フランス 代表 背 番号。 フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号(フットボールチャンネル)日韓ワールドカップ(2002) フランス代表…|dメニューニュース(NTTドコモ)

フランス代表の最新メンバー発表、気になるフォーメーションや背番号、注目選手を紹介します。

フランス 代表 背 番号

世界最高のセントラルハーフとも評された、 パトリック・ヴィエラ。 やはりアーセナルのイメージが強いでしょうかね? そんな ヴィエラの背番号を歴代で紹介します。 アーセナル時代の4番のイメージが強い選手ではありますが、 4以外の番号を付けてプレーしていたことも多いんです。 【所属クラブ】 1993-1995 ASカンヌ 7,13等 1995-1996 ACミラン 4 1996-2005 アーセナル 4 2005-2006 ユヴェントス 4 2006-2010 インテル 14 2010-2011 マンチェスター・シティ 24 【フランス代表】 1998 ワールドカップ 4 2000 ユーロ2000 4 2001 コンフェデレーションズカップ 4 2002 ワールドカップ 4 2004 ユーロ2004 4 2006 ワールドカップ2006 4 Contents• ヴィエラの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】 ASカンヌ【1993-1995】 1993-1995 ASカンヌ 7,13等 ヴィエラは1993年に ASカンヌでプロデビューしています。 フランスのリーグ・アンが背番号固定制になったのは…正確には不明なのですが、恐らく欧州の他の国同様に1995-1996シーズンじゃないかと。 なので、 カンヌの頃は背番号固定ではなかったと思われます。 スタメンに1~11までを割り当てる形となり、試合ごとに背番号が違う…という状態でした。 そのため、この時の背番号は 不明となっていますが…7番や13番という記録がありますね。 ACミラン【1995-1996】 1995-1996 ACミラン 4 1995-1996シーズン途中に ACミランに移籍。 しかしミランでは出場機会に恵まれず… 在籍中わずか2試合の出場となっています。 下記動画はリーグ戦ではなくWEFAカップのものですが、ミラン時代の映像をどうぞ。 ヴィエラはリーグ同様に 4番ですが、バッジョが珍しい9番を付けています。 (リーグでは18番) アーセナル【1996-2005】 1996-2005 アーセナル 4 1996-1997シーズンよりイングランドの アーセナルに移籍。 ここで才能を開花させたと言っても過言では無いでしょう。 アーセン・ヴェンゲル監督の目に止まり、チームの中心選手に成長しています。 アーセナル時代の背番号は、加入から退団までの9シーズンを通して 4番だと思うのですが…。 Wikipediaでは1999-2000までは21番になっていますね…。 加入時にはエディ・マクゴールドリックが21番だったような(秋にはレンタルでいなくなりましたが) そして97-98からはルイス・ボア・モルテが21番だったかと思います。 なのでヴィエラは9シーズン全てて4番じゃないでしょうか? アーセナル時代のプレー映像をどうぞ。 (フランス代表のプレーも多いですが) インテル【2006-2010】 2006-2010 インテル 14 ユヴェントスがカルチョスキャンダルでセリエBに降格したため、2006-2007シーズンより インテルに移籍。 インテルでも中心選手として活躍したものの… この頃から怪我が目立つようになった印象もあります。 原因かどうかはわかりませんが…2006-2007シーズンのミラン戦で 負傷したままプレーしていたのが印象的ですね。 本人は交代を申し出たものの、結局代えることなくプレーさせられた…ということがありました。 インテルでは在籍4シーズン全てで 14番を使っています。 これは4番が…インテルのバンディエラである ハビエル・サネッティの番号だったからでしょう。 そんなインテル時代の映像をどうぞ。 マンチェスター・シティ【2010-2011】 2010-2011 マンチェスター・シティ 24 2009-2010シーズン途中、冬の移籍期間に出場機会を求めて マンチェスター・シティに移籍。 ベテランとなったもののしっかりと出場機会を確保し、2010-2011シーズン終了と共に現役を 引退。 そしてそのままマンチェスター・シティのアカデミーコーチに就任しました。 シティでの背番号は 24番となっており、これは既に4番は ネダム・オヌオハが付けていたからだと思われます。 14番は空いていたハズなので…なぜ24番にしたのかは不明ですが…。 そんなシティ時代の映像をどうぞ。 ヴィエラの背番号を歴代で紹介!【フランス代表編】 ワールドカップ【1998】 1998 ワールドカップ 4 フランス代表にデビューしたのは1997年2月の親善試合、オランダ戦です。 そして 1998年ワールドカップの本戦メンバーにも選出。 ディディエ・デシャンらのバックアップメンバーとして、7試合中2試合に出場しています。 4番は不人気なのか…22歳の若手でバックアッパーながら、希望通り背番号は 4番となっています。 ユーロ【2000】 2000 ユーロ2000 4 続く ユーロ2000ではレギュラーの座を掴んだと言って良いでしょう。 途中交代も含みますが、 6試合全てに出場し優勝に貢献しています。 デシャンと並びフランスの中盤の底を務めました。 この時の 背番号も4ですね。 ちょっと長い動画ですが、ユーロ2000での活躍の映像です。

次の

10番は19歳FWムバッペ…フランス代表、W杯で着用の背番号を発表

フランス 代表 背 番号

概要 [ ] 優勝経験のある8チームのうちの1つであり、では、の3回に次いで2回の優勝を経験している。 また、で首位に立った経験を持つ8チームのうちの1つでもある。 に対してライバル意識が強く、国際大会で数々の名勝負を繰り広げている(詳細はを参照)。 歴史 [ ] 初期 [ ] 初めての国際試合は、1904年5月1日にので開催されたとの試合で、3-3の引き分けであった。 ベルギーとは1917年のの終戦以降、その同盟を記念して長らく定期戦が実施されていた関係の深い間柄である。 へは、生みの親とも言える功労者が当時FIFA会長だったこともあってヨーロッパのナショナルチームとしては珍しく第1回大会から出場している。 記念すべきワールドカップ初ゴールを決めたのもであった。 最初に世界に名を轟かせたのはである。 率いるチームには「」の異名を取ったが居り、彼のパスを受けたFWはゴールを量産し、大会中2度のを含む13得点という記録を残して大会得点王に輝いた。 このフォンテーヌの記録は後にの、の、のによって破られるが、彼らの記録は2~3大会分を通算しての得点数であるため、1大会で達成した記録としては現在でも誰にも破られていない。 準決勝でブラジルに敗れたものの、西ドイツを破って3位に入る健闘を見せた。 プラティニの時代 [ ] レイモン・コパに続いて「将軍」「ナポレオン」と呼ばれたを中心にして、-までワールドカップに3回連続して出場した時期が第2の黄金期である。 、、、らと組んだ中盤が「の泡が弾けるように」軽やかにパスを繋げる姿は、シャンパン・フットボールと呼ばれて賞賛された。 1984年自国開催のにて初めての国際タイトルを獲得した。 この大会ではプラティニが得点王になるほどの大活躍を見せ、選手としての全盛期であった(1998年大会でのユニフォームはこの年のデザインを踏襲したものである)。 しかしワールドカップでは、と共に準決勝で西ドイツに敗れた。 1982年の西ドイツ戦は1-1のまま延長へ突入し、前半、アラン・ジレスのゴールによる2点のリードで勝負あったかに見えたが、延長前半終了間際にの、延長後半にのゴールで3-3の同点に追いつかれ、ワールドカップ史上初となるの末に敗れた。 更に延長後半にがとの激突事故で重傷を負ったことも悲劇性を高めた。 しかし、この1982年の準決勝・西ドイツ戦は1986年の準々決勝・ブラジル戦と並んでワールドカップ史上に残る試合として評価され、具体例に挙げられることも多い。 暗黒時代 [ ] プラティニらが退いた後は低迷期に入り、ワールドカップ出場も2回連続で逃した。 ではホームゲームに3勝1分と無敗ながらもアウェーでらを擁するとに敗れた上に格下の、と引き分けてしまうなど2敗2分に終り1勝も出来なかったのが響いて敗退。 特に8試合でキプロスにとっての唯一の勝点を献上しており、結果的にはそこで勝利していれば出場権を獲得していた。 では、、、らを擁して優勝候補との呼び声も高かったが、この大会で優勝することになるに敗れグループリーグ敗退。 でも前評判は高かったが、勝てば突破確定となるホームの戦で敗北、続く引分以上で突破確定となる最終戦、での戦に終了間際の得点で敗れ、土壇場で出場権を逃した。 この試合は日本ではと呼ばれている。 そして、紆余曲折を経たフランスはジダンの時代を迎えた。 ジダンの登場 [ ] 1998年のワールドカップに出場したチームからは、見た目で分かる変化を遂げている。 それまでのフランス代表は主体のチーム構成であったが、アフリカや、カリブ海などのフランスの国外、若しくは旧植民地からの、若しくはその子孫の選手が増えたのである。 地元開催の前回大会となる1994年アメリカ大会の出場を逃すと、フランスは辞任したのアシスタントだったを代表監督の座に据えた。 ジャケはそれまでの伝統的な白人主体のチーム構成に、アフリカやカリブからの移民、その子孫を入れ始めた。 その象徴が、ジャケ率いるフランス代表の中心選手となった系の子である。 フランス代表にはそれ以前に移民やその子孫が存在していなかったわけではなかった。 レイモン・コパはポーランド系移民で、プラティニもイタリア系の移民であった。 やなど黒人選手もいた。 しかしこの目に見えるフランス代表の変質はフランスの国粋主義者によって罵倒されることになった。 この代表格であるのリーダーは「を歌えない者にフランス代表が務まるか」と発言して物議を醸した。 またジャケのもとには彼等を代表から外すようにとの脅迫が舞い込んだ。 ジャケはFWの得点力不足や選手選考など、様々な批判を浴びながら自国開催のに臨んだ。 しかしジダンを中心とした豪華な中盤と、安定した守備を武器に順当に勝ち進んだ。 グループリーグを3連勝で突破し、決勝トーナメント1回戦ではパラグアイの堅い守備に苦しみながらものゴールデンゴールで勝利。 準々決勝で最大の敵イタリアとの死闘をPK戦の末に制すると、準決勝ではクロアチアをの2ゴールで破った。 そして、での決勝はのヘディングによる2ゴールと終了間際ののゴールで前回王者ブラジルに3-0で勝利し、様々なルーツを持つ選手たちが集まったフランス代表は自国開催で優勝という責務を果たした。 試合後はで埋め尽くされ、には国民の英雄となったジダンの顔が映し出されるなど熱狂の渦と化した。 こうして様々な批判をかわした以降ジダンを初めとするフランス代表の移民の子孫たちは、フランス社会における移民の成功者、代弁者として扱われるようになった。 2002年日韓大会直前のでのルペンの躍進に際してジダンが政治的なメッセージを発したことにも関連する。 黄金期とその終焉 [ ] 1998年ワールドカップの優勝後、ジャケのアシスタントのが就任。 は苦戦の連続で、最終戦で引分以下なら本大会出場を逃していたが、その敗退が確定していたアイスランドとのホームゲームを一時は2点リードを追いつかれながら71分の決勝ゴールで3-2で勝利し突破を果たした。 ベルギーとオランダで行われた本大会に臨む前に日本とで戦いPK戦で辛くも勝利するなど、世界王者でありながら下馬評はそこまで高くなかった。 しかしグループリーグ初戦のデンマーク戦で圧倒的な強さをいきなり見せつけ、第2戦では準決勝でPK戦の末に敗れたチェコに雪辱を果たし第3戦を残して早くもグループリーグ突破を決めた。 準々決勝ではスペインと対戦し、2-1で勝利。 準決勝のポルトガル戦では延長戦でのハンドから得たPKをジダンが決めた。 は好敵手相手に苦しんだが、リードされ迎えた終了間際、のゴールで追いつき、延長戦でので劇的な勝利を飾り、プラティニを擁した1984年大会以来2度目の欧州王者に輝いた。 この大会のチームは1998年と比べてを筆頭として攻撃陣が成長し、バランスのよいチームに仕上がっていた。 またジダンは大会を通じて素晴らしいパフォーマンスを披露しMVPに輝いた。 この欧州選手権の優勝により、フランス代表は黄金期を迎えた。 デシャンとブランという大黒柱は代表引退したが、翌3月にはをスタッド・ドゥ・フランスにて5-0で破った。 2001-2002シーズンにアンリが、トレゼゲが、がで得点王に輝くなど98年大会よりも攻撃陣が充実しており、の優勝候補筆頭に挙げられていた。 しかし本大会直前の韓国との親善試合でジダンが負傷してしまう。 そして初戦の戦は決定機を決められず0-1で落としてしまう。 続く戦ではアンリの退場で数的不利となってしまうが、スコアレスドローに終わった。 自力でのグループリーグ突破には2点差以上での勝利が必要となった戦ではテーピングを巻いたジダンを起用した。 しかし何度も訪れた決定機を決められず0-2で敗れ、1得点も挙げられないまま3戦2敗1分で1次リーグ敗退に終わった。 前回優勝チームが1勝及び1得点も挙げられなかったのは史上初であり、1次リーグ敗退も1966年のにおける以来であった。 また優勝経験国が無得点に終わる初のチームであり、2014年現在でもこの事例が唯一である。 要因として挙げられるのは極東の気候を考慮して本大会開幕がシーズン終了後間もない5月31日だったこと、選手の固定化、ジダン不在の影響が大きかったことなどがあげられる。 さらにはグループリーグ3試合すべてで、シュートがポストやクロスバーに当たるシーンがあった。 ワールドカップ後、新監督にが就任した。 では8戦全勝で突破を果たし、で同大会の連覇を果たした。 再び優勝候補、前回王者として臨んだポルトガル大会では初戦のイングランド戦で終了間際のジダンの2得点によってなんとか勝利を収めるなどしたが、クロアチア戦、スイス戦でも苦戦した。 調子の上がらないまま準々決勝でこの大会で優勝したに敗れ、大番狂わせを演じられてしまった。 大会後ジダンら主力選手が代表引退を表明。 すると新監督の不可解な選手選考をはじめとした一貫性のないチーム作りなどでチームは迷走。 突破を危ぶまれたが、ジダンや、といった選手が代表に復帰すると安定し、本大会出場を決めた。 ジダンが大会終了後の現役引退を表明して臨んだではグループリーグでスイス、韓国に引き分けるなど苦戦したものの、ジダンを出場停止で欠いたトーゴ戦に2-0で勝利し、何とかグループリーグを突破した。 決勝トーナメントではジダンの華道を飾ろうとチームもまとまり、1回戦でスペインに3-1で逆転勝利。 準々決勝でこの大会優勝候補筆頭のブラジルを破り、準決勝でも1-0でポルトガルに勝利した。 決勝ではPK戦の末にイタリアに敗れたが、結果よりもが世界中の関心事になってしまった。 しかし自身最後の大舞台において、大会MVPに選ばれるパフォーマンスでチームを決勝まで導いたことはフランス代表におけるジダンの影響力の大きさと依存度が示されたといえるだろう。 黄金世代が最後の輝きを見せたドイツ大会だが、代表選手の平均年齢は30歳で大会最年長であった。 大会最大の発見ともいわれたの活躍などの明るい材料もあったが、ジダンの抜ける後のチームをどうするかという問題の解決は大会後に委ねられることになった。 ドメネク体制下の混乱、過渡期 [ ] 続投したドメネクはテュラムとマケレレを引き続き招集した。 ではグルジアに連勝、更に2006年ワールドカップ決勝でPK戦の末敗れたイタリアにも勝利し、幸先の良いスタートを切った。 2007年10月17日にはアンリの2得点でリトアニアを撃破。 この得点でアンリはミシェル・プラティニの持つ代表最多得点記録を更新した。 フランスはこの予選B組をに続く2位で終了。 本大会ではまたもイタリアと同組、さらに・がいるという「死のグループ」に割振られた。 フランスはにおいてMVPを受賞するなど中心選手に成長したリベリーを中心として、アンリ、テュラムやマケレレといったベテランとやなど準レギュラーとして定着した期待の若手を織り交ぜたチームでスイス、オーストリアで行われるに臨んだ。 しかし、初戦のルーマニア戦を0-0で引き分けると続くオランダ戦では1968年以降、公式戦における最悪のスコアとなる4-1で敗戦。 3戦目のイタリア戦では早い時間帯でのアビダルの退場 PKを献上 、その直後のリベリーの左足首の負傷退場(全治2ヶ月)などの不運も重なり、2-0で敗戦。 結果グループリーグで大会を去った。 テュラムとマケレレは改めて代表引退を表明した。 レイモン・ドメネク監督は采配や偏った選手選考を激しく批判されたが、フランスサッカー協会は「クラブ・フランス2010 2005年に創設された、フランス代表の管理議会 の監視下に置く」という条件付で監督続行を支持。 に向けた強化策として、かつてのワールドチャンピオンであったアラン・ボゴシアンをドメネクのスタッフに迎え入れた。 でフランスはルーマニア、セルビア、リトアニア、フェロー諸島、オーストリアで構成される第7グループに振り分けられた。 ここではリベリーに加え、やらの若手を起用、も代表に定着し個々の能力は世界屈指と言われながらまたも苦戦し何度もドメネクの解任騒動が飛び出た。 結局セルビアに続く2位で予選を終了。 この結果、本戦出場に向けてプレーオフを戦わなければならなくなる。 抽選の結果11月に行われるプレーオフではと対戦し、アウェーでの第1戦は1-0で勝利するもののホームで行われた第2戦では大苦戦。 先制点を決められ合計1-1で延長戦に突入した。 その延長戦でアンリのアシストからギャラスが得点し本大会出場を決めたが、アンリのトラップが明らかなハンドであったことからアイルランド側が再試合を求めるなど、多くの物議を醸した。 2010年3月、本大会に向けホームのスタッド・ドゥ・フランスで行われたスペインとの親善試合では試合中に「ドメネク解任」コールや大ブーイングが起こるほどの醜態で完敗。 監督の求心力低下に加え、リベリーやらの淫行疑惑、チーム内の人間関係悪化、一体感の無さなどが指摘され、プレー以前の問題を抱えたまま南アフリカ入りすることとなる。 本大会グループリーグではA組の開催国の南アフリカ、メキシコ、ウルグアイと比較的恵まれた割り振りとされていたにもかかわらず、精彩を欠いた内容で初戦の戦を0-0で引き分けるとに2-0で完敗。 また、この試合のハーフタイム中にアネルカが監督に暴言を吐いたとして強制帰国を命じられ、これに反発した選手達がサッカー連盟への抗議として練習をボイコットする事件が起こりチームディレクターが辞任。 騒動の収拾の為、大統領が介入する事態にまで発展するスキャンダルとなった。 チームは崩壊状態となりグループリーグ最終戦のにも敗れ、2敗1分で勝点・得点共に1に終わり、グループリーグ最下位で敗退。 ドメネクは特に2008年以降常に厳しい批判を浴びせられ、観客動員数が減るなど史上最も国民に嫌われた代表監督であった。 ついにはワールドカップでチームを空中分解させ、フランス代表の権威は失墜してしまった。 大会後、ティエリ・アンリが代表引退を発表した。 南アフリカW杯前、すでにフランスサッカー連盟(FFF)はを後任として招聘することを発表していた。 まずブランは南アフリカ大会に選出された代表選手23名を初めのうちはメンバー入りさせない事を発表した。 新生フランス代表は2010年8月11日にノルウェーとの親善試合で再出発するが、この試合は2-1で敗れた。 同年9月にはに突入。 最終的にはベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ルーマニア、ルクセンブルク、アルバニアとの予選を1位通過した。 親善試合を含め21戦無敗でポーランドとウクライナで行われたに臨んだ。 初戦でイングランドに引き分け、開催国ウクライナに勝利し、記録を23戦無敗とした。 しかし第3戦ですでに敗退が決まっていたスウェーデンに敗れ、一部選手と監督との口論が問題になった。 辛うじて準々決勝に進出したがスペインに完敗し、ワールドカップ、EUROを通して公式大会で初めてスペインに敗れた。 イングランド戦後にはナスリが記者に暴言を吐くなどの問題もあり、後味の悪い大会となってしまった。 ブラン監督は大会後に退任し、後任にはフランス代表黄金期のキャプテンであり、の監督を退任したばかりのが就任した。 デシャン監督時代 [ ] のスタメン 初陣となった2012年8月のウルグアイとの親善試合はスコアレスドローで終えた。 9月のでフィンランド、ベラルーシを下し2連勝。 最初の正念場となった10月アウェーでのスペイン戦には終了間際ののゴールでなんとか引き分けに持ち込んだ。 2013年に入り、デシャンは3月のグルジア、スペインとの2連戦に向けて若手のとを招集。 2人をスタメンに抜擢した2試合でグルジアには勝利したものの、スタッド・ドゥ・フランスで行われたスペインとの天王山に0-1で敗北。 その後もウルグアイ、ブラジル、ベルギーとの親善試合、アウェーでのグルジアとのW杯予選で5試合連続無得点となるなどチームは下降線を辿っていった。 その後ベラルーシとフィンランドには勝利したが結局2大会連続でプレーオフに回った。 プレーオフではと対戦することになったが敵地での第1戦に2-0で敗北。 過去第1戦で完封負けを喫したチームが逆転した例がないことやあまりに低調な内容から、フランスのメディアや国民は悲観的な見方が多かった。 しかし11月19日 日本時間20日早朝 に行われた第2戦ではに詰めかけた大観衆の後押しを受け、試合序盤から積極的な試合運びを見せた。 そして前半のうちにとのゴールでトータルスコアをタイに戻すことに成功した。 後半27分にものシュート性のクロスからサコーが3点目を決め、フランスが2戦合計3-2の逆転劇で出場権を獲得した。 2014年に入ってもプレーオフの勢いを維持し、3月の親善試合ではオランダを破った。 しかしワールドカップ本大会直前に中心選手リベリーが腰痛によって戦線離脱してしまう。 それでも初戦のホンジュラス戦ではベンゼマの2ゴールとオウンゴールによって3-0で勝利。 シード国スイスも5-2で破るなど2勝1分でグループリーグを突破。 決勝トーナメント1回戦ではナイジェリアを下し準々決勝はドイツとの対戦になったが、これは以来の国際大会での対戦であった。 のゴールによって1-0で敗れ、1982年と1986年の雪辱を果たすことはできなかった。 、に次いで3度目のフランスでの自国開催となったにおいて開催国の特権として予選は免除されたが、2014年9月から2015年10月にかけ、予選開催日には奇数の5チームだったで試合のないチームと親善試合を行っていた。 EURO2016本大会直前に守備の要を怪我で欠くことになり守備面で不安を抱えたが、2016年6月10日での開幕戦ではに終了間際のゴールで2-1で勝利した。 次の戦でも終了間際のゴールで2-0と勝利し、第3戦を残してベスト16進出を決めた。 第3戦の戦は0-0の引き分けで、グループリーグは2勝1分けの勝点7、首位で通過した。 ラウンドオブ16ではに2-1、準々決勝ではに5-2、準決勝ではに2-0で勝利しワールドカップの雪辱を果たして以来3度目、自国開催としては1984年大会以来の2度目の優勝へと勝ち進んでいった。 だが決勝では決定機を決められないまま延長戦までもつれこみに先制され1-0で敗れ、準優勝に終わった。 が6得点で大会得点王となった。 の予選では、と同じ組に入り、7勝2分け1敗の首位で出場権を獲得。 本大会では、、と同じ組となり、初戦のオーストラリアには苦しみながらも2-1で競り勝ち、続くペルーにも1-0で勝利。 ペルー戦で決勝ゴールを決めたは代表最年少ゴール記録を塗り替えた(19歳183日)。 デンマークとはスコアレスドローに終わるも、2勝1分けの首位でグループリーグを突破。 決勝トーナメント1回戦ではに4-3で点の取り合いを制し、準々決勝ではに2-0で快勝、準決勝ではに1-0で競り勝った。 12年ぶり3度目となる決勝では20年前の自国開催大会の準決勝で戦ったと対戦、4-2で勝利し20年ぶり2度目のワールドカップ優勝を成し遂げた。 この試合の4点目を決めたエムバペは、決勝ではの以来60年ぶり2人目となる10代選手の得点者となった。 エムバペは大会ヤングプレーヤー賞を受賞。 はワールドカップではブラジルの、のに次ぐ史上3人目となる、選手と監督の両方で優勝を成し遂げた。 - 出場辞退• - 優勝•

次の

フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号

フランス 代表 背 番号

Objective: maintain momentum with another 3pts! Objectif: garder le rythme avec 3 nouveaux points! ディディエ・デシャン• アドリアン・ムトゥ• マニシェ• アンドリー・シェフチェンコ• ラミレス らがつけていた番号です。 カンテのプレースタイル カンテはボランチを主戦場としており、高い守備能力でチームに貢献します。 広大な守備範囲 カンテは 90分間走り続けられる運動量と 危機察知能力に優れ、ピッチ全体を縦横無尽に駆け回って守備をします。 味方のミスにいち早く反応してカバーするプレーは秀逸で、相手のカウンターのチャンスを何度も摘み取ります。 カンテが出場する試合を見るとピンチの場面では必ずと言っていいほど、カンテが顔を出してカバーしています。 特に相手のカウンターの場面では、カンテの存在感は非常に頼もしく感じることができます。 ボール奪取力 小柄なのに球際はかなり強いです。 ただ、フィジカルでバチバチぶつけるというよりは 間合いの詰め方が上手い印象があります。 相手の一瞬の隙きを突いて、 まるで蛇のようにスルスルと体を入れてボールを奪う感じですね。 そしてそれを運動量豊富にしつこくできるので、ボールを持っている相手としては常に緊張感がありボールを離すタイミングを間違えると一気に刈り取られてしまいます。 ドリブルで抜かれたとしても後方から足を伸ばしてノーファールで奪い切れるのもカンテの凄さです。 スポンサーリンク 推進力で攻撃に貢献 フランス時代はサイドでのプレーも注目を集めていたカンテはドリブルやスピードも水準以上。 前にスペースがある時やボールを奪った時は自ら前線に持ち運び、味方にボールを預けます。 カウンターなど相手の守備が整っていない時にこういう推進力のあるプレーは効果的。 味方のアタッカーが仕掛けやすくなります。 高い守備能力からマケレレと比較されることも多々ありますが、このあたりはマケレレにはない特徴だと思います。 展開力はない 一方、ビッグクラブのボランチとして展開力はそこまであるタイプではありません。 ダブルボランチの時にカンテと守備的な選手のコンビではどうしても組み立てが上手くいかず攻撃に物足りなさが出てしまいます。 パスを散らせる選手とコンビを組むのがベターです。 まとめ 今回はカンテのプレースタイルと背番号について紹介しました。 広大な守備範囲とボール奪取で相手のチャンスの芽を摘み取る• 推進力はあるが、展開力はそこまでない 中盤の守備においてカンテほどのクオリティを持っている選手はなかなかいないでしょう。

次の