レッチリ ジョシュ。 レッチリ、ジョン・フルシアンテ再加入「胸いっぱいの興奮」

レッチリ、ジョン・フルシアンテ再加入「胸いっぱいの興奮」

レッチリ ジョシュ

レッチリから2つのお知らせ 2019年8月には20周年を迎えたサマーソニックのヘッドライナーを務めるために来日した(以下レッチリ)。 現在はアンソニー・キーディス、フリー、チャド・スミス、ジョシュ・クリングホッファーのメンバーで活動しているが、レッチリの公式SNSが日本時間12月16日に悲しいお知らせと嬉しいお知らせをダブルで発表した。 それがこちら。 「レッド・ホット・チリ・ペッパーズは、過去10年、我々のギタリストとして活動したジョシュ・クリングホッファーと別々の道を行くことをお知らせします。 ジョシュは、私たちが尊敬し愛している美しいミュージシャンです。 ジョシュと一緒に過ごした時間と、彼が私たちに共有してくれた数えられない贈り物に深く感謝します」 - 2019年12月月15日午後12時28分PST 約10年間もの間レッチリのギタリストとして奮闘してきたジョシュとの別れを多くのファンが悲しんだけれど、同時にファンを喜ばせる報告も。 レッチリのSNSでは、ジョシュの脱退の報告に続き「また、ジョン・フルシアンテが再びグループに戻って来てくれることに興奮しており、胸がいっぱいです」という、ジョン・フルシアンテが帰ってくるというファンにとって嬉しすぎるお知らせ。 ジョン・フルシアンテは再々加入 ジョンは、デレク・トラックス、ジョン・メイヤーらと共に現代の世界3大ギタリストと言われているアーティスト。 レッチリの初代ギタリストとして活躍していたヒレル・スロヴァクに変わり、1988年にバンドに加入しレッチリの黄金期を支えた。 しかしながら、1992年に1度目の脱退。 その後、1998年に再びバンドに戻り、2009年には再び脱退と、加入と脱退を繰り返しており、脱退から約10年後の2019年に再びレッチリのメンバーとして復活することが発表された。

次の

Red・Hot・Chili・Peppersは日本人(日本)のことが嫌いなので...

レッチリ ジョシュ

4938270:L オンライン独占ジョシュからインタビュー回答が届きました。 Pluralone ( Josh Klinghoffer )インタビュー アルバム『 To Be One with You 』リリースおめでとうございます。 美しいメロディーが詰まった作品で、聞き惚れてしまいました。 自ら発したり知られたりすることにも心地よくは感じなかった。 そして頭から離れなかった。 自分なりの方法で常に新しい道を模索しているということなのだと思います。 ギター曲も幾つかミックスまでしたけど、この楽曲でアルバムを構成させました。 収録された曲とその選曲工程は自分にとってはとても自然で楽なものでした。 あとの二人( Eric Gardner と Clint Wash )は OK でした。 Flea や Jack Irons がどんなに素晴らしい演奏をするか説明の必要はないでしょう。 このアルバムに参加してくれた全員が大事な友人です。 Dan Elkan は最も古くから付き合いのある親友の一人です。 仲間と共にアルバムを制作できることを凄く誇りに思っています。 Tom Waits 、 Big Star 、 Depeche Mode 、 Scott Walker 辺りが影響源として思い浮かびます。 当初は必要最小限の音作りを考えていたのだけど、結果的に音は少しだけ拡張したかもしれない。 オーディエンスに心地よく聴こえたら嬉しいです。 今後、またバンドの一員として活動することに興味はありますか? J: こればかりは自分に決定権はありません。 彼らのことは大好きです。 彼らのためなら何でもします。 J: 日本は自分にとって、とても特別な場所です。 複数のバンドで何度も訪れたこともありますし、日本の人々が感性を大切にする姿勢を心から尊敬しています。 美しいです。 ユニークでとてもスペシャルですね。 日本を愛しています。 皆さんから頂く愛の全てに心から感謝します。 またお会いしましょう!!.

次の

ジョンとジョシュ レッチリ考 ~前編 ジョシュの成し遂げたこと|朝伊ミチル|note

レッチリ ジョシュ

スポンサーリンク こんにちは、kairowaです! レッチリことレッドホッドチリペッパーズにギタリスト・ジョンフルシアンテが復帰することが話題となっていますね! 私が初めてレッチリを聴いたのは高校生の時なのですが「21stCentury」を勧められて聴いた時は「なんだこれ!めちゃくちゃかっこいい」と衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています。 見た目ほど激しい曲が少ない印象の彼らですが時には泣かせる曲もあります。 特に「Under Bridge」は超名曲で、何度かカラオケでも歌ってました笑 さて思い出話しはこれくらいにして、 今回はジョンフルシアンテの復帰理由とそれに伴って脱退が決まった現ギタリストのジョシュの脱退理由、復活ライブがいつか等まとめてみました! on Dec 15, 2019 at 12:28pm PST ジョンフルシアンテ自身も自分のSNS上でレッチリへの復帰を発表しています。 今回の復帰理由を考える前に、過去に2度も脱退をしているジョンフルシアンテの脱退理由をおさらいしてみましょう!• 1992年• 脱退(1回目)• 薬物による精神的ダメージ• 1999年• 復帰(1回目)• 薬物を克服• 2009年• 脱退(2回目)• 音楽性の違い• 2019年• まずジョンフルシアンテのSNSや現在の写真を見る限りとても健康そうで薬物依存のようには全く見えません。 また音楽性の違いということで10年前に脱退していますが、 10年の時を経てジョンフルシアンテが求める音楽性に合致したということでしょう。

次の