香典返し 書き方。 香典返しの挨拶状ってどう書くの?正しい書き方でお礼を伝えよう

香典を連名で出す場合の注意点|名前の書き方・金額についてのマナー

香典返し 書き方

………「おくやみごととのし袋のマナー」のページの内容……… お悔やみごとののし袋は、故人や喪家の宗教によって表書きも使うのし袋も異なります。 また、「通夜」「葬儀(告別式)」「法事」というそれぞれの儀式によっても表書きが異なります。 間違ったのし袋を持って弔問することは大変失礼にあたります。 基本だけは頭に入れておきましょう。 1.通夜・葬式について 不祝儀は、宗教により表書きに違いがありますので、先方の宗教に合わせた注意が必要です。 宗教が分からない場合は電話で問い合わせても良いでしょう。 水引は「結び切り」です。 弔事では、表書きと名前を薄墨で書くのが正式です。 中包みには、表側の中央に金額を、裏側には住所と氏名を忘れずに書きます。 先方の宗教がわからないときに、比較的どんな宗教でも使える表書きは「 御霊前」です。 市販の不祝儀袋に薄墨で書きます。 2.その他の法事(四十九日、一周忌ほか)について(初盆も含む) 法事は法要ともいい、葬儀の終わった後も故人の冥福を祈るための儀式です。 葬儀と同じく、宗教によってその方法が大きく異なりますから、まずは喪家の宗教を先方に合わせるようにしましょう。 どうしても宗教がわからないとき、失礼にあたらない表書きは「御供物料」です。 結び目に横向きのSがクロスしたような形は、貝のあわびからとったものだそうです。 「あわじ結び」ともいいます。 「御香料」「御香典」は仏式のみで使える呼び方。 正式には筆で書くのですが、ペンでも良いでしょう。 漢数字で書くと以下のような表記になります。 現在では普通の漢数字で書く方も多くなって来たようです。 例えば3万円の場合には、金三 万円、金参 萬円または金参 萬圓などと書きます。 金額の後に「也(なり)」はつけてもつけなくても構いません。 1 2 3 5 7 8 10 壱 弐 参 五または伍 七 八 十または拾 その他に中包みで用いる文字の書き方 万または萬 円または圓 中に入れる金額に決まりはないのですが、4万円、9万円という金額は、お悔やみごとにはNGです。 故人や遺族とのおつきあいの深さによって金額を決めて下さい。 お悔やみの言葉を書いた手紙を同封しましょう。 どちらでも構いません。 のし袋によっては、金額を書き入れる欄があるものもあるようです。 表面の書き方の例 裏面の書き方の例 3万円の場合 1万円の場合 ・お金を入れる時のお札の向きについては本当に諸説ありますので、このページでは筆者の考えを述べます。 「2枚以上になるときには同じ向きになるようにする」という点だけ守っていただければと思います。 ・なお、新札は「まるで用意していたようだ」ということから不祝儀には向かないという考え方をする地域が大半のようです。 もし新札を入れる場合には一度折って折り目をつけてください。 逆に汚れたお札やしわしわのお札もマナー違反です。 左下の図は重なり方をわかりやすくしたイメージ図。 手渡しや、床に直接置く事は失礼になる。 のし袋、あるいは白い封筒に入れても良い。 神式…御礼・御祈祷料・御祭祀料・御榊料・御神饌料など。 キリスト教式… 教会へは、献金・記念献金・感謝献金・ミサ御礼・御ミサ料など。 神父や牧師には、御礼とする。 市販の御布施用の袋や白い封筒でも良い。 水引をかける場合は、関東では白黒・双銀、関西では白黄が使われる。 神式…仏式と同じ。 キリスト教式…白い封筒に入れ、水引はかけない。 神式の場合、三十日祭り又は五十日祭りの後に。 キリスト教式の場合、昇天記念式、追悼ミサの時に贈る。 その際の、のしの表書きは上記のように「志」となります。 忌明けの挨拶状、香典返しのマナーとのしについては、別のページで詳しく説明をしていますのでご参照ください。 五十七日…35日め。 この日を忌明けとする事も。 七十七日…49日め。 いわゆる四十九日のこと。 親類や知人を招き、僧侶にお経をあげてもらう。 新盆…僧侶を呼び供養する。 一周忌…満一年目。 親類や知人を招き、僧侶にお経をあげてもらう。 三回忌…死後2年目。 近親者で供養する。 七回忌…死後6年目。 近親者で供養する。 十三回忌…死後12年目。 近親者で供養する。 十七回忌…死後16年目。 近親者で供養する。 三十七回忌…盛大に行う人も。 三十日祭…神官を招き、玉串奉奠などを行う。 五十日祭…忌明け。 親類・知人・神官を招く。 百日祭…五十日祭同様、親類・知人を招く。 一年祭…これ以降、霊祭は自宅で行われる。

次の

香典返しの熨斗(のし)の書き方、予算の決め方

香典返し 書き方

突然誰かが亡くなると、遺族は悲しむ時間も無く次々と儀式のために決めて行かなくてはならないことがあります。 また、そうして考えたり決めたりすることをしなくてはならないというそのこと自体が、遺族を悲しみから守ってくれます。 忙しく時間に追われる中で、悲しみから少し距離をおくことができるように、昔の人の智恵はそういった葬儀のしきたりを作ってきたのかもしれません。 そして、一般的には四十九日を一つの区切りとして、お香典をいただいた方へ無事に四十九日の法要が済んだことの報告をします。 この時にお返しの品としてよく使われるのがカタログギフトです。 お返しの品に添える「四十九日香典返し礼状の書き方」については、お香典をいただいたお礼、無事に四十九日の法要が済んだこと、故人の戒名、香典返しの品を送ること、略儀で済ませてしまうことのお詫びなどをしたためます。 書き方としては、本来は筆を使ってお一人お一人にむけて、薄墨で丁寧に書くのが礼儀ではあります。 最近では香典返しの品としてカタログギフトを利用する場合には、きちんとした体裁の「四十九日香典返し礼状」がカタログギフトの会社で用意されているので、これを利用すると良いでしょう。 「四十九日香典返し礼状の文例」については、インターネットなどで調べることができます。 また図書館や書店などで「冠婚葬祭」に関する図書を手に入れることも可能です。 どの文例もだいたい決まった形のようなものがあります。 こういった「四十九日香典返し礼状」を添えてお返しとします。 お香典返しにカタログギフトを利用するようにすれば、いくつかある文例から好みのものを選んで「四十九日香典返し礼状」としてカタログギフトの会社で用意してくれます。 「四十九日香典返し礼状に関する常識」についてですが、四十九日というのは主に日本古来の宗教である仏教での葬儀を行った場合が多いので、キリスト教や他の宗教の場合には四十九日にこだわらないのかもしれません。 そのあたりは、どういった宗教での葬儀であったのかがカギになります。 そうして、四十九日がたつと忌明けとなります。 四十九日の法要を済ませたら、お香典を頂いた方々へお礼状と共にお返しの品を送ります。 これはまだ悲しみの中での書面になるので、墨黒々と書くのではなく、悲しみのために墨も涙で薄くなっていますと言う意味を込めて薄墨で書くのが常識です。 また、本来は遺族が自分でひと筆ひと筆故人への厚情を感謝して書くものですが、最近は印刷の「四十九日香典返し礼状」を利用する人も多くなっています。 お香典のお返しとしてカタログギフトを利用する場合には、「四十九日香典返し礼状」もカタログギフトに添えて送ってもらうことができます。 こういったサービスを利用すると便利です。

次の

香典返しを辞退する方法

香典返し 書き方

香典返しとは 葬儀が終わってホッとしたいところですが、香典を頂いた方には香典返しをしなければなりません。 香典返しは49日の法要を過ぎてから行うもので、香典を頂いたことへのお礼と個人の弔事をつつがなく終えたというお知らせを兼ねています。 香典をいただいた方へのお礼 香典返しは前述のとおり、香典を頂いた方へのお礼です。 香典は故人と縁のあった人の『気持ち』ですから、こちらもきちんと感謝の気持ちを込めてお返ししなければなりません。 香典返しは頂いた金額の『半返し』が一般的です。 頂いた香典の金額をきちんとチェックし、失礼のない返礼品を用意するよう、注意してください。 香典返しの時期は宗教により違う 仏式では49日法要後に一通りの弔事が終わると考えられており、この法要をもって『忌明け』となります。 香典返しはお礼と忌明けのお知らせを兼ねるため、49日の法要後に行われるのが一般的なのです。 仏教以外の宗教については事情が異なるので、確認が必要です。 神式:50日祭の後• プロテスタント:召天記念日後(1カ月後)• カトリック:30日目の追悼ミサの後 本来神式やキリスト教には香典がないので香典返しとは言いませんが、返礼品を送る場合は、仏式とはタイミングが異なることを覚えておきましょう。 挨拶状の書き方とマナー 香典返しをする際は、挨拶状をつけて送付するのが一般的です。 失礼のない挨拶状を送るためにも、書き方とマナーはきちんとチェックしておきましょう。 挨拶文の注意点とその意味 香典返しの挨拶文では、香典を頂いたことへのお礼、弔事が無事終わったことの報告、さらに本来なら対面して渡すべき香典返しを送ることへのお詫びを記す必要があります。 また、書き方については下記の点に注意しましょう。 句読点を打たない• 繰り返し言葉は使わない• 季語の挨拶は不要 句読点は文章を『止める』ために使われます。 句読点を使わないことで、一連の弔事が滞らずに終わるようにという意味が込められます。 『ますます』などの繰り返し言葉は、『弔事が繰り返す』という意味にとれるため縁起が悪いとされているので、避けるようにしましょう。 また季語の挨拶も不幸事では不要なので、省略してください。 宗教別の書き方のマナー 仏式以外の宗教で故人を送った場合には、使用する言葉にも注意が必要です。 下記のようにそれぞれの宗教に合った言葉に置き換えるようにしましょう。 香典:御玉串料・御榊料(神式)、御花料 ・弔慰金(キリスト教)• 永眠:帰幽(神式)、昇天(カトリック)、召天(プロテスタント) 弔事にかかる言葉は仏式のものが多いので、宗教が異なる場合は細かいチェックを忘れずに行ってください。 用紙を選ぼう 香典返しを送る際は、挨拶状に使用する用紙についても考える必要があります。 用紙の種類を確認し、送る相手に合わせて選びましょう。 3つの種類と選び方 香典返しの用紙には大きく分けて3つの種類があります。 奉書(巻紙):最も丁寧な挨拶状。 きちんとした形式を踏襲したい人向き。 略式挨拶状(のし一体型):のしの表書きが挨拶状に記載されている。 奉書ほど大げさにしたくないが、体裁は整えたい人向き。 ご挨拶カード(カード型):ややカジュアルな挨拶状。 形式にはこだわらないが、一言お礼を添えたい人向き。 用紙の選び方には特に決まりはないので、自分の裁量で選んでも問題はありません。 ただしそれなりの金額の香典を頂いた場合は、最も丁寧な奉書を選んだ方が失礼にならないでしょう。 文例を参考にしよう 実際に香典返しの挨拶状を送る場合、文言に悩んでしまう事もあるでしょう。 そこでここではケース別の文例を紹介するので、参考にしてください。 宗教別の文例 下記に仏式の例を紹介します。 神式・キリスト教の場合は戒名を入れず、『四十九日法要』を五十日祭・追悼ミサとそれぞれ変更します。 『供養のしるし』も省きましょう。 また、キリスト教の場合は『永眠』を召天や昇天とすることも忘れないでください。 会社へのお礼の文例 会社名で香典を頂いた場合も上記と同様の文面で問題はありません。 故人のことを全く知らない人が多いので、個人的な事には触れず、下記のようなごく一般的な挨拶状に留めておきましょう。 このような場合に限り、葬儀後できるだけ早いタイミングであれば、親しい間柄であること、お返しを渡すまで間が空くことを考えて、取り急ぎメールでお礼を伝えても問題はないでしょう。 メールでお礼を伝えることに対するお詫びの気持ちが伝わる内容を心がけてください。 お蔭様で葬儀を滞りなく終えることができました。 本来であれば直接お伺いしてお礼を申し上げるべきところですが、取り急ぎお礼を申し上げたく、失礼ながらメールさせていただきました。 今後ともよろしくお願い致します。 香典返しに添える挨拶状は失礼のない言葉を選び、遺族の謝意がきちんと伝わるような文章を心がけてください。 今後も故人をはさんだご縁が続くことを考え、心をこめて送りましょう。

次の