分を参照。 『bounce』. 2011年2月7日. 2018年4月15日閲覧。 『bounce』. 2016年8月29日. 2018年4月15日閲覧。 BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA 2015年4月8日. インタビュアー:. 2016年8月14日閲覧。 2008年9月17日. 2018年4月15日閲覧。 インタビュアー:ツダケン. の2009年5月2日時点におけるアーカイブ。 2016年8月20日閲覧。 ダ・ヴィンチニュース. 2017年5月3日. 2018年4月15日閲覧。 , 2016年6月7日. 2016年8月14日閲覧。 , 2016年6月7日. 2016年8月14日閲覧。 椎名林檎 2003年2月27日. インタビュアー:早川 加奈子. bounceマガジン.. の2003年4月29日時点におけるアーカイブ。 2016年8月14日閲覧。 東京事変 2007年11月21日. インタビュアー:小野田雄. の2014年7月18日時点におけるアーカイブ。 2018年6月24日閲覧。

次の

椎名林檎『丸の内サディスティック』歌詞の意味・考察と解説

丸の内サデスティック 歌詞

『 無罪モラトリアム』(むざいモラトリアム;英題: Muzai Moratorium、 Innocence Moratorium )はの・の1作目の。 により発売された。 約1年半チャートインし続けるというロングヒットを記録。 最終的には 170万枚を超える売上を記録し、となった。 週間2位 ()• 1999年3月度月間2位 (オリコン)• 1999年度年間25位 (オリコン)• 2000年度年間42位 (オリコン)• ミリオン() アルバム 年表 - 無罪モラトリアム (1999年) (2000年) 『無罪モラトリアム』収録の 目次• 概要 [ ] 本作は、椎名林檎のデビュー・アルバム。 先行シングル『』がスマッシュヒットを記録する中で発売された本作は、その影響を受ける形で約1年半チャートインし続けるというロングヒットを記録。 最終的には売上170万枚を超えるを達成した。 本作は椎名が高校時代からデビュー前までの十代のころに書き溜めていた楽曲で構成されており、楽曲ごとに編成された数種類のバンドによってレコーディングされている。 、、、など過去から発売当時までのを折衷した楽曲が並び、そのなサウンドとキャッチーなメロディ、そして文学的かつ刺激的な歌詞により、同年代に限らない幅広い層のを獲得した。 本作の楽譜は数多くのを出版しているにおけるロングセラーであり、1999年のリリースから15年以上経過しても一番人気を保っている。 2008年11月25日にデビュー10周年記念の一環として、本作に処理を施して収録したBOXセット『』と、本作のが発売された。 初回生産盤は特殊仕様 で、特典として抽選でVHSビデオ『』が貰える応募券が付けられた。 アルバムのコンセプト [ ] アルバムタイトルには「人として真面目に生きていこうとする以上、社会に適合できないな瞬間はきっと誰にでもあるのだから、自分自身のためにも『それは無罪なんだ』と言いたい」という椎名林檎のメッセージが込められている。 タイトルの略称は「無罪」と「モラトリアム」の頭からそれぞれを取り「MM」とされる。 「初めてのアルバムなので昔から歌っていた曲をたくさん入れたい」という椎名の意向もあって11曲の収録曲はすぐに決まり、その結果、「十代の椎名林檎の集大成」のようなアルバムになった。 制作意図としては、歌詞の世界観を表現するというよりも、たとえば音楽をやっているような、聴く人が聴けば「音楽的にはこういう人間だ」とわかるような自分の音楽的な名刺代わりというつもりで作った。 自分のやり方を初めて提示するのだからわかりやすいようにあえてデフォルメし、そして自分ひとりで作ったとの間に差異が生まれたときは特に気を配って修正をし、音楽的に誤解されないように気をつけたという。 アートワーク [ ] アルバムのはのが手掛けた。 アルバムのジャケット写真を自分が完全に浮いてしまっている場所で撮りたいと思っていた椎名は、「裁判所などで弁護士が『無罪』や『勝訴』という文字が書かれた幡(ハタ)を関係者たちに囲まれて掲げているところに自分がポツンといたら面白いのでは」というアイデアを出した。 するとデザイナーの木村豊がそれにゴーサインを出し、新聞記者や報道カメラマン、警備員などのが集められた。 また幡の題字は椎名本人によるもの。 制作の背景 [ ] 楽曲制作の準備に入ると、プロデューサー的役割に移行していた当時の東芝EMIの担当制作 は、自分の代わりに外部から実績のあるディレクターを招聘することにした。 しかし作品にはかなりの手直しが必要だという外部ディレクターと、それを断固として拒否する椎名の意見が激しく衝突した。 椎名の詞曲にそれまで出会ったことのないほどの違和感を感じていた篠木も外部ディレクターと同意見だったが、自分が年を取って若い人たちの音楽を受け入れられなくなったのかもしれず、その違和感はひょっとしたら大化けの予兆かもしれないとも思った。 そして椎名林檎の個性を生かすには、旧来のディレクション方法は無視して自由にやってもらうしかないと判断し、すべてを椎名とおよびの2人の作業に委ねた。 当時、椎名はまだ十代で、デビューしたばかりの自分に十分な予算など与えられないことはわかっていたため、レコーディングはシンプルなで行うことに決めて、メンバーは椎名の意向を受けた亀田によって集められた。 その結果、演奏者と楽曲を信じてアレンジを固めずに自由なセッションで曲を作り上げ、「バンド演奏による」で現場の空気をそのままパッケージ化する形が取られた。 レコーディングではおもに二つのバンドを編成して曲によって使い分けるという手法を使ったが、それはギタリストのキャラクターが異なることで生じるバンドの違いを出したいと思ったためである。 またそれまでずっとバンドでやってきたのでバンドサウンドには一番親しみがあるが、サウンド的にも詞的にもそれだけに狭めずに「何でもあり」という感じにしたかったので、自分が必要性を感じればバンドにこだわらずになども入れることにした。 収録曲 [ ] 各曲解説 [ ]• 正しい街 18歳のときに制作された曲。 デビュー直前、で交際していた当時の恋人へ上京するための別れを告げた際のやりとりと心情を綴った曲。 歌詞にも福岡にある「」、「」が登場する。 椎名はこの曲を必ずアルバムの1曲目に収録すると決めていたという。 このアルバムの幕開けとなるイントロのは、椎名がでへ打ち込んだドラムの通りにのに叩いてもらっている。 デビュー10周年記念ライブではその再現にこだわり、再び河村に叩いてもらった。 2枚目のシングル表題曲。 「 ミモザ クラッカー篇」CMソング。 18歳のときに制作された曲。 上京後、のショップでしていたころにのスカウトマンにしつこく話を持ちかけられたことから着想を得て書かれたを舞台にした楽曲である。 この曲のドラムは椎名本人が演奏している。 2枚目のシングル『歌舞伎町の女王』収録の「実録 -新宿にて- 丸の内サディスティック〜歌舞伎町の女王」で、一部ではあるが既に発表されていた楽曲。 なお「丸 ノ内サディスティック」と表記されることもある。 「」とは、当時の(現在の)のことであり、主要駅が歌詞に登場する。 この楽曲はデビュー前、椎名がにしていた際にので作られたもので、仮歌詞の段階ではすべてであったが、発表するにあたって語感のいいに変えている。 2009年発表の4作目のアルバム『』には、歌詞の大部分を英語に改めた別アレンジの「丸の内サディスティック(EXPO Ver. )」が収録されている。 ソロ名義のコンサートでの定番曲。 またのちに結成したバンドのコンサートでも頻繁に披露されていたため、その『』にも収録されている。 幸福論(悦楽編) サントリー「ザ・カクテルバー シェーカー篇」CMソング。 デビューシングル表題曲「」のアルバムバージョン。 シングルバージョンとは大きくアレンジが異なり、を利用した独特のアレンジとなっている。 コンサートでもこのバージョンを披露することが多く、その際はを使用して歌唱している。 なお、シングルバージョンは長らくアルバム作品としてまとめられていなかったが、デビュー10周年企画の第3弾として2008年11月25日に発売された『』の『無罪モラトリアム』にとして収録された。 茜さす 帰路照らされど・・・ サントリー「ザ・カクテルバー オレンジ絞り篇」CMソング。 16歳のころに制作された曲。 歌詞に登場する「の」とは、アイルランドの、ののこと。 時の名は「ヘッドフォン」• シドと白昼夢 19歳になる前に制作された曲。 本作ではとバンドサウンドによるアレンジとなっている。 また、本作の他に2001年に発売された7枚目のシングル『』のとして、編曲によるアレンジで収録されている。 積木遊び 椎名曰く「箸休め的なお遊び曲」。 この曲で使用されている椎名の演奏による「なんちゃって御琴」とはでの音色を使用したもの(ちなみに椎名は3枚目のアルバムでは本物の琴を弾いている)。 も制作され、『』におまけ映像として収録されている。 また、この曲には決められた振り付けがあり、椎名本人がミュージック・ビデオやコンサートでも披露している。 この振り付けは、本作のバンドスコアに掲載されている。 3枚目のシングル表題曲。 ・系『』エンディングテーマ。 当時自身最高の30万枚以上を売り上げた。 またこの曲で系に初登場を果たした。 後になど様々なミュージシャンがし、椎名の代表曲ともいえる楽曲となった。 同じ夜 とというシンプルな編成の曲。 警告 サントリー「ザ・カクテルバー スパークリングキャンペーン篇」CMソング。 昔交際していた彼氏への不満を綴った曲。 シングルが売れて椎名の知名度が上がったとき、その当時の彼氏が電話してきて何を思ったか「俺が悪かった」と今更ながら謝ってきたので憤慨したと、そのことから製作に至っている。 モルヒネ 19歳のときに制作された曲。 楽曲クレジット [ ] 全作詞・作曲: 椎名林檎、全編曲: 亀田誠治。 タイトル 作詞 作曲・編曲 演奏 時間 1. 「正しい街」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 3:53 2. 「歌舞伎町の女王」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 2:51 3. 「丸の内サディスティック」 椎名林檎 椎名林檎 絶叫ソルフェージュ 3:56 4. 「幸福論(悦楽編)」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 2:58 5. 「茜さす 帰路照らされど・・・」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 4:07 6. 「シドと白昼夢」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 4:03 7. 「積木遊び」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 3:24 8. 「ここでキスして。 」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 4:20 9. 「同じ夜」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 3:38 10. 「警告」 椎名林檎 椎名林檎 絶倫ヘクトパスカル 4:05 11. 「モルヒネ」 椎名林檎 椎名林檎 桃色スパナ 3:42• なお3作目のアルバム『』収録曲の「葬列」について、椎名は本作に収録するかどうか迷っていたが、最終的に見送った。 ブックレットに光沢があり、椎名の写真部分が剥がれる仕組みになっている。 シングル『』との連動企画で、に付属する応募券を『ここでキスして。 』の応募券と一緒に送付すると抽選で貰えた。 のちに、などを歴任。 再発売された12cmシングル盤や、などのでも入手可能ではあるが、オリジナルアルバムには収録されていない。 と誤解されがちだが、bjorkは出身。 「歌舞伎町の女王」のみ。 「歌舞伎町の女王」を除く。 出典 [ ]• SR猫柳本線. 2014年11月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2016年10月2日. 2018年4月15日閲覧。 2018年4月15日閲覧。 『加爾基 精液 栗ノ花』の「」の解説部分を参照。 『bounce』. 2011年2月7日. 2018年4月15日閲覧。 『bounce』. 2016年8月29日. 2018年4月15日閲覧。 BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA 2015年4月8日. インタビュアー:. 2016年8月14日閲覧。 2008年9月17日. 2018年4月15日閲覧。 インタビュアー:ツダケン. の2009年5月2日時点におけるアーカイブ。 2016年8月20日閲覧。 ダ・ヴィンチニュース. 2017年5月3日. 2018年4月15日閲覧。 , 2016年6月7日. 2016年8月14日閲覧。 , 2016年6月7日. 2016年8月14日閲覧。 椎名林檎 2003年2月27日. インタビュアー:早川 加奈子. bounceマガジン.. の2003年4月29日時点におけるアーカイブ。 2016年8月14日閲覧。 東京事変 2007年11月21日. インタビュアー:小野田雄. の2014年7月18日時点におけるアーカイブ。 2018年6月24日閲覧。

次の

「丸の内サディスティック」歌い方!椎名林檎さんの歌声と歌詞の意味を解説!|歌い方ラボ

丸の内サデスティック 歌詞

報酬は入社後並行線で 東京は愛せど何も無い リッケン620頂戴 19万も持って居ない 御茶の水 マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達して居るだけ ラット1つを商売道具にしているさ そしたらベンジーが肺に映ってトリップ 最近は銀座で警官ごっこ 国境は越えても盛者必衰 領収書を書いて頂戴 税理士なんて就いて居ない 後楽園 将来僧に成って結婚して欲しい 毎晩寝具で遊戯するだけ ピザ屋の彼女になってみたい そしたらベンジー、あたしをグレッチで殴って 青 噛んで熟って(いって)頂戴 終電で帰るってば 池袋 マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達して居るだけ ラット1つを商売道具にしているさ そしたらベンジーが肺に映ってトリップ 将来僧に成って結婚して欲しい 毎晩寝具で遊戯するだけ ピザ屋の彼女になってみたい そしたらベンジー、あたしをグレッチで殴って PR 椎名林檎「丸の内サディスティック」歌詞の意味考察 サディスティックとは相手を身体的に虐待したり、精神的に苦痛を与えたりすることによって性的快感を味わう。 また、そのような行為をしている自分を妄想したり相手の苦痛の表情を想像して性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプの傾向があるさまをさします。 丸の内は東京駅付近です。 丸の内の変態なんて感じが直訳になるタイトルですが、一体どういう歌なのでしょうか。 これを受けて東京では愛を放っても、返答がないと嘆いています。 新入社員がどんなに頑張っても給与が同じなら、頑張る意味はあるのでしょうか。 私は何かそこに冷たさを感じます。 つまり新入社員がどんなに頑張っても、誰も評価してくれないと嘆いているのかもしれません。 東京の冷たさをうまく表現している気がします。 椎名林檎は初期のころに使っていました。 ちなみにこのギターは楽天で22万円ほどで売っていました。 御茶の水駅は東京駅に北にあります。 そして御茶の水駅には楽器店が多いことで有名です。 リッケン620を買いたいのに、それを買うだけの余裕はないと悔しがっているのかもしれません。 アンプは楽器の音を出すスピーカーのような機器です。 これを使うと、普通に弾いた時と全然違う音になります。 ベンジーとはブランキー・ジェット・シティのヴォーカル・浅井健一さんの愛称です。 椎名林檎さんは浅井健一さんを崇拝していると言われています。 これは別にエロティックな意味ではなく、ギターを演奏して、気持ちがハイになっていることを表現しているのではないかと思います。 そんな自分はベンジーさんに少し近づいたのではないかと、酔いしれいてるのではないでしょうか。 警官ごっことは悪い人を捕まえる遊びなのでしょうか。 銀座通りのあの煌びやかな街並みで、警官ごっこをして遊んでいるのかもしれません。 とてもスリルがありそうで楽しそうですが、周りの人の迷惑になるのでやめておいたほうがいいでしょう。 盛者必衰とはこの世は無常であり、勢いの盛んな者もついには衰え滅びるということです。 国境を越えるとは成功して、人気が海を越えるということかもしれません。 それでもいつ衰えるか分からないから、気が抜けませんよと言っているようです。 こちらは銀座の成功者たちも気を抜いたら落ちていく一方だと、批判しているようにも聞こえます。 それを警官ごっこと言っているのでしょうか。 税理士はまだ雇えていないから、領収書をもらっても自分で処理しなければならないと言っているのでしょうか。 もしそんなふうになってしまったのであれば、崇拝するベンジーさんにギターで殴られてしまうだろうと自分を戒めているのかも知れません(グレッチとはベンジーが愛用しているギターの名前です)。 青を噛んで熟るの意味がわかりません。 ここでいう青が何を意味しているのでしょうか。 青が象徴しているのは青春など若いといことです。 青春を噛んで熟して欲しいという意味なのでしょうか。 終電で帰るとは大人に近づくという意味かも知れません。 何か大人への成長を意味しているように思います。 この歌は全体的に、自分の進む道をちゃんと考えて欲しいと言っているように思うのです。 大企業に入社しても、給与はみんな一緒です。 それくらいであれば生活費で消えてしまって、貯金してもすぐには大事なギターさえ買えません。 本当はギターの演奏をして、憧れの人に近づきたいのにそんな夢は先延ばしになるのです。 そうしてみんな自分の夢を捨てていまい、結婚して毎晩夜に愛を育むだけの人生を送るようになってしまうのです。 そういうありふれたものになるのではなく、夢を見て欲しいと言っているような気もします。 もちろん成功しても、気を引き締めなければなりません。 大人になって、夢を諦め、就職するのもいいのですが、本当に自分のやりたいことを追い続けることも大切だと言っているのではないでしょうか。 丸の内サディスティックとは夢を追いかけない人たちが集まる場所で、自分の本心を犠牲にして生きる人たちのことを言っているのではないでしょうか。 サラリーマンが夢がないと言っているわけではありません。 本当にサラリーマンになりたくて働いているのであればいいですが、他になりたいものがあるのに仕方なくサラリーマンをしているのであれば、もう一度夢を追う勇気を取り戻してほしいと言っている気がします。 もしもやりたくもない仕事をしているのであれば、東京はそういう中途半端な人には冷たいと言っているような気もします。 諦めず夢を追い続ければ、椎名林檎さんのような輝く未来も待っています。 もちろん失敗するかもしれませんし、なかなか夢なんて叶わないかもしれません。 しかし夢を追うことをやめてしまうなんていう人生は、味気ないのではないでしょうか。 そんな人生を生きるのであれば、叶わないとわかっていても、もう一度追い求めることも必要だと言ってくれているように思います。 まとめ すごく深い歌詞で、これが正解なのかわかりません。 椎名林檎さんは社会風刺的な歌詞をよく書かれます。 この歌もそういうことを書いているような気がするので、このように書きましたが、違う考え方をしている人もたくさんいるのではないでしょうか。 宇多田ヒカルさんと小袋成彬さんがこの曲をリリースから9年経ったのちにカバーしました。 宇多田ヒカルさんが小袋さんと共にこの歌を歌っている事にはとても意味が込められているように思います。 私の考察が正しければ、宇多田ヒカルさんはこれからの小袋さんの未来に花を飾るような思いも込められているのではないかと思います。 5月23日にリリースされる『アダムとイヴの林檎』が楽しみです。 PR この歌が好きでよく歌うのですが、青姦〜以下の解釈がとてもおもしろい思いました。 一貫して浅井さんへのラブレターという正解に近い講釈は読みましたが、林檎ちゃんの青くピュアな精神の部分についてこうやって感じてあげられる方がいる事は、彼女にとって救いなのではないかと思います。 あばずれになれなかった林檎ちゃんですが、彼女なりに美意識を真っ向からぶちまけた歌にシフトしていってる気がします。 色々変わるように見えますが、彼女の美意識には一貫性と強固なこだわりを感じます。 またまた大好きなヒカルちゃんがカバーしてるのは知りませんでした。

次の