キャノンデール トレッド ウェル。 Cannondaleの自転車「Treadwell EQ」レビュー:贅沢なのにカジュアルで初心者向け!

キャノンデール2020モデル「トレッドウェル」最新フィットネスバイク サイクルスポーツのニュース

キャノンデール トレッド ウェル

「Cannondale(キャノンデール)」から、新製品が登場。 日々の生活に遊びごころをプラスするまったく新しいフィットネスバイクTreadwell トレッドウェル 』の新色が発売される。 また、今回はそれぞれのモデルに特別なカラーグラデーションを施した数量限定の「Ltd シリーズ」も同時発売となる。 以下、プレスリリースより。 軽量アルミニウム構造で「ちょうど良い」乗り心地を実現 キャノンデールの軽量アルミニウム構造を使用しているため、乗り心地が抜群なことはもちろん、段差でも簡単に持ち上げることができます。 また、ペダリング効率を上げるため、バイクにまたがりやすく、ハンドルを握りやすい位置に設定した「Easy-Ride Geometry イージーライドジオメトリー 」を採用しています。 アップライトになり過ぎず、サドルが低すぎず、極度に前傾姿勢になることもない、いわゆるスポーツバイクとは違う Treadwell は、ライドレベルを問わず、すべてのライダーに「ちょうど良い」乗り心地を提供します。 ホイールセンサー内蔵でライドの記録が可能 Treadwell は、バイクとライド体験を一体化する、これまでにないまったく新しい体験をもたらします。 ホイールセンサーが内蔵されており、このセンサーは、キャノンデールアプリとシームレスにペアリングします。 ホイールを回すと、バイクが登録され、ライドが毎回記録されます。 アプリとの連動で新しいライド体験を実現 キャノンデールのインテリジェントマウントを装着すれば、スマートフォンを Treadwell に取り付け、ライブダッシュボードとしてアプリをお使いいただけます。 これらを使いライド中は、スピード、走行距離、カロリー消費、削減した二酸化炭素排出量を把握できます。 さらにこのアプリはバイクのメンテナンス時期を管理し、点検が必要な場合に通知を送信するため、ライダーは安心してバイクを使い続けることができます。 アプリとの連携によりもたらされるこれらの新たなメリットすべてが、バイクを常に最高の状態にし、まったく新しいライド体験を実現します。 Treadwell ラインナップ Treadwell 2 価格:75,000円 カラー:Stealth Grey SGY 、Midnight MDN サイズ:SM, MD, LG Treadwell 2 LTD 価格:78,000円 カラー:Deep Purple Fade WOW サイズ:SM, MD, LG Treadwell 3 価格:62,000円 カラー:Iridescent IRD 、Black BLK サイズ:SM, MD, LG Treadwell 3 LTD 価格:65,000円 カラー:Tequila Sunrise HLT サイズ:SM, MD, LG 問:キャノンデール・ジャパン.

次の

街乗り用お洒落バイク「Treadwell EQ」(トレッドウェルEQ)

キャノンデール トレッド ウェル

の間野です。 ふらりと立ち寄られたお客様のご注目度も高く、たくさんのご質問をいただいております。 たぶん、従来のクロスバイクだと、まだまだスポーティーに思われてしまう部分があり、その点トレッドウェルはもうちょっとカジュアルに乗りこなせそうだという雰囲気があるのではないかと思います。 カラー:Maroon お色は2色展開。 Quicksandはどんなスタイルにも似合うベージュ。 ワインレッド系のMaroonは個性的なお色だと思います。 Maroonのロゴ部分。 同色系なのでロゴは控えめです。 BMXスタイルのハンドルは前傾姿勢を強調しないので、リラックスして乗車できます。 跨りやすいフレームデザイン。 側面の黒い帯は、立てかけた際などに傷になりにくいように設けられたプロテクターです。 ヘッドマークが立体なのはイマドキ珍しい。 凝ってます。 コストもかかってます(笑) 安定感のある27. 5inch径、47mm幅のタイヤ。 近年グラベルロードなどで注目のサイズなので、タイヤの選択肢も増えてきました。 上位モデル との大きな違いは、 ・前かご無し(別売りは未定) ・泥除け無し(別売りは未定) ・油圧ディスクブレーキではなくワイヤー引きの機械式ディスクブレーキ ・変速段数が9速ではなく7速 ……といったところです。 それは後のお楽しみ。 TREADWELLだけのものではないってことです。 渋谷キャノンデールストア限定! トレッドウェルをお求めのお客様にはスタンドを進呈! 数に限りがございます。 ご好評につき、上位モデルの 『TREADWELL EQ』、このページ掲載の『TREADWELL 3』とも、次回入荷は7月予定となっています。 支店ではわずかにMaroonのLサイズを持っている店舗が一つだけあります。 店頭在庫がご成約いただくと、しばらく入荷がない可能性が高いので、ご承知おきください。

次の

こんな旅自転車作りました(TOEI スタンダード ブラック 700x26C デモンタブル) │ 自転車専門店ベロクラフト

キャノンデール トレッド ウェル

カジュアルな使用向き。 価格:635〜950ドル(国内価格8万9000円)。 サイズ、アクセサリにより異なる。 好きなところ:超快適な乗り心地。 合理化された統計追跡。 好きじゃないところ:組み立てが大変。 アプリは改善の余地あり。 もともと自転車のブランドについてそこまで詳しいわけじゃないのですが、キャノンデールのことは知っていました。 近所の自転車屋さんを覗いてみると、物凄く軽量で合理化されたカーボンファイバーの特性にうっとり...。 とはいってもサイクリング初心者の身からすると、アスリート向けに設計された自転車に何十万円も費やすなんて考えられませんでした。 そこで目についたのが、最新の「トレッドウェル」シリーズ。 635ドル〜と、比較的手に入りやすい価格なので、これでツールドフランスに出場して元をとらなくちゃ...!! と、自分を無駄に追い込む必要もありません。 実際、トレッドウェルはカジュアルなサイクリスト向けにつくられているので、乗りやすくメンテナンスも簡単なのが特徴です。 カロリー消費などを閲覧できる専用アプリは、おそらく自分の親世代でも使いこなせそうな印象。 かごが便利すぎる 親しみやすいレトロなデザインは、50年代のシュウインを彷彿させるところがあります。 でも見かけ以上に、機能性も抜群です。 でも数週間ほど使ってみて、デザインの機能性こそがこの自転車の魅力なんだと思いはじめました。 また、オフロードを除けば、あらゆる道、場面で乗りこなせることにも気づきました。 それから、自分がかご付き自転車(モデルに含まれるオプション)に乗るタイプの人間だとは思ってなかったのですが、スーパーでの買い物に便利すぎて、もうかご無しでは生きていけない(大袈裟)くらい重宝してます。 すっきりしたデザイン、機能性ばっちり スケートボードグリップテープ使用なので、普通の靴でも靴底を擦ることなくしっかり固定できます。 乗ってみないと分からないですが、まちがいなく重宝できるものばかり。 たとえばディスクブレーキとギアシフト用のケーブルは自転車のフレーム内に配線されているため、衣類に引っかかったり、油汚れが残ったりする心配はありません。 タイヤは、多くのロードバイクのものより大きめですが、グリップが大きく、バンプの吸収に優れています。 ゴムストリップによって塗装を剥がすことなく壁に立てかけることもできます。 そして、パッド入りサドルは幅広で、自分史上最も快適です。 気になるところ まちがいなく初心者向けの自転車ではあるのですが、組み立てに関してはプロの手助けを借りる必要があるかもしれません。 私の場合は紙のマニュアルなしで一部を組み立てました(ペダルをねじ込むのは簡単でした)が、近所の自転車屋さんで50ドル払ってきちんと組み立てて安全確認してもらいました。 これはもう必要経費だと思っています。 フレームを傷つけることなく、ネジやボルトをしっかりはめるのにトルクレンチなど特殊な道具を使う必要があるからです(記事を出してから、キャノンデールから連絡がありました。 本来は、組み立てられた状態のものが売られているべきだと)。 ほかにも気になったのは、多くの自転車にあるはずのキックスタンドがないこと。 どこに自転車を置くにせよ、壁を探して立てかけるしかありません。 それから反射板はありますが、安全のためのLEDライトも付属されていたらもっと便利だっただろうなとも思います。 パフォーマンス追跡&リアルタイムチェックが可能 パフォーマンス追跡用の内蔵センサー。 Photo: Andrew Liszewski Gizmodo ワイヤレスなパフォーマンストラッカーは、ガーミン製。 最近のハイエンド寄りな自転車ではベーシックなアクセサリーとなっていますが、キャノンデールの自転車の良いところは自分でインストールしなくても良いところ。 すでに内蔵されているのは良いのですが、私の場合初期トラブルがありました。 iOSバージョンのアップデート以後はすっかり直って今じゃかなり頼もしいです。 Cannondaleのアプリでリアルタイムに時速や走行距離、消費カロリーを確認中。 Photo: Andrew Liszewski Gizmodo センサーは、前輪の回転に合わせて速度、走行距離、乗車時間などのパフォーマンスデータを記録します。 センサーの自動記録は、スマホにもシームレスに同期されます。 GPS機能を利用してルートを記録することもできますが、スマホを常に携帯している必要がないので楽です。 ただ、アプリでできることは少し限定的にも思えます。 たとえば、過去の走りと比較して深く掘り下げて分析することなどはできません。 いっぽうで、車の運転と比較してどれくらいの燃料を節約できたかなどの情報は出てきます。 ここでもハードコアではなく、あくまでカジュアルなサイクリスト向けの自転車であることがうかがえます。 個人的には、メンテナンスの時期をお知らせしてくれる機能が気に入っています。 スマホを取り付けてデジタルなダッシュボードとして利用することもできます。 ただし、対応ケースは追加で30ドル〜。 iPhone8では使えましたが、Google Pixel 2 XLは非対応。 Photo: Andrew Liszewski Gizmodo 最後に、Walmartのような大型ボックスストアでも完全に機能的な自転車が150ドル未満で入手できるので、それらと比較すると、最大950ドルかかるキャノンデールのトレッドウェルラインはかなりの投資だといえます。 それでも、キャノンデールは競技用自転車の設計に関する専門知識を活用してあらゆるレベルのサイクリストに合わせた機能を提供していることには変わりません。 オリンピックに出場する以外の用途なら、この自転車は幅広く十分に活躍してくれることでしょう。 メモ ・競技向きな自転車ではない。 でも乗り心地は滑らか。 多機能的な自転車。 ・キックスタンドやLEDはナシ。 同社が想定しているターゲット層にとっては便利なはずなのに。 ・ガーミンの内蔵センサーは最高。 スピード、距離、カロリー消費など自動追跡してくれる。 ・専用アプリを使うと、あらゆるデータにアクセスが可能。 でもUIは改善の余地あり。 ・アプリはまた、EQを調整するタイミングのお知らせ機能つき。 メンテナンスの仕方に詳しくない人にとってはナイスなリマインダー。

次の